「Google」カテゴリーアーカイブ

スマートスピーカーを車に置いたら便利なのか 「Amazon Echo Dot」の場合 その4

車内での設置場所って
ダッシュボードあたりが使いやすそうですよね。
(@tenchan18)

この位置であれば
運転中にEcho Dotの天板が目視できるので
音声によるコントロールができるし
もしかしたら 停車中の操作も可能ですから
場所的には良いって思います。

それに
ウェイクワード(スマートスピーカーを使うときに呼び掛ける言葉)を
きちんと認識できたかも目視で確認できますからね。

ちなみに
ユーザー補助機能でリクエストの開始音を「オン」にすると
ウェイクワードを認識したときに音を鳴らせても
走行中の車内は騒々しいので
音だけでは確認しづらい状況もありそうです。

サウンドの設定でリクエスト開始時・終了時に
音で通知されるようにしておくのは基本ですが・・・

ダッシュボードなどに垂直に貼り付ける場合ですが
ちょっと気をつけたいのがケーブルのコネクターが
向かって下に来るレイアウトにすると
上ボタンが音量「DOWN」になり下ボタンが音量「UP」
という配置になってしまうので
感覚的には通常とは逆の位置関係になってしまいますね。

通常の感覚では
本体正面が下(または手前)を向く配置にした方が
音量調節時に間違いは少なくなるって思います。

ダッシュボードの上に置く場合も
音量ボタンの配置にはやや違和感があるかもしれないです。

ただし
この設置の問題さえクリアできれば
Google Home Miniと違って物理ボタンを採用しているので
とっさの場合でも操作はしやすい
(走行中の機器の操作はNGですよね。)。

両側面をタップして
音量を調整するので
目視していても誤操作しやすいGoogle Home Miniに比べると
間違った操作は減るんじゃないんじゃないかと思います。

それに
メカニック調の素材感が車の内装に
ピッタリ感がありますね(^^♪

Google Home Miniだと
ファブリック調なので
車内の内装とは違和感があります。

逆に
宅内ではGoogle Home Miniの方が
良いかもしれないかも・・・

以上は
私の私見ですので あしからず(^^)/

スマートスピーカーを車に置いたら便利なのか 「Amazon Echo Dot」の場合 その2

Alexaアプリを使えば
スマホをWi-Fiホットスポットに設定すれば
Echo Dotを接続できる
(@tenchan18)

こういった設定は
一度行えばあまりアプリの方を使う機会はないかもしれませんけど
ちょっとしたカスタマイズができますから
一度使ってみましょう。

そこで
その設定方法を載せておきます。

端末の設定

設定メニューから管理したい端末を選択します。

新しい端末を登録するには、
新しいデバイスをセットアップを選択します。

ただし
一部の設定はお使いの端末で
利用できない場合があるようです。

具体的に手順を説明します。

 

 

まずは
Alexaアプリのダウンロードと
インストールします。

iPhoneの場合
App StoreからAmazon Alexaで
検索してインストールします。

App Store上のAmazon Alexaアプリ

アプリを利用しない場合は
専用ホームページのhttps://alexa.amazon.com/に
アクセスするようです。

 

続いて アプリの準備を行います

アプリがインストールできたら起動すると
Amazonのアカウントを使って
ログインを促す画面が出てきます。

ログイン画面とセットアップへの導入画面 ですね。

ここでは
通常利用しているAmazonアカウントを
利用してログインします。

無事にログインが終わると
セットアップ導入画面へと進んで行きます。

次に 自分が誰なのかを選択する画面が出てきます。

ここで
Amazonのアカウントに紐づいているあなたの名前が出てきたら選択します。

次の画面では
Alexaがコンタクト情報にアクセスすることを許可するか
Alexaがあなたにメッセージ等を受信した際に
通知を送ることを許可するかを質問されます。

この時点で
許可してもしなくても後で設定できるので
通常の使用には特に問題ないです。

Amazon Echoデバイス間での通話などを
行うことを想定していれば
許可したほうが良いって思います。

スマートスピーカーを車に置いたら便利なのか 「Amazon Echo Dot」の場合 その1

スマートスピーカーを車の中に持ち込んで使うことができたら
便利だって思いませんか?
(@tenchan18)

そうすれば
ハンズフリーであれこれ操作できますからね。

と言うことで
そんな利用法ができるのか
いつものように情報を収集してみました。

あるサイトに
Amazonの「Echo Dot」の試用結果が
載っていたので
その内容についてまとめたいと思います。

「Google Home Mini」も良いそうですが
Wi-Fiの設定をクリアするが
難しいので実用的ではないそうです。

これも
時間が経てば改善されるかもしれませんが・・・

と言うことで
Amazonの「Echo Dot」の車内利用法について

天板のデザインはどことなくメーターに
似てますよね。

なので
車載するのにぴったりな印象ですよね。

 

と言うことで
「Echo Dot」を車で使うには何が必要?
かを調べて見ます。

Echo Dotを車で利用する際には
Google Home Miniと同じなんですが
まず「電源」と「インターネットへの接続手段」を
確保する必要があります。

電源については
Echo Dotの場合 Micro USBでの給電によって駆動しますから
シガーチャージャーもしくはモバイルバッテリーと
USBケーブルでつなげば問題ないそうです。

ただし
シガーチャージャーを利用すると
停止時の電源断が発生する場合があるので注意が必要です。

続いて
インターネットへの接続はモバイルルーターもしくは
スマートフォンなどでのテザリング接続を行います。

Echo Dotが対応しているAmazonの音声アシスタント
「Alexa」のアプリを利用すると
自らがインストールされているスマホをWi-Fiホットスポット
として利用するための機能があるので
1台のスマホだけでWi-Fiの設定変更から
テザリングの実行まで行えます。

なので
1台のスマホでは設定が困難だったGoogle Home Miniの設定
の難解さとは対照的ですね。

また
Echo Dot(というよりもAlexaアプリ)は
いったん接続したWi-Fiのパスワードを記録しているので
車内での利用を終えて自宅に持ち帰り電源をつなげば
特に何もしなくても簡単に自宅のネットワークに
再接続してくれるんです。

と言うことは
ドライブのときだけ持ち出して
普段は自宅で使うっていう利用法も可能なので
より現実的な使い方に向いているようですね(^_-)-☆

Google Homeから bluetoothを利用して音楽を鑑賞する具体的な方法

ケイオプティコムさんのサポートページに
詳細な設定方法が載っていたので
コチラを利用して具体的に説明します。
(@tenchan18)

ケイオプティコム サポートサイト

まずは
Google Homeアプリを開いてデバイスの画面で
「…」マークをクリックして「設定」をタップします。

 

「ペア設定されたBluetoothデバイス」を開きます。

 

右下の「ペア設定モードを有効にする」を
タップして有効化します。

「準備完了」と表示されたら
設定終了です。

後は
通常のBluetooth機器の設定と同じで
スマホもしくはタブレットの設定画面から
ペアリングを行えば完了ですね。

iPhoneの「ミュージック」では
出力先の選択肢にGoogle Homeが表示されますから
それを指定すれば音声が出力されます。

アプリによってはBluetooth接続をしていなくても
同一ネットワーク内にあるGoogle Homeに
キャストできるようです。

ちなみに
PCからもBluetoothスピーカーとして
接続できます。

音楽再生を中心とした用途なら
他の選択肢もありです。

そんな感じで
スマートスピーカーを普通のBluetoothスピーカー
として使う方法としては
製品をうまく使いこなせなかったときでも
転用方法としておすすめだと思います。

なので
Bluetoothスピーカーとして購入して
うまく音声アシスタントも使いこなせれば
ラッキーって感じで導入するくらいの気持で導入すれば
新しい製品であっても試しやすいですね。

bluetoothを利用して
音楽をメインで利用するなら
Google Homeではなくソニーの「LF-S50G」や
オンキヨーの「G3」など
Googleアシスタント内蔵スピーカーを
選ぶという手も考えられますね。

まだ
お試しした方の情報がないですが
たぶん音楽鑑賞用のスピーカーとしては
こちらの方が明らかに仕様が
ワンランク的に上ですからね。

後は
Google Homeに比べて
価格が約1万円プラスという点を
どう見るかでしょうね。

それ以外では
先日記載した「Amazon Echo」ファミリーなら
プライム会員になって音楽聞き放題って言う選択肢もあるだろうし
日本での発売日が発表されていないAppleの
「HomePod」なども恐らく同様の使い方ができるはずなので
選択肢としては色々考えられますね(^_-)-☆

はじめてのスマートスピーカーの利用法って どんなことから始めると良いのか?その1

スマートスピーカーを購入した時に 
自分がスマートスピーカーを使いこなせるか
っていうのが懸念材料ですね。
(@tenchan18)

そこで 
自分の生活にスマートスピーカーが本当に必要か否かって言うと 
現状ではNOって言う人が多いかと言います。

ただ 
これからの生活には必要不可欠なものになる可能性って高いので 
今からそんな新しいジャンルの製品に
慣れておくことも必要かなぁって思いますね。

そこで 
どんな人にも取り組みやすい使い方を
まず考えてみたいと思います。

おすすめの使い方としては 
外付けのBluetoothスピーカーとしての
利用法だと思います。

ほとんどのスマートスピーカーは 
Bluetooth接続に対応しているので 
PCやスマートフォン、タブレットの
外部スピーカーとして利用できますよね。

とは言っても 
オーディオマニアの方々にすれば物足りないって言う
レベルの音質かもしれませんが 
普段はデバイス内蔵のスピーカーで音楽を
聴いているような人であれば 
十分なクオリティーじゃないでしょうか。

購入したけど 
どうやってい利用したら良いかって迷っている方には 
その辺りの使い方から取り組み始めるのが良いかと思います。

 

Google Home の外部スピーカーとしての利用法

通常のBluetoothスピーカーとして利用可能です。

Bluetoothスピーカーとして使う場合の設定方法としては

「Google Home」の場合 
Bluetoothは最初はオンになっていないそうです。

なので 
設定をしないとスマホやタブレットの
Bluetoothデバイス一覧に表示されません。

そこで 
まずはアプリから設定する必要があります。

Google Homeアプリを起動して 
デバイスとしてGoogle Homeを選択します。

「設定」→「ペア設定されたBluetoothデバイス」を開いて 
「ペア設定モードを有効にする」をタップして
有効化するだけです。

その後 
スマホやタブレットのBluetoothの設定画面を立ち上げて 
Wi-Fi を変更するデバイスカードの一覧の中に
表示されている「Google Home」という名前をタップすれば 
ペアリングが完了して利用できるようになります(^_-)-☆

スマートスピーカーを選ぶために Amazonのエコーについて調べて見ました その5

Amazonエコーには
もう一つ便利でお得な利用法があります。
(@tenchan18)

それは
Amazonプライム会員ならではの
利用法があるんです。

もしプライム会員になっていれば
100万曲の楽曲が聞き放題となる
「プライムミュージック」を
無料で利用できるんです。

エコーがあれば
曲を指定することはできなくても
再生は可能なんですね。

例えば

「70年代のロックが聞きたい」と声を掛ければ
該当するプレイリストからランダムに
曲を再生してくれるとか。

または
「ドリームズ・カム・トゥルーが聞きたい」と
話しかければドリカムの曲を
ランダムに再生してくれるそうです。

Amazonプライム 無料体験!

洋楽については結構充実しているので
70年代なら エリック・クラプトン、ディープ・パープル、クイーンなど
80年代なら ワム!、ホール&オーツ、カルチャークラブ、マドンナなどの
著名なアーティストの曲は一通り含まれているそうです。

ただ
スティービー・ワンダーやマーヴィン・ゲイといった
ソウル系のアーティストがポップスに分類されているので
音楽好きには少し物足りない内容かもしれません。

ですが
ジャズのラインナップはとっても充実していますので
著名な曲やアーティストでリストに含まれていない
ケースはほとんどないそうです。

とはいっても
邦楽についてもそれなりのアーティストは
揃っていても洋楽と比較すると
十分とはいえないですね。

ドリームズ・カム・トゥルーや槇原敬之などは
一通りの曲が含まれていても
サザンオールスターズは
聞くことができないんです。

その辺りの邦楽も
充実してくると嬉しんですね(^_-)-☆

スマートスピーカーを選ぶために Amazonのエコーについて調べて見ました その4

音楽については
アマゾンのサービスがリーズナブルな理由?

(@tenchan18)

プライム会員ならば 
100万曲の楽曲が聞き放題となる
「プライムミュージック」を無料で利用できます。

Amazonプライム無料体験をする!

なので 
曲を指定することはできなくても
エコーからの再生が可能なんですね。

例えば

「70年代のロックが聞きたい」と声を掛ければ 
該当するプレイリストから
ランダムに曲を再生してくれるとか。

または 
「ドリームズ・カム・トゥルーが聞きたい」と
話しかければドリカムの曲をランダムに
再生してくれるそうです。

洋楽については結構充実しているので 
70年代なら エリック・クラプトン、ディープ・パープル、クイーンなど
80年代なら ワム!、ホール&オーツ、カルチャークラブ、マドンナなど
の著名なアーティストの曲は一通り含まれているそうです。

ただ 
スティービー・ワンダーやマーヴィン・ゲイといった
ソウル系のアーティストがポップスに分類されているので 
音楽好きには少し物足りない内容かもしれません。

また 
ジャズのラインナップはかなり充実しているので 
著名な曲やアーティストでリストに含まれていない
ケースはほとんどないそうです。

それに対して 
邦楽についてもそれなりのアーティストが揃っていても 
洋楽と比較すると十分とはいえないとか。

ドリームズ・カム・トゥルーや槇原敬之などは
一通りの曲が含まれていても 
サザンオールスターズは
聞くことができなかったそうです。

Amazonエコーの特徴は 
エコーの最大の特徴は
やはりショッピングができることですね。

なので 
Amazonの利用が日常的に多くて 
プライム会員になっているなら
エコーを買った方がよいでしょ
う。

それに対して 
情報収集など知的活動に使いたいという方には 
グーグルホームの方が合っているかも
しれないですね(^_-)-☆

ただし 
家電制御については対応製品が少ないので 
どっちもどっち状態ですね。

スマートスピーカーを選ぶために Amazonのエコーについて調べて見ました その3

カレンダー機能は エコーとGoogleHomeのとちらが使いやすい?

カレンダー機能について比較してみました。
(@tenchan18)

アマゾンはカレンダーのサービスを提供していないので
グーグルカレンダーを利用した場合について。

使ってみるとエコーは複数の予定があった場合
最初の4件を読み上げて
「残りの予定もお知らせしましょうか?」
と尋ねてくれるとか。

でも
グーグルホームは3件の予定しか
読み上げてくれないそうです。

ただし
エコーの場合
「来週の予定は?」と聞くと
「現在、そのような質問には対応していません」
と応答されるそうです。

グーグルの場合
「カレンダーに予定が○件入っています」
と返してくるので
認識力や柔軟性は高いですね。

この状態を見ると
確かに 現状では
エコーは日本語の認識率が
グーグルホームより低い感じですね。

でも
エコードットを利用している時に
音楽がかかっている状態で話しかけると
認識できないケースが多いそうです。

とは言っても IOTですから
普及が進むにつれて改善される可能性が高いので
時機に使い勝手が良くなるんじゃないんでしょうか(^^♪

ただ
現時点においては
グーグルホームの方が
ストレスは少ない感じですね。

また
英語版では一般的にエコーの方が
優れているとの評価が多いようです。

最大の強み「ショッピング機能」について

先ほども記載しましたが
エコーの売りの一つであるショッピングについて

アマゾンのプライム会員の場合
エコーを通じて声だけで商品を
注文することができるとか。

使い方はとっても簡単で
エコーに対して「○○(商品名)を
注文して」と話しかけるだけだそうです。

商品があれば
「○○が見つかりました。
合計1250円です。
購入しますか?」といった流れで
すぐに注文確認されるようです。

ただし
注意したいポイントがあります。

確認コードの取り扱いです。

あらかじめアプリから4ケタの
確認コードを登録しておけば
エコーは「確認コードを言ってください」
と話しかけてくれるそうで。

このコードを言わなければ
注文が執行されることはありません。

つまり
確認コードを登録していないと
すぐに注文されてしまうそうです。

と言うことは
子供が知らない間に商品を注文し
気付かずに買い物をしてしまうこともあるので
必ず確認コードは設定しておいた方が良いですね(^^♪

スマートスピーカーを選ぶために Amazonのエコーについて調べて見ました その2

設定方法について
(@tenchan18)

セットアップの方法は
グーグルホームとほぼ同じだそうです。

スマホなどにインストールした
「Alexa」というアプリをから行います。

まず
エコーをルーターとするWi-Fiに接続して
そのあとで自宅内のWi-Fiに再接続します。

その際
自宅Wi-Fiのパスワードを
事前に調べておきます。

Wi-Fiに接続すると
すぐに使えるようになるのは
グーグルホームと同じですね。

グーグルホームを利用する時は
「OKグーグル」と話しかけた時に反応しますが

エコーの場合には、
アマゾンのAIの名称である「アレクサ」と
話しかけると反応します。

簡単に動作するんですけど
逆に「OK」って言わない分
厄介な点があるんです。

それは
会話の中で「アレクサ」という
キーワードが出てくると
勝手に反応してしまうからなんですね(^-^;

各社の特徴から見た
AIスピーカーの特徴があるんですね。

たとえば
グーグルって検索エンジンがメインですから
どちらかというと情報提供がメインなので現時点ではショッピングには対応していません。

それに対して
アマゾンはネット通販の会社ですから
最大の特徴はやはりショッピングって
言うことになるかもしれないですね。

この辺りも
その人によって使い方が変わるので
選び方もそれに合わせて変えた方が
良いでしょうね。

日本語力は発展途上

例えば
グーグルホームもエコーも
天気を教えてくれるますよね。

「今の気温は?」と聞くと
グーグルホームは「○○区の気温は12度です」
と答えます。

でも
エコーの場合は
気温の情報を含んだ天気情報を
すべて読み上げるようです。

チョット
煩わしいって感じることも
あるかもしれませんね。

為替は
どちらも読み上げてくれますが
日経平均株価はグーグルホームだけが
対応しているそうです。

ラジオについては
どちらもNHKラジオなどが流れてくるので
ほぼ同じだそうですね(^^♪

スマートスピーカーを選ぶために Amazonのエコーについて調べて見ました その1

AI(人工知能)スピーカーとしては
現状では世界でもっとも普及していると
言われているのがアマゾンの「エコー」ですね。

このAIスピーカーが
いよいよ日本でも発売開始となりました。

グーグルやLINEは
もうの国内で販売を始めていて
アマゾンも日本では後発ながら販売を始めましたが
招待による購入ってことで
なかなか普及してないような感じです。

そこで
ネットの情報からアマゾンのエコーについて
調べたことをまとめて見ます。

Amazonのエコーには
3つのモデルがあります。

標準型の「エコー」、小型版の「エコードット」、
そして高機能版の「エコープラス」があります。

価格は各々1万1980円、5980円、1万7980円
(すべて税込み)ですね。

ちなみに
エコードットとGoogleHomeMINIとは
同等な価格帯ですね。

また
エコーとエコードットは
基本的な機能は同じですね。

違うところは
本体の大きさだけのようです。

エコープラスは
家電を制御するためのハブ機能が内蔵されていて
ジグビーと呼ばれる規格に対応した家電製品であれば
直接エコーでコントロールできるそうです。

エコーやエコードットでも
制御用のハブを購入すれば対応可能だそうですが
ジグビー規格に対応した家電を購入する予定があるのなら
プラスを購入した方が経済的でしょうね。

「GoogleHome」の特徴について

エコードットって直径が約8.4センチ、
高さが3.2センチの薄い円筒形です。

一方
エコーは直径が約8.8センチ、
高さが14.8センチの円筒形となっている。

エコーの方が
本体が大きいので大型のスピーカーが入っていて
エコードットよりも音がよいそうです。

ですが
エコー各製品には3.5mmのオーディオ出力端子がついているので
外部スピーカーも利用できるようです。

また
ブルートゥースも搭載しているので
対応したオーディオに音声を送ることも可能です。

室内で
BGMとして利用するなら
外部スピーカーを利用すればよいでしょうね。

この辺りも
GoogleHomeと似たような関係ですね(^^♪