夏バテ気味の体に 栄養学から見ても冷たいビールに合うつまみは・・・なに

真夏日が連日のようになってきて とうとう夏も本番って感じですね。
edamame01

毎晩 寝るときも蒸し暑いので ついついキーンと冷えたおいしいビールを飲んでしまいますね。

でも ビールって言うのは 身体を冷やすだけでなく 冷たい飲み物ですから胃を弱らせてしまうので 夏バテの原因ともなってしまうものですね。


そんな時の定番「ビールには枝豆」って 栄養学的にはどうなんでしょう。

居酒屋なんかでも 取りあえずビールと枝豆って定番じゃないでしょうか。(私の思い込みでしょうかね(^^♪)

実際 この組み合わせって栄養学的には良い組み合わせなんだそうですね。

何故かって言うと

枝豆に含まれているメチオニンと呼ばれる物質が アルコールを分解してくれる成分があるし アルコール代謝を促進させるビタミンB1肝臓の働きを高めてくれるコリンもたくさん含んでいるからなんだとか。

また 二日酔いや悪酔いの予防に効果的だそうです。

私も 仕事帰りにセブンイレブンによって 良く買っています。

勿論 nanacoを利用しているのでポイントが付きます。

nanacoポイントの付くカードの詳しく知りたい方は ここをクリックしてくださいね。

カリウムも豊富に入っているので アルコールを飲むと むくみ安いって言う人にもぴったりなんですね。

もっと言うと 夏バテ予防やデトックス効果も有効に働くんだとか・・・

難しいことはわかりませんが 枝豆ってどんな人が食べても弊害が無い食べ物なんだそうです。

胃腸の働きを助けると共に 血やエネルギーになり 余分な水分を排出するので 更にはデトックスの効果もあるって言うことなので まさに夏バテ予防にピッタリな食べ物って言えますね(^_-)-☆

そう言えば 枝豆と大豆は同じものですよね。

なので カルシウム、鉄分などのミネラルや、ビタミンB1、B2の他に大豆では摂れないビタミンCも豊富と栄養価に優れた食べ物なんです。

つまり 効能としては美肌に効果があるし 食物繊維も豊富なの食べ物ですから便秘解消にも最適です。

勿論 イソフラボンがあるので 女性は必ず食べておきたい食材ですね。

なので お酒を飲めないって人でも食卓には欲しい食べ物ですね。

BIGLOBE SIMカードのデメリットは あまりないと思いますが…

BIGLOBE LTE・3Gには 私が思うに3つのデメリットがあると思います。

高速通信容量を超えた場合の制限時速度が遅い

BIGLOBE LTE・3Gの各プランに設定された容量を使い切った場合 良くご存知だと思いますが当月の速度が128kbpsに制限されるんです。

なので この制限は容量追加オプションをチャージを購入しなければ解除されません。

速度が制限されるのは 格安SIMカードの場合どこでも発生することです。

ただ 違うのはBIGLOBEの場合 その速度が128kbpsという低さなんです。

他の格安SIMカードであれば 200kbps以上に設定されていることが多いので 気になるところですね。

帯域を制限されることも

これも 他の多くの格安SIMカードと同じで BIGLOBE LTE・3Gを利用しても 帯域を制限されるというデメリットがあるんです。

具体的に言うと 以前書いたように 直近の3日間で360MB以上のデータ通信を行うと速度が制限されるんです。

口座振替も利用できる

クレジットカードだけじゃなく口座振替に対応しているので クレジットカードを持っていない人やクレジットカードを作りあくない人にとっては BIGLOBE LTE・3Gを利用するハードルは低いくなりますね。

ただ その口座振替を利用するのに 振込手数料が必要になるのが デメリットと言えば確かにって思いますね。

また 口座振替をするのに提出する支払い方法登録申し込み書の申請が必要となります。

その際 この必要事項を記載する書類提出時に手数料200円(税抜き)が掛かります。

まぁ 提出書類を出す時だけなので カードを作るより良いかなって思う人も多いんじゃないでしょうか?

BIGLOBEの格安SIMの速度規制とは・・・

直近3日間で360MB以上の通信をした場合に対して速度規制

直近72時間(3日間)の通信量の合計が360MB以上になった場合 3日間の合計通信料が360MB以下になるまで通信速度規制が掛けられるって言う事です。

この適用は 例え高速通信ボリュームチャージを購入しても 上記の制限は適用されているので 速度規制は解除されません。この場合 あくまでも直近3日間の通信量が360MBを下回るまで待つ必要があるんです。

要するに 利用し始めた早い段階でちょっと使いすぎてしまって規制にかかった場合 追加でボリュームチャージを購入しても すぐには高速で利用はできないって事です。

と言うことは 動画をたっぷりと見たいって言うような人には向いていないプランですね。

SMSも当初はできなかったんですが 現在ではオプションを利用することによって可能になっています。

私が契約したのは LINE経由ではなく直接BIGLOBEから申し込みました。

まぁ そんなキャンペーンがあったというを知ったのはLINEの公式サイトからなんですけど。

なので 新規申し込みをするにはLINE経由必須では無かったんですが 今回は BIGLOBE公式アカウントと友だちになって 申し込むしかないような感じです。

格安SIMを 利用するならBIGLOBEがLINEと協賛してキャンペーンを始めてますよ!!

今朝 LINEからお知らせがあり【期間限定】BIGLOBEの月額900円(税抜き)ポッキリ格安SIMのキャンペーンが始まったと言う事です。(8月10日まで キャンペーン中です)

どう言う事かって言うと 通常であれば格安SIMを申し込むのに 初期費用が必要なんです。

それが LINEから申し込むと 毎月の利用料だけ つまり初期費用無料・解約手数料不要で新規購入出来るキャンペーンを開始したって言うことです。

私は 以前にこのキャンペーンを利用してSIMをiphoneに刺して利用しているのでラッキーだなって思っていたんですが またキャンペーンが始まったって言うことですね。

実際 このBIGLOBEのSIMを利用していて思ったことを綴っていこうって思います。

今回のキャンペーンは LINEでBIGLOBEのアカウントから友だち登録する事で 案内される期間限定のキャンペーンページからの申し込みになっています。

格安SIMの場合は カード払いが基本なのでカードを持っていない人は申し込まないといけませんけどね。

(私の場合は 近くにAEON系列の店が多いのでこちらを参考にして申し込みました。)

まずは 「BIGLOBE LTE 3G エントリープラン」を申し込んでみました。

当時は iphoneの契約が切れる時だったので SIMを使って見ようって思っていたのでタイミングが良かったですね。

なにしろ これを利用した途端に 月額利用料金が激減したので とっても嬉しかった事を思い出します(*^。^*)

それほで 外でネットを利用するって事が無かったからかもしれませんね。

そんなLINEの利用方法について 自分にとってもメリットとアレッて思うところを記します。

1 月1Gの高速通信クーポンの利用で料金が激減したこと。

2 WIFIスポットが 私の出掛けるところに多かったので高速で楽しめることが多かった。

2 勿論 LINEの無料通話が使える(050plus・viberなどのIP電話アプリも 十分に利用できます)

3 直近3日間で360MB以上の通信をした時に 速度規制があるので 以降は積極的にWifiスポットを利用するようにした。

4 SMSが当時は 利用できなかった。(今はオプションで利用できます。)

月1Gの高速通信クーポンが利用できるので 通信料金が激減しました。

このSIMには月間1Gバイトまでの通信についてはLTEにおいては下りが最大150Mbps、上りが50Mbpsの速度が出るというのが最大の魅力ですね。(当時は もっと低速でしたが今はココまで 改善されています。)

私もiPhoneでインターネットは しょっちゅう利用しています 大体 毎月2G程の使用しますがBIGLOBEに付属しているWIFIスポットWI2を利用していますので 通信規制により速度制限は初めの月はありましたが以降は無いですね。

それに 通信速度制限で規制されても128kbpsにまで速度が確保されていますので そんなに支障を感じたことはないですね。

LINEの無料通話だけでなく 050plus・viberなどのIP電話アプリも利用できる

キャンペーンページを見た時は LINEの無料通話だけかなって思ったんですが そんな事は無かったですね。

私的には LINEの無料通話を利用している仲間が多いのでその方たちに限っては利用していますが ちょっと通信音声が不安定な感じを受けるので その方たち以外にはvibereを利用しています。

後 050plusもOKですね。

ちなみに 速度が100~200kbpsのDTIの低速SIMでも050plusは十分に使えるって話なので 速度が全然早い biglobeのSIMなら規制もないし大丈夫だと思っています。

公衆無線LANのWI2が このSIMの基本使用料内で使用できるので そんなWIFIスポットで利用できるので速度規制を受けることは殆んどなくなりました。

その他では 通常のプロバイダ契約と同様にBIGLOBEのメールアカウント・ホームページスペースもあるんです。

いつも使っているスマホの寿命ってどのくらいで 何時まで使えるかな?

スマホも使い込んでいくと如何なのか気になりますよね!

気になりだす状況としては 電池の減りが早いとか 反応が悪いなどの不調を感じると気になりだしますよね。

そうなると「私のスマホも もうそろそろ買い替え時かな?」っていく気がしてくるんですね。

でも まだ動くような気がして 何時買替たら良いんだろうかってとっても気になります。

そんな時 一体どう言う状態になったら“寿命”って考えるべきかをスマホのをソフト面・ハード面から各々寿命について ネット上の情報を調べてみました。

まず 考えておくことって言うと・・・

最新のアプリに対応できなくなった。

更新ができなくなった。

そんなことはあっても ソフト(OS)としては 寿命は無いって事を踏まえておきましょう。

その点を考えても

    ハードは大事に使っていれば 4~5年は十分に使える

って事ですね。

考えられるのは スマホの寿命を迎える前に不注意で壊してしまうって言う事も多いようです。

それ以外では 勝手に再起動を繰り返すとか バッテリーが上がってしまったとかって言う症状を“寿命”って言えるかもしれませんね。

ただし バッテリーの場合は 交換すれば使えることがあるので そういう点からいうと寿命は伸ばすことは出来ます。

その他の場合でも パーツの交換などの修理・交換で解決する場合が多いそうです。
(私が バッテリー・パーツを交換できた方法はって言うと 一番下)

電池・バッテリーの寿命っていうと 当たりはずれがあるとしても1年半くらいって言われています。

専門のキットを利用したので 思ったよりも簡単でしたね。

最近聞いた話では 見られる現象として電源が突然落ちるとか充電がうまくできない…って言う症状もバッテリーの寿命に依ることが多いです。

聞く所によれば バッテリーって言うのは 満充電できる回数が決まっているとか。

なので 上限が来た時に 突然寿命を迎えることになるんだそうです。

私がバッテリーを長持ちさせるために取った方法は “満充電”とカウントされないように100%直前で充電を止めるのが長持ちさせられた方法かもしれません。

そこで 思い出したのが充電方法です。

私の例ですが そう言えばパソコンのUSBから充電することが殆んどです。

つまり 微弱電流でまめに充電していますし 出掛ける時にはたいてい満充電になる前に外してますね。

そのおかげで快適に利用できていたのかもしれませんね。

それに 夜寝る時には充電器を接続したままにはしません。

何故なら バッテリーが劣化する原因として 過放電と過充電って言われているからです。

過放電はバッテリー残量が0%になるまで使い切ったまま 放置することです。

過充電は満充電にも関わらず長い時間充電し続けることです。

寝たまま コンセントを差し込んでいる状態って言うのは 満充電後は放電と充電を繰り返しながらバッテリー100%をキープし続けるので 一回充電しているって言うことにならないんですね。

つまり 放電と充電を繰り返すので一晩で何回か充電を行っているって事になります。

なので 細かい継ぎ足し充電を繰り返しで バッテリーの劣化が進んで行くことになるわけです。

また 落下や水没などの外部的要因がほとんど無く ある日突然トラブルが発生した場合 原因がマザーボード(基盤)の故障にある可能性が高いので これはもう買替しかないでしょう。

ところで スマホの寿命を左右する基盤の故障による原因はどこに起因するんだろうか?

考えられるのが 家庭用の電圧と異なる電圧が加えられた時 ショートしてしまいやすいからですね。

コンビニなんかで買った充電器の使用とか外出先や車での充電は避けたほうが安定した電圧が得られないので故障の原因になるかもしれません。

ただし そんな不調な場合でも再起動すれば直るトラブルもあるようですから スマホの調子が悪いかなって感じた時は不調を感じたら まずは電源を切ってみましょう。

それでも 調子が悪い場合は 専門の修理屋さんで まだ使えるのか判断してもらうと良いですね。

そうすると

  • スマホ本体の寿命としては 4,5年は使える

 

って事になりますね(^。^)y-.。o○

私の場合は 2年で余り不満を持たずに利用できているんですが この際思い切って 自分で交換しました。↓  ↓  ↓



イオンの格安スマホを製造販売するgeaneeってどんな会社?

今度 イオンで販売するスマホって価格が税込16000円位です。

とっても安いスマホですよね。

ところで そんな安いスマホを買っても大丈夫かなって思いませんか?

つまり しっかり使えるのかなって気になってので geaneeって会社につて調べてみました。

会社案内なんかを見ると 会社設立が2012年と言う事で新しい会社で ファブレス(工場をもたない会社のこと。工場を所有せず、製造業としての活動を行う企業を指す)として起業したんだそうですよ。

でも 販売しているものって言うと おもちゃのヘリコプターをはじめとする自社ブランドの電子機器製品をたくさん製造しているんですね。

しかも 本当に低価格です。

その商品の内容は 価格なりの物かもしれませんが 評判を聞いてみると結構売れているものが多いですね。

また PBブランド物の製造も多いみたいです。(ニッポンの社長:http://www.nippon-shacho.com/search/result.html?did=285&page=1)

そして 今回のスマホなんですが この会社の特徴とし中華系の工場で製造するようですね。

確か 台湾で製造したとか。

台湾の工場で製造する電子機器って多いですから 別に気にするって事は無いんですし 仕様が日本に合うように品質管理をgeaneeでおこなっているので 心配はないって気がしませんか(*^。^*)

私って 能天気でしょうかね。

ちなみに スマホのサポートは宮崎でするって見たような気がします。

でも 実際に触ってみないと解りません 期待と不安が半々かな?

ということで イオンスマホの詳細はこちら ↓   ↓   ↓

 

イオンスマホ

この際 イオンカードでイオン格安スマホを分割払いをする方は こちらから自分に合ったイオンカードを選びましょう。

イオンカードのお得な使い方

前回のスマホとの比較表
aeon-smaphohikaku

イオンスマホ詳細

初めてのスマホ イオンスマホで中高年に嬉しい安心プラン付き

今月の7月4日からイオン系のスーパーやコンビニでとっても安いスマホが販売されるんです。

その月額がなんと 1980円なんですね。

これって 通信料期の金額ではないんですよ!

スマホ本体の料金を含んだ支払額なんですね。

ただし 24か月分で支払っていくということなので 本体を一括払いにすると 月額1350円(税別)って 本当に安いです。

でも 利用してみて自分に合わないって思ったら契約解除料金なしで 利用を打ち切ることができるそうです。

まぁ それでも購入したスマホ本体の支払いはしないといけないそうですね。

とは いっても総額16000円(税込)位だって言う事ですので キャリアのスマホを購入するって事に比較すれば 高いってものではないでしょう。

 

思うに これこそ初めてスマホを利用するにはうってつけのプランだと思います。

しかも 安心プランに入れば 利用方法のサポートも補償もセキュリティーもカバーしてくれるんです。

 

私の場合 契約更新(変更)時にスマホに乗り換えるうえで 安く乗り換えるため下記のような点に注意して乗り換えたんですね。

・他社への乗り換え
・一括0円
・各種キャンペーンの適用(「スマート値引き」、「紹介キャンペーン」とか)

手続きは簡単なようですが うまくタイミングを併せないといけないので とっても面倒じゃないかなって思って もう乗り換えるのやめちゃおうかなて思ったんです。

それに 今のまんま機種も変えなかったら 料金は無料通話分も含めて 5000円くらいだから 良いかなって思ったんですけど 機種があまりに古いと・・・

 

それに スマホに変えると LTE(高速通信)料金プランには無料通話分が入っていないので 電話を掛けると結構な金額になっちゃいますからね。

多分 7000円は超えるかなって言う感じです。

 

なので 今であれば もうこのイオンスマホに乗換ちゃいますね。

電話代は別としても 毎月2500円(税込)ちょいなら 例えば パソコン教室などに教わりに行っても もっと費用が掛かりますし 困った時にすぐに電話で教えてくれますからね。

 

 

これなら スマホに興味があっても高くて 手が出ないって言う事にはなりませんね

注意 通信料金の支払いはカード払いになります。また 24回払いの場合 イオンカードからの支払いになります。

イオンカードの詳しい使い方 ↓   ↓   ↓

イオンカード

イオンが 今年の春に販売した格安スマホの本体って如何なんだろう・・・

今回販売するスマホの本体の性能はどんなスペックを持っているのか気になりますね。

で そのスマホなんですけど 5インチディスプレイを搭載した3Gスマートフォン「geanee FXC-5A」(デジタル機器の製造受託ベンチャー・ジェネシスホールディングスが開発)と 通信サービス「BIGLOBE LTE・3G 音声通話スタートプラン」を組み合わせなんだとの事です。

このスマホを販売しているのは COVIA と同じような会社なんだろうか?

 

要するに 今回は端末代を抑えて「Nexus 4」を採用していた第1弾「イオンのスマートフォン」より月額料金を1000円低価格させる事になったって言う事ですね。

料金の内訳的には 端末代が月額630円×24回、通信料金が月額1350円

 

通信はBIGLOBEの3G回線を利用しているので 私の経験上では速度的には安心できるんじゃないかって思いますね。

 

1Gバイトを使い切った時には 上下とも128Kbpsに制限されるし 直近72時間で120Mバイトを超えた場合も速度が制限されることがあるんだとか。

 

通信契約は2年以内に解約しても 違約金は発生しないって言うことで これはキャリア時計屋する場合と違って制約されないのがうれしいですね。

 

さらに 嬉しいのは初心者にとって不安なので 不具合が起きたときに電話で相談できる「イオンスマホ保証サービス」(月額250円)、使い方が分からないとき相談できる「イオンスマホ電話サポート」(同300円)、キングソフトのセキュリティアプリを提供する「イオンスマホセキュリティ」(同150円)を 「イオンスマホ安心パック」として用意してあるので 安心して利用できそうですね。

予約販売しているのは 総合スーパー「イオン」、コンビニエンスストア「ミニストップ」など全国447店舗だそうです。

イオンスマホの詳しいことは こちら↓   ↓   ↓

イオンスマホ

前回の事もあるので 自分で電話を掛けることがあまりないユーザーでも スマホの無料アプリを利用して連絡を取り合いたい人にはとっても利用価値があるんじゃないでしょうか!!

24回払いは イオンカード限定なんだそうですので イオンカードを申し込むときはこちらを参考にすると 自分に合うカードを選ぶことが出来ますよ(^_-)-☆

 

 

イオンで BIGLOBEと組んで格安通信プランのスマホを第2弾販売開始!

イオンが格安スマホ第2弾の発売が決定したんだとか

今度は 格安の5インチ端末と3G回線で月1980円

と言う事で 通信網として 3G回線はBIGLOBEのsimカードを利用するんだそうです。

これで ますます携帯電話のシェアって MVNOに流れるんじゃないんだろうか・・・

大体が 携帯で電話する必要がある人って 通信料金が高いので あまりいないんではないのかなぁって感じを受けるんですけどね。

と言う事で イオンは6月30日から BIGLOBEとタッグを組んで格安スマートフォン第2弾「イオンスマホ」7月4日に発売すると発表したんですね。

 

基本料金と本体代金合わせて月額1980円(税別、税込2138円)に抑えたのが 最大の特徴ですね。

勿論 電話代は別ですよ 30秒当たり20円ですね。(税別、以下同)。

肝心の通信速度は 上下最大14Mbpsで毎月1Gバイトまで利用できる。

通信速度的には 動画を見ることもビデオ通話にも支障はない感じでしょうね。

ただ 通信制限が1Gバイトなので オプションを利用しないと大した時間は見れないんだろうね。

イオンスマホの詳しいことは ↓   ↓   ↓

イオンスマホ

あと 書き忘れるところでしたが 24回払いはイオンカード限定なんだそうです(^_-)-☆