ドライブレコーダーの活用法と機能から見た基礎知識とは その2

どんな機能(スペック)を備えているものを
選んだら良いのかを記載します。
(@tenchan18)

第一に「ドライブレコーダー」に求められる基本機能は
車両周囲の状況をいかに鮮明に記録できるかに尽きますよね。

そのための要件として”高解像度”を求めがちですが
実はそれだけでは要求は満たされない。

「ドライブレコーダー」の性格上
逆光や夜間という悪条件下であっても
鮮明さを失わないで記録することが
より重要なんです。

そこでチェックすべきは撮像素子(CMOSやCCDなどのセンサー)
のスペックって 何でしょうか?まとめてみました。

素子のサイズはあまり重要視ししないにしても
あまりにコンパクト化してしまうとセンサーが小さくなり
光の透過率が悪くなって 悪条件下で鮮明に
撮影できないこともあるようです。

また
鮮明に映し出すために「HDR(ハイダイナミックレンジ)」
「WDR(ワイドダイナミックレンジ)」といった
画像処理回路の搭載がポイントだそうです。

そして
これらの機能をON/OFFを切り替えたとしても
一部の機種ではそれほどの大きな違いは分からないようです。

結局
映像補正能力の高い機種を選ぶことが
重要なようです。

そのほか
車線逸脱や速度監視といった”安全運転支援機能”などの
多様化も進んでいるようです。

さすがに
自動ブレーキなどと合わせてメーカーが車両に
搭載している専用設計品は性能も高いようです。

とは言っても
速度や先行車発進などの
警告では一定の効果があるようです。

最近では
後方用カメラもありますが
”あおり運転”防止に効果にはないです。

なので
「リヤカメラ搭載」を告知するような
ステッカーの方が効果が高いかもしれませんね(^^♪

ドライブレコーダーの活用法と機能から見た基礎知識とは その1

事故に遭った時の事例から考えてみると
ドライブレコーダーに求められる機能って
どんなことなのか振り返っています。
(@tenchan18)

記憶に新しいところでは煽り運転ですが
他にも逆走、高齢ドライバーによる事故等々
さまざまな交通トラブルが報道されています。

そこで注目を集めているのが
「ドライブレコーダー」ですよね。

と言うことで
ネットからの情報をまじえて
その活用事例と選び方について記載したいと思います。

「ドライブレコーダー」は事故などの状況を
映像として記録することが
できる機器ですよね。

それには
事故などの瞬間の前後の映像に加えて
時刻や位置、加速度データなども
含まれています。

また
最近は前方以外に車内や後方も同時に撮影できる
高機能なドライブレコーダーも登場していて
その情報量利用範囲は飛躍的に高いですよね。


この映像が交通事故の処理において
どう活かされているのかって言うと。

以前は
「ドライブレコーダー」の映像は加工しやすい
デジタルデータであるということで
”交通裁判では証拠として採用されない”とされていた。

でも
最近では一般的に普及してきたので
証拠として採用される件数が増えてきているようです。

特に
ケガをして救急搬送されてしまったときなどは
警察の実況見分に立ち会えず
相手側の証言だけで調書が
進められてしまうことがある。

そんなときでも
「ドライブレコーダー」の映像は
重要な証拠として利用されます。

一方で
事故処理や裁判において
ドライブレコーダーの映像を
提出することは義務付けられていません。

と言うことは
自分が不利なときは提出する義務はないんです。

でも
速やかにデータを提出しない場合
映像の改ざんに対する疑いをかけられ
場合によっては採用されないこともあるようです。

なので
無用なトラブルを避けるために
早々に弁護士などへ依頼した方が良さそうです(^^)/

海外のネットショップに PAYPAL(ペイパル)を利用する理由とは・・・その6

PayPal決済の場合
(@tenchan18)

PayPal決済のメリットはPayPalを通して買い物をすることができるってことで
iHerbでクレジットカード情報を入力せずに決済できるので
カード情報の流出リスクを下げることができるんですね。

また
万が一商品が届かなかった場合は
ショッピングプロテクション(買い手保護)が適用されるので
支払った料金を払い戻しが可能なのも安心できるメリットがあります。

なので
セキュリティ面やクレジットカード情報を
簡単に渡したくない方はPayPal決済がお勧めですね。

さらに
PayPal経由でJCBカードを利用すれば
為替手数料が掛からないってことですね。

私の場合
ポイントを貯めているのがJCBカードなので
このカードで買い物したかったんです。

最初は仕方なく
他のVISAやMASTERカードで決済してたんですが
やっぱりJCBカードで払いたい。

それが
JCBカードを登録してあるPayPalが利用できるようになって
日本円で注文できるようになったんです。

PayPalなら
日本円で支払いできるんです(^_-)-☆

 

クレジットカード会社の為替手数料で支払う際のポイント・注意点

PayPalをクレジットカード会社の為替手数料で支払う際に
抑えておくべきポイントと注意点があるので以下にまとめます。

MasterCardが最も手数料を安く抑えられる可能性が高いようです。

PayPalに登録できるクレジットカードブランド4社の為替手数料だけを見ると
1.60%のJCBが最も安いです。

ですが
商品購入にかかる総額を見ると
必ずしもJCBが最安になるとは限りません。

これは
以前記載したように為替手数料とは
別に各社ごとに独自の為替レートが設定されているためです。

つまり
Aというクレジットカード会社は為替手数料を2%と高めの設定をしていても
為替レートが1ドル100円で設定されていれば
100円 + (100円 × 2%) = 102円となります。

それに対して
Bというクレジットカード会社は為替手数料を1%と安く設定していても
為替レートが1ドル110円で設定されていれば
110円 + (110円 × 1%) = 112.1円となりBの方が高くなります。

なので
ショップで買い物をする際には為替手数料だけでなく
為替レートも支払い総額に大きく影響するってことですね。

ちなみに
私の利用しているショップはPayPalに登録されているショップなので
このような手続きも不要で自分の好きな
クレジットカードから引落できます(^_-)-☆

 

ココナッツオイルでケトン体質に 糖質制限に効果がある理由は?

海外のネットショップに PAYPAL(ペイパル)を利用する理由とは・・・その5

まだ
試したことがないのでジットカード会社の
為替手数料で支払う方法の手順のみを
以下に記載しますのでご覧ください。
(@tenchan18)

PayPalの高い日本円の為替手数料(レート)
を安く節約する方法

PayPalでできるだけ安く商品を購入したいなら
この設定はぜひ覚えておきましょう。

PayPalではなくクレジットカード会社の
為替手数料で支払えば手数料を安く抑えられます。

PayPal利用時に為替手数料を安く抑えるには
PayPalが定める為替手数料ではなく
クレジットカード会社が定める為替手数料に
設定を変更して支払います。

PayPalに登録できるクレジットカードのブランドは
VISA、MasterCard、AmericanExpress、JCB
の4社です。

この4社の為替手数料は以下の通り。

ブランド 為替手数料

VISA 1.63%
MasterCard 1.63%
AmericanExpress 2.00%
JCB 1.60%

※カード会社によって若干異なる場合あり

4%近いPayPalの為替手数料に比べると
クレジットカードの為替手数料は
1.6%~2%とかなり安いです。

ただし
クレジットカードの場合は正確には各ブランドが
定める為替レートで算出した金額に対して
上記の為替手数料がかかってきます。

為替レートは若干上乗せされるため
正規の為替レートに上記の為替手数料を
加算した金額よりも高くはなりますが
それでもPayPalの為替手数料に比べれば
クレジットカードの為替手数料の方が安いです。

Paypalの為替手数料を節約するステップ

まず ebayから適当なものをカートに入れて
Paypal支払いにチェックを入れて進みます。

そうすると
Paypalの支払画面に入りますので
画面の中に以下の項目が出てくるはずですので
「その他の通貨換算オプション」をクリックします。

「その他の通貨換算オプション」の画面内で
「売り手の請求書に記載されいている通貨で支払う」の
オプションにチェックを入れて「続行」または「送信」します。

以上で
クレジットカードの決済手数料で
支払いが行われます。

ただし 為替レートの決定タイミングが異なるので
為替レートの変動次第では、
確実に節約できるかどうか分かりません。

カード会社のレートを使うとレート決定が
数日程度遅れるみたいでからすね。

また 海外のショップで買い物をする際には為替手数料だけでなく
為替レートも支払い総額に大きく影響しますので
実際に購入する際は各社の為替レートも
確認しておきましょう。

海外のネットショップに PAYPAL(ペイパル)を利用する理由とは・・・その4

PayPalのデメリットとは・・・
(@tenchan18)

一番のデメリットは
分割払い(分割決済)を利用できないことですね。

ネットショップでクレジットカードなら
支払う時に分割で払える場合もあります。

それに対して

PayPalは分割で支払うことができず
基本的には一括払い

となります。

PayPalで決済後に
PayPalに登録しているクレジットカードの会社に連絡して
分割払いやリボ払いに変更できることも出来るようですが
その場合手数料や利息が追加されるので
確認したほうが良いと思います。

二つ目は
海外のショップなどを利用すると分かりますが

日本円以外の通貨で販売されている商品を
PayPalを利用して購入する時に
PayPalの為替手数料が高いので
その点を確認してから購入しましょう。

ちなみに
PayPal公式サイトを確認すると
日本円の為替手数料は4%となっています。

手数料

PayPalに登録できるクレジットカードの
為替手数料は以下の通りです。

ブランド 為替手数料

VISA 1.63%

MasterCard 1.63%

AmericanExpress 2.00%

JCB 1.60%

比較すると一目瞭然ですけど
PayPalの為替手数料はやはり高いですね。

ところが
設定を少し変えるだけでPayPalの為替手数料ではなく
クレジットカード会社の為替手数料で支払うこともできるそうです。

それについては
また 調べて見ようと思います。

海外のネットショップに PAYPAL(ペイパル)を利用する理由とは・・・ その3

利用できるクレジットカードには 
VISA・MasterCard・AmericanExpress・JCB
等の主要なブランドが対応しています。
(@tenchan18)

なので 
PayPalを利用するには 
VISA、MasterCard、AmericanExpress、JCB
の4ブランドのクレジットカードを
PayPalに登録することができます。

日本では 
この4社はよく使われているし利用できるショップも多いので 
すでにクレジットカードを契約している方も多いでしょう。

もし持っていなくても 
多くのクレジットカードがこの4社のブランドを取り扱っているので 
これからPayPalを使う予定ならクレジットカードを作っておきたいですね。

 

クレジットカード選びには 
クレジットカードの独自ポイントが
貯まるカードを利用したいものです。

最近のクレジットカードには 
たいていの場合独自のポイントが
貯まるものが多くあります。

例えば 
楽天カードは楽天市場などで使える
楽天スーパーポイントが貯まります。

それに
チョクチョク入会キャンペーンも行っているので
楽天市場内でも利用できるポイントを
たくさんゲットできますね(^_-)-☆

楽天カード

また 
楽天スーパーポイントは格安SIMの
楽天モバイルの支払いにも使えるので 
楽天モバイルを利用している人はセットで
使っておきたいクレジットカードです。



また 
リクルートカードならば 
ポイント還元率が高くて 
なんと1.2%もあります。

それに 
リクルートポイントを利用できる場所も
たくさんありますので 
このカードもお薦めです。

ちなみに 
リクルートポイントはPONTAポイントに
同率で交換できるのでローソンなど
使えるショップもたくさんあります。

ポイントが貯まるクレジットカードを
PayPalに登録した場合、
PayPalを通して商品を購入しても
ポイントは通常通り貯まります。

なので 
PayPalには 
ポイントを沢山貯めたいカード 
つまり メインで使っている
クレジットカードを登録するのがおすすめです(^^♪

海外のネットショップに PAYPAL(ペイパル)を利用する理由とは・・・ その2

PayPalなら
メールアドレスとパスワードの入力だけで支払いできるので
とっても簡単に利用できることが分かると思います。
(@tenchan18)

つまり
ー決済が簡単で手間がかからないのも
メリットですね。

と言うのも
ネットショップで商品を購入する際には
クレジットカードで直接支払う時って
カード番号やCVCコード、氏名、有効期限を
その都度入力する必要があり手間がかかります。

それに
クレジットカード情報の直接入力は
先ほども記載したようにカードを
不正利用される可能性もあるから不安ですよね。

対して
PayPalを利用してみると
PayPalに登録したメールアドレスとパスワードを
入力するだけで支払いが完了するので手軽に利用できます。

さらに
クレジットカード情報もPayPalで管理されショップに
情報が知られないので 安心して利用できます。

更には
トラブル時に補償される保護プログラム
完備しています。

返金措置もあって
PayPalはクレジットカード情報の保護や決済の手軽さ以外には
トラブル時の補償も手厚いんですね。

例えば
PayPalで決済した商品が説明と大きく異なるものだった場合や
商品がなかなか発送されず届かないといった場合は
PayPalに連絡して解決することができるんです。

 

それでも解決しない時は
問題提起をクレームにエスカレートすることで
PayPalが調査に乗り出してくれます。

そこで
売り手(ショップ)にトラブルの原因がある場合は
返金になる可能性が高いですね。

PayPalにとって
利用者(ショップの利用者)寄りの運営方針なので
特にトラブルが多い日本から海外のショップで
商品を購入する際も安心です。

PayPalの異議とクレームについては
以下を参考にすると良いと思いますよ。

ペイパル|サポート|よくあるご質問|取引に問題が発生した場合