「Amazonエコードット、GoogleHomeMINI、スマートスピーカー、音楽聞き放題、ショッピング、IOT家電」タグアーカイブ

スマートスピーカーを車に置いたら便利なのか 「Amazon Echo Dot」の場合 その4

車内での設置場所って
ダッシュボードあたりが使いやすそうですよね。
(@tenchan18)

この位置であれば
運転中にEcho Dotの天板が目視できるので
音声によるコントロールができるし
もしかしたら 停車中の操作も可能ですから
場所的には良いって思います。

それに
ウェイクワード(スマートスピーカーを使うときに呼び掛ける言葉)を
きちんと認識できたかも目視で確認できますからね。

ちなみに
ユーザー補助機能でリクエストの開始音を「オン」にすると
ウェイクワードを認識したときに音を鳴らせても
走行中の車内は騒々しいので
音だけでは確認しづらい状況もありそうです。

サウンドの設定でリクエスト開始時・終了時に
音で通知されるようにしておくのは基本ですが・・・

ダッシュボードなどに垂直に貼り付ける場合ですが
ちょっと気をつけたいのがケーブルのコネクターが
向かって下に来るレイアウトにすると
上ボタンが音量「DOWN」になり下ボタンが音量「UP」
という配置になってしまうので
感覚的には通常とは逆の位置関係になってしまいますね。

通常の感覚では
本体正面が下(または手前)を向く配置にした方が
音量調節時に間違いは少なくなるって思います。

ダッシュボードの上に置く場合も
音量ボタンの配置にはやや違和感があるかもしれないです。

ただし
この設置の問題さえクリアできれば
Google Home Miniと違って物理ボタンを採用しているので
とっさの場合でも操作はしやすい
(走行中の機器の操作はNGですよね。)。

両側面をタップして
音量を調整するので
目視していても誤操作しやすいGoogle Home Miniに比べると
間違った操作は減るんじゃないんじゃないかと思います。

それに
メカニック調の素材感が車の内装に
ピッタリ感がありますね(^^♪

Google Home Miniだと
ファブリック調なので
車内の内装とは違和感があります。

逆に
宅内ではGoogle Home Miniの方が
良いかもしれないかも・・・

以上は
私の私見ですので あしからず(^^)/

スマートスピーカーを選ぶために Amazonのエコーについて調べて見ました その4

音楽については
アマゾンのサービスがリーズナブルな理由?

(@tenchan18)

プライム会員ならば 
100万曲の楽曲が聞き放題となる
「プライムミュージック」を無料で利用できます。

Amazonプライム無料体験をする!

なので 
曲を指定することはできなくても
エコーからの再生が可能なんですね。

例えば

「70年代のロックが聞きたい」と声を掛ければ 
該当するプレイリストから
ランダムに曲を再生してくれるとか。

または 
「ドリームズ・カム・トゥルーが聞きたい」と
話しかければドリカムの曲をランダムに
再生してくれるそうです。

洋楽については結構充実しているので 
70年代なら エリック・クラプトン、ディープ・パープル、クイーンなど
80年代なら ワム!、ホール&オーツ、カルチャークラブ、マドンナなど
の著名なアーティストの曲は一通り含まれているそうです。

ただ 
スティービー・ワンダーやマーヴィン・ゲイといった
ソウル系のアーティストがポップスに分類されているので 
音楽好きには少し物足りない内容かもしれません。

また 
ジャズのラインナップはかなり充実しているので 
著名な曲やアーティストでリストに含まれていない
ケースはほとんどないそうです。

それに対して 
邦楽についてもそれなりのアーティストが揃っていても 
洋楽と比較すると十分とはいえないとか。

ドリームズ・カム・トゥルーや槇原敬之などは
一通りの曲が含まれていても 
サザンオールスターズは
聞くことができなかったそうです。

Amazonエコーの特徴は 
エコーの最大の特徴は
やはりショッピングができることですね。

なので 
Amazonの利用が日常的に多くて 
プライム会員になっているなら
エコーを買った方がよいでしょ
う。

それに対して 
情報収集など知的活動に使いたいという方には 
グーグルホームの方が合っているかも
しれないですね(^_-)-☆

ただし 
家電制御については対応製品が少ないので 
どっちもどっち状態ですね。