タグ別アーカイブ: iphone、フェイク、便利、取り消し、やり直し

スマホを利用して うっかり入力ミスってありますよね。 実はiPhoneならば「シェイク」で一発修正!

慌て者の私にはよくあることなんですが
うっかりミスして入力・消去してしまうって
ことがあります。

でも
入力したテキストを一瞬で復活させる方法が
あったんですね(^^♪

それが
「シェイク」を活用する方法です。

たとえば
iPhoneでテキスト入力をしている時に
ぼーっとしていて内容を打ち間違えたり
うっかり操作ミスでテキストを
消してしまうことがあるんです。

そんなときに
今まではもう一度入力しなおしていたんですが
その必要が無くなります。

実は
「シェイク」機能を使うと
1手順だけ元に戻すことができるんです。

これを利用すると
入力しなおすことが無くなるんですね。

こんな時
この方法を覚えておくと
さらにiphoneが使い易くなりますよ(*^-^*)

例えば

仕事の待ち合わせ先をメモしている時に
間違って「東京」を 2回入力してしまった。

iPhoneを数回振ります。

 

 

 

画面には「取り消す―入力」と表示されるので
「取り消す」をタップします。

操作1回分が取り消されるので重複して入力した
「東京」が無事削除されます。

ちなみに
間違って「取り消す」操作をしても大丈夫です。

もう一度シェイクするだけで
画面には「やり直す―入力」が表示されますから。

「やり直す」をタップすれば
直前に削除した「東京」のテキストが復活します(^^♪

テキストを誤って消してしまった場合にも使えるので
シェイクは誤入力以外にも誤ってテキストを消去してしまった
場合にも「戻る」操作として活用できます。

ある意味
パソコンを利用してオフィスソフトを利用した書類で
戻るボタンをクリックする感覚でフェイクするような感じですね。

ちなみに シェイク操作が作動しない場合は

「設定」アプリから「一般」→「アクセシビリティ」と進んで
「シェイクでの取り消し」がオンになっているか
どうかを確認してみます。

また フェイクなど大袈裟な動作をしたくない時には
アクセシビリティの「AssistiveTouch」をオンにすれば
「最上位メニューをカスタマイズ…」からアイコンに「シェイク」を
割り当てるという方法もありますよ。

カスタマイズすると 上記のような画面が表示され
右上のフェイクをタップすれば同様な操作が可能になります。