カテゴリー別アーカイブ: 節約

「型落ち家電」も市場に出回っていますが どこで買うか?

購入に際して重要なポイントとして

いったいどこで購入すると
自分の生活スタイルに合ったものを
揃えることができるかを考える必要があります。
(@tenchan18)

つまり 
購入場所の選択肢って言うポイントから見ると。

大きく分けると

量販店などリアル店舗で

ネットショップで

かなぁって思いますが・・・

まぁ 
それぞれにメリット・デメリットがありますよね。

ネットショッピングなら やっぱりAmazon!!

まず 
量販店で購入するメリット・デメリットとしては

新モデルの発売と同時に展示製品を入れ替えるようで 
発売日の直前が最も買い時となりますね。

ですが 
新製品の実物を確認する前に考える必要がありますね。

それに 
価格面は価格コムに掲載されている
底値を見せるとポイントの還元などで 
その価格まで下げてくれる量販店が増えています。

さらに 
支払い・配送・設置・引き取りなどの
トラブルが基本的にはかんがえられませんね。

さらに 
故障した時に販売店がなくなっている
ってこともないと思います。

将来的なメンテナンス等を考えると 
安心して購入できる量販店が向いているでしょうね(^_-)-☆

ネットショップで購入するメリット・デメリットとしては

ネットショップの場合 
新モデルが発売されても在庫があれば
旧モデルも発売し続けてますから 
新モデルの実物を確認してからでも
購入がかのうですね。

それに 
ネットショップの場合 
実店舗がないので低価格であることが多いですね。

型落ち家電を購入するならAmazonアウトレットモールで

なので 
将来的なメンテナンス等を無視して 
価格重視で検討すればネットショップの方を
選んだ方が良いですね。

ただし 
ココで確認しておくべき重要なポイントがあります。

それは 
支払いをしたのに製品が届かないとか 
大型家電なのに軒先に置いていかれたとか 
家電リサイクル該当製品なのに引き取りをしてもらえないとか 
価格以外のサービスもしっかり確認する必要がありますね(^^)/

自分が必要だなって思っている旧型家電の底値をしるには 如何すればよいのか?

欲しいんぁって思っている
家電の底値を知るには
(@tenchan18)

一番簡単に知る方法としては
価格.comのようなサイトで確認することですね。

こういったサイトであれば
価格の推移も分かるので
いつ頃がそこねまたはそれに近い時期になるのかって
予想がつきやすいですよね(^^♪

それに平均価格などがグラフで確認できますから 
気になる家電がある時は購入前に
そう言ったサイトで検討する価値がありますよ。

ちなみに 
私の場合買い値としては発売当初から40%ダウンすれば
買いかなって思っています(^^♪

中には 
50%offなんていう家電もありますよね。

ここまで安くなると 
かなりお得感がありますよね。

新製品の情報に関しては 
メーカーサイトでニュースリリースとして掲載されますから 
次の新モデルがいつ発売されるとか知ることができます。

また 
量販店サイトやチラシでも
「予約開始商品」として 
発売前の製品が掲載されますね。

そんな情報を参考にすれば 
新旧入れ替えの時期を把握することもできますよ(^^♪

秋の旧型家電特集

購入すべきかどうか迷った時は
「新機能」が必要か否かですね!

生活家電は商習慣として毎年型番変更をする製品が多く
一年に一度新モデルが登場することが多いみたいです。

なので 
毎年フルモデルチェンジってことはないみたいです。

なので 新モデルとの差を知ることが大事なポイントですね。

たいていの場合
新モデルの進化ポイントが分かるように記載されてます。

なので その進化ポイントに魅力がなければ
古いモデルを購入すれば良いんですよ。

ただし 基本性能が進化したって時は
総合的に決めるしかないでしょうね。

例えば
エアコンの冷媒が変更になった時とか
基本構造が抜本的に変更になった時ですね。

そう言ったポイントは
今後のスタンダードが変わるってことらしいですから
新モデルを購入した方が無難ですね。

最先端の機能って
誰にでも必要?とは限らないので
自分に必要かどうかを考えましょう(^^)/

少しでも安く家電を揃えたい時に「型落ち家電」を上手に買うポイントって考えてみました(^^♪

現代生活において 
家電がないと生活できませんよね。
(@tenchan18)

でも 
全てをいっぺんに揃えるには
お金がかなり掛かりますよね。

そんなとき選ぶのが型落ち家電なんです。

それでも 
全てを揃えるにはかなりのお金が必要ですね。

なので 
出来ればもっと安く買いたいですよね。

とは言っても 
どうしても欲しい!って思う家電なら 
多少の値段がはっても気持ちが満たされるので
満足度は高いですよね。

ただ 
生活に必要となる家電であれば 
話が違ってきますよね。

例えば 
冷蔵庫、エアコン、洗濯機、掃除機、オーブンレンジ、炊飯器等々は 
欲しいから買うって言う感覚ではなく 
必要だからもしくは無いと困るからそろえる必要があるんです。

それなら 
少しでも安く買いたいと思って当然ですね。

そこで 
普通に考えると「型落ち家電」
を選びますよね。

Amazonおすすめの生活家電

って言うことで 
この型落ち家電を上手に揃えるポイントを
まとめてみようって思います。

まず 
最初のポイントとしては 
新旧入れ替えの時期が「底値」!か
どうかを判断します。

多くの家電はオープン価格ですね。

発売から1年かけて
徐々に価格が下がるのが
一般的ですよね。

ちなみに 
最も値が下がるタイミングとしては
新モデルが発売されるタイミングみたいですね。

なので 
基本的には毎年新モデルが発売される1年に1度
底値のシーズンになるわけなんです。

結局 
価格の推移としては 
発売当初が最高値なんです。

そして 
売れ行き次第で1~2カ月後に値が下がって 
市場が妥当って思われる値段になります。

その後はなだらかに価格が下がって 
新モデルが発表されたころに
又値段が下がる傾向があるようです(^^)/

万が一「あおり運転」等にあった時に 如何すればよいのか? 対策を知っていれば安心して運転できますよ!

本当に 高速道路上で停車して因縁をつける輩には
怒りと恐れを覚えますよね(# ゚Д゚)
(@tenchan18)

そこで 
そんな場面に遭遇した時にどうすべきかを
考えてみました。

例えば 
「あおり運転」に代表される危険運転行為に合った場合 
その行為は道交法違反になるんです。

なので 
万が一相手を事故・死傷などに追いやった場合は危険運転致死傷罪が適用されて 
最長で20年以下の懲役に処される可能性があるそうです。

まぁ とうぜんだと思いますが・・・

先日の事故では 
危険運転致死罪にならないって言うのが
納得できませんね。

それに 
安全な車間距離を取らずに前車へ接近する行為も
道交法26条が禁止する「車間距離不保持」に該当するそうです。

その場合
高速道路での車間距離不保持は3か月以下の懲役または5万円以下の罰金が科されるし 
一般道での車間距離不保持は5万円以下の罰金が科されるとか。

違法行為に遭遇した場合は落ち着いて
すみやかに距離を取って 
安全な場所に停車するなどして
警察へ通報するのが一番良いそうです。

そして 
万が一相手が車外に出てきて自車に向けて挑発してきたり 
脅迫行為や車両への暴行を加えてきた時には 
決して車外に出て交渉しようとしないで
ドアがロックされていることを確認して
その場で警察へ通報
するのが一番良いそうです。

ちなみに 
自動車のガラスって(外からだと特に)なかなか割れないそうです。

素手では 
絶対と言ってよいほど困難なので(殴打等で割ろうとすると
相手がケガをする可能性のほうが高い)落ち着いて連絡して
大丈夫だそうです。

もちろん 
高速道路上でも
警察への通報は「110」へ
電話すればよいそうです。

ここで 
このような違法行為への証拠を残しておくことが必要なので 
「ドライブレコーダー」は大変有効な証拠保全装備になります。

なので 
少しでも安心して運転するためにも 
車を乗る機会が多い方は購入を
検討しても良いかもしれませんね(^^♪

お薦めのドライブレコーダー

定期オトクの損をしない利用法って消費量の安定しない商品の場合は除外した方がお得かも・・・

私の場合は 
先ほど紹介したミネラルウォーター等の飲み物類ですね。
(@tenchan18)

追加注文での割り引きがなくなったので 
定期おトク便で追加購入してもメリットはありませんよね”(-“”-)”

そんなことから 
追加したい時はAmazonで探した
送料無料のショップから購入しています。

Amazonの定期おトク便と比べると 
200円の価格差がありましたからね。

これからは手間が掛かっても 
週末セールとかを利用し最安店舗を探して
購入ってことも選択肢の一つですね。

最終的に購入対象となったのは…

コンタクトの洗浄液
歯ブラシ
入浴剤
ポケットティッシュ

以上4点です。

そこで 
どんな間隔で購入したら良いのかを考えてみます・・・

ちなみに 
新ルールでは3点以上の購入で15%OFFなんです。

毎月3点以上の商品を申し込みとなるように購入スパンを決めます。

私の場合は、
入浴剤・コンタクトレンズの洗浄剤は毎月必要なので 
残り10点のどれかを購入するだけですから購入スパンに悩むことは無かったんですが。

結局 
Amazonの定期おトク便の利用法は
「定期的に必要なものだけを購入する」って
いう使い方をしてればお得に利用できますね。

まぁ 
以前のような便利な利用法はできないのは
本当に残念ですが・・・

これを機会に 
常備品を見直して計画的な購入をして
節約を心がけるのも良いかもしれませんが・・・

Amazon定期おトク便

ちなみに 
Amazonプライム限定のサービスではないんですね。

Amazon定期おトク便って 
Amazonプライム会員以外でも利用することが
できるサービスですよ。

Amazonプライム会員限定のサービスと思われている方が
意外と多くいますが違いますよ。

ここで 
Amazon定期おトク便の利便性を確認しておくと・・・

amazon定期おトク便とは

毎日の生活に必要な日用品、飲料水、ベビー用品などの
定期的に安く配送してくれるサービスがAmazon定期おトク便です。

定期購入するものはAmazon定期おトク便に
任せるととても楽だし経済的ですね。

わざわざ買い物に行かなくてすむので 
余計なものまで買い込むこともないし
無くなった頃に自動で配送がされますからね(^^)/

そんなことで 私の考えるAmazonの定期おトク便の上手な使い方とは・・・

まずは 
「常備品の洗い出し」 ですね。
(@tenchan18)

つまり 
常に定期的に購入している品物を箇条書きにします。

たとえば

コンタクトの洗浄液

コーヒー

歯ブラシ

入浴剤

ポケットティッシュ

ミネラルウォーター

台所用ポリ袋

サランラップ

ティッシュペーパー

トイレットペーパー

洗剤

柔軟剤

等々ですね

書き出しが終わったら 
定期おトク便の購入対象商品の絞り込みを行います。

Amazonの定期おトク便の取扱商品で
取り扱っていない商品もありますからね。

取扱商品は増えてきたんですが 
まだまだ欲しい商品が見つからないことも
あるんですよ。

そのあとに 
定期おトク便の取扱商品の場合は
価格をチェック
します。

ドラッグストア比べて高い場合は 
もちろん定期おトク便から除外します。

と言うことで 
まずはドラッグストアの特売日にまとめ買いします。

ちなみに 
私の近所では洗剤や柔軟剤の価格は 
ネット上でドラッグストアより安いと思ったことはありません。

ただ 
ティッシュペーパーやペットボトルなどのように 
大量買いしたときにかさばるとか重いとかの商品は 
Amazonパントリーでまとめ買いしてます。

ドラッグストアで買ったほうが得なのですけど 
持ち運びが大変ですからね(*_*;

荷物が届いたら 
購入後は玄関わきの物入れに保管します。

ドラッグストアと比べて
同等の場合は購入します(^^♪

価格に大差ない時(同じかもしくは10円や20円くらの微妙な価格差)は 
定期おトク便の対象
とします。

ドラッグストアに近づく機会を減らして 
買い込まないようにするためですね(^^♪

リアル店舗だと買いたいモノ以外も目について 
無駄とはいわないのですが余計に買ってしまいますからね(^^)/

Amazonは定期おトク便の「本来の目的」を重視した?使い方に変更されました。

変更後は 
追加注文が通常価格になったんです。
(@tenchan18)

つまり 
割引価格で購入できるのは月一回になったということなんです。

その代わりに 
異なる商品のお申し込みが3点以上ある月は
15%OFFと割引率がアップしたんですね。

でも 
チョクチョク買いをしていた私にとっては 
改悪ってことになりますが。

定期おトク便の本来の役割である「定期的」に購入する商品を
お得に買えるようにしたサービスになった感が強いですね。

Amazonが想定した通りの使い方をする
限り大きな改善って言えますね。

これまでは 
利便性を優先して「追加注文の割引」が可能だったんですが 
そういった利用法をしない方が多くなって
本来の目的に沿った利用者を優先した変更のようです。

つまり 
消費量の安定しない商品は定期おトク便では
損をするようになったわけですね。

たとえば

ミネラルウォーターを定期おトク便で
購入していました。

ケース買いすると 
重くて持ち運びが大変ですからね。

うっかり買い忘れることもあっても 
いつでも5%OFFで購入できるAmazonの定期おトク便は
魅力的だったんですけどね。

近所のスーパーで無料のミネラルウォーターを
もらってくるのも良いんですが 
ほとんど貰いに行く時間がありませんからね。

それに 
季節によっては一カ月をたたずして
あっという間に消費しちゃうこともありますからね。

なので 
定期おトク便で追加注文してました。

でも 
今回の変更で追加注文も5%OFFだったのがなくなったんです。

結局
消費量の不安定な商品の購入には 
向いてないんですね(^^)/

ルールが変更されたAmazon定期おトク便の使い方を考えてみると・・・

割引率5%から15%に拡大されて
もっとお得になるのかなぁって喜んだのですが・・・
(@tenchan18)

以前は
Amazon定期おトク便情報管理画面で「今すぐ追加分を発送」を選択すれば
定期おトク便の割引が適用されたんです。

今は「今すぐ追加分を発送」を選択しても
定期おトク便の割引は適用されないようになってます(*_*;

つまり
「追加注文は通常価格」に
しかならないんですよね。

この変更って
追加注文で便利に利用していた私のような
独身者にとっては不便ですよね・・・

割引表

変更前後の比較表です(プライム会員の場合)。

つまり
定期おトク便の変更前後の違い

どうなふうに変更されたかって言うと
主に2つあります。

異なる商品のお申し込みが3点以上ある月は15%OFFになる

追加注文は定期おトク便の割引は適用されない

以上の2点ですね(^_-)-☆

変更前の定期おトク便の問題点

そもそも月の途中の追加注文と言うのは
定期便とは言えません。

欲しいときに割引で購入できるって
便利でお得ですけどね(^^♪

普通の通販注文と同じなのに
割引価格だったのがおかしいと言えば
おかしいですよね。

それに
定期おトク便のキャンセルはいつでも可能で
手数料が発生といったペナルティーは一切ないです。

なので
その恩恵を利用した購入方法もあります。

つまり
1回の注文であっても定期おトク便を
使うことができたことです。

極端に言うと
定期購入する気がなくても定期おトク便の5%OFF価格で
購入できるってのがおかしいと言えばおかしいところですね!

Amazon定期おトク便の詳細について

災害時には即席のランタンに!? 油汚れ掃除や炊飯にも使える“レジ袋”のいろいろ活用術

先日も記載したんですが
レジ袋の活用法の続きです。
(@tenchan18)

それは
レジ袋の特性を利用した方法です。

ネットで災害時の便利グッズが乗っていたので 
試してみることにしました。

レジ袋って 
使いようによっては即席のランタン⁉とか
油汚れ掃除や炊飯にも使えるそうです。

それ以外でも 
色々な利用法があるんですね(@_@。
 

今回は
静電気の力で床掃除を
する方法を試してみました!

実は 
9月5日放送の「あさイチ」(NHK系)でみたんですが
 “レジ袋”に関する様々な“スゴ技”が紹介されていました。

例えば 
油汚れの掃除もスーパーなどで貰える
レジ袋で簡単にこなしてました。

ちなみに 
生鮮食品を入れる
ポリ袋でも大丈夫だそうです。

レジ袋の原料・ポリエチレンって言うのは 
油と構造が似ているから油汚れと
結びついて汚れが取れるようです。

そう言えば 
油汚れの部分にレジ袋を当てると
油が付着し簡単に取れたような記憶があります。

スポンジやふきんとは違うので 
そのまま使い捨て出来るのもメリットですね。

他の利用法としては 
レジ袋でスナック菓子やドーナッツで
べたついた手を拭くときにも効果があるんだそうです。

何しろティッシュよりもさっぱりとふき取ることが
出来るって言ってましたね。

そして 
フローリングやカーペットを掃除する時は
袋で手袋のように手を覆い床を擦ってみることに。

不思議なことに 
静電気の力でほこりが集まってくるので 
最後に塊を捨てれば掃除完了です。

改めて 
静電気でほこり取るって
かなり威力があるって
感心しちゃいますね(^^)/

Amazon定期お得便を初回だけでキャンセルして大丈夫? 可能だって聞いたんだけど実際どうなの・・・

Amazonの定期お得便は1回だけで
キャンセルして問題ないのか?
(@tenchan18)

いつも利用していて気になっているんです。

実際試してみれば 
良いのかもしれませんが・・・

そこで 
ネットを利用してそんな方いるのか調べてみることに。

ちなみに 
定期お得便って言うのは 
Amazon(アマゾン)で定期購入することを前提に
最大10%オフが適用されるお得な購入方法ですね。

指定した間隔で自動的に商品が届けられるので 
万が一買い忘れがなくなるので助かっています。

ですが 
いつも気になっていたのが1回だけの注文でも対象商品であれば
「定期おトク便」を適用して割引価格で購入して 
2回目以降は後日キャンセルしても最大10%割引でいつも買えるのか 
それともなんかペナルティーがあるのか心配でした。

そう言った行為が意図的かどうかに限らず 
今後も定期購入をする予定だったけどいらなくなったとか 
種類を変えたくなったなどの理由で「定期おトク便」を
1回だけでキャンセルすることも考えらますよね。

ということで

定期おトク便を
初回だけでキャンセルして問題ないの?

割引が取り消されたりしないの?

商品返せって言われたりしないの?

何度もやったらお咎めを受けるんじゃないの?

って言うことについて 
とっても心配だったんですね。

調べてみた結果から言うと 
OKなんですね(^^♪

確かに 
アマゾンの利用規約のどこを見ても 
定期おトク便を初回利用のみでキャンセルしても
ユーザーに不利益が起こるという記載はなかったんですね。

参考 Amazon定期おトク便 利用規約

そんな心配をしている人も多くて 
そんな記載が乗っているブログを見てみると 
実際に確認した方がいましたので 
その内容を転載いたします。

転載 ココから――――――

「子どもの成長に伴いおむつのサイズが変わり、1回のみの定期おトク便の利用で2回目以降はキャンセルしたい、という場合もあるかと思います」という、うちで過去に実際に起きた例をあげながら聞いたポイントは以下の通り。

初回のみの使用で定期おトク便をキャンセルすることは問題ないのか。
キャンセルにより初回注文分の割引の取り消しや返金、商品の返品は発生しないか。
キャンセルによってユーザーへのペナルティなどはないのか。
アマゾンさんから速攻でお返事がきた。

ご連絡いただきました定期おトク便の2回目以降のキャンセルの件でございますが、1度のみのご利用にてキャンセルされましても、全く問題ございません。

お子様の成長に伴い、サイズが変更になる可能性があるということは、ご指摘の通りでございます。

また、ご記載いただいた割引の取り消しや返品・返金、ペナルティなどは一切ございませんので、ご安心ください。

ご丁寧に「このたびは、当サイトのご利用に際し、ご不便をおかけしましたことを重ねてお詫びいたします」と謝られてしまった。いえいえ、不便は一切感じておらず、アマゾンには便利しか感じていません。

転載 ココまで――――――

ちょっと 
セコイようですが定期的に購入するつもりがなくても
キャンセル前提で定期おトク便を使って購入すると 
最大10%オフの割引料金で購入できちゃうってことになりますね。

一応 
ユーザーの「良識」に基づいたルールだと思いますし
こういったルールも頻繁に変更されるので 
やり過ぎてアカウント凍結など無いように
自己責任で行いましょう(^^)/