水を毎日2リットル~3リットル飲んだら 体が軽くなって浄化されているような?

体の中に貯まった老廃物が排出され
その不足分を補う為に水を飲んだことによって
起きた体の変化を感じることができました。
(@tenchan18)
下記に記載した
全てを感じたわけではありませんが
確かに基礎代謝は上がったようですし
言われてみればッて気付いたこともあります。

すべてが変わったわけではありませんが
そう言えばって感じですね。


期待される効果としては
基礎代謝が上がる

体温が上がる

食欲の抑制

肌の透明感が上がるので美白になる

ニキビや吹き出物などができにくくなる

乾燥肌・シミ・小ジワ・たるみの改善

むくみの解消

リンパの流れが良くなる

老廃物のデトックス

血液がサラサラになる
そんな効果が期待できるので
お試しすることをおすすめします(^^)/


ちなみに
水分不足になると
体の細胞は水分を排出せずに
細胞内に水を溜めこもうとしてしまいます。

そして
水を溜めこんだ細胞は膨れ上がってしまい
その部分がむくむんですね(-_-;)
水不足⇒血液の流れが悪くなる⇒
細胞に溜まった水分や老廃物をデトックスされない⇒むくみ!
システム的には そんな仕組みなんですね。

朝食を欠食すると
却って脂肪として貯めこもうとする
現象と同じですね!!

人間の身体って
そんな風に自己防衛するようなシステムに
なっているんでしょう(@_@)

 

どんな状態の水を飲むのが効果的なのか? 結論から言うと 常温の水または白湯なんです(^_-)-☆

一般的に
飲む水は常温か白湯(さゆ)が良いと言われています。
(@tenchan18)

これから
暑い夏になるとしても
冷蔵庫でキンキンに冷えた水を飲んではいけない!そうです。

体が内臓から冷えすぎてしまうため
かえってむくみの原因になるそうです。

具体的に
どういうことかと言うと

冷たい水を飲む⇒体が冷えすぎる⇒血液の流れが悪くなる⇒むくみ
って言う構図ですね。

なので
冷たい水ではなく常温の水か白湯を飲むようにしたいですね。

特に
代謝を上げるって言う意味では
白湯がベストと言われています。

その理由は
白湯を飲むことによって

白湯を飲む⇒基礎代謝が上がる⇒消費カロリー量が増える!⇒脂肪を燃焼しやすい体質に!

という好循環をもたらすので
ダイエット中には基礎代謝が上がるので
すっごく効果的なんですね(^_-)-☆

もちろん
むくみにも効果が高いですね!!

この本って けっこう有名ですね(^^)/

それにしても
今の時期って 暑かったり、寒かったり
着る服も大変だけど体調を崩しやすいので
内臓を暖めるのも体調管理には大事かも。

何故 毎日2リットルは水を飲むことがおすすめなのか? その理由とは・・・

水は
最低でも毎日2リットルは必ず飲んだ方が
良い
って言われています。(@tenchan18)

何ででしょうか?

深く考える必要はないようです。

単純に
人間の体って毎日2リットルの古くて汚い水ができているので
その分を入れ替える必要があるからだそうです。

体内の水って
細胞の隅々まで循環しているので
だんだんと濁って汚くなってくるんだそうですね。

なので
その濁った汚い水をデトックスするためには
毎日2リットルは水を飲む必要があるからだそうです。

ただし
水は飲み過ぎてもNGです。

と言っても
飲む量が少なすぎると
むくみの原因となりますから
目安として毎日2リットル~3リットルぐらいを
摂取した方が良いそうです。

そして
飲み方も重要で
昨日言ったように
こまめに飲むことがおすすめだとか!

水の飲み方で
最も重要なポイントとしては
こまめに水を飲むこと!』につきますね。

たとえば
一気に大量の水を飲んでしまうって言う飲み方は
むくみの原因となってしまうので注意が必要です。

と言うのも
元来人間の体って
一般的には1回の水分摂取で200ml~250mlまで
しか吸収できないそうです。

なので
それ以上の量を一気に飲んでしまうと
逆にむくみの原因になると言われているからですね。

ポイントは
『喉が渇く前に水を飲むこと』
喉が渇いた=体内は乾燥しきっていて
水不足状態になりますからね(*_*;

これからの季節は
特に熱中症にも
気を付けたいものです。

ということで
水不足になってしまう(熱中症対策としても)前に水をこまめに飲むことが
最も重要なポイントなんですよ(^^)/

水不足になると血液の流れが悪くなって むくみ が起こる その対策としては・・・

水を毎日2リットル~3リットルこまめに飲むと
血液の流れも良くなるのは・・・
(@tenchan18)

それは
血液は約50%が水分でできているので
水分が不足すると血液がドロドロになって
血液の流れが悪くなってしまうからです。

血液の流れが悪くなると

 

その結果

細胞に溜まった老廃物が排出されない

細胞の余分な水分が排出されない

細胞に老廃物や水分が溜めこまれる

そんな状態になるので
細胞が水分で膨れ上がってむくみが発生するんですね。
それに対処するため
血液の流れを良くしないといけないんです。

そこで
水を毎日2リットル~3リットルこまめに飲むこと
解消するってことが重要なポイントになるんですね。


正しい水の飲み方をしていれば むくみ は
発生しないそうです。

なので
水不足がむくみの主な原因だとして
正しい水の飲み方を理解して効果を高めましょう。

水を飲むことで むくみは解消されるとしても
間違った水の飲み方をしてしまうと逆効果に
なることもあるかもしれないとか。

ただし
ココで言っている『水』とは『純水できれいな水』のこと
なので できれば水道水以外の純水を摂取しましょう。

つまり
水道水を飲むことはおすすめではありません。
その理由は
水道水には大量の塩素や化学物質が含まれているので
人間の体にとっては有害だからです(-_-;)
そして
正しい飲み方とは 諄いようですが
こまめに飲むことだそうです(^^♪

 

 

ダイエットをしていても 太ったみたいで水でむくみがとっても気になる方ほど水分摂取をした方が良い?

水を飲むことで
美容や健康だけじゃなくダイエットにも効果的があるって
いうことをご存じの方も多いですよね。
(@tenchan18)

でも
水をたくさん飲むとむくみ(水太りする)が
酷くなるんじゃないかって心配することもあります。

実は
結論から言うと『水不足』が
むくみの原因
だったんですね。

そんなことで
何故 水を飲まないとむくんでしまうのか?

その仕組みと原因について
調べてみたくなりました。

そもそもむくみって言うのは
血管の外の細胞のまわりの水分が
正常より多くなった状態のことを言います。

つまり
細胞に水分が過剰に溜まったことにより
皮膚が膨らんでいる状態なんですね。

そのむくみの原因は 水不足なんです!

水をたくさん飲めば
むくみが生じるって思われている方も多いようです。

でも
逆に水不足がむくみの原因なんです。

と言うのも
水不足になると体の細胞は水分を排出しようとしないで
細胞に水を溜めこもうとしてしまう現象を起こすようです。

つまり
水を溜めこんだ細胞は膨れ上がってしまい
その部分にむくみが生じるんですね。

これって
欠食した後に食事をすると飢餓状態に備えて
栄養を身体に蓄えようとする構図とそっくりですね(*_*;

特に
暑くなるこの時期には水分補給を心掛けて
熱中症には気を付けましょう(^^♪

太らないためにやってはいけないNG習慣 食事以外からアプローチする代謝アップ方法

食べること以外で代謝をアップする方法があります。
(@tenchan18)

そんな習慣を身に付けることで
痩せられるんじゃないかと思います。

それが

六つ目 冷え対策をしていない それが原因となる場合

先ほども記載しましたが 
ダイエットを成功させるためには 
まずは代謝アップをすることが
重要なポイントなんですね。

つまり 
冷え対策をしないことも代謝が
落ちる
原因となっています。

なので 
ダイエット中は温かい物を選ぶ癖をつける 
入浴を毎日するなど 
体を冷やさないことを
意識する必要があります。

七つ目 ストレスが溜まっている ことによる原因

ダイエットによるストレスって
挫折しがちな気持ちになりますよね。

なので 
仕事や人間関係などの日常生活にあるストレスも
ダイエットの妨げになるといわれています。

そして 
過度なストレスの負荷がかかって自律神経が乱れてしまうため 
睡眠が浅くなるとか 内臓機能が低下するとか 
ダイエットの成果も思うように
出なくなってしまうんですね。

イライラしながらのダイエットは
負のスパイラルに陥りがちですね。

なので 
上手にストレスを発散して 
前向きに楽しみながらダイエットを
することもポイントになりますね(^^♪

世間には 
ダイエット法はいろいろありますが 
自分に合った健康的な生活習慣をすると 
さらに成果が出やすくなるはずです。

健康的な生活をすること 
それが一番太らないために必要で
代謝アップが図れるんじゃないかと思います。

なので 
代謝アップを損なうことのない習慣を
身に付けましょう。

そうすれば 
苦労しないで痩せられるかもしれませんので 
今まで記載したことを参考にしてみてください(^^)/

太らないために知らずにやっていた習慣でNGだったのは 代謝アップできなかったのが重要だった?

正しいと思っていた太らないための方法が
実はNGな習慣だったようです。
(@tenchan18)

 

三つめは
野菜ばかりの食事が原因で 
逆にNGだったんですね。
野菜や果物を中心の食事って
カロリーが低くいので摂るのが
良いって思っていたんです。

それに
ビタミンやミネラルはたっぷり摂れるんですけど
脂肪を燃焼するために必要なタンパク質が不足するので
今度は痩せにくい体質になってしまうんですね。

つまり
タンパク質を摂って細胞を作る材料になる
栄養素も必要なんです。

なので
綺麗に痩せようと思ったら肉や魚、
大豆製品は毎食食べることも必要なんですね(^^♪

 

四っつ目は
食事のみで痩せようとすることも
原因になるってことです。
実は
三っつ目の原因にもつながるんですが
食事のみのダイエットって
筋肉量が落ちて代謝が低下するんです。

確かに
一時的には体重は落ちるんです。

でも
太りやすく痩せにくい体質に
なってしまうんです。

とは言っても
ストイックな筋トレや運動を取り入れる
必要はないみたいです。

重く考えずに
普段の生活の中でなるべく車を使わずに歩くとか
階段を使うとかなどの動作を行い
筋肉を落とさないよう意識することで
代謝アップもしくは維持できるようです。

 

五つ目
欠食する ことによる原因
良くありがちなんですが
朝出掛ける前って忙しいって言う理由で
朝食を抜くとかちょっと体重が増えたから
夕食を抜いたりしがちですよね。

確かに
欠食すれば一日の摂取カロリーは減るでしょうが
次の食事までの時間が長すぎた場合
体が食べた物をすぐ吸収しようとする
飢餓状態になってしまいます。

そのことによって
逆に体に脂肪がつきやすくなるので
欠食することが太る原因になる
恐れがあります。

 

 

太らないためにNG習慣となっていることを改善して 成長ホルモンを分泌すれば・・・

太らないためには綺麗になるためには
どうすれば良いのかって永遠の課題ですよね。
(@tenchan18)

以前
私がダイエットを頑張っている時に
食習慣を改善しても効果無いなくて
どうすれば痩せられるのかを
食習慣以外で調べたことをまとめてみました。

その時は
ただ食事に気を付けているだけでは
逆に太った気がしたんですね。

なので
痩せるためには食に関することだけを気を付けていれば
良いわけじゃなかったって気が付いたんですね。

それ以外にも
気を付けることがあるんですすよ。

もし
私と同じようなことを習慣的にしている方は
思い当たることがないか
チェックしてみて参考にしてください。

一つ目は
睡眠不足による原因が考えられます。

疲れた時、具合が悪い時にもよく言われるんですが
睡眠って最高の元気の素って言われますよね。

それに
美容を保つためにも太らないためにも
効果があるとも言われています。

その理由としては
質の良い睡眠をとると
睡眠中に成長ホルモンが分泌されるため
ぐっすり眠るだけで300kcal消費されて
食欲を抑えるホルモンも分泌される
そうです。

一般的に
痩せやすくなる睡眠時間は7時間以上必要だって
言われています。

とは言っても
人によって最適な睡眠時間は違うでしょうが
不足しているって感じるようなら
睡眠時間が確保できるようにすることも
痩せやすくなる秘訣とも言えるんじゃないかと思いますね。

 

二つ目は
水分を摂らないことが良いって
思っていたことが原因の場合。

むくみやすい体質だからといって
摂る水分の量を制限していた時があります。

でも
それによって体がむくみやすくなる
原因
だったんですね。

特に
寒い季節って夏に比べて
水分摂取量が減りやす時期なんです。

なので
意識して水分を摂ることも大切なんですね。

最近少しむくんできたかなって感じた方は
特に寒い時期はこまめに温かい飲み物で
水分を補給することを試してみましょう(^^)/

 

痩せ体質を作るレシピに必要な食材は 一番はゴボウですがその理由は?

今日は ゴボウに含まれる食物繊維の働きについて
調べたことをかいて覚書にしようって思います。
(@tenchan18)

主に 2つあるって思います。
一つ目は 善玉菌が増える効果について

ゴボウって スジっぽく見えるので見るからに
繊維という状態の不溶性食物繊維ですよね。

不溶性食物繊維って
腸内で水分を吸って数十倍に膨らんで腸壁を
刺激してスムーズな排出をうながす働きがあるんです。

なので
日頃から食べる量が少なく便秘がちな方に
必要な食物繊維と言われる理由なんですね。

さらに
ゴボウに含まれている不溶性食物繊維の役割は腸壁を
刺激する以外にも すでに腸内に住み着いている
善玉菌を増やす働きもあるんです。

なので
腸内環境美化に欠かせない野菜と言われています。

二つ目の効果は
ヤセ体質をサポートする力があることです。

果物に含まれるペクチンとか海藻や納豆のネバネバ成分には
トロトロでサラサラした食物繊維が水溶性食物繊維なんです。

水溶性食物繊維って
腸内で善玉菌のエサとなって腸内環境美化に役立つ以外にも
ビフィズス菌やヤセ菌によって発酵分解される際に
短鎖脂肪酸が発生するんだそうです。

この短鎖脂肪酸って重要な役割があるんです。

脂肪の蓄積を防いで食欲をコントロールしたり
交感神経を刺激して脂肪の燃焼をうながしたり
総合的な肥満の予防効果があると言われ柄います。

と言うことは
ヤセ体質になるために積極的に摂りたいのは
水溶性食物繊維ってことになるわけです。

ちなみに
アボカドや納豆って水溶性食物繊維が多いってことで
有名ですよね。

でも
ゴボウにはアボカドや納豆を上回る水溶性食物繊維が
含まれていますので 本当にヤセ体質作りをしたいなら
ゴボウを常時取りたい野菜っていえますね(^^)/
たとえば

簡単に作れるゴボウピクルスなら
ヤセ体質作りをサポートするゴボウをピクルスにしておけば
毎日手軽に続けることができますので
1日一回は摂ることができますので
常備しておくのも良いでしょうね。

簡単ゴボウピクルスの作り方

<材料>

ゴボウ 1本
酢 100cc
水 100cc
白ワイン 50cc
塩 一つまみ
オリゴ糖 大さじ1~お好みで

<作り方>

1.酢、塩、オリゴ糖を混ぜ、ひと煮立ちさせます。

2.ゴボウはよく洗って、5cm程度に切り、酢を少し加えた水に
入れ、そのまま火にかけて、沸騰したら1の酢に漬けこみます
(煮沸消毒したビンを使いましょう)。

3.そのまま冷蔵庫で保存し、2~3日して味が馴染んだ頃が
食べごろです。

それも 面倒だって人は ゴボウ茶がおススメですね。

夜遅く食べても 腸内環境を改善してお通じを良くすれば太らないですみますよ(^^♪

満腹感を得ながら腸内環境を改善すれば
お腹もスッキリして太らないで済むかもしれないでしょう。
(@tenchan18)

そして 5つ目は

「ながら食べをしない」ことで
食べることに満足するからです。

なので
テレビを見ながらとかスマホ片手にダラダラ食べていると
食事に意識が向いていないので食べた満足感が得られないんです。

つまり
満腹感を感じるまでの時間が掛かってしまうので
食べ過ぎてしまうこともあるんですね。

できれば
家族そろって楽しく会話しながら食事することで
満腹感を得られやすくなりますね。

最後に

良く言われることですが
「寝る2~3時間前までには食べ終わる」ことです。

食べてすぐに寝ると睡眠中に血糖値が高い状態になって
エネルギーが大きく消費されることなく
体に脂肪として蓄積されてしまうためです。

なので
食事は寝る2~3時間前までには済ませるのが
基本ですね。

そんなことから
太らないために適した食べ物としておすすめなのが
ゴボウなんです。

ゴボウって
昔から便秘解消の野菜として有名なんですね。

一見 スジっぽい食感なので
不溶性食物繊維が多い野菜と思われていますけど
実際はヤセ菌の大好物である水溶性食物繊維が
豊富な野菜なんですよ(*^。^*)

なので
腸内環境を改善するので
常にお腹の中が良い状態に保たれるんです。

ですから
体質改善して 痩せたいって思った人には
おすすめの食材っていえますね(^。^)y-.。o○

東京で社会人としての暮らしている私の役に立った情報と経験談を載せていきたいと思っています。