「費有り、子育て、子供、毒針、殺人アリ、厚労省、環境省」タグアーカイブ

「ヒアリ」が上陸したって怖がっているよりも その前に正しく生態を知っておけば安心!

最近 ニュースで連日ように取り上げられている
最凶の外来種ヒアリです。

この蟻が日本国内で発見されてから
数日たっています。

 

「最凶」の蟻、日本上陸!

数年前から関係者が警戒していた小さな生き物
小さくても凶暴すぎる蟻、ヒアリが、
ついに日本国内から発見された。

平成29年5月26日に兵庫県尼崎市において
発見されたアリについて 専門機関による調査によると
6月9日に特定外来生物であるヒアリ(Solenopsis invicta)
と確認されました。

そのヒアリは
中国・広東省広州市の南沙港から出航した貨物船内の
コンテナ(1個)の内部で発見されたものです。

 

そう言えば 昔殺人蟻が南米にいるって
テレビで見たような記憶がありますね(@_@)

環境省によれば
ヒアリ(Solenopsis invicta)の国内初確認について
『確認できただけで数百匹以上。

さらに 卵や幼虫、さなぎもいた。

コロニー(集団)をつくっていた』。

家電製品が入っていたコンテナだったようです

というように
初めは関西方面から発見されたんですが
今では関東までもヒアリが発見が広がっています。

もう
全国に生存しているって思っても
良いかもしれないですね。

更に
大阪港におけるヒアリの確認されたのが
最悪で女王蟻の死体が見つかったとのことです。

厚労省によると
ヒアリに刺された場合の注意点としては

ヒアリの生態から言うと
毒針でヒトを直接加害する国際自然保護連合の世界の
侵略種100にもランクされる危険な外来種ですが
日本のマスコミでは衛生被害に関する情報が
かなり誇張され流布されているような
感じを受けるんですが・・・

そこで
マスコミで報道しているようにヒアリって
本当に“殺人アリ”なのか?って言うところに
一番関心があるまるところですね。

 

もしそうなら
子育てをしているママ達には
なんだも触りたがる子供が心配ですね。

 

結論から言うと
蜂が原因で死亡する方の方が
多いみたいですよ( ;∀;)