Iphoneでも利用したいGメールアプリの設定方法 その1

iOSのGmailアプリでも
他社のメールアカウントを追加して利用する方法
(@tenchan18)

iOSのGmailアプリが
Gmail以外の他社のメールアカウントを
追加できるようになったんですね。

元々AndroidのGmailアプリには
Gmail以外のメールアカウントが利用できました。

これが
2017年の年末のGmailアプリのアップデートで
ようやくiOSのGmailアプリを利用して
他社のメールアドレスでも送受信できるようになりました。

これで
Gmailアプリは複数のメールアカウントを登録できます。

Gmailだけでなく他社のメールアカウントも何個も追加できるので
メールアドレスを併用している方は便利です。

 

そこで
iOSのGmailアプリに
Gmail以外のメールアカウントを
追加する方法を試してみます。

iOSのGmailアプリに
他社のメールアカウントを追加する手順

大まかな流れは
以下のようなフローです。

 

iOS版Gmailアプリを立ち上げる

Gmailを追加

左上の三本線をタップして△をタップ

「アカウントを管理」が表示されるのでタップ

「アカウントを追加」をタップ

その他(IMAP)をタップ

「メールアドレス」を入力して「次へ」をタップ

「利用しない」をタップ

受信サーバーを設定する

送信サーバーを設定する

送信メールに表示される名前を入力して
「次へ」をタップします

以上で
他社のメールアカウントが
追加されますね(^_-)-☆

住まい探しに必要な役立つアイテム&アプリ 内見時チェックポイントは・・・その7

新居に入れる家具や家電などの採寸を知っておくことは
住居探しに前もって行う必要がある理由は・・・
(@tenchan18)

新居に自分の家具や家電が置けるかどうかをチェックするために
持ち物のサイズを知っておけば
実際にどう配置できるかが分かりますからね。

エレベーターや階段、玄関からは入らないときは
家具を吊るして窓から入れる方法もあります。

でも
引っ越し代に数万円が加算されることもあるし
後日あらためて搬入になれば時間も拘束されてしまいます。

特に 「入らない!」と慌てるリスクが高いのは
大きめの家具(ベッドやソファ、ダイニングテーブル)や
家電(冷蔵庫、洗濯機)だそうです。

とは言っても
内見時に細々とした配置まで
シミュレーションする余裕はないです。

ちなみに
SUUMOからリリースされた「SUUMO Measure」では
内見した物件に家具と同じサイズの立方体を配置することで
置きたい場所に置けるのか
圧迫感がないのかなどを
簡単に確かめることができます。

と言われていますが あまり評判が良くないようです(^-^;

また
スマホにはカメラもメモ機能もライトもついていますので
iPhoneは初期アプリにコンパスも入っていますから便利ですよね。

と言うことは
定番アイテムがあってもたいていの内見アイテムは
スマホがあれば代替できてしまいそうですね。

内見する前に家具や家電などの採寸を済ませて
持ちものやアプリを揃える準備してから内見に臨みましょう。

これで
どんな部屋を訪問してもすぐに家具の配置など確認出来て
持っている家具が利用できるかどうか確認できますね(^^)/

そう言えば
いよいよ オリンピックに羽生選手が今日から出場しますね(^^♪

彼の雄姿が見られるのが
とっても 楽しみですね(^_-)-☆

住まい探しに必要な役立つアイテム&アプリ 内見時チェックポイントは・・・その6

他のスマホ「アプリ」としては・・・
(@tenchan18)

水平器&水準器アプリ

水平器&水準器(Tatsuki):無料

さまざまな向きの水平・傾きの角度を測ることができるアプリで
使いやすいシンプルなデザインが特長ですね。

床の水平はもちろん 壁に飾る鏡や額が水平かといった
引っ越し後にも役立つこと間違いなしのアプリなんです。

日当たり計測アプリ

sun seeker(ozPDA):有料

部屋に差し込む光の量だけでなく 
屋内に何時ぐらいに太陽の光が入るかを
確認することができるアプリです。

前にある建物の影になる時間や 
日が沈む位置までも教えてくれます。

AR家具配置アプリ

RoomCo AR(LivingStyle, Inc.):無料

スマホカメラを使って自分の部屋などの現実の空間に
3D データの家具を配置して試すことができるアプリ。

ACME、カリモク、大塚家具などのアイテムを 
好きなように設置して部屋の家具配置を
シミュレーションすることが可能です。

って言うことでしたが 
人によってはうまく動作がしない
こともあるようです。

これで 
新居に入れる家具や家電などの採寸できれば
楽なんですけどね。

いずれにしても 
やっておきたい事前準備をすると
時短できますね(^^)/

住まい探しに必要な役立つアイテム&アプリ 内見時チェックポイントは・・・その5

そして 
必ず持っていくべきだって思うのが
(@tenchan18)

デジカメとメモ&ペン 
ですね。

外観や内観、設備の仕様などを撮影するとか 
サイズを書き込むための記録するのに必要なアイテムです。

室内温度計

これは 以前記載したように 
家に不満が募る原因として挙げられるのが
「断熱性」や「静粛性」ですが。

なので 
温度計を利用して 
入居後のミスマッチを防ぎたいですね。

最近は 
照射した場所の表面温度が分かる
ガン温度計なんてものがあると分かりやすいです。

「ガン温度計」って言うのは 
壁や窓の温度を測れると 
気になる断熱性がチェックできて
便利なアイテムなんだそうですね。

スマホの「アプリ」としては・・・

ARメジャーアプリ

TapMeasure(Occipital, Inc.):無料

特に 
利用価値が高いなぁって思ったのが 
このアプリです。

複数の点の間の距離を測ることができるAR測定系アプリで
たとえばソファやベッドといった家具を置いたら
どのぐらいの幅と奥行が塞がれるかを
測ったりすることができます。

ただし 
iOS 11のARKitが利用できるiPhone 6s」以降の
「iPhone」・「iPad Pro」モデル 
または2017年発売の「iPad」を
持っている人のみしか利用できません。

以上のアイテムの中でも 
スマホがあればなんとかなる?ものもありますので 
また取り上げたいと思います(^^)/

住まい探しに必要な役立つアイテム&アプリ 内見時チェックポイントは・・・その4

昨日に続いて 
内見時に行くときに持参して行くと 
役に立つアイテムについてを記載します。
(@tenchan18)

内見時に必要な「定番アイテム」としては

日当たりや方位のチェックするために必要なのが

方位磁石

スント(SUUNTO) コンパス A-10NH [日本正規品 メーカー保証] SS021237000
1,944円

 

どこにいても東西南北が 
ひと目でわかる方位磁石ですね。

間取り図に記されている向きが 
本当に正しいかをチェックするためにも
持参すると便利です。

 

そして
床の傾きを確認する為に利用するのが
ゴルフボールやビー玉を用意しましょう。

ビー玉、特大B(30mm)40個箱入
648円

特に 築年数の経った家や地盤がやわらかい土地(埋め立て地)に建つ家の場合 
チェックしたいのが床の傾きを確認したいですね。

床が水平でないと 
窓や扉の開閉がしにくくなったり隙間風が入りやすくなったりする以外に 
平衡感覚に影響してめまいや吐き気などを
引き起こすなどともいわれますからね。

部屋にゴルフボールやビー玉を置いた時に 
コロコロと転がる場合は要注意ですね。

そして 
以外と思うのが

懐中電灯 ですね。

 

ROMER LED充電式ハンドヘルドサーチライトハイパワースーパーブライト
9000 MA 6000ルーメンクリエイティブスポットライトトーチランタン懐中電灯 (銀)
3,199円

何故かと言うと 
夜間の内見時に懐中電灯があると 
収納やシンクの下まで明るく照らしながら
チェックできますからね(^^)/

住まい探しに必要な役立つアイテム&アプリ 内見時チェックポイントは・・・その3

その6
上の階と隣に住む人は
どんな人かを確認しておきたいですね
(@tenchan18)

個人情報なので情報は限られると思いますが
上の階と隣の部屋に住む人がどんな人かは
ぜひ聞いておきたいポイントですね。

時間が不規則な職種や昼夜逆転するライフスタイルを送る方など
自分とは生活サイクルがあわない隣人だと
生活音や物音を気にすることになる
可能性が無いとは言えませんからね。

 

その7
意外な盲点のが「窓」が
家の過ごし方が変わります?

窓の開閉をチェックするだけではなく
家の断熱性や防音背が大きくかかわって
くることが考えられます。

なので
その辺りをチェックする必要があります。

たとえば
窓から隙間風は入らないか?
結露によって窓枠の隅に黒カビが生えていないか?
その辺りを確認するのがポイントです。

また
最近はアルミなどの金属を使わず
樹脂の上質なサッシを使っている物件もあるそうです。

寒い日にサッシをさわってひんやりしないようであれば
樹脂のサッシである可能性が大ですね。

また
分譲住宅や注文住宅に増えている“ペアガラス”は
2枚のガラス窓の間に空気の層があるので
遮熱性や断熱性が高いですね。

 

と言うことで
内見時に行くときに持参して行くと
役に立つアイテムについてを記載します。

内見時に必要な「定番アイテム」としては

たとえば
日当たりや方位のチェック、設備の仕様、
いま使っている家具や家電が入るのか
等々を調べるアイテムですね。

1 メジャー

 

BOSCH(ボッシュ) レーザー距離計 GLM7000 【正規品】
8,563円

特に
これからの物件探しのハイシーズンになりますので
手早く部屋の採寸も内見時に済ませたいものです。

壁から壁の距離、カーテンレールと床までの高さ、
洗濯機や冷蔵庫といった家電を置くスペースのほかに
玄関や扉の幅も荷物の搬入時のために測っておく必要がありますね(^_-)-☆

そんな時に レーザー距離計を利用すれば
よりスピーディに計測できますよね(^_-)-☆

住まい探しに必要な役立つアイテム&アプリ 内見時チェックポイントは・・・その2

その4
駅からのアプローチの確認をします
女性であればこそ
特に夜のルートもチェックが必要(^_-)-☆
(@tenchan18)

女性であれば
夜道の寂しいルートは怖いですよね。

たいていの場合
内見へ車で向かうことが多いですよね。

なので
気になる物件であれば
最寄り駅から道をチェックしておきたいですね。

たとえば
街灯があるか、コンビニや商店などの有無のほかに
夜間の道のりもチェックしておきたいですね。

その5
住んでいる状態を想像して
動線をチェックします。

動線がスムーズな住まいなら
家事や身支度などをストレスなく
行うことができますね。

内見では
どこで寝て、朝起きて、出勤するまでに
どんな行動をするかを想定してみましょう。

そして
家に帰ってお風呂に入って
料理をして洗濯をして等々・・・

生活動線や自分の一連の
行動パターンを想像してみます。

中でも
内見で窓のチェックが欠かせません。

その理由は・・・

せっかく契約まで至って新しい暮らしが始まったのに
すぐ出たくなるようでは部屋探しは失敗ですよね。

そんな面倒な結末を防ぐためには
家を出たくなる「退去の原因」を考えてみると・・・

家に不満のワースト1位は

「音の問題」で 2位は「断熱性」なんだそうで
窓周りがしっかりしていれば
解決される可能性が高いです。

なので
内見時に「音」と「断熱性」を
しっかりチェックしておくと
後悔しないで済みます。

住まい探しに必要な役立つアイテム&アプリ 内見時のチェックポイントは その1

進学や就職に転勤などの新生活に向けて
引っ越しを考えている人には
まさにこの時期って部屋探しの
佳境な2月ですね。
(@tenchan18)

物件を選ぶコツや引っ越しをスムーズに
進めるためのコツを自分が体験した
ポイントを交えてチョット
まとめておこうって思います。

物件選びのコツとは・・・

その1
まずは水回りや物件の設備が
稼働するかどうかをチェック
しましょう。

備え付けの家電や扉の開閉がスムーズかなど
といった物件の設備はもちろんのこと
入居後に修理が発生するなんてことが
ないように必ずチェックしておきたいですね。

特に古い物件であればあるほど
水道管の内側がサビてサビが混じった赤茶けた水が出るとか
ゴムパッキンが劣化してそこから水漏れしてたり
カビが生えたりなんてケースも考えられるので
確認しておきたいところですね(^_-)-☆

その2
共有スペースのルールは
守られているかをチェック
する。

これは何のことを言っているかと言うと
生活するには自分の部屋を見るだけではなく
快適な暮らしをするために駐輪場やゴミ置き場
郵便受けといった共有スペースでは
きちんとルールが守られているかを
チェックしましょう。

もし不動産屋さんが案内してくれなくても
しっかりと確認しましょう(^^♪

その3
掲示板は居住者の属性を映す鏡
とも言えるのでチェックすること。

物件に居住者向けの掲示板があれば
必ずチェックしておくと
その居住環境が良いかどうかを
チェックできます。

タバコの吸い方や洗濯物の干し方、騒音、ペットなどに
まつわる苦情が書かれた文言を見ると
居住者たちの属性が想像できますからね。

なので
掲示板を確認すれば住む人のマナー意識が
チェックできますね(*^。^*)

福井県のような大雪でエアコンが効かなくなったら まず「室外機」をチェックする⁉ 続き

エアコンの室外機って
外の空気を取り込んで熱を循環させることで
部屋を暖めているからです。
(@tenchan18)

と言うことは
吸い込み口や吹き出し口がふさがっていると
屋外の空気を効率よく取り込むことができないので
電気代が高くなってしまったり
暖房運転が停止してしまったりするようです。

それに室外機の上に積もった雪も落下して
吹き出し口や吸い込み口をふさいでしまう
可能性があるために取り除いておいた方が
良いようです。


ダイキンホームページより

エアコンが熱を循環させて暖める仕組み

大雪の場合
室外機の内部にある「熱交換器」に
霜がついてしまうのも主な不調の原因に
なるようです。

熱交換器に霜がつくと運転効率が下がってしまうため
エアコンには必ず「霜取り運転」の機能がついています。

なので
霜取り運転になるんですが
室外機に霜がつくと自動で行われて
その間はエアコンから温かい風が出てきません。

このため故障だと勘違いしがちですけど
しばらくして霜が解ければ自動的に
通常の暖房運転に切り替わるそうです。

ダイキンのサイトでは他にも
豪雪地帯の高置台や防雪フードといった
大雪対策グッズなども紹介されています。

関東地方に住む私には
ちょっとした疑問があったんですが
この辺りの設備をして雪の中で
快適な暮らす生活をしているんですね(^^)/

そんなことで
知り合いの雪国育ちの人に尋ねてみると

エアコンに関しては真冬にエアコンのみ
だと通用しないそうで

温風式のストーブと併用して
エアコンは送風能力を利用して
部屋の温まりが早くするか。

ガンガンに石油ファンヒーターを
利用しているようです(^^♪

福井県のような大雪でエアコンが効かなくなったら まず「室外機」をチェックする⁉

福井県で大雪が降ってますが
暖房対策ってどうなっているんでしょう?
(@tenchan18)

ちょっと気になったので
調べて見ることにしました。

調べて見るとダイキンの対策ページが分かりやすいって
シャープのお墨付きがあるんですね。

北陸地方の大雪で
エアコンが急に停止するって言う程度の問題ではないかと思いますが
雪がたくさん降るとトラブルが続々発生するそうです。

そんな時どうするかって言うと。

まずエアコンの「室外機」をチェックすることが
大切なんだそうです。

そこで
具体的な対策は空調メーカー・ダイキンの
サイトがとても参考になるとか。

ダイキンのエアコンの雪対策について

説明がとっても「わかりやすいので」と他社の対策ページを
教えれ呉うのがシャープの柔軟なところでしょうか。

と言うことで
エアコン「大雪の困りごとと解決法」(ダイキン)を
参考に対策を載せておこうと思います。

ダイキンのサイト内「大雪の困りごとと解決法」ページには
大雪が降ったときによくあるエアコンの困りごとや
さまざまな対処方法を掲載してあるんですね。

まずは
大雪が降る前の対策を参考にします。

雪が降ってもエアコンを安心して使用するためには
室外機のまわりが物でふさふさがれていないか
チェックする必要があるそうです。

なので
常日頃からエアコンの周囲には
物をおかないようにしておくことがポイントです。

特に 雪が降ってからの処置では
吹き出し口、吸い込み口の前に雪が積もらないよう
30センチ以上空けて空気の通り道を
確保しておくことが重要
だそうです(^^♪