「国税庁ホームページ」タグアーカイブ

今年は 父の病院代の医療費控除をネットで行おうと思いましたが・・・

10万円を超えると サラリーマンなら確定申告をすると所得税が
還付されるのは良く知られています。(@tenchan18)

でも そう言った確定申告書の作成が難しそうって感じますよね(^^♪

そこで 国税庁のホームページを調べてみることにしました。

実は 父の地元の税務所で処理をしたんですが 凄い混みようでした(@_@)

こんなに人がいるのかっていう具合に 人が動く隙間がないくらい満杯でした。

そこで アルバイトの人?の指示に従って 利用者識別番号と
パスワードを作ってパソコンで入力して作成したんです。

思ったよりも あっけなく終わったので後から
国税庁のHPで確認したらコンピュータの指示通りに
入力すれば 税金の計算は自動的にできそうです。

来年以降も利用するようなら 今度はパソコンで
処理するつもりです。

確定申告書作成コーナー

 確定申告書の作成する手順

自営業者が医療費控除の確定申告をします。

用意するのは青色申告書と医療費の領収書
そしてマイナンバーカードを用意します。

まず トップ画面の「作成開始」をクリックします。

画面が変わったら  書面提出を選択します。

今回はe―Taxを利用しません。

パソコンの環境を確認して すべての欄にチェックを入れたら
右下の「次へ」をクリックします。

青色申告決算書は作成は別になるので
まず医療費控除の「確定申告書」を作成するため
「所得税コーナーへ」をクリックします。

なので 右側の紫色「所得税コーナーへ」をクリックします。

そして 事業所の所得があるので
真ん中にある赤の「作成開始」をクリックします。

その前に 用意する書類を確認します。

今回は事業所得と医療費の領収書が必要となりますね。

続いて 「確定申告書を印刷して税務署へ提出」
「申告の種類」にチェックを入れて
生年月日を入力します。

表示された画面の該当箇所に 該当する金額を記入します。

確定申告する項目のうち医療費控除に関しては
以下のように処理します。

今回は「医療費の合計額のみ入力」を選択します。

続いて 右下の「次へ」をクリックします。

表示された画面の上段に医療費と病院までの交通費の合計額

下段に医療費のうち入院保険料などで補てんされた金額を
それぞれ入力します。

すると 還付される金額が表示されます

こんな簡単に 医療費控除の確認されてあとはほかの項目を
入力するだけで確定申告が終了します。

これだけのことなので 税務署へ行き長い時間待って
人でごった返しているところで
入力する必要はないみたいです(^^)/

 

<a href=”https://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=2HD6US+98V6AQ+35XE+5YJRM” target=”_blank” rel=”nofollow”>やよいの青色申告オンライン</a>
<img border=”0″ width=”1″ height=”1″ src=”https://www11.a8.net/0.gif?a8mat=2HD6US+98V6AQ+35XE+5YJRM” alt=””>