「LINE」カテゴリーアーカイブ

iPadで利用していたLINEがトークできなくなったので iOSをアップデートをしてみました(^-^;

iOS 11 にアップデートする際に
準備しておいた方が良いこと。
(@tenchan18)

iOS 11 によって 
お使いの iPhone、iPad、iPod touch が
快適になると言われています。

そこで 
アップデートの方法とうまくいかないときの対処法を 
まとめてみようかなって思います。

まずは アップデートをするには・・・

iPhone、iPad、iPod touch を iOS 11 に
アップデートする前に 以下の作業が必要になります。

その1 バックアップを作成する

iPhone、iPad、iPod touch を
バックアップしておいた方が良いです。

何故なら バックアップがあると 
万一の際にも大切な情報を復元できるので安心ですからね。

と言うことで 
まずはiPad/iPad miniでiCloudにバックアップを
作成する方法について記載します。

ちなみに iPad/iPad miniのiCloud設定で 
iCloudのバックアップを有効にすれば 
iPad/iPad miniが下記状態の際に自動で
バックアップを作成してくれます。

・iPad/iPad miniが充電中である

・iPad/iPad miniをWi-Fiに接続している

・iPad/iPad miniで画面をロック中である

iCloudにiPad/iPad miniの各種データをバックアップしておけば 
端末を復元(初期化)した場合にiCloudに保存したバックアップから復元できるし 
端末を紛失・故障した場合や、新しい端末を購入した場合など 
新しい端末に古い端末のデータをそのまま移行させることができます。

ただし 無料でiCloudにバックアップできる容量は
「5GB」までとなっているので 
それ以上の容量が必要な場合は有料オプションで
アップグレードが必要になりますね(^_-)-☆

と言うことで
アップデートする前に
必ず バックアップを摂っておきましょう!

照明以外にもある スマートスピーカーの利用法もたくさんある?

照明の他には
エアコンのオン/オフや温度調整、加湿器のオン/オフ、ロボット掃除機の
操作などにも Google Homeを活用していて すべて声で操作しているそうです。

考えた見れば
電車に乗る時は殆どの人がSuicaを
利用するようになっています。

なんといっても
定期のように“切符を買う”という行動をしなくても
本来の目的である“電車に乗る”という行為が
スムーズにできるようになったからだと思います。

同じように
エアコンを操作するときも目的は
リモコンを触ることではなくオン/オフや
温度調整ができることです。

これまでは
誰かに“エアコンをつけて”って頼んでいたのを
“誰か”がGoogle Homeに交代してやってくれている
ことになるのでしょうね(^_-)-☆

ロボット掃除機の場合は
とんでもないところへ行った時に
「止まって」と言ってストップさせることが
できるそうです。

まるで
ペットのわんちゃんに「待て」と
言っているような気分になるみたいです。

こんな使い方になるので
Google Homeが家庭にあると
まるで家族が増えたように感じるのもわかりますね(^^♪

家電以外では
文字入力のストレスから解放されることが
便利に感じるようです。

Google Homeが家電と連携できるのは
それに対応する家電があってこそになります。

そう言ったポイントから考えると
スマホでの文字入力をしなくて済むことも
メリットに感じるんだそうです。

たとえば
スマホやタブレットで表示した対応コンテンツを
Wi-Fiを介してテレビに表示できるデバイス
「Chromecast」の利用法です。

これをテレビに接続してGoogle Homeと連携すると
「OK Google、かわいい猫の動画を見せて」と話すだけで
YouTubeで“かわいい猫の動画”を検索すれば
テレビで再生してくれるのです。

Google Homeは「YouTube」や「Netflix」などの
動画の検索や早送りなどの音声操作に対応しているそうです。

どう考えても
話しかけるだけでいいというのは圧倒的に楽ですよね。

“書く”とか”操作”という動作に比べると
“話す”のは 動作単位が少ないですからね。

もちろん
スマホのように文字入力の場合
ある程度学習しないといけませんけど
音声入力なら文字入力ができなくてもいいんですから
高齢者でも使えそうですね(^_-)-☆

流行りのスマートスピーカーを各メーカーごとに機能を確認して 自分の使い方に合ったものを・・・

LINEは「Clova WAVE」をはじめとして
Googleは「Google Home」「Google Home Mini」に
Amazonは「Amazon Echo」そして
ソニーは「LF-S50G」というスマートスピーカーを
国内で今年中に発売する予定です。
(@tenchan18)

更に
Appleは「HomePod」も年内に欧米で発売予定しているので
その一つ一つについて調べてみます。

まず
初めに LINEやLINE MUSICとの連携が魅力的な
「Clova WAVE」とは

もちろん
LINEが発売を開始したスマートスピーカーです。

最大の魅力は
何と言ってもLINEが提供するサービスと
連携がとれるところですね。

いちばん魅力的なのは
LINEとLINE MUSICに対応しているところですね。

LINEのヘビーユーザーなら欲しいって
思うかもしれませんね。

LINEは家族といっても
家族一人一人が個別のアカウントで使うSNSです。

ですが
LINEの内容によっては家族にも
知られたくない情報もたくさんあります。

そこで
「Clova WAVE」には
家族専用アカウントを作ることによって
家族間での連絡ができるようになっているそうです。

音楽機能はLINE MUSICに対応しているので
「はやりの曲を再生して」といった具合に
音楽を再生することができます。

また
「この曲は、なに?」といった
感じで曲名を聞くことができます。

さらに
Bluetooth機能があるので
iPhoneやiPadの内蔵メモリー内の
音楽を飛ばして聴くことも可能だとか。

使い方としては
それ以外に天気予報を聞いたり
アラームを設定したり
ウィキペディアで調べものが
できるのも魅力的ですね。

まさに
スマホアプリを音声で利用できるような感じで
日々進化するスピーカーと言うことになるんでしょうか。

そのため
ソフトウェアバージョンアップによって
機能が拡張されていく楽しさもありますね。

また
バッテリー内蔵だそうで
家の中で持ち歩いて使うこともできそうですね(^^♪

スマートスピーカーがスマホの次の時代を支配する?

最近は 
IOTの革新が凄いですね。
(@tenchan18)

中でも 
スマートスピーカーの開発に目を見張るものがあります。

確実にスマートスピーカーがスマホの
次の時代を作るって予感がするのは
私だけでは無いように思います。

どうしてそう思うかって言うと 
スマートフォンが急速に普及したように 
一人一台ではないですが一家に一台スマートスピーカーという
時代がやって来るんじゃないかって思います。

その先進国のアメリカでは 
利用者が急増していることからも分かりますね。

そこで 
将来利用するであろう各メーカー製品を
チェックしようと思います。

この中身は 
大まかに言うとAIアシスタント機能を
搭載したスマートスピーカーですね。

これから 
身近なIoT家電になるかもしれないですね。

そこで 国内に目を向けると

LINEは「Clova WAVE」

Googleは「Google Home」「Google Home Mini」の販売を2017年10月より

Amazonは「Amazon Echo」

ソニーは「LF-S50G」というスマートスピーカーを国内で今年中に発売する予定

Appleの「HomePod」も年内に欧米で発売予定

等々 
日本での発売も近い将来ありそうですね。

このように急速に拡大しているスマートスピーカー市場ですから 
「どの機種を買えば良いのか?」を今から調べるのもとっても楽しみですね。

と言うことで 
現時点の主要なスマートスピーカーのスペックなどを
確認しておこうかって思います(^^)/

クロネコメンバーズなら家族間でポイントをまとめられる「家族おまとめポイント」ってお得かも?

クロネコの有効な利用法として
家族でポイントを貯めるなど
家族間ならではの方法を記載します。
(@tenchan18)

そうすれば
クロネコを家族で利用していることで
ポイントを合算でき貯まりやすく
利用する機会も多くなりますからね。

「家族おまとめポイント」の方法

条件としては
登録住所・名字が同一のご家族同士であることのみだそうです。

それだけで
獲得したクロネコポイントを家族間でまとめることができます。

ポイントのまとめ方

クロネコメンバーズのウェブサイト(パソコンサイト、モバイルサイト、iPhoneアプリ)、
または店頭端末「ネコピット」よりおまとめしたいご家族のクロネコIDと
ポイント数を入力しておまとめればOKです。

ポイントの交換方法

クロネコメンバーズのウェブサイト(パソコンサイト、iPhoneアプリ)、
または店頭端末「ネコピット」より
ご希望の商品との交換や抽選へご応募いただけます。

ちなみに
ポイントの有効期限は獲得した月から
翌年同月の月末まで有効になります。

たとえば
2017年8月に獲得したポイントは
2018年8月末まで有効ってことです。

また
ポイントの有効期限はクロネコメンバーズのウェブサイト
(パソコンサイト、モバイルサイト、iPhoneアプリ)、
または店頭端末「ネコピット」よりご確認できます。

家族に家族宛て荷物の到着を通知してもらう方法

クロネコメンバーズには宅急便などで
荷物が届けられ不在だった際にメールで通知してもらえる
ご不在連絡eメールというサービスがあります。

ご不在連絡eメールのオプション設定によって
この不在連絡のメールを自分だけでなく
家族のみんなにも通知させることが出来ます。

その方法で送信先メールアドレスは2つまで追加することが出来るので
そこに家族のメールアドレスを入れるか
家族宛の荷物の通知を利用するを選べはOKですね。

携帯電話ではPCメールの受信を拒否している人も多いので
メールを受け取るためには事前に
「mail@kuronekoyamato.co.jp」からの
メールを受信出来るようにしておく必要がありますよ。

ということで
クロネコを利用するならクロネコメンバーズに
なることで便利でお得になりますね(^^)/

LINEに「送信取消」機能が追加 12月以降ですが実装 – 誤爆の体験談も募集してますよ(^^)/

LINEって
コミュニケーションツールとして
毎日のように利用しています。
(@tenchan18)

なので
たまにですが内容をよく吟味せずに
間違って送ってしまうこともありますよね。

そんな間違いを書いたまま送信してしまった
センテンスの誤送信を
解消する為に来月から
新しい機能が追加されるようになるそうです。

ある意味 今まで結構楽しかったんですけどね(^^♪

と言うことで
今まであればよいなぁって思っていた「
LINE」で語送信メッセージを
時間限定で取り消すことができる
「送信取消」機能
追加で利用できるようになるそうです。

そんなことで
ユーザーから誤送信の体験談を募集する
「#LINE誤爆 Black FRIDAY」キャンペーンが
昨日から開始されました。

具体的には
メッセージを送信してから24時間以内ならば
送信取消が行えるようになるようです。

さらに 利用者の反応を見て更新・調整していくようです。

LINEにこの送信取り消し機能が追加されると
今まで送信した後でも書き直して送れるので
笑い話になるような誤解も無くなるので
待っていた機能ではありますよね。

そんな笑い話もあった方が
良い話題になってコミュニケーションも
深まるかもしれませんが。

ちなみに
11月16日~24日までの期間限定で実施される
「#LINE誤爆 Black FRIDAY」キャンペーンでは
LINEを誤送信した体験談 (黒歴史)を募集しているようです。

応募方法は
LINE TimelineとTwitter上で行えるようですが
スクリーンキャプチャまたはテキストにハッシュタグ
「#LINE誤爆」をつけて投稿しても可能だそうです。

 

選考方法は
24時間限定ではありますがリzツイート投票により
「Best of #LINE誤爆」を決定され
特製サプライズ ブラックボックスがプレゼントされます。

さらに
優秀作品に選ばれたユーザーには
LINE ポイント10,000ポイントが進呈されるとか(^^♪