カテゴリー別アーカイブ: IOT

FMトランスミッターってなに? その正しい使い方とは? その2

今では、スマホや音楽プレーヤーで好きな音楽を聴く人も多い
のではないでしょうか。
(@tenchan18)

では
車の中で車載のオーディオを利用して
聴くためにはどうすれば良いのか。

調べて見ると 
そのためにはFMトランスミッターを
使用する必要があるんだとか。

と言うことで 
FMトランスミッターの正しい使い方について。

使い方は

ここでは
有線とBluetoothでの接続方法を
それぞれご説明します。

有線FMトランスミッターの場合

1.シガーソケットにFMトランスミッターを
差し込みます(Bluetoothと共通)。

2.イヤホンジャックにケーブルを
差し込みます。

3.FMトランスミッターの周波数
(チャンネル)を決定します。

4.車のFMラジオのチャンネルを
合わせます。

そして 音楽をつけるだけです。

Bluetooth FMトランスミッターの場合

1.シガーソケットにFMトランスミッターを
差し込みます。

2.スマホ/iphone/ipodなどの機器の設定から 
BluetoothをONにします。

3.機器同士のペアリングをします。

4.接続が完了したら 
接続した機器とFMの周波数を合わせます。

後は音楽を流すだけなのです。

有線もbluetoothの場合も 
特に難しい操作は必要ないんですね。

ポイントは FMトランスミッターの取扱説明書を確認して 
FM送信する周波数をメモしてFMラジオの周波数を
合わせることですね。

とっても簡単に設定もできそうなので 
気になっている人は是非お試ししてみましょう(^_-)-☆

FMトランスミッターランキング

FMトランスミッターってなに? その利用法と使い方とは? その1

先日 Amazonのタイムセールの通知が届いたので 
見ていたらFMトランスミッターのセールがありました。
(@tenchan18)

割引率が高かったので 
何の為に利用するのか
気になったので調べて見ることにしました。

ところで 
FMトランスミッターを知っていますか?

車の中で音楽を聴くためには
欠かせないアイテムなんだそうです。

その辺りについては 
とっても無頓着なので 
今まで考えたことがなかったんですが。

これを機会にFMトランスミッターの使い方から
ノイズの原因等々について調べて見ることにしました。

そして
正しく音質を上げる方法を
知っておこうって思います。

FMトランスミッターって言うのは?

FMトランスミッターとは 
スマホ等の機器内の音楽を車のカーステレオで
聴くことができるアイテムのことだそうです。

使い方ですが 
とっても簡単で携帯型デジタル音楽プレイヤーや
ウォークマン、スマートフォンとFMトランスミッターを
接続してFM波を出します。

そのFM波を 
車のFMカーステレオ機能を利用して
受信して音楽が流せるそうです。

商品価格は 
大体1,000円~2,000円で買えるものが多いようですね。

イヤホンジャックからミニプラグケーブルで
接続するタイプが多く販売されていましたが 
近年はBluetoothの無線式で接続するタイプ
のFMトランスミッターも増えてますね。

USBメモリ対応のFMトランスミッターの利用法とは・・・

今では 
FMトランスミッターには 
SDHCやSDメモリーカード、
USBメモリ対応の商品もあります。

無線式やウォークマンなどの
音楽プレイヤーなどを用意する必要もないし 
充電を気にする必要がないのが一番のメリットですよね。

調べた中で 
FMトランスミッターにはこれがって言う 
おススメがいくつかありましたので 
それに絡ませて考えてみます。

ポイントは 
車の中で音楽を楽しむには 
FMトランスミッターを利用する際 
Bluetoothでノイズの少ない
高音質モデルを選ぶことだとか。

車用 FMトランスミッター
Foneso bluetooth3.0 二つUSB充電ポート 高音質通話ハンズフリー 電圧LEDディスプレイFM transmitter ラジオ機能

AMAZONアレクサアプリの利用法を考えてみる その5

現状では 恩恵を受けることができないサービスですが
これから利用できるようになると期待されるサービスを
いくつか記載しようと思います。
(@tenchan18)

まずは 
動画サービス Fire TVとの連携させると
とっても便利そうですよね(^^♪

プライムビデオは 
まだ日本版Echoに対応していないのが残念ですが・・・

英語版では 
Amazonの動画ストリーミング再生機器「Fire TV」と
連携して動画の音声コントロールが可能です。

Fire TVと連携すれば 
Prime Video等の再生や動画操作が可能になるようです。

たとえば 
「ウォーキングデッドの続き再生して」など 
気軽な一言でドラマなどを見ている続きから
再生可能なのが便利ですね。

Fire TVではHuluや、Netflix、Youtube等
もサポートしていますが 
これらのボイス操作は
現状サポートされていません。

そのため動画検索等が少し手間になりますが 
仮想キーボード入力中の音声入力は
サポートされているようです。

他社のGoogle HomeがNetflixの音声操作に対応しているので 
徐々に正式サポートされるかと思います。

また 
Fire TVではアプリの追加も対応しているので 
それらの起動等も可能です。

以下が具体的に音声操作でできることです。

また
Amazonでは 
本の読み上げ(朗読)サービス「Audible(オーディブル)」
もあるそうです。

Echoでは
Audibleの本の読み上げが
可能になるようです。

Audibleでは
本を朗読家が読み上げているため
非常に聞き取りやすく
快適な耳での読書が
可能なサービスだそうです。

これから
他にもいろいろなスキルが
日本語でも発展しそうですから実現したときには
また 追記していきたいと思います(^^)/

AMAZONアレクサアプリの利用法を考えてみる その4

赤外線リモコン機器と連携して
amazon echoを利用する方法

(@tenchan18)

Amazon Echoからは
Wifi接続されたAlexaに対応した
家電の操作が可能となります。

このスマートホーム対応機器は
「Wifi機能がついたもの」が基本となります。

とは言っても
日本では赤外線リモコンで操作する家電
がほとんどでなんすよね。

テレビ、エアコン、照明・・
などもそうですね。

そこで
そういった赤外線リモコン機器も操作可能にする
「スマートリモコン機器」
もあるんです。

たとえば
以下のような製品です。

ラトックシステム スマート家電コントローラ スマホで
家電をコントロール
外出先からいつでも自宅の家電製品を
遠隔操作できる機能です。

【AmazonAlexa対応製品】

RS-WFIREX3

こういった製品を利用すると
Amazon Echoを介してテレビ・エアコン・照明
などの赤外線リモコン機器操作も可能となって
より便利なスマートホーム化が可能となるそうで
以下のような操作が可能になります。

Amazonアレクサアプリの利用法を考えてみる その3

その他に
どんなことができるのか?
(@tenchan18)

例えば
料理レシピを探すとか?タクシーを呼ぶとか?
ヨガも教えてくれますね。

様々なことが、スマホやPCを手にとることなく
気軽に手軽に行うことが可能なのですね。

試してみたい一覧リスト

スキル数は かなりたくさんあるので
その中から試してみたいものだけを
まとめた見たいと思います。

このスキルだけでも役立つ、
便利・楽しめると思っていただければ幸いです。

ちなみに
各スキルの基本的な使い方は
そんなに難しくはなさそうです。

まず
Alexaアプリの「スキル」セクションで
対象の「スキルを有効にする」を選択しておきます。

「Alexa、(スキル名)を開いて」などとお願いします。

また
スキルが対応していれば
「(スキル名で)(機能内容)して」といったことも可能です。

詳細な利用法については
公式ヘルプを参照してください。

一般のニュース

ニュースに関するスキルを利用するには
「アレクサ、ニュース教えて」と話しかければ
有効にしたニュースすべてを読み上げる
「フラッシュニュース形式」で利用できます。

フラッシュニュース形式で提供されているスキルは
単独での起動はされません。

ニュースリストとして聞くこととなります。

Amazonアレクサアプリの利用法を考えてみる その2

今日はアレクサを利用して
まずは勉強をする方法について記載します。
(@tenchan18)

まずは
英語の勉強をする方法です。

様々な英語学習コンテンツが
用意されているそうです。

あまりに気軽に勉強できてしまうので
拍子抜けしちゃうとか(^_-)-☆

たとえば
リズムに合わせた英単語の記憶する利用法や
TOEIC形式のリスニング問題などもあるそうです。

英語だと
特に難しいのがリスニングですよね。

この音声を扱うって言う点では
AIスピーカーにはとっても向いた
良いコンテンツって言えますよね。

スマホの位置を知らせる機能の利用法

スマホの音を鳴らして
スマホの位置を知らせることができるんです。

たまに起こすんですよね。

出掛ける時になって
どこに置いたか忘れてしまって
家電で電話して探すことが
そんな時に朝急いでいるときでも
これを利用すれば便利ですね。

ただし
専用アプリをスマホに入れる必要があって
アプリ名を言わないと使えないのが
ちょっとだけ面倒かもしれませんが。

カラオケとしての利用法

カラオケJOYSOUNDスキルがあるので
それを利用してカラオケとして使います。

対応楽曲は300曲ほどですけど
最近のカラオケ人気曲が対応しているそうです
(たとえば 星野源「恋」など)。

カラオケの際には
Alexaスキルの入ったスマホがあると
歌詞表示もされるので
しっかりと勉強?できそうですますよ( ´艸`)

Amazonアレクサアプリの利用法を考えてみる その1

スマートスピーカーを利用するには 
スキル開発を基盤にして開発しているので 
これを利用するのが手っ取り早く最良ですね。
(@tenchan18)

というのは 
もう既にしっかりと整備されているからなんです。

つまり 
海外ではスマホでアプリが多く開発されできるからで 
爆発的に利用者が多くなったのはAmazon Echo(Alexa)
のスキルによってできることで 
格段に広がっているんですね。

日本では 
すでに発売時点で250個以上のスキルが利用可能で 
英語版なら既に2万個以上のものが
利用可能となっています。

この拡張機能数は 
他社AIスピーカーと比較しても
ダントツに多いのがAmazon Echoの
大きな強みの1つです。

そこで 
私の利用しそうなスキルでできることについて
調べて見ようって思います。

銀行残高・入出金を確認する方法

お使いの銀行スキルで 
銀行の残高や直近の入出金明細の
確認が可能です。

WEBサービスにログインって意外と面倒ですし 
ATM等に行く必要もなくけっこう便利です。

確認するには 
基本PINコード(4桁の数字)を伝える形で
簡単なセキュリティ対策がされています。

三菱東京UFJ銀行、みずほ銀行、三井住友銀行、
住信SBIネット銀行などでは利用できます。

これは 
LINEでも利用可能な機能の
応用見たいですね(^^♪

アレクサアプリ(Amazon Alexa)の設定を もっと知ろう その3

ルーチンの設定方法について
記載しようって思います。
(@tenchan18)

ちなみに
ルーチンって言うのは
お気に入りのコマンドを組み合わせて1つのコマンドを作成したり
定期的に実行するコマンドを設定することが出来るんですね。

それに
ルーチンでは 既に登録されているメニューをタップして
コマンドから実行することもできます。

また
ルーチンの編集方法は 長くタップすることです。

ルーチンの実行と編集について

ルーチンの追加

ルーチンは
「きっかけ」と「動作」を登録すると
きっかけに基づいて複数の動作が実行されます。

 

設定方法は以下です。

(1)ルーチンを追加するには
ルーチンメニュー右上の+ボタンをタップします。

(2)「きっかけ」を設定します。

「きっかけ」をタップして
「音声コマンド」もしくは
「スケジュール」を設定します。

ちなみに
ルーチンのきっかけを登録するには

音声コマンドとは
話しかけるキーワードを設定すれば
そのワードが実行されますし
スケジュールを選択すれば
時間を指定して実行することが可能になります。

(3)次に動作を設定します。

ルーチンの動作を追加を設定して
ニュース・天気・スマートホームが実行されます。

ちなみに
ニュースはフラッシュニュースが再生されます。

ただし
個別のニュースソースの指定は
今のところは不可だそうです。

そして
天気予報が再生されます。

(4)最後に 作成をタップされれば完成されます(^_-)-☆

アレクサアプリ(Amazon Alexa)の設定を もっと知ろう その2

アレクサアプリには
リストの登録・削除
設定があります。
(@tenchan18)

この設定で何をするのかって言うと

リストでお買い物リスト・やることリストの内容を
確認することが出来るんです。

ただし
Echoからはリストの項目の削除は
できません。

このリストメニューで追加した
項目を削除します。

この機能って
iphoneのリマインダー機能と
同じ要領ですね。

Alexaアプリのリストの使い方としては

リマインダー&アラームの設定ができます。

ここでは
Amazon Echoのリマインダーや、アラーム、タイマーの設定を
追加したり削除したりすることができます。

また
アラーム音やタイマーの音量もここで変更可能です。

まだ
amazon echoを持っていないので
その方法だけ調べておきます。

Alexaアプリでアラームの設定を変更する手順は・・・

「アラームの音量とサウンドを変更」から
「アレクサ(ウェイクワード)」を呼びかけて
アレクサが反応したときに音を出すかどうかを設定できます。

面白いのは
アレクサの色を確認することができるので
ぜひ設定しておきたいですね。

本当に
購入して試してみたいことが
たくさんありますね(^^)/

Google Home との違いは 現状では『スキル』の多さかな?! その2

Alexaの『スキル』って
かなり多いみたいで
どんなことができるのかって
とっても愉しみですよね。
(@tenchan18)

ただし
「Alexa,YouTubeをかけて」というと
amazonで関連書籍を一発で注文されるって言うのは・・・ですが。

試しに「Alexa、YouTubeかけて」って話すと
YouTubeの書籍が紹介されるようです

そして 「注文しますか?」と聞かれて「はい!」と答えると
amazonにオーダーされていたので
すぐにキャンセルしたそうです。

凄いもんですが
このショッピングの注文機能をオフにしておかないと
使い方を知らない人が間違ってなんでも「はい!」というだけで
注文されてしまう恐れがありますよね。

この辺りは
Amazonでも改善してほしいところですね。

AmazonがAIスピーカーでもたらすサービス

EchoDotを使い始めて一日もたたない人でも
AIスピーカーによる利用にはとても便利に
感じるようにできてるなぁって実感しているようです。

スマートフォンを利用しなくても
ハンズフリーで使いこなせるからですね。

ニュースから銀行口座の残高なども知ることができるし
第三者が提供してくれる『スキル』を利用すると
色々なことができそうでワクワクしますね。

もちろん
IoT家電の音声コントロールも
将来的にはかなり使えそうです。

つまり
今までAmazonが販売していなかった
サービス分野の販売・サービスが
利用可能になるってことですね。

さらに
どのタイミングで何をオーダーしたのかも
AI学習するので
事前に教えてくれるように
なるかもしれないですね。

また
Echo Dotは外部のBluetoothスピーカーなどにも
ペアリングすることができるので
音楽主体に利用する時も外部スピーカーを
Blouetooth搭載スピーカーに接続すれば
好みの音を選択することができそうです。

また
ミニジャックもあるので
ヘッドフォンも直接使えますね(^^)/

なんかすごい世界が
身近に近づいている感じですね!