家を冷やすことができないときは どうすれば良いのか?

家を冷やすことができないときは 
自分の体を冷やすことが良いようです。
(@tenchan18)

その手段としては 
就寝前に冷たいシャワーを浴びると 
体温が下がり眠りに落ちやすくなると言われています。

どれをやっても効果がないときは 
冷水で冷やしたバンダナを枕に水滴が垂れないようにきつく絞って 
長方形に畳んで首の周りに巻きましょう。

太い血管の近くに冷たいものを置くと 
全身が冷えますよ。

また 
バンダナがなければ 
ソックスで代用するのも良いですね(^^♪

<a href=”https://www.amazon.co.jp/%E3%82%A2%E3%82%A4%E3%82%B9%E3%83%8D%E3%83%83%E3%82%AF-%E3%80%90%E7%86%B1%E4%B8%AD%E7%97%87%E5%AF%BE%E7%AD%96-%E3%82%AF%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%83%90%E3%83%B3%E3%83%80%E3%83%8A-%E3%80%8E%E3%82%A2%E3%82%A4%E3%82%B9%E3%83%8D%E3%83%83%E3%82%AF%E3%80%8F-%E3%83%96%E3%83%A9%E3%83%83%E3%82%AF%C3%97%E3%82%B0%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%B3%E3%80%91/dp/B0016ONZCE/ref=as_li_ss_il?ie=UTF8&linkCode=li2&tag=tuner01-22&linkId=d468eb35bbc24d634df375e9a7c712c5″ target=”_blank”><img border=”0″ src=”//ws-fe.amazon-adsystem.com/widgets/q?_encoding=UTF8&ASIN=B0016ONZCE&Format=_SL160_&ID=AsinImage&MarketPlace=JP&ServiceVersion=20070822&WS=1&tag=tuner01-22″ ></a><img src=”https://ir-jp.amazon-adsystem.com/e/ir?t=tuner01-22&l=li2&o=9&a=B0016ONZCE” width=”1″ height=”1″ border=”0″ alt=”” style=”border:none !important; margin:0px !important;” />

シーツ、掛け布団、パジャマの素材を綿にする

もう フランネルのシーツは押し入れに片づけたと思いますけど 
シルク、サテン、Tシャツ素材のシーツに寝ているなら 
綿100%のものに交換する時期ですね。

その理由は 
綿のシーツは汗を吸いますけど
体温には影響しないので完璧です。

シーツは定期的に洗濯するべきです
(2、3日に1度とは言わなくても 
せめて週に一度はしましょう)。

そのほうが 
シーツが肌に触れたとき涼しく感じますし
香りも良くなります。

羽毛布団をかけて寝ているなら 
冬は重いものに夏は軽いものにしましょう。

予算の関係でそれが無理なら 
羽毛布団用カバーを重いものと軽いものをそれぞれ買って 
季節に応じて使い分けるのも有りですね。

これは 
既にご存知かもしれませんけど 
羽毛布団、キルト、ブランケットは全部やめて 
上掛けシーツだけ掛けて寝てもいいじゃないかと思います(^^♪

エアコンに「スリープモード」があれば 積極的に利用しましょう。

寝る前に眠りを誘うような涼しい温度にエアコンを設定しておけば
ゆっくり温度が上がり夜通しちょうどいい温度を保ちますからね。

また
機種によっては 2、3時間後に自動的にオフになるものがあれば
その機能を利用しましょう。

熟睡していれば
思ったよりも気づかず
いつの間にか朝になっていますからね(^_-)-☆
(@tenchan18)

エアコンがない場合

日中できるだけ家を涼しく保っておくと
夜中はさらに涼しい状態になります。

朝晩は
窓を開けて家の中に風が入るようにして
おくとよいです。

そう言った準備をして
午後は窓を閉めてブライドを降ろして
涼しい空気を室内に閉じ込め
夏の暑い太陽が家に差し込まないように
しておきましょう(^^♪

布に冷たい水をスプレーで吹きかけて
手作りクーラーを作って
それを開いている窓のところに掛けます。

もちろん
風通しの良い窓に掛けるのがコツですね。

また
扇風機の前に氷を入れたボールを置いても
手作りクーラーになりますので
お試しすることをお勧めします(^_-)-☆

寝苦しい夜も涼しく熟睡するために実践することは。

大阪では 大地震が発生し大雨が降る可能性が高くなって
住民の方も不安でしょうね。
(@tenchan18)

これは 関西地方だけでなく
日本のどこで起きても不思議ではないので
自身に対する準備は怠らないようにしたいと思います。

ところで 毎年のことですが
梅雨が明けて本格的な夏が到来すると
寝苦しい夜が続いてなかなか熟睡できなくなりがちですよね。

そんな中
予報によると今年は例年より早く暑くなるそうです。

なので
今年は涼しく眠るための対策も
早めに準備したいものです。

たとえば エアコンがある場合

エアコンをまだ使っていない時は
就寝前の2、3時間エアコンをつけると良いです。

1日中あるいは少なくとも自宅にいるときは
常にエアコンをつけている人もいますけど
それはそれでいいと思います。

でも 自然な汗をかくのが好きだという人であれば
就寝前の2、3時間だけエアコンをつけましょう。

それだけで
家も自分の体も冷やされて良く眠れるようになりますからね。

就寝前はエアコンの温度をつい少し高くしてしまいがちですけど
逆に2、3度下げた方が良いです。

と言うのも
国立睡眠財団によれば
室温を18℃ぐらいにすると一番良く眠れるそうです。

なので 21℃以上に設定しているなら
就寝前に設定温度を下げて眠りの質が良くなるか確かめてみましょう。

ちなみに
電気代は高くなるかもしれませんが
熟睡できるならそれだけの価値はあるって思いますよね(^_-)-☆

貯蓄をするための無駄会を防ぐ 一つの方法として

そこで 
無駄買いしないための対策を考えてみました。
(@tenchan18)

その方法は 
購入前にクローゼットや部屋の中を
スマートフォンで撮影
してみることです。

客観的に見ると 
いかにモノが溢れているかわかるはず。

良く見ると同じようなものを
持っているかもしれないです。

また 
収納するスペースは本当にあるのかどうかも 
想像
してみましょう。

なので いくらセールで安売りしていても 
その前に先ほど撮った写真を見直すことによって 
無駄のない買い物ができるようになるはずですよ(^.^)

趣味のグッズやコレクションしているものがあるなら 
「ここまでならOK」という収納スペースを決めるのが鉄則です。

把握できないほどモノがあっても 
満足度は低いですよ。

逆に モノが多いこと自体がストレスになります。

整理整頓しないとなんとなくモヤモヤしますし 
捜し物を見けられないってこともあります。

さらには 
掃除するのも億劫になりますからね。

手始めとしては 
モノを少なくして 自宅をきれいにしてみましょう。

すると 
それを維持したいという気持ちが生まれて
無駄なものを買わないようになるはずですよね(^^♪

いまは 
ゴミを処分するにもお金がかかる時代ですから 
少しずつ不用品を手放しましょう。

先日 
実家の不用品の処分を専門業者に見積りしたところ 
数十万円費用が掛ると言われました(^-^;

いまのうちに 
買うものを減らしてものを減らすことが
ゆくゆく大きな節約に繋がるんでしょうね(^.^)

ストレスをなくして健康に生きることって お金の節約にもつながりますよね(^^♪

40代を過ぎると体に不調が出やすくなります。
(@tenchan18)

仕事上の責任が増えたり
子育てによるストレスがあったりします。

心身共に健康でいないと
医療費もかかるし仕事を続けられないリスクもあります」

働き盛りの年齢である男性・女性には
とくにストレスを抱えがちですよね。

グチを聞いてあげるだけでも
ストレスって減るものですよね。

たとえば
ご主人がいる方は好きなおかずを作って食べさせてあげるだけでも
解消されるかもしれないです。

そうすれば
ストレスを外で発散しないで帰宅が早くなれば
無駄遣いの予防にもなりますよね(^^♪

また
私の周りの家庭でもの貯蓄をしっかりしている家庭は
本当に家の中はモノが少ないですね。

当然かもしれないですが
買っていないからお金は残るし
部屋はスッキリするでしょう。

モノは体験と違って
買うまでがいちばん楽しく購入して手にした瞬間が
幸福度のピークで その後は下がり続けるでしょう。

無駄なものを集めていると
将来ゴミ屋敷になってしまうかもしれないですね。

貯蓄を増やすには
まず不要なモノをうっかり買うのをやめることが
最大のポイントになるんですね(^^♪

無駄買いを予防するためには写真を撮ってから出掛ける たったそれだけで・・・ その1

毎月“自転車操業”をしているような人って 
家の中を見回してみると普段利用しないもので
あふれているかもしれないですね。
(@tenchan18)

それでは 
いっこうにお金が貯まらないのは当然ですよね。

つまり 
余計なものがあふれているかもしれない可能性が高いです。

年齢を重ねていると 
嫌でも収入が減りますから 
当然 使えるお金は限られてきます。

なので 
いまのうちから不要な支出を減らして 
手元にお金を残しておくような生活習慣を
身に付ける必要があります。

まずは 
生活レベルを下げるというよりも 
無駄な出費を押さえるだと考える必要があります。

本来は使わなくていいお金が潜んでいるはずです。

そんなお金の出方を修正すれば 
自然と手元にお金が残り始めますよ。

これからは 
上手にお金を貯めるよりは 
使い方にポイントをおきましょう。

絶対に言えることは 
使わなければお金は貯まりますから!

ここら掛けておきたいのは 
お金は使いたい時に使うのではなく 
必要なものに使うべきです。

なので 
不満解消のために使ってしまうのは無駄です。

そのためには 
グチや見えのためだけや不満のもとになるような
人間関係を減らすのも一つの手段です。

お金を使うことは本来楽しいものですから 
無駄に使うのはやめて必要なものに利用するようにしましょう(^^♪

旅行の楽しさを高めるには 事前に行き先を良く調べること?

メリット その3
旅行前に遊びに行く先を調べて想像するだけでも
「わくわく」しますよね。
(@tenchan18)

最も大事な要素は「楽しむ」ことだと思います。

買い物の満足度が高まるのも
「買い物前に元を取る」ことだと感じています。

購入した後に
どんな利用法ができるかを
想像するのも「買い物前に元を取る」ことに繋がりますよね。

なので
おカネを払う段階で
もうこの出費に何も不満がないってことになれば
コスパ的にも高まりますよね。

そのためには
「行ってからの満足」以外の満足感を高めておく必要があります。

行く前の満足感を高めるには
簡単にいえば「期待感」ですよね。

そして
期待感を高めるのは事前に周辺状況や
歴史などを知ることだと思います。

たとえば
旅行雑誌を買って おすすめスポットをチェックするとか
おいしいランチを出すお店をピックアップしたりすることです。

そんな準備をすれば
「外れ」を減らすだけでなく期待値を高めていくことにもなります。

行き先や立ち寄るスポットについて
みんなで食後に話し合うような時間を少しだけでも取れれば
その時間も「旅行の一部」ですよね。

参加する人一人づつ旅行プランを考えるのも
たくさんのプランニングがでて とっても楽しいものを作り上げることができますね。

その際
地元の歴史についてちょっと調べて話が弾むってことにもなるし
観光スポットを行きたい順に考えるのもプランが膨らんで楽しいものになります。

旅行の楽しい思いを想像するだけで
「わくわく」できたなら行く前から
旅行の費用の何割かは回収したようなものですよね。

そんなことを間気ても
60日くらい早い予約をしておけば
そうした「わくわく感の醸成」にその時間を使いましょう(^_-)-☆

旅行の楽しさを醸成させるためにも
旅行は2カ月前から考えてみましょう!

ある日突然
目的もなくバックパック1つ抱えて行く当てのない旅行に
出掛けるのも悪く無いとは思います。

毎日仕事で忙しい日々から
いきなり解放されて ぱっと旅行に出る開放感も
何物にも代えがたいものがあります。

当日いきなり予約すると
宿によってはちょっと安く泊まれることもあります。

しかし
トータルでコスパを高めてみたいと考えるなら
旅行の計画は早めにがメリットが高いと思います。



特に 家族旅行であるほど
前もっての計画が当日の満足度を高めてくれると思います。

と言うことで
「2カ月前プランニング」を考えてみましょう。

いつもより
ぐっと楽しい旅行になると思います(^_-)-☆

夏休みだけではない 旅行計画は早めに始めた方が良い理由 その2

海外旅行でも
もちろん早期に世やうすると割安の特典を受けることができます。
(@tenchan18)

ご存知のように
飛行機のチケットについては誰もが知っている
「早割」「旅割」があります。

座席数限定ながらも
予約日時が早いほどお得になります。

特に
夏期の繁忙期になると割高料金なるので
少しでも割引を得ることが大事ですよね。

たとえば
ANAでは6月19日までに予約をすれば
8月20日以降9月2日までの旅程であることが条件ですが
「旅割75タイムセール」という割引プランがあります。

それに 旅行代理店のプランやホテルの予約サイトなどでも
早期予約で割り引きすることがあります。

こちらも部屋数やプランを限定していることがほとんどなので
基本的に早い者勝ちになります。

キャンセルや予定変更の際のペナルティの有無には注意は必要ですけど
早めの予約については「割引」という形で一定の優遇がありますね。

家族の人数が多い場合
また子どもが中学校に入って大人料金になった場合
旅行予算は一気に増えていきます。

早割で得られた1万円の値引きって
かなり予算の節約には大きな助けとなりますよね。



メリット その2 倹約する期間・気持ちが増える?

むしろ早い予約が重要である理由は
「倹約期間」が持てるかもしれません。

これって
地味な理由かもしれませんが重要な要素になります。

もちろん
バカンスの全予算を数カ月の節約で
確保できるわけではありませんけどね。

たとえば60日のあいだ
毎日300~400円くらいのガマンをして過ごすことができれば
1万8000~2万4000円も貯めることができますから。

移動中の間食(スイーツとかお茶とか)や
お土産予算に充てることができますね(^_-)-☆

「早割」による予算の節約と倹約による資金を貯蓄できれば
旅行にかなりゆとりが持てます。

特に 面白くない節約も目標があるので
思ったよりも効果が高いですね。

ケチケチするのって
普通は楽しくないですけど「再来月の旅行のためにちょっとガマン」
という目標があれば かなりの実行性が高まります。

更には
子どものおねだりをガマンさせるにも
納得させることができます。

「いま ガマンすれば 旅行ではおいしいものを食べられるよ」
って話せば けっこう納得してくれるものですね(^_-)-☆

夏休みだけではない 旅行計画は早めに始めた方が良い理由とは 

夏休みに限らず 楽しみにしている旅行は
早くから計画するとワクワク感がかなり高まりますよね(^^♪
(@tenchan18)

と言うことで
いつもよりぐっと楽しい旅行をするためには
今から準備に取り掛かったほうがよいです。

旅行に行くのはうれしいんですけど
お金の問題で臨時出費になるのが気になりますよね。

日常の家計はある程度コントロールできますけど
むしろ冠婚葬祭にかかる費用や病院に通うことになったときの医療費
そして夏休みや冬休みの旅行予算などは
少なくない出費として大きなウエートを占めますよね。

ただ
ボーナスがあることで夏と冬の臨時出費は比較的捻出しやすいです。

できれば
ある程度コントロールし満足度はアップさせ
かつ可能な範囲でお安くしたいです。

特に 家族旅行の予算は「早めが吉」だと思う理由があります。

「早い予約」でトクする旅行の理由

何故かって言うと
6月から夏の旅行を考えておくほうが
「予算」以外の面でもメリットが多いからです。

メリット その1 早い予約が低予算のチャンス になるからです。

第1の理由は 「安く」するための可能性が高いからです。

たとえば JR東日本であれば「えきねっと」で予約をすると
「トクだ値」というコーナーがあって
列車や席数限定で割安チケットのチャンスがあります。

これは 1カ月前からの予約なんです。

この方法を利用すれば
25%の割引チケットを取るチャンスがあります。

さらに言うと ごく一部の新幹線の便ですが。

50%オフになる「お先にトクだ値」という期間限定企画もあったりします(^^♪

炭酸水には カテゴリごとに最適な炭酸水に分けられているので・・・

一番のオススメ炭酸水について 
記載しようと思います。
(@tenchan18)

子の炭酸水は カロリーもなにもかも「0」いつでも飲めますね!

1番の謳い文句は「うまさを感じる強炭酸」ですね。

ここで 一番の気になったのが炭酸充填量です。

どうやら炭酸充填量 MAXで5.3だそうです。

この数値って すごいのかどうか?

よくわからないです。

そこで その状態をネットから集めてみると。

瓶を開けてコップに移すと 
びっくりするぐらい 
炭酸の音ってこんなにするの!?ってくらい

バチバチバチバチバチバチバチ

と鳴るそうです。

ちなみに 普通の炭酸水が3~4 ですが。

KUOSは 炭酸重点量 5.3 です。

体感だと 以下のような感じです。

味と言う点では あと味が全然違うそうです。

普通炭酸水って びみょ~に苦味を感じたりするのですが 
KUOSにはこんなことがなく多少甘さも感じるレベルだそうです。

なので とっても美味しくて 
プレーン以外でも色々な味があるそうです。

レモン

ライム

ラムネ

ビール

スパークリング(シャンパン)

驚いたのが
ビールにシャンパンって言う
炭酸水があるんです!

ちなみに 
全部ノンアルコールなんですよ(^^♪