タグ別アーカイブ: PayPal、海外ショップサイト、クレカ情報、漏れない、メールアドレス、パスワード

海外のネットショップに PAYPAL(ペイパル)を利用する理由とは・・・その6

PayPal決済の場合
(@tenchan18)

PayPal決済のメリットはPayPalを通して買い物をすることができるってことで
iHerbでクレジットカード情報を入力せずに決済できるので
カード情報の流出リスクを下げることができるんですね。

また
万が一商品が届かなかった場合は
ショッピングプロテクション(買い手保護)が適用されるので
支払った料金を払い戻しが可能なのも安心できるメリットがあります。

なので
セキュリティ面やクレジットカード情報を
簡単に渡したくない方はPayPal決済がお勧めですね。

さらに
PayPal経由でJCBカードを利用すれば
為替手数料が掛からないってことですね。

私の場合
ポイントを貯めているのがJCBカードなので
このカードで買い物したかったんです。

最初は仕方なく
他のVISAやMASTERカードで決済してたんですが
やっぱりJCBカードで払いたい。

それが
JCBカードを登録してあるPayPalが利用できるようになって
日本円で注文できるようになったんです。

PayPalなら
日本円で支払いできるんです(^_-)-☆

 

クレジットカード会社の為替手数料で支払う際のポイント・注意点

PayPalをクレジットカード会社の為替手数料で支払う際に
抑えておくべきポイントと注意点があるので以下にまとめます。

MasterCardが最も手数料を安く抑えられる可能性が高いようです。

PayPalに登録できるクレジットカードブランド4社の為替手数料だけを見ると
1.60%のJCBが最も安いです。

ですが
商品購入にかかる総額を見ると
必ずしもJCBが最安になるとは限りません。

これは
以前記載したように為替手数料とは
別に各社ごとに独自の為替レートが設定されているためです。

つまり
Aというクレジットカード会社は為替手数料を2%と高めの設定をしていても
為替レートが1ドル100円で設定されていれば
100円 + (100円 × 2%) = 102円となります。

それに対して
Bというクレジットカード会社は為替手数料を1%と安く設定していても
為替レートが1ドル110円で設定されていれば
110円 + (110円 × 1%) = 112.1円となりBの方が高くなります。

なので
ショップで買い物をする際には為替手数料だけでなく
為替レートも支払い総額に大きく影響するってことですね。

ちなみに
私の利用しているショップはPayPalに登録されているショップなので
このような手続きも不要で自分の好きな
クレジットカードから引落できます(^_-)-☆

 

ココナッツオイルでケトン体質に 糖質制限に効果がある理由は?

海外のネットショップに PAYPAL(ペイパル)を利用する理由とは・・・ その2

PayPalなら
メールアドレスとパスワードの入力だけで支払いできるので
とっても簡単に利用できることが分かると思います。
(@tenchan18)

つまり
ー決済が簡単で手間がかからないのも
メリットですね。

と言うのも
ネットショップで商品を購入する際には
クレジットカードで直接支払う時って
カード番号やCVCコード、氏名、有効期限を
その都度入力する必要があり手間がかかります。

それに
クレジットカード情報の直接入力は
先ほども記載したようにカードを
不正利用される可能性もあるから不安ですよね。

対して
PayPalを利用してみると
PayPalに登録したメールアドレスとパスワードを
入力するだけで支払いが完了するので手軽に利用できます。

さらに
クレジットカード情報もPayPalで管理されショップに
情報が知られないので 安心して利用できます。

更には
トラブル時に補償される保護プログラム
完備しています。

返金措置もあって
PayPalはクレジットカード情報の保護や決済の手軽さ以外には
トラブル時の補償も手厚いんですね。

例えば
PayPalで決済した商品が説明と大きく異なるものだった場合や
商品がなかなか発送されず届かないといった場合は
PayPalに連絡して解決することができるんです。

 

それでも解決しない時は
問題提起をクレームにエスカレートすることで
PayPalが調査に乗り出してくれます。

そこで
売り手(ショップ)にトラブルの原因がある場合は
返金になる可能性が高いですね。

PayPalにとって
利用者(ショップの利用者)寄りの運営方針なので
特にトラブルが多い日本から海外のショップで
商品を購入する際も安心です。

PayPalの異議とクレームについては
以下を参考にすると良いと思いますよ。

ペイパル|サポート|よくあるご質問|取引に問題が発生した場合

海外のネットショップに PayPal(ペイパル)を利用する理由とは・・・ その1

何故 PayPalを利用するようになったのか
その最大の理由は
(@tenchan18)

海外のショップサイトに
クレジットカードの情報を

残したくなかったからですね。

日本なら対処できるような感じがしても
海外だと言葉も不明だし手の打ちようがないって感じですからね。

そこで
海外のショップで個人輸入するために
PayPalを利用するようになりました。

ちなみに
PayPal(ペイパル)について調べて見ると。

PayPalって
世界で1億5000万人以上に利用されていて
特に海外のネットショップで商品を購入する際に
利用する人が多い決済サービスです。

設立されたのは1998年12月で
2002年からは世界最多の利用者数で有名なオークションサイト「eBay」に
買収され同社の子会社となっていましたが
2015年7月に独立したようです。

PayPalのメリットは
簡単かつ安全に支払いができるのが大きな特徴ですね。

PayPalのメリット

クレジットカードの番号が利用するショップに渡らないのが
PayPal最大の特徴ですね。

たいていネットショッピングをする場合
支払いに使うクレジットカードの番号など
重要な情報が利用するショップに知られますよね。

さらには
クレジットカードの番号以外のCVC/CVVコードと言われる
クレジットカードの裏面に記載されている暗証番号
まで知られてしまいます。

万が一の場合
クレジットカード支払い時に番号やCVC/CVVコードを直接入力すると
それらの情報が第3者に洩れてカードを不正利用されてしまう
可能性もありますからね。

その点
PayPalを利用する場合
アカウントにあらかじめクレジットカードの情報を登録することで保護されるので
PayPalアカウントで支払えばクレジットカード情報を
その都度入力する必要がないんです。

もちろん
クレジットカード情報は利用するショップにも分からないので
情報が洩れる心配もなく安心です。