英語化されたwindows10を 日本語化を完璧にするための最終ステップ

最後に タイムゾーンを日本にします。
(@tenchan18)

再起動すると ほぼ日本語化されていますけど
タイムゾーンがそのままなので仕上げにタイムゾーンを変更します。

先ほどと同様に検索で「cont」と入力し
コントロールパネルを開きます。

時計、言語、および地域を開いて
タイムゾーンの変更を行います。

タイムゾーンの変更から
「大阪、札幌、東京」に変更します。

以上で 日本語化完了です。

ただし
ビルドアップデートをする等でオリジナル言語じゃないと
エラーになることがあるそうです。

なので
その場合は同様の手順で
オリジナル言語に変更することができます。

最後に キーボードレイアウトを日本語か
どうかを確認知るには・・・

日本語キーボードを使用する場合
OS 設定も日本語キーボードにしないと
叩いたキーと入力文字が合わず使いにくいです。

なので
キーボードレイアウトを日本語キーボードに変更します。

キーボードレイアウト変更する時は
「Windows の設定」の方が簡単です。

全ての設定を開いて

音声認識、地域、日付 から

日本語のオプション を確認したら

レイアウトを日本語キーバードに変更します。

以上が終了したら 再起動します。

これで キーボードが日本語になっています。

万が一変更されいない時は
一度サインアウトしてからログインしてみると
変更されているはずですよ(*^。^*)

英語版になっているプライマイリーlanguageを日本語に変更するために試したのは(^^♪

それでは 英語版になっているプライマイリーlanguageを
日本語に変更する作業をしてみます。
(@tenchan18)

まず 日本語の追加を行います。


日本語を追加ために 下記画面で「日本語」を選択します。

Options を開く

ランゲージパックをインストールします。

ランゲージパックのインストール完了です。

以上のシーンまで進んだら
日本語をデフォルトにするための設定を行います。

ここで デフォルトにするため「日本語」を上へ移動します。

システム設定を日本にするために

Location(地域) を開きます。

Home location(主な使用場所) を日本に変更します。

後は Copy settingsを開いて

Apply後 全てチェックマークをします。

まだ 再起動は行いません。

Change system locale を日本にしたのち
再起動を行います。

これで 再起動画面が日本語で表示されますね(^_-)-☆

英語化されているWindows 10 を日本語化することって できるのかなぁ?

日本向けの PC を購入すれば
日本語版の Windos 10 がインストールされていますよね。
(@tenchan18)

それで 海外旅行で買ってきたとか
日本向けではない PC を購入した場合
インストールされている Windows 10 は
日本語でないことが多いです。

でも ネットで調べて見ると外国語版の Windows 10 であっても
Windows 10 は言語依存部分が独立しているので
日本語化することができるそうです。

ただし 注意するポイントがあってHome には
Single Language Edition の場合は日本語化出来ないようです。

Single Language か否かの見分け方は
コンピューターのプロパティで確認できます。

何故 こんなことを調べたかと言うと偶然
父が英語版の Windows 10 Home (acer) を日本語化できるか
頼まれたからなんですね(^-^;

できるかどうかわからなかったんですが
日本語化する手順をネットで調べながら行ってみました。

英語版 Windows 10 もアイコンは同じなので
何となくアイコン頼りに手順を踏んで日本語化してみることにしました。

まずは
コントロールパネルを使って日本語化することから始めました。

日本語化するインターフェイスは
コントロールパネルとユニバーサル Windows プラットフォーム (UWP) の
「Windows の設定」の両方にあります。

でも 「Windows の設定」だと日本語化しきれない項目があるので
コントロールパネルを使って日本語化したほうがよさそうです。
(Windows の設定で日本語化しても
コントロールパネルを使わないと
中途半端な日本語化にしかならないようです)

コントロールパネルを開くために
検索機能を利用して「cont」と入力しメニューに
コントロールパネルが表示されますので
クリックして開きます。

ゴム手袋の利き手の指先に穴が開いた時の再利用の方法とは・・・

水仕事などでゴム手袋を使っていた場合に
利き手の指先に穴が開いてしまうってことって
よくあるりますよね。
(@tenchan18)

そんなゴム手袋の再利用の方法について。

今までは いつか使おうと思って取っておいたんですが?

でも 利き手ではない方のゴム手袋ばかりどんどん残るので
勿体ないなって思い保管しておくんですが・・・

そこで 余った手袋の利用法についてテレビで言っていたので
記載しておこうと思います。

それは 思い切って裏返しにする利用法です。

利き手につけられるようになるので
残ってしまうことがなくなります。

別な方法としては
適当な太さにハサミでカットして輪ゴムとして
再利用する方法ですね。

非常用持ち出し袋にはゴム手袋を用意しておくと便利です。

これ分かりますね。

重ねて使えば切り傷や擦り傷を防止できるし
薬液などから手全体を保護できますからね。

また 滑り止めや防寒対策にも一役買ってくれるので
いざという時のために何枚か入れておきたいです。

その他には
カーペットに絡みついたほこりや髪の毛を
取りたい時に利用すると便利です。

ゴム手袋を手にはめて表面をなでるだけで
掃除機をかけただけではなかなかキレイに
ならなかったゴミがまとまるので
よく取れるようになります。

この方法は 衣類にも応用できるので
ペットの毛が服についてしまった時にもおすすめですね(^^♪

ゴム手袋活用術として 穴が開いても再利用できる?!

非常時や防寒の役目も果たすゴム手袋は
利用価値が高いですね。
(@tenchan18)

ゴム手袋って
手荒れや汚れから手指を守ってくれる必須アイテムです。

掃除や炊事の時に愛用している人もいますよね。

より便利な活用法を知って
日々の生活に役立てたいものです。

目からウロコ!3つのゴム手袋活用術と言う記事があったので
記載しようと思います。

「ホンマでっか!? TV」(フジテレビ)で
放映された方法ですが・・・。

節約評論家の和田由貴さんの話によると
春に使える3つのゴム手袋活用法を言ってました。

春は窓を閉めていても花粉や黄砂が
室内に入ってくるシーズンですから
家の中がほこりっぽくなって掃除を
するのも一苦労ですよね。

たとえば
雑巾は平面の掃除に向いていますけど
窓の桟や電気の傘といった細かい部分を
拭くのは難しいですね。

そんな時は
ゴム手袋の上に軍手をかぶせて利用すると
効果的なんだそうです。

そういった利用法をすると軍手が雑巾代わりになって
細かい部分も指でなぞるだけで簡単に掃除できるそうです。

中にゴム手袋をはめているので
水に濡れても手が汚れないのも
ありがたい使い方って言えますよね。

ブラインドのほこり取りなども一気にできるので
もしそんな機会があったら試してみましょう(^^♪

Echodotの未来的な利用法 もう元に戻れないかも?

Echodotをグループ単位で利用するのって
使い勝手が良いですね(^_-)-☆
(@tenchan18)

たとえば
リビングにある対応家電を全てリビンググループ
に入れれば

「Alexa、リビングをつけて/消して」

そんな感じで
リビング全体の操作が可能ですね。

それに 組合せとして「映画鑑賞」グループを作って
テレビやAV機器だけオンオフ なんてことも可能なんです。

また 「定型アクション」という設定を使うことで
好きな音声命令で家電操作、定型句をしゃべらせる
天気やニュースを流すことが可能です。

具体的に言うと

「Alexa、ただいま」

と言ったとします。

すると「リビンググループをオン」にして
「おかえりなさい」といってもらう
そんなオートマチックな操作も可能になるんですね。

と言うことで
スマートリモコンを導入したら
このようなAlexaの設定と合わせることによって
スマートホーム生活を便利かつ楽しいものに
することができますよね(^_-)-☆

まとめ

Echodotを利用した便利な使い方を記載しましたが
こんな使い方があったんだとか意外と
知られてない利用法もあるようです。

調べていけばいくほど
できることって多いので
埋もれてしまうんですよね(^-^;

他にも 誰かにとっては当たり前でも
他の人は意外と知らない機能もあるかもしれませんので
これからも便利だなぁって思ったことを
載せていきたいと思います(^^♪

家庭の中で最も役に立つのが 赤外線リモコン家電を操作できる利用法ですね(^_-)-☆

Amazon Echoは「スマートホームデバイス」といわれるように
ネットワーク接続した家電などの機器と連携して操作が可能なんですね。
(@tenchan18)

でも 日本の家電はまだまだネットワーク接続せずに
赤外線リモコン式操作のものが多いです。

例えば テレビ、エアコン、照明などですね。

実は こういった赤外線リモコン式家電も
「スマートリモコン」という製品を導入することで
音声操作可能となるんです。

主な家電としては 以下の製品ですね。

Amazon スマート家電リモコン

これを利用することによって
各機器の電源オンオフはもちろんのこと
テレビのチャンネル操作やエアコンの温度変更まで
対応可能となるんですね。

また 任意の信号を学習することも可能なので
設定次第では赤外線リモコンのどんな操作でもできてしまいます。

スマートリモコンは
Amazon Echo導入後に音声で家電操作したい!
という夢を叶えてくれる製品ですので導入をおすすめしたいですね。

面白い利用法としては
部屋単位や好きな言葉で便利に家電を音声操作できる

スマートリモコンや導入したら
さらに便利に活用するよう設定しましょう。

スマートホームメニューから「グループ」を作成すれば
部屋単位や任意の組合せでまとめて操作が可能になるんですね。

そんな具体的な利用法を 次回記載したいと思います(^_-)-☆

アレクサを利用して 本を読み上げることができます。

Alexaは音楽や情報を聞く以外に
Kindle電子書籍の本を読み上げることが可能なんです。

ただし Kindle本商品ページで「Text-toSpeech:テキスト読み上げ機能」が
有効の本のみが読上げ可能です。

アレクサでキンドル本を読む

よりわかりやすい基準としては リフロー型という
「固定レイアウト型ではない本」がおおよそ読上げに対応しています。

ちなみに 雑誌や漫画などの固定レイアウト型は非対応なようです。

対応している本であれば 「Prime Reading」「Kindle Unlimited」
「Kindleオーナーライブラリ」の本でも読み上げが可能なんです。

本は Kindle端末等で読んだ位置と同期して続きから
再生可能で巻き戻しもできるそうです。

隙間時間を利用して
耳で読書を進めることが既に可能になっているんです。

上映中の映画を聞くこともできる。

特にスキルを利用しなくても 周辺で上映中の映画も教えてくれます。

「Alexa、上映中の映画を教えて」

だけで大丈夫です。

設定した住所付近で上映中の映画リストを読み上げます。

これって 意外と知られていないけど便利な機能なんですよね(^^♪

『音楽配信サービス』の一つ 『Spotify』って無料で4000万曲が無料で聴くことができる。

スマホアプリなどで利用している『Spotify』は 
多少制限はあるけど4000万曲が無料で聴けます。
(@tenchan18)

利用してみればわかるんですけど 
正直めちゃくちゃ便利で普段からヘビーに利用しています。

本当にこれが無料で良いのかと思うくらいに 
たくさんの曲を聞くことができるんですよ。

Spotify ダウンロード

Echodotを利用し始めた時に 
この『Spotify』のサービスもスキルが
あると言うことで楽しみにしていました。

そこで接続しようとして 
スキルを探してきたんですが見つからないんですね。

その他にも 接続する方法があるのか方法を探していたんですが 
分らないんですね。

そんな経緯もあって調べた経過を記載します。

結局 利用する方法もあったんですがちょっと問題もあるんですね。

日本版EchoDotで Spotifyは接続できるのか?

具体的には お持ちの『Amazonのアカウント』を「日本」から
「US(アメリカ)」に変更すれば 利用できるってことなんです。

しかし『Amazon Echo』に登録するために
『Amazonアカウント』の登録住所をUSに変更する必要があります。

また 日本国内のみ提供される他のサービスが使えないという弊害も出てきます。

そこで Amazonジャパンの公式サイトを調べて見ると日本版『Echo』での
『Spotify』の利用は しばらくお待ちくださいというアナウンスされます。

ただし アカウントをUSにするメリットもあります。

使える『スキル』などは 
すっごいたくさん利用できるようになります。

ただし 『Alexa』の音声入力自体も全て『英語』になるので 
『日本語』で音声入力ができなくなります。

なので ある程度英語が達者でネイティブな方以外は 
利用価値はないかもしれないですが・・・

「Amazon Music Unlimited」の利用価値はあるのか?

私が良く聴くミスチル・サザン・安室など豊富な邦楽を
楽しむことができるのかって思っていたんです。
(@tenchan18)

実は Amazon Music Unlimitedが購入特典で
チョット無料期間がついていたので そのまま使ってみたんですけど聴きたい
あのアーティストの曲はやっぱり聴けないってことがありました。

そこで 調べて見るとAmazon Echoの場合
Amazon Music以外にも「dヒッツ」「うたパス」といった
日本企業発の音楽配信サービスが利用できるんですね。

これら「dヒッツ」「うたパス」のサービスの大きな特徴の1つが
邦楽対応が豊富というのが 最大のメリットですね。

例えば 「dヒッツ」ならMr.Children、サザンオールスターズ、安室奈美恵
といったかなり有名所の楽曲が聴き放題になっているんですね。

ただし 音楽プログラム再生方式なので
特定の曲が指定しづらいのがデメリットですね。

でも その分月額料金も安いのでAmazon Echoから
垂れ流しするには音楽プログラム式も良いかもって思います。

どうせ聞くなら 手持ちの高音質スピーカーを利用しましょう。

Google HomeやClovaを選ばなくて良かったなぁって思ったのは
Amazon Echoのハードウェア的大きな特徴である
サウンド出力端子を備えていることですね。

つまり Bluetoothで外部へサウンド出力可能なことですね。

と言うことは 自分の持っている好きなスピーカーで
音楽を楽しむことが可能なことです。

なので ステレオやサラウンドで聴くことも可能なんですね。

有線であればオーディオケーブルさえあれば簡単に接続できますし
Bluetooth対応スピーカーへ出力することも可能ですから
音声操作で接続可能ってことになるんです。

「Alexa、Bluetoothデバイスへ接続して」

これだけで 外部スピーカーを気分に合わせて
気軽に利用が可能なんです。

ただし 最初はペアリングが必要になりますよ(^_-)-☆