タグ別アーカイブ: 家電、節約、テレビ、明るさ、設定変更

テレビの設定を変えるだけで 月800円節約できる?

あまり 節約するところがないので
電気代を削減するためにどこからしたら良いのか
調べてみることにしました。(@tenchan18)

自分では 電気代を「見える化」できないので
その類の情報を調べて真似をすることにします。


まずできるのは 必ず利用している家電のなかでも
特に「テレビ」について調べることに。

節電をしやすいのがテレビですからね。

音がないと寂しいって正確で 見てなくても
付けている最も長時間使う家電がテレビですからね。

そこで テレビの消費電力を調べてみると
約420wです。

それから計算すると テレビを1時間つけっぱなしにすると
約14.7円使用していることになります。

(※42型のテレビ、1kwh35円で計算します)

1時間で14.7円ですから 大した金額じゃないと
思ったんですが 1日4時間使用すると約58.8円です。

これを1か月に換算すると
なんと約1,764円にもなっちゃいます。

ちなみに 電気料金の計算式は以下です。

W÷1000×1日の使用時間(h)×1kWhあたりの電力量料金
=電気代

これを我が家のテレビ電力量料金に
あてはめるとこうなります。

420(w)÷1000×4(h)×35×30(日)=約1,764円

テレビだけで月に1,764円。

毎月定額で結構な金額を払っているって分かりました。

それに NHKの受信料もあるので
テレビを廃棄しちゃうって考えは無いですけど。

そこで 電気代を節約する方法を試すことに・・・

実は スマホと同じようにテレビの「画質調整」で
消費電力が半分以下になるって知りました。
調べて見ると テレビを付けて節電モニターの場合
462wとなっています。

この時 待機電力は105wでしたから
この時のテレビ消費電力は差引357wとなります。

そこで 「テレビの設定」から「画質調整」で
「映像メニュー」を「ダイナミック」から
「スタンダード」へ変更してみます。

待機電力105wを差し引くと
161wに変わったそうです。

その家のテレビは 映像メニューに「スタンダード」
「シネマ」「ダイナミック」「リビング」が
準備されているそうです。

テレビを購入した時 一番明るくて見やすいので
「ダイナミック」に設定したままだったそうです。

これを「スタンダード」に設定にしただけで
196wの削減されたそうです。

その差は ビックリですね。

でも 画面設定を変えたからと言っても夜テレビを
見ていた家族にその変化は気づかなかったそうです。
と言うことで 早速我が家も設定を
変更することにしました。

来月の電気代の変化を楽しみにしています。

 

これも スマホと同じように周りが明るい日中だと
画面の暗さが気になるかもしれませんが
夜は日中ほど気になりませんね。

ちなみに 先ほどの電気量計算式に削減された
電気量を計算してみると・・・

削減された電気量は196wとして
一日4時間見るとして料金単価は35円にすると。

196(w)÷1000×4(h)×35×30(日)=約823円

832円の削減されなすね(^^)/

実際の料金は 従量制なので正確ではないと思いますが
約800円の節約はできそうです(^_-)-☆