タグ別アーカイブ: 時短、エクセル、プレミアムフライデー、半日

プレミアムフライデーを実現させるためには エクセルを便利に活用しないとね(^^♪

先日発表された プレミアムフライデーが始まりました。
(@tenchan18)

私には まったく関係ないお話ですが 
これって大企業などで仕事をしている人にも
メリットがあるのでしょうか?

その分のしわ寄せがどこかに来るんじゃないかなぁ
っていう疑念がたっぷりなんですが・・・

その分他の日が忙しくなったり 
さんに負担が掛かるんおそれって
ないんだろうか?

そんなことを考えるのは 私だけでしょうか?

それはともかく 事務作業を短縮するために役に立つなって
思うエクセルの利用法をちょっとでも知っていれば 
でも残業を減らすことができるかもしれませんよ(^^)/

集計を計算するのに普通の人は 
リボンからすぐ挿入できるSUM関数を
思い立つでしょうか?

実は 複雑な計算にも対応できる便利ワザがあるんですね。

もちろん エクセルで小計を計算するにはSUM関数が便利ですが 
小計から総計を計算する場合にセルを指定するとか合計が
重複するため1/2で描けないといけないですよね。

そんなときでも 
不便なく利用できるSUBTOTAL関数の利用を
おすすめします(^_-)-☆

と言うのも 総計も簡単に計算できますよ。

それに アウトラインの小計行を使うとかピボットテーブルを
使えば簡単に小計が出せますよ。

たとえば

SUBTOTAL関数で小計を計算すると・・・

SUBTOTAL関数で小計を計算する時に 
行を挿入して関数を入力します。

すると 総計の計算もSUBTOTAL関数を使えば 
のみを合計してくれるんです。

ここでは、「=SUBTOTAL(9,E4:E7)」という関数を入力します。

↑ 行を挿入して小計行を作り、SUBTOTAL関数を入力します

そこで 総計を計算するとSUBTOTAL関数を使えば。

「=SUBTOTAL(9,E4:E23)」と入力すると 
総計には計算範囲にあるSUBTOTAL関数の計算結果だけが
合計されますよ(^^♪

総計もSUBTOTAL関数を使えば とっても便利ですね。

ただし 一つだけ注意しておきたいことがあります。

それは SUBTOTAL関数を利用する時は
すべての集計作業にはSUBTOTAL関数だけを
使わないといけないということですよ!