「ipad、リモートデスクトップ、Windows 10 pro」タグアーカイブ

いったん接続したら 後はリモートデスクトップの利用は簡単ですね。

接続すればiPhone上で[スタート]メニューを表示したり 
アプリを起動したりできます。
(@tenchan18)

また 
画面上部のメニューでいくつかの操作も可能です。

以下では 
主な機能を記載します。

その1 メニューの虫眼鏡のアイコンをタップすれば画面を拡大できる。

その2 中央のバーガーメニューをタップすると 左右にメニューが表示されます。

[マウスポインター]をタップすると 
iPhone側で操作できるマウスポインターが表示されます。

切断するときは[セッションの終了]をタップします。

その3 右端のキーボードのアイコンをタップすると キーボードが使えるようになります。

これで 文字入力することも可能になります。

そんな利用法が考えられます。

ちなみに 
いったん切断したあとはデスクトップのサムネイルをタップするだけで 
すぐに接続できるようになります。

設定によっては 
ユーザー名やパスワードの入力も必要になります。

この利用法は iPhoneだけではなく 
iPadやAndroidでも操作方法はほぼ共通なようです。

iPadのような画面の大きいタブレットであれば 
操作はもっと楽なんじゃないかって思います(^_-)-☆

iPhone/iPadでWindows 10を利用することができる?(^-^;

iphone・ipadでwindows10を利用するには
リモートデスクトップを使えば可能?
(@tenchan18)

手のひらのiPhoneで
別のデバイス(パソコン)のWindows 10を操作できる?

そんな不思議なことを実現できるのが
Windows 10のリモートデスクトップなんです。

iPhoneだけでなく
iPadやAndroidデバイスでも同様のことができます。

一度試しても忘れてしまうので
iPhoneからWidows 10パソコンに接続して
遠隔操作する方法について
覚え書きしておこうと思います(^^♪

ちなみに リモートデスクトップとは?

実は Windows 10には「リモートデスクトップ」
という機能が用意されているんです。

元々
Windows 10のパソコンを
別のパソコンから遠隔操作する機能なんです。

以前は
Windows 10のパソコン同士を接続して利用する機能だったんですが
現在はiPhone/iPad/Androidでも利用できるんです。

利用法としては
手持ちのiPhoneを使って別の部屋にある
Windows 10パソコンに接続して
iPhoneにWindows 10の画面を表示して
操作するといった使い方ですね。

ただし
これを利用するには接続される側のパソコンが
Windows 10 Proである必要があるんです。

Windows 10 Homeは
接続する側にはなれるが接続される側にはなれないので
OSはproにする必要があります。

また
基本的には接続できるのは
同一ネットワークにあるデバイス同士です。

ちなみに
同一ネットワークというのは
同じWi-Fiルータを使っている
デバイスのことと考えて良いみたいですね(^^♪