タグ別アーカイブ: ミニダッチオーブン、シーズニング、旨味、ガスコンロ、温度が安定

都市ガスでもダッチオーブンで作った料理って 軟らかくてとっても味がまろやかなのは何故?

ミニ・ダッチオーブンで
料理してみると非常にコンパクトですから
ガスコンロでも十分に使えますよ。
(@tenchan18)

底に足が付いたタイプでなければ
IH対応である場合も多いので助かりますよ。

しかも
食器棚にもしまっても場所をとりません。

ただし
熱伝導率の高い鋳鉄などを使った調理器具なので
フタや取っ手まで熱くなりやすいので注意が必要です。

くれぐれも
火傷しないよう必ず耐熱手袋を使うようにしましょう。

また
使用後に洗剤を使って洗うと
表面をコーティングしているオイルまで
取れるので錆びやすくなります。

なので
取り扱い説明書をよく読んで
正しくお手入れすることが長持ちの秘訣です。

たとえば

ダッチオーブンを使ってローストチキンを作ると
なぜかオーブンより軟らかくジューシーで失敗が少な~い

そんな感じがしますよ(^^)/

ちなみに
そんな使い勝手が良いダッチオーブンを
利用した料理がおいしい理由って分かりますか?

私が勝手に推理しますが・・・

それは
鍋に厚みがあるため温度が安定し
食べ物の芯まで火がよく通る
からじゃないかと思います。

それに
蓋をして加熱すると食べ物から水分が蒸発しても
内部の隙間に旨味が埋まるからってこともあると思います。

何故なら
ダッチオーブンの重量のある蓋が鍋の内部の圧力を上昇させて
旨味が閉じ込められることで食材の味が良くなるんじゃないかな(^^♪

ちなみに
ダッチオーブンなら鍋の中だけじゃなく
外側も調理に使用することが可能なんです。

例えば
煮込み料理を作っている間に
蓋の上で野菜や肉を焼くなどすることができるんです。

なお
鋳鉄製とアルミ製のものがあるんですが
鋳鉄製はアルミ製より保温性に優れているのが特徴ですね。

アルミ製は保温性能では鋳鉄製に劣るんですが
鋳鉄製のようにワックスや鉄のニオイを購入後に落とす作業が要らないし
サビ防止のための面倒なメンテナンスも必要はないんです。

自分の利用法を良く見極めて購入すると良いですね(^^)/