「運動」カテゴリーアーカイブ

ストレッチを続けると身体は柔らかくなって代謝が上がると言われていますが どんなストレッチでも良いのかなぁ?

ストレッチをし続けると身体は柔らかくなって代謝が上がるけど
どんなストレッチをすれば良いの?
(@tenchan18)

身体が固いとは思っていませんけど
前屈やストレッチが比較的苦手なので
体をもっと軟らかくするためのストレッチを調べてみることに。

ちなみに
体が柔らかくなれるストレッチには
どんなメリットがあるんでしょう。

昨日載せたように
体が柔らかくなるメリットとしては
以下のような効果があると言われています。

その1 基礎代謝があがり、血行が良くなる

基礎代謝が上がるので
消費カロリーが多くなって
ダイエット効果が期待できますね。

その2 『疲れにくい身体』になる。

体が硬い人ほど疲れやすいそうで
すぐ休みたくなってしまうそうです。

その3 身体が柔らかい=スポーツをしていてもあまり怪我をしない

身体が硬い人って
身体の歪みの原因「猫背」「反り腰」に
なりやすいそうです。

例えば

足首が硬いと
よく捻挫を起こしやすくなるとか。

それに
膝関節や股関節が硬いと太ももの肉離れなど
起こしやすくなりますね。

その4 心身の老化予防にも。

身体を動かして柔軟性を高めると
心と身体をリラックスさせて緊張を解きほぐすとともに
心身の老化予防に効果があるようです。

主に
以上のような効果が期待できるとか。

そして
なんでもそうですが
継続することがポイントになるんでしょうね。

ストレッチって1日どのくらいやればいい?
ってことはないと思いますので
例えば1日2くらいは行うって決めたとします。

私の場合は
朝起きた時と寝る前などに行っています。

できれば
入浴後に行うストレッチって
体が温まっているので柔らかく効果も
大きいと思います(^^♪

ストレッチの内容は
色々あるんでしょうが
簡単なものを行っています。

特に動画で教えれくれるアプリが
一番手っ取り早いので
スマホを利用しています。

もちろん
中でも一番簡単な方法で行っています。

参考:Sworkit パーソナルトレーナー

運動嫌いな人でも 習慣にできる朝ヨガやストレッチで一日中燃える体になれば・・・

朝 チョットのことで代謝のいい一日が始まれば
快適な一日を過ごせそうですよね。
(@tenchan18)

それはどんなことをするかってうと・・・

例えば
ヨガやストレッチで朝から軽い運動をすれば
代謝も上がるし1日中痩せやすい体で
いられるかもしれませんよね。

何故代謝が上がるかって言うと
運動することで筋肉が柔らかくなって
血流がよくなる
からだそうです。

なので
朝から動くことはダイエットには効果大なのです。

とは言っても
朝からハードな運動をするのは
ちょっと無理ですよね。

根が面倒くさがり屋ですし
ランニングも人通りの少ない時間帯だと
走るのは少し怖いですよね。

そんなことを言い訳にしているにしても
朝の運動にはちょっとしたハードルが
高いですよね(*_*;

その点
ヨガやストレッチなら家の中でもできるし
筋肉痛になるどころかリラックスできるので
朝から気持ちのいいスタートが切れるでしょう。

なので
私のような運動が苦手な方にも
おすすめですね(^^♪

思い立ったが吉日ですから
すぐに朝ヨガやストレッチを初めて
一日中燃える体をつくるのがお薦めします。

ちなみに
朝ヨガと言ったら
太陽礼拝を思い浮かべますね(^^♪

これって
文字通り太陽に向かってお祈りするように行うヨガのプログラムですから
全身の筋肉を伸ばして血の巡りをよくしてくれます。

短いものですと10分くらいでできますから
運動嫌いな人も朝の忙しい時間帯にも続けられますよ。

朝起きたらカーテンを開いて
朝日に向かってストレッチやヨガを
試してみましょう(^^)/

挫折しやすい人ほど おすすめだと思いますよ!

糖や脂質そしてタンパク質の代謝を補助するナイアシンってあるんですが その効果は如何なんでしょう?

実は ナイアシンって言うのは 
ビタミンB3とも呼ばれている物質なんだそうです。
(@tenchan18)

これは 
糖質や脂質、そしてタンパク質が
代謝されるのに必要不可欠な補酵素だとか。

ナイアシンは熱にも酸化にも強い栄養素なので 
様々な調理法方にも応用できるんだそうですね。

さらに 
中性脂肪を減らすことにもつながりますので 
不足することの無いようにきちんと摂取することが必要です。

そこで ナイアシンが多く含まれている食材を調べてみると
たらこ、まぐろ、かつお、イワシ、レバー、鶏のササミ、鶏の胸肉、サバ、
かじき、サンマ、トロ、ツナ缶、さわら、ブリ、舞茸などがあります。

特に 
まぐろやカツオ、イワシなどの青魚に多く含まれていますので 
積極的に食べるようにすることがオススメなんですね。

 

また 
野菜やきのこなどで摂取したい場合は
舞茸が良いと言われています。

糖質を代謝する食材を紹介しましたけど 
食べた糖質の吸収を穏やかにする食材もありますから 
参考にして食べてみることもおススメします。

 

たっぷりの野菜成分を摂取すれば 
食事の脂肪や糖の吸収を抑えて
食後の中性脂肪や血糖値の急激な上昇を抑えられますよ(^^♪



参考:難消化性デキストリン配合によって
食物繊維をぎゅっと凝縮されているので 
消化も促進されますよ。

 

結局 
糖質制限が何故?ダイエットにつながるのか 
その理由は?

ブドウ糖って 
大半が肝臓と筋肉に蓄えられますが 
余ったものが脂肪に変わって残ります。

でも 
なかなか新たな糖質を摂取できないでいると 
この蓄えられている脂肪からエネルギーが
作られるようになるからなんですね。

なので 
食事で糖質を制限する他に 
体外へ排出しやすくするために
食物繊維をたっぷりと摂取することで 
エネルギーを消費するために
運動をすることが重要なポイントのようです。

食物繊維は 
糖質を吸着するとともに 
腸内で余分な脂肪を吸着します

糖質と脂肪を一緒に便として排出する働きを持っているので 
ダイエットでは非常に重要なポイントだって
考えても良さそうですね。

結論としては 
ダイエットを目的とした食事には 
糖質の排出と代謝の両方に留意する
ことが大切なんですね。

食事から糖質を抜くことってできないので 糖質を分解して代謝する酵素やビタミンとは?

食べる順番を考えると太らないってことで 
糖質の分解・代謝を助ける酵素やビタミンについて
調べることにします。
(@tenchan18)

糖質の分解・代謝を助ける酵素やビタミンとは?

この本質を知れば 
ダイエットや健康な体作りを
促進してくれますよね。

なので 
こういった物を毎日の生活にすすんで取り入れれば 
確実に痩せることができるんではないのかなって思います。

その前に 
人間のエネルギーについて調べてみます。

人間は 
エネルギーとして食べ物を糖質や脂質、タンパク質を分解して
栄養を取り込み代謝することによって活動します。

この活動がきちんと行われれば 
糖質が脂肪に変換される量は少なくなり 
エネルギーとして消費されて太りにくい体になりますよね。

ちなみに
無駄にエネルギーを取り込まないことによってですが・・・

それなのに 
運動量はし無いのに麺類やどんぶりもの、甘いものを好む人が多く、
代謝せずに脂肪として蓄積されてしまうため 太ることになります。

つまり 
脂肪細胞に蓄積された糖はそのまま脂肪となって 
しっかり運動をしなければ消費されませんからね。

だから 
糖質の量を抑えて脂肪細胞に送り込む糖質を減らすのが 
糖質制限ダイエットの本質なんです。

 

たとえば

ご飯って毎日食べますよね。

なので 
摂取する糖質をゼロにするというのは 
出来ないと言っても良いようです。

それに 
糖質をまったく摂らないことも弊害があって 
脳への栄養が少なくなるとか 
ストレスが溜まったりする原因にもなりますから
良いことでは無いですね。

そこで 
糖質が含まれるものを食べたときに 
しっかり分解して 
そして代謝をしてあげる栄養を一緒に摂取することで 
脂肪として蓄えられる量を抑えるようなものが必要になるんですね。

もっとも 
きちんと消化をするためには食べ過ぎないこと。

そして 
きちんと代謝するためには運動することが重要ですね。

それ以外に 
食事に気をつけることで代謝を
手助けしてくるそうです。

ということで 
その分解と代謝 
をサポートする栄養素

何かを知ることが重要なポイントになるんですね。

それを 
少しづつ調べてみようと思います(^^)/