タグ別アーカイブ: 熱中症対策、経口補水液、脱水症状、脳梗塞、尿の色

熱中症が酷くなると脳梗塞になるって本当?! そうならないためには「尿の色」で予防を・・・

夏になると脱水による体内の水分不足で血液がドロドロになるため 
血管が詰まりやすくなるので脳梗塞を起こす人が多くなるんですよね。
(@tenchan18)

特に 
高齢者は加齢とともに血管の弾力性が失われてくるので 
狭い部分があると詰まりやすくなるんです。

めまいや吐き気に頭痛、しびれ、ふらつきなどの症状が現われた時には 
すでに熱中症や脳梗塞を発症している可能性が高いかもしれません。

そんな脱水症状になりかけているかどうかを確認するために 

どんなことに注意をすればよいかわかりますか?

それは 大きな基準としては「尿の色」を確認すると良いそうです。

具体的には

体内の水分量が足りていれば 
尿は薄い色になります。

でも 
不足していれば尿の色が黄色や黄褐色と
濃くなるそうです。

何故 
尿の色が濃くなるかって言うと 
体内の脱水を補うために腎臓からの
水分の排泄が制限されるためなんだそうです。

なので 
特に夏場のような汗を掻きやすい時期には 
尿の色には注意が必要なんです。

ただし
脱水症状・熱中症対策としては「スポーツドリンク」が
適しているとされていても過度の摂取は禁物なんですね。

その理由は 
先日記載したようにスポーツドリンクには塩分以外に 
糖分も含まれているからなんですね。

なので 
飲み過ぎると ペットボトル症候群と呼ばれる
急性糖尿病になるってこともあり得るんです。

そのため 
スポーツドリンクを飲むなら水で半分ぐらいに
希釈した方が良いそうですよ(^^♪

熱中症対策 経口補水液 500mlx48本 2ケース

なので 
最近よく知られるようになった
『経口補水液』の方がお薦めですね。

これなら 
スポーツドリンクより塩分濃度が濃くて 
糖分が少ないからです。

なにしろ 
熱中症の対症療法として開発されたものなので 
予防のために飲むより暑い屋外などで作業する時などには
用意しておきたい飲み物です。

ちなみに 
緑茶はビタミンCが豊富で夏バテ予防に良いんですけど 
カフェインに利尿作用があるので熱中症対策には適さないそうですよ(^^)/