「Apple」カテゴリーアーカイブ

照明以外にもある スマートスピーカーの利用法もたくさんある?

照明の他には
エアコンのオン/オフや温度調整、加湿器のオン/オフ、ロボット掃除機の
操作などにも Google Homeを活用していて すべて声で操作しているそうです。

考えた見れば
電車に乗る時は殆どの人がSuicaを
利用するようになっています。

なんといっても
定期のように“切符を買う”という行動をしなくても
本来の目的である“電車に乗る”という行為が
スムーズにできるようになったからだと思います。

同じように
エアコンを操作するときも目的は
リモコンを触ることではなくオン/オフや
温度調整ができることです。

これまでは
誰かに“エアコンをつけて”って頼んでいたのを
“誰か”がGoogle Homeに交代してやってくれている
ことになるのでしょうね(^_-)-☆

ロボット掃除機の場合は
とんでもないところへ行った時に
「止まって」と言ってストップさせることが
できるそうです。

まるで
ペットのわんちゃんに「待て」と
言っているような気分になるみたいです。

こんな使い方になるので
Google Homeが家庭にあると
まるで家族が増えたように感じるのもわかりますね(^^♪

家電以外では
文字入力のストレスから解放されることが
便利に感じるようです。

Google Homeが家電と連携できるのは
それに対応する家電があってこそになります。

そう言ったポイントから考えると
スマホでの文字入力をしなくて済むことも
メリットに感じるんだそうです。

たとえば
スマホやタブレットで表示した対応コンテンツを
Wi-Fiを介してテレビに表示できるデバイス
「Chromecast」の利用法です。

これをテレビに接続してGoogle Homeと連携すると
「OK Google、かわいい猫の動画を見せて」と話すだけで
YouTubeで“かわいい猫の動画”を検索すれば
テレビで再生してくれるのです。

Google Homeは「YouTube」や「Netflix」などの
動画の検索や早送りなどの音声操作に対応しているそうです。

どう考えても
話しかけるだけでいいというのは圧倒的に楽ですよね。

“書く”とか”操作”という動作に比べると
“話す”のは 動作単位が少ないですからね。

もちろん
スマホのように文字入力の場合
ある程度学習しないといけませんけど
音声入力なら文字入力ができなくてもいいんですから
高齢者でも使えそうですね(^_-)-☆

FireSticTVでAndroid端末でミラーリングしてスマホやタブレットの画面をTVに映せる?

Android端末でミラーリングする方法
(@tenchan18)

Fire TVシリーズではAndroidの対応機種が
簡単にミラーリングできます。

Fire TV Stickのリモコンのホームボタン長押しから
ミラーリングを選択して Android端末からも
ミラーリングの設定をするだけでOKです。

Android端末のミラーリング方法は端末ごとに違いますので
設定や接続からミラーリング、マルチスクリーン
といった項目を探してみましょう。

ただし
2017年10月発売のFire TV(NEWモデル)では
このミラーリング機能は無く Fire TV Stick(NEWモデル)で
ミラーリング可能なので購入時注意が必要です。

iPhoneでミラーリングする方法

Fire TV StickもしくはAmazon Fire TVでApple製品を
ミラーリングする時は 「AirPlay」を使います。

Apple TVなら標準で付いている機能ですけど
Fire TVシリーズでは標準ではついていません。

なので
Fire TV側では「AirReceiver」というアプリを
インストールする必要があるんです。

有料なので
勿体ないと思うかもしれませんが
インストールしておいて損はないですよ(*^^*)

スマホの画面をミラーリングすると
テレビの大画面にこのように映し出されます。

スマホなどの端末に入っている写真や動画を見たり
スマホアプリのゲームを大画面で見ることができます。

詳しくはこちらをどうぞ

>>Amazon Fire TVのディスプレイミラーリングを使用する

無線でネットを見ていて受信が不安定な場合もある時に便利なのが
Fire TV Stickが有線LANを利用しましょう。

別売りのイーサネットアダプタを購入しないといけませんが
Fire TV Stick(NEWモデル)を有線でインターネットに
つなぐことができるようになりますよ(^_-)-☆

IPHONEでも利用したいGメールアプリの設定方法 その4

iOS版のGmailアプリを利用する
メリットとデメリットとは・・・
(@tenchan18)

まずメリットの方ですが・・・

Apple純正アプリは動きが重い感じですが
Gmailアプリは動作が軽いんですね。

利用してみて分かった
デメリットとしては
結構たくさんありますが・・・

現状では URLのリンクが
タップできないことがあることでしょうか。

メール送信者のリンクもタップできないので
連絡先に追加する時に面倒ですね(^-^;

さらには
受信メールによって
URLのリンクをタップできるものと
タップできないものがあって
チョット使いづらいですね。

Apple純正メールであれば
URLはタップできますからね。

iOSのブラウザとしてChromeを利用しているので
Apple純正メールを使っていると
リンクをタップした時にSafariが
開いてしまうのって不便ですね。

また iOS版のGmailアプリを使っても
他社のメールアドレスを受信した場合に
URLをタップしたらChromeで立ち上がって
リンクをタップできるようになれば
利用しても良いかなぁって思いますが。

URLをブラウザアプリを立ち上げて
アドレスを入力するのって面倒なので
使い勝手が悪すぎですよね(^-^;

この辺りが改善されないと
利用者は増えないんじゃないかと思いますね。

IPHONEでも利用したいGメールアプリの設定方法 その3

引き続き 設定を行います。
(@tenchan18)

9. 受信サーバーを設定します。

ユーザー名、IMAPサーバー、ポート、
セキュリティの種類は自動入力されます。

正しいものが自動で入力されているか
確認してください。

私の場合 正しいものが自動入力されてたので
そのままにしパスワードのみ入力しました。

10. 送信サーバーを設定する

受信サーバーと同様、ユーザー名、IMAPサーバー、
ポート、セキュリティの種類は自動入力されます。

受信サーバーの設定が終わっていると
パスワードも自動で入力されます。

11. 送信メールに表示される名前を入力して「次へ」をタップ

送信メールに表示される名前を入力して
「次へ」をタップします。

送信メールに表示される名前を
入力して「次へ」をタップ

12. 他社のメールアカウントが追加される

以上で
他社のメールアカウントがGmailアプリに
追加されました(^^♪

Iphoneでも利用したいGメールアプリの設定方法 その1

iOSのGmailアプリでも
他社のメールアカウントを追加して利用する方法
(@tenchan18)

iOSのGmailアプリが
Gmail以外の他社のメールアカウントを
追加できるようになったんですね。

元々AndroidのGmailアプリには
Gmail以外のメールアカウントが利用できました。

これが
2017年の年末のGmailアプリのアップデートで
ようやくiOSのGmailアプリを利用して
他社のメールアドレスでも送受信できるようになりました。

これで
Gmailアプリは複数のメールアカウントを登録できます。

Gmailだけでなく他社のメールアカウントも何個も追加できるので
メールアドレスを併用している方は便利です。

 

そこで
iOSのGmailアプリに
Gmail以外のメールアカウントを
追加する方法を試してみます。

iOSのGmailアプリに
他社のメールアカウントを追加する手順

大まかな流れは
以下のようなフローです。

 

iOS版Gmailアプリを立ち上げる

Gmailを追加

左上の三本線をタップして△をタップ

「アカウントを管理」が表示されるのでタップ

「アカウントを追加」をタップ

その他(IMAP)をタップ

「メールアドレス」を入力して「次へ」をタップ

「利用しない」をタップ

受信サーバーを設定する

送信サーバーを設定する

送信メールに表示される名前を入力して
「次へ」をタップします

以上で
他社のメールアカウントが
追加されますね(^_-)-☆

住まい探しに必要な役立つアイテム&アプリ 内見時チェックポイントは・・・その7

新居に入れる家具や家電などの採寸を知っておくことは
住居探しに前もって行う必要がある理由は・・・
(@tenchan18)

新居に自分の家具や家電が置けるかどうかをチェックするために
持ち物のサイズを知っておけば
実際にどう配置できるかが分かりますからね。

エレベーターや階段、玄関からは入らないときは
家具を吊るして窓から入れる方法もあります。

でも
引っ越し代に数万円が加算されることもあるし
後日あらためて搬入になれば時間も拘束されてしまいます。

特に 「入らない!」と慌てるリスクが高いのは
大きめの家具(ベッドやソファ、ダイニングテーブル)や
家電(冷蔵庫、洗濯機)だそうです。

とは言っても
内見時に細々とした配置まで
シミュレーションする余裕はないです。

ちなみに
SUUMOからリリースされた「SUUMO Measure」では
内見した物件に家具と同じサイズの立方体を配置することで
置きたい場所に置けるのか
圧迫感がないのかなどを
簡単に確かめることができます。

と言われていますが あまり評判が良くないようです(^-^;

また
スマホにはカメラもメモ機能もライトもついていますので
iPhoneは初期アプリにコンパスも入っていますから便利ですよね。

と言うことは
定番アイテムがあってもたいていの内見アイテムは
スマホがあれば代替できてしまいそうですね。

内見する前に家具や家電などの採寸を済ませて
持ちものやアプリを揃える準備してから内見に臨みましょう。

これで
どんな部屋を訪問してもすぐに家具の配置など確認出来て
持っている家具が利用できるかどうか確認できますね(^^)/

そう言えば
いよいよ オリンピックに羽生選手が今日から出場しますね(^^♪

彼の雄姿が見られるのが
とっても 楽しみですね(^_-)-☆

住まい探しに必要な役立つアイテム&アプリ 内見時チェックポイントは・・・その6

他のスマホ「アプリ」としては・・・
(@tenchan18)

水平器&水準器アプリ

水平器&水準器(Tatsuki):無料

さまざまな向きの水平・傾きの角度を測ることができるアプリで
使いやすいシンプルなデザインが特長ですね。

床の水平はもちろん 壁に飾る鏡や額が水平かといった
引っ越し後にも役立つこと間違いなしのアプリなんです。

日当たり計測アプリ

sun seeker(ozPDA):有料

部屋に差し込む光の量だけでなく 
屋内に何時ぐらいに太陽の光が入るかを
確認することができるアプリです。

前にある建物の影になる時間や 
日が沈む位置までも教えてくれます。

AR家具配置アプリ

RoomCo AR(LivingStyle, Inc.):無料

スマホカメラを使って自分の部屋などの現実の空間に
3D データの家具を配置して試すことができるアプリ。

ACME、カリモク、大塚家具などのアイテムを 
好きなように設置して部屋の家具配置を
シミュレーションすることが可能です。

って言うことでしたが 
人によってはうまく動作がしない
こともあるようです。

これで 
新居に入れる家具や家電などの採寸できれば
楽なんですけどね。

いずれにしても 
やっておきたい事前準備をすると
時短できますね(^^)/

いつも利用しているスマホの見直したいiPhoneのバッテリー設定について その3

昨日の続きになりますが
(@tenchan18)

データや新着メールを定期的に確認する「フェッチ」は
アプリを開いたときだけ確認する【手動】か
Wifiに接続したときだけ利用できる【自動】
または【1時間ごと】にしましょう。

ちなみに 「プッシュ」と「フェチ」の違いを
説明したいと思います。

「プッシュ」「フェッチ」が使われる時って言うと
メール受信サーバと iPhone のメールアプリの間になります。

プッシュとは?

ほぼリアルタイムに新着メールを
受け取れる方法です。

なぜ「ほぼ」リアルタイム化と言うと?

新着メールを受信したサーバから
iPhone へ「新着メールが届きました」という通知を送って
それを受け取ってから iPhone が
そのメールをダウンロードするためです。

この新着メールを受信したサーバと
iPhone の間で何らかの問題が生じると
iPhone での受け取りが遅れます。

こうした遅延は
サーバと iPhone の間の回線状況が悪いとか
サーバを利用するユーザーが多かったり
iPhone 上で通知システムが正しく機能しないと起こります。

なので
プッシュは「ほぼ」リアルタイムって
言う表現をしました。

フェッチとは?

「フェッチ」とは
日本語で「〜を取って来る」という意味なんだそうです。

つまり
受信サーバからメールを取って来ます。

プッシュとの違いは
サーバから「新着メールが届きました」
という通知がないことですね。

なので
一定時間ごとに iPhone からサーバに
「新着メールはありませんか?」と
問い合わせることになります。

プッシュとフェッチ

問い合わせの結果
サーバに新着メールがあれば
それを受け取ります。

iPhone の場合は
15分・30分・1時間ごとに
問い合わせられる他に
手動・自動で受信する方法があります。

つまり
メールアプリを開いた時やリストを
下に引っ張った時に問い合わせるってことになります。

最後に
低電力モードを設定する方法ですね。

低電力モードを使うとiPhoneの処理能力が制限されるので
当然 消費電力がさらに減らせます。

設定アプリの【バッテリー】を開いて
「低電力モード」をオンにする方法

または
コントロールセンターを開いて
低電力モードのボタンをタップする方法があります。

コントロールセンターに低電力モードボタンがないときは
設定アプリの【コントロールセンター】→
【コントロールをカスタマイズ】を開き
「低電力モード」の左端にある【+】をタップして追加してください。

ちなみに
低電力モードは iPhoneを充電してバッテリー残量が
80%以上になった際に自動でオフになります。

 

 

いつも利用しているスマホの見直したいIPHONEのバッテリー設定について その3

引き続き 
バッテリーの節約について記載します。
(@tenchan18)

その7 Hey Siriをオフにする。

siriって言うのは 
「Hey Siri」とiPhoneに話しかけると 
Siriを起動できる機能が備わっています。

『iPhone 6s』以降の機種の場合 
設定次第で「Hey Siri」を常に聞き取る状態になっていて 
消費電力を少しでも減らしたい人は 
これをオフにしておく必要があります。

設定アプリの【Siriと検索】を開いて 
「”Hey Siri”を聞き取る」をオフにします。

その8 画面消灯までの時間を短くする

スマホは明るいほど消費電力が多いです。

なので 
iPhoneを使っていないときは 
画面を消灯させると節電になります。

つい放置してしまうことが多い方の場合 
自動ロックまでの時間を短く設定しましょう。

設定アプリの【画面表示と明るさ】→【自動ロック】を開いて 
短い時間に設定します。

その9 データ・メールの取得間隔を調整する

アプリのデータ取得・新着メールの確認間隔を
調整することで節電できます。

ただし 
設定次第でリアルタイム受信ができなくなる・確認間隔が長くなるので 
用途に応じて設定しましょう。

設定アプリの【アカウントとパスワード】→
【データの取得方法】を開きます。

リアルタイム受信が不要なら
「プッシュ」はオフしておく必要があります。

いつも利用しているスマホの見直したいiPhoneのバッテリー設定について その2

忘れてはいけないのが
自動で作動してしまう機能の見直しです。
(@tenchan18)

そうしないと
いつの間にか通信料が消費されて気が付いた時に
利用できないなんて悲惨な目に合うかもしれないので
十分注意しましょう。

その4 自動ダウンロード機能はオフにする。

たとえば
設定アプリの【iTunes StoreとApp Store】で
「自動ダウンロード」に関する設定はオフにしておきましょう。

あるいは「モバイルデータ通信」をオフにします。

すると
Wi-Fiに接続しているときのみコンテンツを
自動ダウンロードするようになるので
外出時などのWi-Fiに接続していない
時間帯の消費電力や通信量を減らせます。

 

その5 ウィジェットを減らす。

ウィジェットはほかのアプリを使用中でも
開けるようになっているので
利用するウィジェットが多いと
消費電力も増える恐れがあります。

ホーム画面に戻って
1ページ目を右にスワイプし
ウィジェットの1番下にある
【編集】ボタンをタップします。

消したいウィジェットの左端にある赤い【-】→
【削除】をタップして画面右上の【完了】を
タップして変更を保存しましょう。

 

その6 視差効果を減らす

アプリの切替時・ホーム画面などで使われる
視差効果をオフにすることで
消費電力を減らせます。

設定アプリの【一般】→【アクセシビリティ】→
【視差効果を減らす】を開いて
「視差効果を減らす」をオンにします。