海外のネットショップに PayPal(ペイパル)を利用する理由とは・・・ その1

何故 PayPalを利用するようになったのか
その最大の理由は
(@tenchan18)

海外のショップサイトに
クレジットカードの情報を

残したくなかったからですね。

日本なら対処できるような感じがしても
海外だと言葉も不明だし手の打ちようがないって感じですからね。

そこで
海外のショップで個人輸入するために
PayPalを利用するようになりました。

ちなみに
PayPal(ペイパル)について調べて見ると。

PayPalって
世界で1億5000万人以上に利用されていて
特に海外のネットショップで商品を購入する際に
利用する人が多い決済サービスです。

設立されたのは1998年12月で
2002年からは世界最多の利用者数で有名なオークションサイト「eBay」に
買収され同社の子会社となっていましたが
2015年7月に独立したようです。

PayPalのメリットは
簡単かつ安全に支払いができるのが大きな特徴ですね。

PayPalのメリット

クレジットカードの番号が利用するショップに渡らないのが
PayPal最大の特徴ですね。

たいていネットショッピングをする場合
支払いに使うクレジットカードの番号など
重要な情報が利用するショップに知られますよね。

さらには
クレジットカードの番号以外のCVC/CVVコードと言われる
クレジットカードの裏面に記載されている暗証番号
まで知られてしまいます。

万が一の場合
クレジットカード支払い時に番号やCVC/CVVコードを直接入力すると
それらの情報が第3者に洩れてカードを不正利用されてしまう
可能性もありますからね。

その点
PayPalを利用する場合
アカウントにあらかじめクレジットカードの情報を登録することで保護されるので
PayPalアカウントで支払えばクレジットカード情報を
その都度入力する必要がないんです。

もちろん
クレジットカード情報は利用するショップにも分からないので
情報が洩れる心配もなく安心です。

個人間送金アプリの一番使い勝手の良いアプリはコレかなぁ?

前払式支払手段発行業者「Kyash」の使い勝手は?
(@tenchan18)

Kyashではpaymoと同様に
まずはお金を送る人がクレジットカードを登録します

「前払式支払手段(≒ポイント)」を発行している業者という立ち位置なので
お金を受けとった人は現金での出金ができませんが
VISA加盟店での決済(現状はネットのみだそうですが)か
モバイルSuicaとしてのみ使用する
ことになります。

現金の代わりに
Kyashのポイントがプレゼントされたと
考えると分かりやすいですね。

個人的にも日本でキャッシュレス化
が早く進んでほしいと思っているので
このように現金でおろす前提ではなく
バーチャルな何かでやりくりさせる仕組みは
悪くはない選択のように思いますが
セキュリティーの面でやや心配かなって感じますが・・・

続いて
支払いになりますが金額入力の画面で
お会計の計算ができたり、

金額入力の画面でお会計の計算ができます

 

インタラクションもマテリアルデザインを
意識していたり 細かい親切がよいですね。

ただし
一度に5人までしか送金や請求ができないので
今後改良点かなぁって個人的には思います。

一度に5人までのkyash

現状は
何度かに分ければいい話かもしれませんが・・・

 

支払いに関しては
アプリをインストールしないとできないという点も
paymoに遅れをとっているという見方もできる。

ただし
出口と言う視点から考えてみると
将来的にVISA加盟店の実店舗で使用できるようになれば
使い勝手が一番良くなる
ので
一番のお勧めになるかと思います(^^♪

 

「kyash」「paymo」で 個人間送金が可能になったのは・・・

彼らは本人確認という面倒なフローを排除した方法で
個人間送金を可能にしたのは・・・
(@tenchan18)

paymoが採用した方法は
送金ではなく支払い代行をするシステムです。

つまり
paymoは「収納代行業者」ってことですね。

収納代行って言うのは
お金を渡したい人Aと受けとりたい人Bがいたとして
Aのお金をひとまず預かって
Aの代わりにBに支払ってあげることです。

コンビニで公共料金が払える
仕組みと全く同じです。

資金を移動する「資金移動業者」ではなく
あくまで代わりに支払う「収納代行業者」ですから
コンビニでレシートなしに水道料金を払えないのと同じで
paymoで送金する際はレシートが絶対に必要になるわけです。

 

と言うことで
paymoはレシートに記載されている分の
お会計しかできない
ことになり
送金のシーンをかなり限定してしまいます。

つまり
paymoはあえて「割り勘アプリ」に
限ってと言う利用法なんです。

 

それに対して
Kyashが捨てたのは
「受けとる人の現金化」

ですが
送金ではなくプレゼント
って言うシステムになります。

Kyashは
「前払式支払手段発行業者」です。

前払式支払手段とは
簡単に言うとプリペイドカードのことです。

たとえて言うと
Amazonのギフト券と
同じようなシステムなんですね。

お金を渡したい人Aのお金と
同額のAmazonのギフト券を
受け取りたい人Bにプレゼントする。

そんな要領で
KyashはAのお金を「VISAカードのチャージ分」
としてBにプレゼント(送金)するシステムです。

ただし
Amazonのギフト券がAmazonでしか使えないように
Kyashで受け取ったお金分はVISAの加盟店やモバイルSuicaとしてしか使えないし
Amazonポイントがどんなに貯まっていても現金化できないように
Kyashで受け取ったお金分は銀行に出金することはできません

それによって
Kyashで送金する際は
本人確認もない上にレシートも不要ですが
現金として引き出すことはできないんですね。

出口(kyashの利用法)から見ると
限定された用途で使えるのかって思われるかもしれませんが
VISAの加盟店はかなり多いですよね。
(2017年4月現在はオンラインショップだけでしか使えないが
将来は加盟店の実店舗でも使えるようにするとのこと)

現状、
Kyashカードでのリアル店舗での支払いは
対応できていないですが
Amazonなどのネット店舗は対応しているので
Kyashカードの残高が使いきれないと言うことはないでしょう。

対応機種のみですが
モバイルSuicaやStarbucks Cardなどの
プリペイドカードに「Kyashカード」でチャージをすることで
交通機関や対応店舗で使うことができますよ(^^♪

個人間送金アプリって 色々なシーンで利用できるので便利ですね(^^♪

最近 友達の結婚式があってお祝いを送るときに
利用したのが個人間送金アプリです。
(@tenchan18)

割り勘をするために利用を始めたんですが
こんなシーンでも利用できるんですね。

利用し始めたきっかけは
現金を持ち歩くことが少なくなって
割り勘をする時にどうしようって
思うことだったんですね。

そんな時に利用したのが
この個人間送金アプリなんです。

以前であれば
銀行振りこみをすることもあったんですが
振込手数料がかかってしまいますよね。

なので
「お金を送る」ことが無料でできるのって
これからどんどん利用する人が多くなるんじゃ
ないでしょうかって思います。

今では
いくつかのアプリがあるんです。

そこで
今回はそのアプリの一つである
「kyash」についてまとめてみます。

個人間送金ができるようになったのは
2010年の法改正されたからなんです。

それまでは
法律的に銀行以外で「送金」という行為
そのものができなかったんだそうです。

で その年の4月1日に資金決済法ができて
「資金移動業者」として登録されれば
「送金」業務が可能になったそうです。

ただし
問題が一つあってそれがネックで
なかなか進まなかったそうです。

そなにみ
その問題とは利用するために
本人確認が必要であること。

本人確認は
そのサービス上で銀行の口座登録をおこなうとか
配送物を受け取ったりすることで完了しますよね。

でも
その確認作業って
相当面倒な感じですよね。

たとえば

銀行の口座登録には
ネットバンクのお客様番号やらパスワードやらを入力するとか
もしくは銀行の通帳に記載されている最終残高を入力したり
しなければならない場合があります。

通常であれば
通帳なんて持ち歩く人っていませんよね。

配送物であれば
その確認はそれが届くときに
家にいなければならないですから
そもそも届くまで時間がかかりますよね。

スマートフォンの機能が高いのに
(あらゆるサービスが「いつでもどこでも」前提で作られているのに)
この本人確認というハードルは一般のユーザーにとって
極めてハードルが高くなりますね。

結局
もっと本人確認がかんたんになるか
本人確認がなくなれば
個人間送金はもっと盛り上がるってことで
このハードルに挑戦したのが
「kyash」であり「paymo」なんだそうです。

首都圏の道路が大渋滞する理由は 雪道になれていないだけではないって思う(^-^;

大雪が降った影響で
首都圏の道路はマヒ状態ですね。
(@tenchan18)

自宅の周りの
道路も凍結していて歩くのも大変ですね。

この原因って何だろうって考えてみると
都市部に住む人が雪国の人に比べて
雪道に慣れていないからだけではないように思います。

と言うのも
登り坂で動けなくなったり
下り坂でブレーキが効かず追突したり
単独事故が多いですね。

そして
道路が大渋滞するって言う悪循環なんです。

でも
そのキッカケを作ったクルマの大半が
「夏タイヤ(ノーマルタイヤ)のまま雪道を走った」って
ビックリですね。

ちなみに Amazonでは下記のようなサービスもあるんですよ(@_@)

今回のように事前に
「雪が降る」と言われていても
そのまま走るって?

なので
事前にタイヤチェーンや冬タイヤ(スタッドレスタイヤ)を
用意して雪に備えたいものですね。

滅多に降ることの無い雪に備えるのは
金銭的にも負担が大きいと思われますが
ほかの人に迷惑をかけるばかりではなく
[夏用のタイヤでの雪道運転]は法令違反ですから
罰金を徴収されるのでお金を失うのは一緒ですよね。

ちなみに
沖縄県を除く全ての都道府県の公安委員会で定められていて
大型車は反則金7000円です。

普通車であっても 6000円(正式裁判になると最高5万円の罰金)
も徴収されます。

なので
まだまだ降るかもしれない雪対策のためには
スタッドレスタイヤを用意するのは大変でも
タイヤチェーンくらいは用意しておきたいですね(^^♪

 

また
事故防止って言う観点からも
フロントガラスの開票にも注意したいものです。

放射冷却や雪などによって凍った
フロントガラスの解氷の方法を調べて見ました。

その際に
朝の出勤にと急いでいたとしても
絶対にやってはいけないのが熱湯をかけることですね。

ガラスが急激な温度変化に弱いので
熱湯を掛けると割れてしまう可能性が高いからです。

フロントガラスを解氷させるために
まずエンジンを掛けてエアコンのデフロスターを
全開にすると思いますが
溶けてきたら、ワイパーをスタートします。

その際
お風呂の残り湯ぐらいのぬるま湯があれば
それをフロントガラスに掛けるのなら
ガラスが割れることは無いでしょう。

また
カー用品店などで販売している
解氷スプレーも有効なアイテムですね。

瞬時に溶けるので 時間も短縮できます。

価格は1000円もしないで購入できますので
冬には備えておくと重宝するかもしれませんよ(^^♪

渋谷がスキー場になった?4年前はそうでしたが。今年はどうでしょう!?

昨日は
朝からスッゴイ雪が降りました。
(@tenchan18)

こうなると
都内は交通マヒになり
各所で電車や車の交通網が
遮断してしまいますよね。

こんな時は
仕事も早めに済まして
帰宅したいです。

そう言えば
4年前は渋谷がスキー場に
なったことがありましたね。

今回は
平日ではないので
そんな人はいないでしょうが・・・

流石に
普段車で通勤している方も
この日ばかりは電車などに変えて通勤する人も多いでしょう。

と言うことで
自宅にある車もスキー場の駐車場や降雪地などのように
ワイパーを立てた状態で駐車しておきたいですね。

これには
理由があるですがご存じですか。

何故
雪が降る日にはワイパーを立てておいたほうが良いのか
その理由を記載します。

まずワイパーを立てたほうが良い理由として
挙げられるのは、ワイパーそのものを守るためです。

積もった雪の重みによって
ワイパーそのものが折れてしまうこと。

そして雪が積もった状態でワイパーを動かしてしまうと
ワイパーを動かすモーターやギアに負荷が掛かって
壊れてしまうことがあるからです。

万が一
モーターや内部機構を壊してしまうと
高い修理代が必要になります。

もうひとつは
フロントガラスに積もった雪を
掻き落とすのを簡単にするためですね。

雪を掻き落とす時に
ワイパーを立てておかないと
ワイパーを壊さないように注意しながら
作業をしなければなりません。

その場合
立てておく以上に手間と
時間が掛かってしまいます。

また
雪が降るということは
気温が3度を下回るほど低くなっています。

こういった状況下でワイパーを立てておかないと
フロントガラスとワイパーのゴムの部分である
ブレードは密着しているので
雪が降るとガラスとゴムの間に雪が挟まって
溶けた水分が冷やされて凍ってしまいます。

フロントガラスは放射冷却によって冷やされて凍ってしまい
ガラスとワイパーのゴムの部分が貼り付いてしまいます。

そのような状態でワイパーを動かすと
ゴムが摩擦でちぎれてしまう可能性がありますからね。

万が一
ゴムがちぎれてしまうと
普通の雨もキレイに捌けないようになって
視界が確保できなくなり非常に危険ですからね(^-^;

古いパソコンをスピードアップさせるには 部品をグレードアップする? その2

自分の所有している古いパソコンの部品の使用を確認したら
交換できる部品を探します。
(@tenchan18)

互換性のある部品を探すには

必要な部品の種類がわかったら
例えば「SSD 互換性」などの用語で検索して
該当部品を販売している小売業者を見つけましょう。

上記のように
部品ごとに互換性に関する項目で
絞り込めば検索が可能です。

 

Macの部品を購入する時は
Macの部品を専門で扱うお店を
チェックすると良いそうです。

と言うことで
SSDにアップグレードする方法

SSD(ソリッド・ステート・ドライブ)は
現在では価格もかなり下がって
回転する旧式のハードディスク・ドライブを
使い続ける理由は見当たらないように感じます。

SSDは
物理的に動く部分を排除することで
旧型のドライブに比べてスピードが
ほぼ3倍になっています。

M.2スロットを搭載したマザーボードを搭載している場合は
互換性のあるM.2 SSD(高速PCIeインターフェイスを
使用するSSD)が必要です。

メモリを増やす方法

メモリの容量を大きくする効果としては
一度にたくさんのタブを開くことができるし
写真や動画のような大きなサイズのファイルを
扱うときの待ち時間を短くしたりできます。

また
同時に使えるアプリの数も増えます。

ただし
16GBのメモリに大金を
つぎ込む必要はないんです。

よっぽど
本格的な動画編集でも
しないかぎり不要です。

まずは
8GBあれば十分だと思いますね。

なので
正しいフォームファクタ(SO-DIMM、DDR4など)を選択して
自分のマシンのマザーボードに合うものを購入しましょう(^^♪

いま利用している古いパソコンを グレードアップして使いやすくできるのか?

パソコンのスピードを速くするためには
まず部品をアップグレードすることが可能で
一番簡単な方法ですね。
(@tenchan18)

このようなマイナーなアップグレードであれば
ショップに頼まなくても自分で部品を交換すれば良いので
パソコンの起動やライティング、ショッピングなど
さまざまな作業で効果が実感できます。

なぜ
今まで回転する旧式のハードディスクドライブを
使い続けていたのかなぁって思うほど快適に利用できますよ。

そこで
まず部品を購入する前にシステム仕様を確認しましょう。

部品を買う前に
パソコンのシステム仕様を確認するには
たとえば
メモリ(RAM)は種類によって「フォームファクタ」
「クロック速度」「レイテンシレベル」が異なります。

ストレージドライブにも
「SATA」「PCIe」「mSATA」「 M.2」など
数種類のインターフェイスがあります。

専門用語なので とっつきにくいんですが
メモリやストレージドライブを購入するときは
インターフェースやフォームファクタが
システム仕様に適合するものを選ぶ必要がありますね。

と言うことで
次回は Windows10の場合を元に
調べようと思います(^^♪

車のフロントガラスを 朝の凍結から守る方法とは・・・

朝 出勤をしようとしたときに
フロントガラスが凍っていることが
多くなってきました。
(@tenchan18)

しかも
気が付いたらドカ雪なんてことも。

それでも
出かけなくてもならないですよね。

まぁ
クルマのまわりは雪を排除すれば
車を動かすことはできることはできます。

ただ
先ほど申しましたように
ガラスの霜や氷を融かす必要があります。

ただし
熱湯などでガラス面を融かすのは
フロントガラス面を傷つけるのでNG何だそうです。

そこで
如何すればよいのかを調べて見ることにしました。

また
フロントウインドウに積もった雪にも対処が必要です。

幸って表面はふかふかしているので
手でも取り除くことができますが
ガラス表面を覆った氷をどうするかってことです。

この氷は
積もり始めの雪がガラスの表面に当たった際に
融けたものが再度凍ったものなので
かなりがっちりとこびり付いています。

なので
とてもじゃないですが
手で落とすことは無理ですね。

とは言っても
棒状のものでガリガリとやるのは
ガラスによくないし
キズの原因にもなりかねません。

対策としては
エンジンをかけてデフォッガーを最強にして内側から融かしても
効果は薄いし急激な温度変化でガラスが割れることもあります。

なので
できれば避けた方が良さそうです。

同様に
お湯をかけるのもNGですね。

雪対策売れ筋ランキング

では どうすれば良いかって言うと・・・

ぬるいお湯を使うのが一番安心
してできる対策ですね。

少しずつかけながら解かし
ワイパーで除去することが良いですね。

と言うのも
大量にかけると周囲に飛び散った
お湯が再度凍ることもありますからね。

その他には
専用ケミカルとして解氷スプレー
が売られているので
これを利用するのも良いですね。

一番のおすすめは
雪が降りそうな時は
事前にワイパーを立てておくこと。

同時に
シートや古毛布などをかぶせておけば
めくるだけで雪や氷が取り除けるので
楽ですよね(^_-)-☆

これからも
まだ 使う機会はありそうですね。

FMトランスミッターってなに? その正しい使い方とは? その6

FMトランスミッターの中には 
スマートフォン以外のSDカードやUSBから
音楽を聞くことができるアイテムもあります。
(@tenchan18)

更には 
マイクも搭載されていますから 
ハンズフリー通話を行うこともできます。

FMトランスミッター Foneso Bluetooth ハンズフリー

そして 
マイクがあるので操作はSiriを使って
快適なドライブが可能なようです。

iPhoneを音声で操作する機能「Siri」が
iOS8以降から 搭載されました。

ちなみに 
今では電源ケーブルの接続が必要ありません。

つまり 
iOS9以降のバージョンであれば 
電源ケーブルの接続なしで使用可能ですからね。

なので 
事前にiPhone側でSiriを有効にしておけば
「Hey Siri」と呼びかけてSiriを起動し 
運転中にスマホを音声操作ができます。

これなら 
違反になりませんから 
便利なSiriを使ってIphoneの音楽を
楽しむことも可能ですね。

一人で運転するのであれば 
「Hey Siri」と呼びかけるのも恥ずかしくないですから 
気兼ねなく音声操作できますね。

Siriを利用して 
Bluetoothのオンオフをして 
音楽の操作が利用できます。
(再生・停止・選曲など多彩な操作が可能です。)

Siriを車内でハンズフリーで利用するのは 
とっても便利で相性がいいですね。

なので 
iPhoneは車内に固定できる
ホルダーを使いましょう(^_-)-☆

現在再生されている音楽が見えるように
固定すると大変便利で操作もし易いですよ。

楽しいカーライフを送るためには 
FMトランスミッターは必需品と言っても良いですね。

今回の記事を参考にして 
実際に使っていただけたら幸いです。

利用していない方は 
自分の好きな音楽を聞ける環境にして
楽しいカーライフを送りましょう(^_-)-☆

タイムセールを利用してお得にお買い物