「節税」カテゴリーアーカイブ

実際に Amazonギフト券をコンビニで購入してみました。

 

セブンイレブンには 2タイプのamazonギフト券が販売されています。

セブンイレブンで購入ができるギフト券には“バリアブルカード”といった便利なものもあります。

これは カードが貼ってある台紙の右上に1500-50000と表示されています。

そこで どのコンビニでamazonギフト券を購入するかが問題になります。

つまり どこで購入しても同じではないってことです。

実は セブンイレブンで購入をすると0円でギフト券を購入が可能なんです。

セブンイレブンで利用できるnanacoカードを上手く利用すると 0円でamazonギフト券を購入することも可能です。

セブンイレブンでamazonギフト券を買うお得な理由とは?

まず知っておきたいのが セブンイレブンで買えるamazonギフト券はどのようなものがあるのかということです。

コンビニごとに販売されているギフト券の金額はバラバラになんです。

購入できない金額があったりしますけど セブンイレブンの場合 すべての金額が購入可能です。

それに該当するのが バリアブルカードで そのカードを購入できることもメリットですね。

また 購入できるamazonギフト券のタイプは以下の2つあります。

カードタイプ

シートタイプ

2つのタイプがありますが それぞれ特徴があります。

税金はクレジットカードで払うのが スゴイお得なんですね(^^)/

毎日の生活で できるだけ現金支払いを避けて
カード払いにするようにしています。
(@tenchan18)

たとえば
毎朝買っているコンビニエンスストアのヨーグルトドリンクや
100円のコーヒーであっても カードで払うようにしています。

クレジット払いをする理由は特にありませんが
何より現金を出すのが面倒ですしポイントが貯まることですね。

そして 全てカードにすれば
カード明細で大まかな生活費がわかる
家計簿代わりになるからですね。

しかも 税金もクレジットカードで
払える地方が多くなってきました。

特に 昨年からは対象範囲が広がって
法人税や所得税もカード払いができるそうです。

ポイントも貯まるし
便利で良いと思いますけど調べてみると
良いことだけでは無いんですね。

デメリットを言うと
支払いの際に手数料が0.76%(プラス消費税)
かかることです。

例えば
法人であれば100万円の納税の場合8,208円となります。

となると
ポイントが付与されても税金の支払いに利用すると
ショッピングなどより付与率が悪くなってしまうでしょう。

私が使っているリクルートカードプラスで支払った場合
リクルートポイントが100円の利用につき2ポイント貯まります。

これは PONTAポイントに等価交換できるので
先日記載したようにお近くにローソンなど
利用できるショップがあればとってもお得に消化できます。

年間積み重ねれば
200万円くらいになるので
年に4万円くらいは無料で利用しています。

リクルートカードの利用にあたって注意しておきたいポイントがあります。

どんな事かと言うと
今年の4月16日からでもポイント還元率は据え置きなんですが
月間上限額が3万円に制限されます。
(@tenchan18)

こう言ったクレジットカードは改悪されることが良くありますので
自分の利用法に合っているなぁって感じたら
すぐに利用開始をした洋が良いと思います。

リクルートカードの2枚持ちができるかどうかを
リクルートIDサポートディスクに問い合わせした内容を
いかに記載いたします。

質問事項

リクルートカードを両方取得した場合
ポイントは合算できるのでしょうか?

リクルートカード会社からの回答

リクルートポイントは
お申込みいただいたリクルートID(メールアドレス)で
獲得することが可能でございます。

また
1つのリクルートIDで複数枚のリクルートカード入会をご希望の場合
リクルートカードVISA、リクルートカードJCBまたは
リクルートカードプラス 各カード会社から
それぞれ1枚ずつお申込みが可能でございます。

そのため
同じリクルートIDでVISAカードとJCBカードにお申込みいただいている場合、
1つのIDにそれぞれのカードが獲得されたポイントがたまります。

なお
《新規入会特典》は、
最初に入会されたカードでのみお受取りいただけます。

以上のような
回答を得ましたのでカードを2枚持ちして
ポイントを貯めることが可能なんですね(^^)/

ただし 特典は崔社のカードに付随してくるそうです。

なので
申し込み時 そのポイントを確認しましょう。

海外のネットショップに PAYPAL(ペイパル)を利用する理由とは・・・その5

まだ
試したことがないのでジットカード会社の
為替手数料で支払う方法の手順のみを
以下に記載しますのでご覧ください。
(@tenchan18)

PayPalの高い日本円の為替手数料(レート)
を安く節約する方法

PayPalでできるだけ安く商品を購入したいなら
この設定はぜひ覚えておきましょう。

PayPalではなくクレジットカード会社の
為替手数料で支払えば手数料を安く抑えられます。

PayPal利用時に為替手数料を安く抑えるには
PayPalが定める為替手数料ではなく
クレジットカード会社が定める為替手数料に
設定を変更して支払います。

PayPalに登録できるクレジットカードのブランドは
VISA、MasterCard、AmericanExpress、JCB
の4社です。

この4社の為替手数料は以下の通り。

ブランド 為替手数料

VISA 1.63%
MasterCard 1.63%
AmericanExpress 2.00%
JCB 1.60%

※カード会社によって若干異なる場合あり

4%近いPayPalの為替手数料に比べると
クレジットカードの為替手数料は
1.6%~2%とかなり安いです。

ただし
クレジットカードの場合は正確には各ブランドが
定める為替レートで算出した金額に対して
上記の為替手数料がかかってきます。

為替レートは若干上乗せされるため
正規の為替レートに上記の為替手数料を
加算した金額よりも高くはなりますが
それでもPayPalの為替手数料に比べれば
クレジットカードの為替手数料の方が安いです。

Paypalの為替手数料を節約するステップ

まず ebayから適当なものをカートに入れて
Paypal支払いにチェックを入れて進みます。

そうすると
Paypalの支払画面に入りますので
画面の中に以下の項目が出てくるはずですので
「その他の通貨換算オプション」をクリックします。

「その他の通貨換算オプション」の画面内で
「売り手の請求書に記載されいている通貨で支払う」の
オプションにチェックを入れて「続行」または「送信」します。

以上で
クレジットカードの決済手数料で
支払いが行われます。

ただし 為替レートの決定タイミングが異なるので
為替レートの変動次第では、
確実に節約できるかどうか分かりません。

カード会社のレートを使うとレート決定が
数日程度遅れるみたいでからすね。

また 海外のショップで買い物をする際には為替手数料だけでなく
為替レートも支払い総額に大きく影響しますので
実際に購入する際は各社の為替レートも
確認しておきましょう。

セルフメディケーション税制を申告するのに 考えておきたい重要なポイントとしてもう一つは・・・

去年 父が入院したことを
きっかけにして医療費を室ぜいするために
調べたんですが・・・

節税のために 
どちらの生成で申告するかって言うことですね。
(@tenchan18)

つまり 
セルフメディケーション税制を選ぶか 
それとも従来の医療控除を利用するのかって
ことになります。 

何故なら
従来の医療費控除とセルフメディケーション税制の
同時利用ができないからなんですね。
(どちらかを選択することになります)

なので
スイッチOTC医薬品の購入代金に関わる分を 
従来の医療費控除制度とセルフメディケーション税制の
どちらを利用するかは申請者が選択しないといけないんです。

なので 
実施に試算して減税の高い方を選択することになりますね。

例えば 
OTC医薬品購入額5万円 
病院にかかった医療費と医薬品(OTCでない)が8万円
(保険金等の補てん分控除後)とします。

以前の医療費控除であれば

5万円+8万円-10万円=3万円 
が対象額となります。

それに対して 
セルフメディケーション税制を利用すると

5万円-1.2万円=3.8万円 
が対象額となります。

結果としては 
セルフメディケーション税制を選択した方が
対象額は多くなるので コチラを選びましょう。

ちなみに 
このセルフメディケーション税制って 
2017年(平成29年)1月1日から
2021年(平成33年)12月31日までの期間限定の制度
なんですよ。

なので 
この期間内 
つまり今のうちにセルフメディケーション税制がどんな制度なのかを知って 
健康対策をすると共に節税対策をしましょうね(^^)/

セルフメディケーション税制を利用するため 確定申告時に揃えておくべきことは?

直前になって必要書類を揃えるのは大変なので
確定申告時に必要な書類の注意点を
事前に調べておきたいと思います。
(@tenchan18)

セルフメディケーション税制を利用するためには
確定申告が必要で注意するポイントは
いくつかあり 主に以下の3つに絞られるようです。

その1
一定の健康対策の取組みをしたことを証明する資料の添付が必要

一定の健康対策の取組みをしたことを証明する資料が
必要だそうです。

どんな書類かって言うと
健診や予防接種を受けて発行される「領収書」(原本)
または「結果通知表」(コピーで可)の添付が必要なんだそうです。

ちなみに
これらの書類には「氏名、一定の取組みを行った年、保険者・
事業者(もしくは市町村の名称、医療機関の名称、医師の
氏名)」の記載も必要なんだそうです。

その2
スイッチOTC医薬品購入の領収書に以下の内容の記載があること

・商品名および金額

・セルフメディケーション税制対象である旨の記載

・販売店名および購入日時

通常は
ドラッグストアなどで購入すれば
上記内容はハッキリ記載されています。

ただし
小さな薬局の場合
記載されていないレシートを受取ることも
あるようですから注意が必要です。

なので
その際必要な上記項目の記載を
お願いして別途領収書を
作成してもらう必要がありますね。

スイッチ医療品を利用したら どのくらい減税されるのか?試算してみることに。

そこで 
ネットに事例が乗っていたので 
自分でも確認してみたいって思います。
(@tenchan18)

 

事例1

会社員Aさん(単身者)の場合 
給与収入が年間300万円で課税総所得が109万円です。

所得税率は5%(復興税除く)で 
住民税所得割の税率は10%ですね。

AさんがスイッチOTC医薬品を年間5万円購入すると 
12,000円を超えた38,000円がセルフメディケーション税制の
医療費控除の対象額になります。

確定申告で反映する減税額は総額で5,700円で 
内訳は所得税1,900円還付(38,000円×5%)
住民税3,800円減額(38,000円×10%)となります。

住民税は確定申告後の6月から支払うので 
減税を意識しにくんですけど
所得税は還付金の形で戻るので
減税されたって言う感じが
大きいできますよね。

 

事例2

会社員Bさん(妻と19歳の子を扶養)の場合 
給与収入が年間800万円で課税総所得が341万円ですから 
所得税率は20%(復興税除く)
住民税所得割の税率は10%となりますよね。

そんな人がスイッチOTC医薬品を年間5万円購入した時には 
確定申告で反映する減税総額は11,400円になります。

内訳としては
所得税7,600円還付(38,000円×20%)と
住民税3,800円減額(38,000円×10%)となります。

課税所得が高くなると所得税率も高くなるので還付額も多くなって 
減税感がさらに増しますよね

ちなみに 今までの医療費控除と
どんな違いがあるかっていうと?

今までの医療費控除を利用した場合 
医療費が年間10万円以上だった場合しか使えない!って 
思っていましたよね。

つまり 
具体的な減税金額は?

(実際に支払った医療費の合計額) - (保険金などで補填される金額)- 10万円(*3)

結局 
10万円が医療費控除のハードルだったんですよね(*_*;

でも セルフメディケーション税制を適用すると 
年間の医療費が10万円以下でも指定されたスイッチOTC医薬品の購入であれば 
条件が合えば医療費控除が利用できるところが大きな特徴みたいです。

ちなみに 
総所得金額等が200万未満の場合は 
「10万円」を「総所得金額等の5%の金額」と置き換えられますよね(^^)/

セルフメディケーション税制を利用するために必要な条件って 他に何があるかって言うと・・・

セルフメディケーション税制を利用するためには
(@tenchan18)

その2 スイッチOTC医薬品を購入した人

スイッチOTC医薬品って言うのは
医師の処方箋で出されていた医薬品が
成分は変わらないまま一般の医薬品に切替わったものだそうです。

それって具体的には
どんな医薬品なのかよくわかりませんよね。

なので
もうちょっと具体的に調べてみると

簡単に言うと「ちょっと効き目の強い薬」
という感じの薬だそうです。

最近 ドラッグストアなどを利用して薬を購入された方の中には
薬のパッケージに見慣れない下記のマークがあるのに
気付いた方もいらっしゃるのではないでしょうか。

このマークがスイッチOTC医薬品であることを表しています。

マークのない対象医薬品もあるので
実際には厚生労働省のホームページ(*2)
で確認されるのが確実ですね。

スイッチOTC医薬品を購入した領収書は
確定申告の際に必要になりますので
領収書を大切に保管しておきましょう。

(*2)厚生労働省セルフメディケーション税制対象品目一覧は定期的に更新されています。(2017年6月19日現在、1630品目)

では
実際にセルフメディケーション税制の効果って
どの位になるのか?

ネットで事例を探して
調べてみようって思います(^^)/

セルフメディケーション税制を上手に利用して健康と税金を取り戻す方法!

父の入退院から 
気になっているのが節税対策をするための
確定申告なんです。
(@tenchan18)

今年(2017年(平成29年))の1月1日から 
新しい医療費控除制度の特例が実施されたので 
節税対策として何が一番良いのかを知るために調べることにしました。

それが 
来年の医療費控除が
どんな感じに変わるのか
調べてみることにしました。

簡単に言うと医療費抑制の観点からみて
厚生労働省と国税庁がコラボレーションしたような制度って
言われているそうですが?

良く分からないので 
その仕組みと特徴について理解するとともに 
具体的な事例でどの程度の税金の控除を受けられるのかを調べてみます。

セルフメディケーション税制とは?

定期健診や予防接種を受けるなど一定の健康対策をしている人の場合 
軽い体調不良時にOTC医薬品を使用して健康を回復した時に 
一定額まで税金の控除が受けられる制度なんです。

今まで病院には行かずにOTC医薬品を使用して
自分で対処されてきた人には特に嬉しい制度って言えますね。

セルフメディケーションは 
世界保健機関(WHO)においては
「自分自身の健康に責任を持ち、軽度な身体の不調は自分で手当てすること」
と定義されています。

そのためには 
セルフメディケーション税制を利用するために 
最低でも必要な2つの条件があるそうです。

具体的に 
それが何なのか調べてみることにしました。

ちなみに 
OTC(Over The Counter)薬品って言うのは 
薬局・薬店・ドラッグストアなどで処方箋なしで購入できる薬のことで 
一般用医薬品等(一般用医薬品や要指導医薬品)とも言います。

セルフメディケーションを利用できる要件

その1 健康対策をしている人

健康対策の主なものは以下のとおりです。

・保険者(健康保険組合、市町村国保等)が実施する
健康診査(人間ドック、各種健(検)診など)

・勤務先で実施する定期健康診断(事業主健診)

・インフルエンザなどの予防接種

・特定健康診査(メタボ健診)または特定保健指導

・市町村が実施するがん検診

上記の健康対策のうち1つでも該当があれば 
利用できる要件を満たすことができるそうです。

思ったよりもハードルが低いと
感じた方が多いって思いませんか(^_-)-☆

自分の保障より相手への保障だけなら 個人賠償責任保険で十分ってことだそうですが・・・

そこで 
個人賠償責任保険について調べてみました。
(@tenchan18)

ちなみに 
その主な対象は日常生活において 
人をケガさせてしまったとか 
人のモノを壊してしまったというときのみ 
法律上の賠償責任をカバーします。

たとえば 
自転車事故をはじめとして 
不注意でコーヒーをこぼして友達のカバンをダメにしてしまったとか
ペットが友達の靴をかんでダメにしてしまったと言った 
かなり広い範囲の賠償責任を幅広く補償するための保険です。

ちなみに 
個人賠償責任保険というのは 
単独では加入できないので火災保険や
自動車保険に傷害保険や共済などに
上乗せの特約として加入するのが通常です。

そして 
同居などの生計を一にする家族の一人が加入していれば 
家族全員に適用されますので 
特約といっても守備範囲は広いですね。

その補償額は 
どのくらいあるのか確認知る必要があります。

個人賠償責任保険が補償するのは
実際の賠償責任額になります。

それに
生命保険は数社に生命保険料を支払っていれば 
もしものときの保険金も3社から受け取ることができます。

でも 
個人賠償責任保険は数社に入っていても
それぞれから保険金を受け取れるわけではないんです。

あくまでも 
実際の賠償責任額が上限になります。

結局 
重複して入っても無駄になるので 
火災保険や自動車保険に傷害保険や共済に付いている
個人賠償責任保険の上限金額を確認しておきましょう。

ちなみに 
個人賠償責任保険の上限金額って1億円の保険会社が多いんですけど 
自動車保険の特約では国内事故は無制限となっている保険会社もあります。

自転車事故の判決例を見ても 
最低 1億円を目安にして保険金額を
検討した方が良い
でしょうね(^^)/

三井住友VISAカード
ポケット保険 自由設計コース 初年度年会費無料!