「軽自動車、フラット、ベッド、アイテム」タグアーカイブ

今回は 車中泊のできる軽自動車に注目してみたいと思います(^_-)-☆

一番気になるのが
車中泊ができるかどうかの車内のスペースですね。
(@tenchan18)

そんな悩みを解決したのが 以下の要素だと思います。

その4
Honda・NBOXやダイハツ・ウェイク なら
そんな希望をかなえてくれますよ。

たとえば
軽自動車で人る上げるとダイハツ・ウェイクも
車中泊に適していますね(^_-)-☆

シートアレンジにフルフラットモードがあるので
ベッド長は約200cmに達するから大人2人の就寝が可能だそうです。

ただし
前席背もたれを水平近くまで倒して背もたれを
前に格納した後席とつなげられますが多少の凸凹がありそうです。

その点から言うと
N・BOXの方がメリットがありますね。

さらに
フラット化してくれる「ジョイントクッション」
というアクセサリーだけでなく

プライバシーシェードやカーテンまであるので
本格的な車中泊にも適応しています。

しかも
2WD車ならアンダートランクも完備しているので
寝ているときの荷物置き場に困らないので
とっても便利そうですね(^_-)-☆

そのほか車中泊に適しているクルマと言えば
ベッドとしての寝心地はともかくアウトドアや
災害時の電源供給車としての機能をも備えたアウトランダーPHEV。

そして
2列目プレミアムクレードルシートの寝心地(かけ心地も)が抜群で
100V/1500Wコンセントが用意されたオデッセイHVなども
お昼寝程度の就寝なら十分ですね。

最後にここで紹介した乗用車の室内空間を
ベッドルームに変身させるには
マットレスが不可欠ですね。

ちなみに
フリード+やウェイクには専用のマットレスが用意されているので
寸法さえしっかり計っておけばマットレスは
ホームセンターでも手に入れることができます。

なので
車中泊に備えて普段からぴったりサイズを探して
厚さ2cmほどのかさばらないマットレスを
準備しておきたいですね(*^。^*)