スキンケアの方法って、色々ありますよね。

試して損をしない スキンケアの方法について 調べてみたら 意外と簡単な事に気が付いてなかったみたいですね。

 

一つ目は、炭酸水洗いでくすみ肌を解消する方法

 

100%炭酸水を使用するって事。

つまり、炭酸水で 顔すすぐと 発砲の影響で顔が ほどよく刺激されて血行が促進されるので むくみが取れるんですね。

さらに 水で洗う以上に 汚れも浮くので、くすみが晴れていくのも実感できるとのことです

寝起きの悪い人が パッチリ目が覚めるように肌もピーンとさせたい朝には お試しすることをお奨めします!

 

anprule01

 

さらに、顔の毛穴をなくしたい方は アンプルールが とっても薦めですよ(*^。^*)

腰痛の原因って、猫背の影響から…

私は、仕事柄同じ姿勢でいることが多いですから 腰痛の原因になっているかなって思いますね。

 

それに、肩こりや首こり、そしてそれらの原因となる猫背って話を聞いたことがあります。

なので これら痛みや歪みで悩む人は 私の周りにもとても多いですよね。

多分 自分には関係ないって人の方が少ないと思います。

それにしても こんなに多くの人間にとって身近な悩みで あっても 「体を痛めない方法」 を カラ出に負担を掛けない生活方法を知っている人は 居ないですよね。

なので 肩こりや腰痛、首こり、そして猫背を治すには 姿勢や体の使い方を ちょっと意識にとめて 生活すると改善・予防されるって言ってました。

 

fumin01

 

普段の食生活にも、関わるので そんな意識を持って生活しなくちゃねって思います。

良かったら、このリンク先のサイトを参考に ご覧になって普段の生活意識を改善しましょう。

副業するためには、どんな人がどんな方法で始めたのか気になりますね。

どんな人が、どんな方法で始めたのか 調べてみたら 知らないうちに副業をするための準備をしていたみたいね。

例えば、

自分の持っている技術や知識が 副業に活用できた環境にあったって言うことみたいですよ。

 
・「ネットでプログラミングの仕事を請け負って、家で副業をしている」(29歳女性/商社・卸/技術職)
・「友人は家庭教師のアルバイトをしています」(29歳女性/食品・飲料/技術職)
・「自宅エステ。1時間4,000円くらいの金額で土日にお客さんを抱えてエステをしている」(29歳女性/医薬品・化粧品/事務系専門職)

なるほどって感じですね。

技術や知識はあっても 独立する自信がないという人には 副業って言うのは 今まで見えてなかった自分を確認する場になりそうですね。

自分の実力を確認できるし 自分の腕を試せるのも副業のおかげですね。

fukugyou02

 

土日だけ、ちがうところで働くことも 自分を磨くのに良い経験にしたいし 自分の不足しているところを見直したいですね。

・「休日に友だちの家の農家を手伝っている、農作物の販売」(27歳女性/電機/技術職)
・「地域の消防団に入って、準公務員的なことをしている先輩がいる」(24歳女性/運輸・倉庫/営業職)
・「友人は土日に学生時代に働いていた電気屋さんで未だに働いている。月5万円ぐらいにはなっているらしい」(30歳女性/金融・証券/販売職・サービス系)

一番メリットのあるのが 空いた時間を有効活用できることでしょうね。

例えば 友だちの農家を手伝ったり、休日を地域活動の時間を使ったり、学生時代に利用したなじみのお店で働いたり。

休みの日だからって言うと遊んでないで 有効な休日の使い方をするのも自分の為ですからね。

興味のあることは 何でも試してみたいですね。

女子の場合 副業でお金になるのは 何だろう?

私の知り合いでも、副業で成功したって言う人 結構いるみたいなんですよね。

どの位の収入になるかって言うと 実態は解らないんだけどね。

それで、調べたんだけど スッゴイ人っているんですね。

新しいことを始めるってのは 色々な事にチャレンジするって事で 勇気もあるけど副業だからって軽い気持ちでは 始めたんじゃないって思うけど 時代にマッチしたって事かな?

それとも、好きな事だったので続けられたって事で 好循環で上手くいったんだろうか?

副業で大成功した人は どうやったんだろうか

・「副業での収入が数千万円になり、会社をおこした友人がいる」(32歳女性/その他法律/秘書・アシスタント職)
・「本を出版して、印税で稼いでいる」(31歳女性/金融・証券/秘書・アシスタント職)

副業で 楽しく続けていたら金が回ってきて お金が増えてしまったので 税金対策上 会社を興してしまったって言う人。本当に、羨ましいですね。

 

fukugyou01 

投資して稼いでいる人は、どんなきっかけで始めたんだろう。

 
・「会社員をしながら、休日にFXで稼いでいる」(25歳女性/通信/営業職)
・「株への投資はよくやっている人がいます」(24歳女性/アパレル・繊維/事務系専門職)
・「自宅で空き時間にできるSOHOやFXなどの資産運用をしてる人が多い」(22歳女性/その他専門サービス/事務系専門職)

最近 景気のよい話が続いているので、株やFXなどを始めようかなって思っている人が増えていますよね。

 

今どき 最新の情報を取得する手段は 確保したいですよね。

スマホって大切なアイテムですよね。

ソフトバンクなら、最新機種を機種変更で自宅に居ながら 購入できますね。

オークション? 投資? どんな人が どうやって副業しているんだろう

生きているためには、お金って大切ですよね。

本業を持っている人でも今はほかに仕事を持っている人って多いですよね。

で、その仕事って本当に お金になるんだ等かって思いませんか?

そんな事が気になったので ちょっと調べてみます。

特に、働いている私のような年代の女子ってどうなっているのかなって思いますね。

fukugyou01

定番と言われているのが、オークションやアフィリエイト、ネットショップなどで 本当にお金になるんだろうかって思うんですけどね。

調べてみると こんな実態らしいですね。

・「身のまわりのものを売ったりして、ヤフオクなどで稼いでいる人は、割と多い」(27歳女性/学校・教育関連/専門職)
・「釣りの趣味がある人が、自分で釣りのホームページを作り、アフィリエイトでもうけている」(29歳女性/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)
・「陶器を販売している人がいます。ネット販売です」(30歳女性/ソフトウェア/事務系専門職)

インターネット環境が整ったので、自宅に居ながらにして お金を稼ぐ手段もいろいろと多様になってきたみたいです。

良く話題に上るのが ネットオークション・アフィリエイト・ネットショップなどですよね。

自分の身のまわりの物を売っているだけではなく 自分の趣味で作ったものを売ったり 趣味のページで稼いだりする人も いるんですね。

趣味でお金になれば もっと趣味にお金をつぎ込めるし 楽しくなっちゃいますよね。

そんな趣味と実益を叶えたいですよね。

そう言えば、タレントさんも趣味と実益がマッチしている人っているんじゃないのかなって思いますね。

たとえば 最近で言えば

きゃりーぱみゅぱみゅ(カラコンで、目立っているよね!) は多才だし 趣味が実益になっちゃうタイプな感じですね。

こんな男(異性)とは、付き合うと 自分が傷つくかも?

世の中には、色々な出合い方ってあるけど 私の経験では 余りに相手に合わせるって 良くない見たいよ。

 

逃げの予防線をはる男

例えば、

「今日は、サッカーをしてきたんで 疲れちゃって会えないよ。」そんなことを言う男。

そりゃ、運動するってことは体を動かすので疲れるのは当然でしょうね。

勿論 クタクタで帰ってくるのは普通かもしれませんね。

でも、自分の都合の悪いときだけ「疲れた」と言う言葉で デートを断り続ける男と言うのは いつでも逃げられるための予防線をはっていると考えても良いかもしれませんね。

 

otoko04

 

結局、どんな男でもよいんですよ たとえ 彼女がいる男を好きになってもね・・・

ただし、彼女がいるとわかって付き合うのと、知らずに付き合うのとは 気持ちの持ち方が 全く違いますよね。

付き合う限度って、あるからね。

いずれにせよ、自分を大切にしてくれそうな男を選んだほうが良いですよね。

素敵な出会いの場を、提供するのはツヴァイでしょう。

本当は、彼女がいるのに あなたを騙している男のパターン

本気で交際したいならば、付き合い始めていれば、普通は休みの日は 仕事が入ってない限り あなたと会いたがるはずですよね

休みの日のほうが音信不通の男

男性が休みの日は、本命の彼女にしか電話をしないし デートもしないでしょう。

なので 彼女とのデート以外の日にしか 連絡をしてくるってことになるんでしょうね。

それで 遊び人の彼氏は 自分がトイレに入る時とか 何かの隙を狙って 何事もなかったようにメールを送るらしいですね。

otoko03

 

デートの誘いは自分主導の男

実際 自分がセフレのような立場だった人の話によれば 絶対と言っていいほど 本命彼女とのデートが終わってから 突然に連絡が来て デートの電話が来るそうですね。

セフレの立場で観察していたそうで 本命彼女と 再度デートするなんてことはないから 呼び出されるんだそうだって言っていましたね。

あとは 平日の仕事帰りとか本命の彼女が友達と一緒にご飯に行く日に 自分の都合で突然デートの誘いをすることがほとんどだったんだそうです。

 

問うことで、出会い方はネットの婚活サイトであれ しばらく付き合ってみれば おかしいかもって分かるので気を付けましょう。

実は、彼女がいるんじゃないかなって思う男性…

付き合ってみればわかるそんな男性の行動パターンって分かるんですよね。

 

そんな男性に限って、身体の関係ももってしまったら 彼から連絡がほとんどないっていうのが多いパターンなんですよ。

 

なので、あなたがしあわせになるために大切なのは、同じようなことにならないために 男性を良く見る目を持つことなんでしょうね。

 

そんな男性の行動パターンを 調べてみるとこんな感じですね。

 

otoko02

 

自分テリトリーには入れないようですよね

まずは、彼はあなたの家に来ましたか 多分来たでしょう。

何故って 本命の彼女に遭遇するかもしれない場所だったら行きませんし 自分の家だったら バレてしまう可能性が高いですからね。

なので まず 「相手の家に行く」と言うのは 彼女がいるかもしれませんし 自分の家に呼ばないって言うのはね?

そんな 行動パターンの人は、疑っても良いかもしれません。

 

真面目なお付き合いしたい方は、こちらに登録すれば めぐり会えるかもしれませんね(^○^)

ストーカー被害にあった時に、最後にすべきことは・・・

前回の続きですね。

こんな状況になったら、すぐに避難しましょう。

信じられないけど 最悪の状況って事も 起きうる可能性が高いですからね。

 

最も危険なのは、相手が「殺す」って言うような 脅しとも思えるような言葉を発した時。

 

〈1〉写真を意味なくばらまく

〈2〉暴力を振るわれたり、待ち伏せられる

〈3〉友達を脅迫する

 

上記のような行動も 要注意ですよね。

 

対策としては、自分の居場所を知られないために 知人宅やホテルなどに 一刻も避難することでしょう。

ただちに、警察に被害届を出し 相手の摘発を求め無いといけませんね。

 

警察庁の話によると 相談される時に 相手のストーカー行為の「証拠」があると対処が早くなるそうです。

例えば、相手から届いたメールの保存や電話での会話をメモに残すことでも有効だそうです。

緊急に対応すべきかどうかの判断材料とする以外に、スムーズな警告や捜査に結びつくということである。

届出によって 警察から防犯カメラや自宅備え付けの緊急通報装置の貸し出しもできるそうです。

この装置は ボタンを押すだけで警察に異常が届くそうです。

また、110番緊急通報登録システムに電話番号を登録すれば、通報時には警察から被害者の通報とわかるシステムだそうです。

 

kaigai01

 

でも、直面したらそれでは 遅いんじゃないでしょうか。

なので、ストーカー行為をする人の会わないようにすることが一番でしょう。

 

ここで、調べて 観光じゃないですが 直前にでも予約できるので 一時、海外とかに避難しても良いかもしれませんね。

ストーカー被害に、どう対処するのか…

今や、社会問題として 大きくクローズアップされてますし いつ自分に 降りかかってくるかわからない問題ですよね。

 

前回に続いて、危険な状況になるのは、

相手が「責任を取れ」「誠意を見せろ」などと 言い掛かりのような要求。

「会えないなら死ぬ」って言う場合も該当しますよね。

 

こんな状況では、2人で会っても もう冷静な話し合いを求められないって思っても仕方ないと思いますね。

なので、相手からは 受け入れられない要求、行動も過激になってくる恐れがありますよね。

 

もうこうなったら、警察にストーカー規制法による処置をお願いするしかないでしょう。

そのうえで、直に会って話し合いをするよりも 弁護士やストーカー問題の専門家(例えば、<a href="http://ck.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/referral?sid=2159298&pid=882259436" target="_blank" ><img src="http://ad.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/gifbanner?sid=2159298&pid=882259436" height="1" width="1" border="0">相談無料24時間受付中 原一探偵</a>)に相談して 相手と交渉してもらって ストーカー行為をやめてもらうようにしたいですね。

 

いっそのこと、相手に会うことのない様な海外へ留学したり旅行するのも良いかもしれませんね。

なるべく相手との距離を置くってことが大事じゃないかって思います。

東京で社会人としての暮らしている私の役に立った情報と経験談を載せていきたいと思っています。