「節税」カテゴリーアーカイブ

なるべくリスクを回避してお金を貯める「投資」の方法ってある?

ご存知かと思いますが 
メガバンクで1年満期の定期預金に100万円を預けると 
その利息はわずか100円だけです。
(@tenchan18)

と言うことは 
預貯金でお金を増やすのが難しいって思いませんか。

そこで 
現在では「投資」に挑戦したい人が増えているんです。

なので 
お金が貯めることができる人は 
投資をはじめる段取りができているってことになります。

とは言っても 
投資の元となるお金は必要になります。

そこで まずは貯金をして 
元手を貯める必要があります。

キャッシュを貯めてから投資スタート運用は 
プロにおまかせの投資信託からはじめ 
とにかくリスク分散させる必要があります。

そう考える貯金額の理想は 
月収の7.5か月分とします。

「生活費」として貯めて 
それ以上の「余裕資金」で投資を行います。

もしくは 
貯金をしながら投資を少額ではじめる
”並走”もよいかもしれません。

投資はリスクととなり合わせですから 
万が一マイナスになっても大打撃にならない
やり方をするべきだと考えます。

投資信託は 
多くの知識と時間、強運が必要な
FXや仮想通貨などとは違います。

運用をプロにおまかせできるますから 
投資をはじめるベストな選択なんじゃないかと思います。

そして 
「資産の分散」「地域の分散」「時間の分散」の
3つのポイントでリスクを分散させます。

国内外の株式や債券を日本、アメリカ、ヨーロッパなど幅広い地域で 
毎月積立る方法がおすすめです。

いま話題の「つみたてNISA」や「iDeCo」は分散しやすく 
はじめやすい投資制度だと言われています。

最後に お金を貯めている人が間違いなく心掛けていることについて

それは 当然かもしれませんが
「健康」を第一に考えることです。

健康でなければ 
お金を貯めるためのさまざまな行動ができないですし 
体調を崩して入院でもすれば かなりのお金がかかることもあります。

お金を貯めている人であればこそ 
しっかり食べ、しっかり運動し、ストレスを
貯めないように気分転換を心がけましょう。

結局 お金お金とやっきになる前に 
毎日の生活を豊かに過ごすことが 
お金を貯める第一歩だと思います(^_-)-☆

節約術でお金を貯める「買い物」の習慣とは? 続き・・・

続いて デビットカードを使って節約志向になる方法。
(@tenchan18)

決済後すぐに利用金額が口座から引き落とされる
デビットカードを利用することで 
現金と同じようにやりくりできるのも良いところですね。

または 
オートチャージの電子マネーではなく
プリペイド型のカードを使う。

使い過ぎを予防するために
利用上限額がチャージした分だけなるプリペイド型カードを
使って支出をコントロールする方法ですね(^_-)-☆

また 
別の考え方として 
やりくりのコツとして何にでも使っていい
「浪費」用の財布をつくる人もいるそうです。

浪費はいけないと思われがちですけど 
実はやりくり上手な人ほど
きちんと上手に浪費をしているそうです。

浪費だと意識して浪費することで 
ストレスも発散できてお金との付き合いも
上手になると言われています。

お金を貯めている人って 
こういう買い物の仕方をしているから 
ストレスなく貯めることができるようです(^^♪

保障別に加入してお金を貯める
「保険」には どう対処するの?

家計費のなかで「保険料」は 
毎月一定の支出が続く固定費に分類されますね。

つまり 一度見直すと それ以降は何もしないで
削減効果が維持できる支出の1つとも言えます。

なので お金を貯めようと考える人なら 
まず最初に見直しをしたい重要なポイントですね。

なので 保険について正しく理解する必要があります。

特に 間違いを起こしがちなのが 
貯蓄型の保険がお得だって思いがちなことです。

つまり 個人年金保険や学資保険といった
貯蓄型の保険を利用することがよいと
思っていることです。

正しく理解している人であれば 
『貯蓄は貯蓄、保険は保障』 
と切り離すことができるはずです。

金利の低い現在では 投資で資産を増やさないと未来が見えない?

マクロな視点で世間を見ると 
米国景気は利上げしなければいけないほど
絶好調だって言う事実もあるのが現状です。
(@tenchan18)

それに連れて 
日本の企業も好業績が予想されますよね。

米国トランプ大統領も日本の安倍首相も 
経済政策のカジ取りは間違っていないと思います。

日本経済は20年に及ぶデフレ不況を乗り越えて 
出口に向かっていると思います。

雇用も増えて株価も上がっています。

暫くの間は 
この日米の上昇トレンドは
いささかの変化はないと思います。

なので 
2018年の現状では2008年のリーマンショックのような
世界的な規模の災難とは違いますよね。

結局 
今回のような暴落って「後から振り返ると絶好の投資チャンスだった」
という風にも見えますね。

だから 若いうちから投資で資産を築くように努力していかないと 
明るい未来を描く最良の手段の一つとして持つことが
でき無いんじゃないかと思います。

目先の株価の乱高下を過度に恐れないで 
株について勉強してお金の教養や投資について
チャレンジしたほうが良いって思います。

2030年まで上昇の大波は続くのでは

2018年5月現在だと 
日経平均株価は2万2000円超です。

これは 民主党政権時代の低迷を思うと 
ビックリするくらいの復活劇ですね(^^♪

思い出すとバブル崩壊以降の「失われた20年」の間には 
7054円という歴史的な安値を記録したこともありましたからね。

この復調ぶりを推進したのは 
アベノミクスの効果じゃないかって思います。

2013年4月から「異次元の金融緩和」が始まって 
2015年6月、日経平均株価は2万円を突破しましたからね。

やっぱり 
景気回復せずに雇用対策も進まないってことが
良く分かりましたね(^_-)-☆

コツコツと貯める人は将来の貧困層なのか?普通預金の金利が最低ですからね(^-^;

様々な世間の出来事により 
今年2~3月の株価急落しました。
(@tenchan18)

将来にネガティブな見通しを
もつ投資家が結構いるようです。

でも このような暴落は後から振り返れば
絶好のチャンスだったことが多いのが 
株の難しいところですよね。

2030年まで上昇の大波は続くと言われてますので 
このマネーバブルに乗るべきって言う人が多いのも事実です。

最近見たニュースの中で「お金の教養」って言う
興味ある話が載っていたので 
その中身について調べて見ようと思います。

ある意味上昇トレンド途上の急落こそがチャンスの時!

2018年3月23日 週末の金曜日、日経平均株価は
一時1000円超の下げました。

最終的には 
974円安の2万617円で引けました。

マイナス4.51%になりました。

その日のNYダウも続落し 
424ドル安の2万3533ドルと
日米の株価が大幅安を記録しました。

米国トランプ大統領による対中国への高関税発令が 
世界貿易戦争の始まりと受け取られた影響で
世界同時株安を引き起こしたようです。

こんなときに 株高時代に知っておくべき「お金の教養」があれば 
「もう遅いのでは? これからは株高どころか、株価下落の時代が始まっているのでは?」
と思う方も多いかもしれません。

たしかに、このまま米中が互いに相手国製品に
関税をかけるということになると
当面株価は下落します。

世界景気の後退につながるし 
日本の輸出にも大きなマイナスとなると思います。

つまり 
株価の弱気材料がいろいろと想定されちゃいますよね。

なので 
今は多くの投資家が弱気になってしまって 
株を売っているんですが・・・

まず「生涯年収のイメージ」をもって「未来のイベント年表」の作成から。

「生涯年収のイメージ」を頭にいれた上で 
「未来のイベント年表」を作って 
年毎のイベントを書き出してみることです。
(@tenchan18)

いろいろ調べていく中で 
お金を貯める意義を表現するのに
一番印象的だなって思ったフレーズを
書き留めておきたいと思います。

「お金が重要だって思うのは 
やりたいときに、やりたいことができることを
可能にするモノだからです。」

人生イベントにかかるお金の準備ができていて 
かつ日々の生活が回っていれば「豊か」って言えますね。

なので 
漠然としたお金の悩みを解決するスタート地点として 
まず考えることは 『未来のイベント年表』を書いてみること」が
ポイントと言えるようです。

「赤字家計」を脱出するためには 
毎年1回「未来のわが家年表」を見直すこと。

そして 
人生の羅針盤として『未来のわが家の年表』を
作り上げることにつきるようです。

具体的には

「家をどこに、いつ買うのか?」

「子どもの教育は、公立にするのか、私立にするのか?」

等々ですね。

重要なのは 
具体的な将来計画を家庭運営の早い段階で
「考えてみる時間を持つこと」がポイントです。

家庭の経営者感覚で未来のヴィジョンを持って 
家計を付けるつことが大切なポイントなんだと思います。

そうすれば 
家計簿をつけ・節約を仕様って思うようですね(^_-)-☆

実際に Amazonギフト券をコンビニで購入してみました。

 

セブンイレブンには 2タイプのamazonギフト券が販売されています。

セブンイレブンで購入ができるギフト券には“バリアブルカード”といった便利なものもあります。

これは カードが貼ってある台紙の右上に1500-50000と表示されています。

そこで どのコンビニでamazonギフト券を購入するかが問題になります。

つまり どこで購入しても同じではないってことです。

実は セブンイレブンで購入をすると0円でギフト券を購入が可能なんです。

セブンイレブンで利用できるnanacoカードを上手く利用すると 0円でamazonギフト券を購入することも可能です。

セブンイレブンでamazonギフト券を買うお得な理由とは?

まず知っておきたいのが セブンイレブンで買えるamazonギフト券はどのようなものがあるのかということです。

コンビニごとに販売されているギフト券の金額はバラバラになんです。

購入できない金額があったりしますけど セブンイレブンの場合 すべての金額が購入可能です。

それに該当するのが バリアブルカードで そのカードを購入できることもメリットですね。

また 購入できるamazonギフト券のタイプは以下の2つあります。

カードタイプ

シートタイプ

2つのタイプがありますが それぞれ特徴があります。

税金はクレジットカードで払うのが スゴイお得なんですね(^^)/

毎日の生活で できるだけ現金支払いを避けて
カード払いにするようにしています。
(@tenchan18)

たとえば
毎朝買っているコンビニエンスストアのヨーグルトドリンクや
100円のコーヒーであっても カードで払うようにしています。

クレジット払いをする理由は特にありませんが
何より現金を出すのが面倒ですしポイントが貯まることですね。

そして 全てカードにすれば
カード明細で大まかな生活費がわかる
家計簿代わりになるからですね。

しかも 税金もクレジットカードで
払える地方が多くなってきました。

特に 昨年からは対象範囲が広がって
法人税や所得税もカード払いができるそうです。

ポイントも貯まるし
便利で良いと思いますけど調べてみると
良いことだけでは無いんですね。

デメリットを言うと
支払いの際に手数料が0.76%(プラス消費税)
かかることです。

例えば
法人であれば100万円の納税の場合8,208円となります。

となると
ポイントが付与されても税金の支払いに利用すると
ショッピングなどより付与率が悪くなってしまうでしょう。

私が使っているリクルートカードプラスで支払った場合
リクルートポイントが100円の利用につき2ポイント貯まります。

これは PONTAポイントに等価交換できるので
先日記載したようにお近くにローソンなど
利用できるショップがあればとってもお得に消化できます。

年間積み重ねれば
200万円くらいになるので
年に4万円くらいは無料で利用しています。

リクルートカードの利用にあたって注意しておきたいポイントがあります。

どんな事かと言うと
今年の4月16日からでもポイント還元率は据え置きなんですが
月間上限額が3万円に制限されます。
(@tenchan18)

こう言ったクレジットカードは改悪されることが良くありますので
自分の利用法に合っているなぁって感じたら
すぐに利用開始をした洋が良いと思います。

リクルートカードの2枚持ちができるかどうかを
リクルートIDサポートディスクに問い合わせした内容を
いかに記載いたします。

質問事項

リクルートカードを両方取得した場合
ポイントは合算できるのでしょうか?

リクルートカード会社からの回答

リクルートポイントは
お申込みいただいたリクルートID(メールアドレス)で
獲得することが可能でございます。

また
1つのリクルートIDで複数枚のリクルートカード入会をご希望の場合
リクルートカードVISA、リクルートカードJCBまたは
リクルートカードプラス 各カード会社から
それぞれ1枚ずつお申込みが可能でございます。

そのため
同じリクルートIDでVISAカードとJCBカードにお申込みいただいている場合、
1つのIDにそれぞれのカードが獲得されたポイントがたまります。

なお
《新規入会特典》は、
最初に入会されたカードでのみお受取りいただけます。

以上のような
回答を得ましたのでカードを2枚持ちして
ポイントを貯めることが可能なんですね(^^)/

ただし 特典は崔社のカードに付随してくるそうです。

なので
申し込み時 そのポイントを確認しましょう。

海外のネットショップに PAYPAL(ペイパル)を利用する理由とは・・・その5

まだ
試したことがないのでジットカード会社の
為替手数料で支払う方法の手順のみを
以下に記載しますのでご覧ください。
(@tenchan18)

PayPalの高い日本円の為替手数料(レート)
を安く節約する方法

PayPalでできるだけ安く商品を購入したいなら
この設定はぜひ覚えておきましょう。

PayPalではなくクレジットカード会社の
為替手数料で支払えば手数料を安く抑えられます。

PayPal利用時に為替手数料を安く抑えるには
PayPalが定める為替手数料ではなく
クレジットカード会社が定める為替手数料に
設定を変更して支払います。

PayPalに登録できるクレジットカードのブランドは
VISA、MasterCard、AmericanExpress、JCB
の4社です。

この4社の為替手数料は以下の通り。

ブランド 為替手数料

VISA 1.63%
MasterCard 1.63%
AmericanExpress 2.00%
JCB 1.60%

※カード会社によって若干異なる場合あり

4%近いPayPalの為替手数料に比べると
クレジットカードの為替手数料は
1.6%~2%とかなり安いです。

ただし
クレジットカードの場合は正確には各ブランドが
定める為替レートで算出した金額に対して
上記の為替手数料がかかってきます。

為替レートは若干上乗せされるため
正規の為替レートに上記の為替手数料を
加算した金額よりも高くはなりますが
それでもPayPalの為替手数料に比べれば
クレジットカードの為替手数料の方が安いです。

Paypalの為替手数料を節約するステップ

まず ebayから適当なものをカートに入れて
Paypal支払いにチェックを入れて進みます。

そうすると
Paypalの支払画面に入りますので
画面の中に以下の項目が出てくるはずですので
「その他の通貨換算オプション」をクリックします。

「その他の通貨換算オプション」の画面内で
「売り手の請求書に記載されいている通貨で支払う」の
オプションにチェックを入れて「続行」または「送信」します。

以上で
クレジットカードの決済手数料で
支払いが行われます。

ただし 為替レートの決定タイミングが異なるので
為替レートの変動次第では、
確実に節約できるかどうか分かりません。

カード会社のレートを使うとレート決定が
数日程度遅れるみたいでからすね。

また 海外のショップで買い物をする際には為替手数料だけでなく
為替レートも支払い総額に大きく影響しますので
実際に購入する際は各社の為替レートも
確認しておきましょう。

セルフメディケーション税制を申告するのに 考えておきたい重要なポイントとしてもう一つは・・・

去年 父が入院したことを
きっかけにして医療費を室ぜいするために
調べたんですが・・・

節税のために 
どちらの生成で申告するかって言うことですね。
(@tenchan18)

つまり 
セルフメディケーション税制を選ぶか 
それとも従来の医療控除を利用するのかって
ことになります。 

何故なら
従来の医療費控除とセルフメディケーション税制の
同時利用ができないからなんですね。
(どちらかを選択することになります)

なので
スイッチOTC医薬品の購入代金に関わる分を 
従来の医療費控除制度とセルフメディケーション税制の
どちらを利用するかは申請者が選択しないといけないんです。

なので 
実施に試算して減税の高い方を選択することになりますね。

例えば 
OTC医薬品購入額5万円 
病院にかかった医療費と医薬品(OTCでない)が8万円
(保険金等の補てん分控除後)とします。

以前の医療費控除であれば

5万円+8万円-10万円=3万円 
が対象額となります。

それに対して 
セルフメディケーション税制を利用すると

5万円-1.2万円=3.8万円 
が対象額となります。

結果としては 
セルフメディケーション税制を選択した方が
対象額は多くなるので コチラを選びましょう。

ちなみに 
このセルフメディケーション税制って 
2017年(平成29年)1月1日から
2021年(平成33年)12月31日までの期間限定の制度
なんですよ。

なので 
この期間内 
つまり今のうちにセルフメディケーション税制がどんな制度なのかを知って 
健康対策をすると共に節税対策をしましょうね(^^)/