「片付け」カテゴリーアーカイブ

会社帰りに 趣味に利用する道具を預けるのに困った時に利用したのが・・・

ちなみに トランクルームを借りるようになった切っ掛けは・・・
(@tenchan18)

私の場合 会社のそばのトランクルームのロッカータイプの物を借りて
アフターファイブの趣味のための品物を収納しておいたこともあります。

ロッカールームに荷物が置けるようになって
利用しなくなりましたが。

考えてみると
人によって色々な利用方法ってありますよね(^_-)-☆

そう言えば
最近 地震が都心でも時折発生しています。

なので
トランクルームを自宅近くに借りておくって利用法もありますね。

そうすれば
災害の時にも避難場所にもなるし
家族の集合場所として利用することもできますからね(^_-)-☆

さらに
家族が集まるトランクルームに防災グッズを保管しておけば
いざという時にとても助かりますよね。

この場合は
屋外型でも良いかもしれないです。

では トランクルーム(屋内型)には
どんな利用法が良いのか私なりにまとめてみました。

トランクルームにも
屋外にあるコンテナタイプ以外にもビル一棟や
マンションの共有部分などに作られた屋内型もあります。

一般的には トランクルームというと
屋内型の収納スペースを指します。



屋内型トランクルームの良いところは
24時間防犯カメラや監視カメラなどの設備があるので
警備システムが万全だって言うところですね。

さらに 空調設備が整っているところも多いので
気温や湿度に左右されないデリケートな衣類や美術品、
コレクションなども安心して預けたい人には合っていますね。

ただ
屋外型に比べると料金がやや高いのがデメリットです。

なので 利用するには

どのような品物を保管しておくのか

どのくらいの利用期間なのかなど

自分のニーズに合わせるとともに
収納サイズや地域、立地などを考えて
適切な収納スペースを選びたいですね。

部屋の荷物が増えてきたので 実家に預けようって思ったんですが・・・

部屋に荷物が増えて
どうしようかなぁって思ったんですね。
(@tenchan18)

そこで
実家に荷物を預けた場合 取りに行くのが面倒ですよね。

 

なので
トランクルームを借りようかなって思ったので
どんなトランクルームがあるのか経済的な面からも調べてみました。

すると
屋外型と屋内型トランクルームがあって
それぞれメリットとデメリットがあるんですね。

最近では
日本全国どこででも見かけるトランクルームがあるので
一度使い始めると その便利さに「なかなか解約することができない」
という人も多いようです。

とは言っても
タダで利用できるわけじゃないので
月々の使用料も考えて利用したいですね。

まずは
その費用対効果について ちょっと調べてみることに・・・

たとえば
トランクルームを借りている人は
一体どのような目的で利用しているのか?

まず
トランクルームの利用には
どんなメリットやデメリットがあるのかを
まず調べてみました。

トランクルームのメリットとデメリットとは?

トランクルームを利用する最大のメリットって
使わない荷物などを気兼ねなく保管しておくことが
できるという点ですね。

それ以外にも

個人の趣味のもの

たとえば
今は使ってなくてもいずれ必要になるかも
と思って取っておいても 家族やパートナーから見れば
邪魔に感じる場合がありますよね。

引っ越しや家のリフォームなどで一旦大量の荷物を
収納したいという場合も 敷金や礼金を支払って
アパートを借りる必要はないですからね。

荷物だけはトランクルールに収納しておけば
人間だけはウィークリーマンションや
マンスリーマンションに移れば
費用を大幅に削減することができますね(^_-)-☆

等々 色々な利用法が考えられますね。



私の場合は
季節に数回しか使わないような家電や衣類
バッグなどクローゼット代わりに利用可能ですので
スッキリ快適に暮らすために利用しようかと・・・

父が入院したときに実感したことは 実家のことは何にも知らないんだなぁ!ってこと

父が退院して 約3か月経ちます。
(@tenchan18)

私の両親は まだ亡くなるって言う年齢ではないですが
病気で入院することが多くなってきた年齢です。

なので 最近 実家のことが気になっています。

実家には 私にとっては不要なものが多くて
不謹慎だとは思いますが 両親が無くなったのち
自分一人で片付けるのは大変だなぁって感じ始めています。

それに・・・

父が入院したときに
片づけを今のうち始めないとなぁって思うことがあります。

親が亡くなってからでは
何もわからないまま手が付けられないことが多く
大変なことになるんじゃないかなって思います。

何しろ
物を捨てるのはもったいないって考えている思いが
かなり強うそうですからね。

たまに 実家に帰って 押し入れや納戸を見ると
使いもしない贈答品や買いだめしたまま忘れ去られている物が
たくさんあるんです。

そう言えば 物を片づけたり捨てたりすることを
面倒だって思うことが多そうです。

だから
家の中が乱雑になってきがちなように感じます。

でも 片付けようとすれば
勝手に人のものを捨てるなって感じで拒否されますからね!

私から見て 家の中が乱雑であっても
日常生活には本人たちはとくに生活に不自由を
感じているわけではないでしょうからね。

なので
「家を片づけよう」って言われると
自分たちの生活が否定されるように感じるんですね。

でも
どう考えても生きているうちに片づけを始めないと
いけないって思います。

子供から見ると
遺品のほとんどは不用品ですから
処分に際して時間と費用がかなり掛かりますよね。

私の友人に
そんな状況にあった人がいて
親が残した物の処分に産廃業者を依頼した時に
不用な家財道具を処分するのに500万円もかかったそうです。

これは 特別なんだと思いますが
それでもかなりの費用が掛かりそうです。

少なくとも
不用品を廃棄物として処分すると
数十万円の費用は掛かりそうです( ;∀;)

もっと大変なのが 重要書類の所在ですね。

預金通帳と印鑑類や有価証券類や保険証書類に
家の登記簿謄本や各種契約書類などです。

これらは
目につかない場所に分散して保管されていることが多いので
死んでから探すのって苦労しそうです。

たとえば
銀行預金などの場合 当人が死亡すると口座が凍結されて
一銭も引き出せなくなります。

さらに
口座の凍結を解除する手続きにも
かなりの手間がかかるそうです。

それは 親が亡くなった時に限らず 病気で倒れたとか
認知症になった時でも 似たような状態になりそうですね。

今回
そんな事態になって本当に大変でしたので
実感しました(@_@)

それで
とりあえず一緒に重要書類等がどこにあるかを共有
することにしています。

やっぱり
専門家の方に相談すると対応が早いですね(^^♪

 

 

シンクの水詰まりは どうなったのかって言うと・・・

今日は 仕事を早く帰ることが出来たので
先日試すと言ったシンクの詰まりを治す方法を
試してみました。(@tenchan18)

始めるにあたって シンクの線をする不要になった布を
用意するだけですので準備はとっても簡単です。

排水溝のパイプを出して そこに不要になった布で
栓をします。

そして 下記の画像の用にお湯をいっぱい溜めます。

貯めることができたら 一気に水を流すために布を
瞬間的に抜きます。

試す前には まったく期待していなかったんですが
真紅の深さの分だけ暑が掛かって排水の流れが
良くなったような気がしました。

そこで 同様の作業を再度繰り返すことにしました。

そうすると 軽めに渦を巻いて排水されるよう
になったんです。

さすが プロの言っていることは本当なんだって
思った次第です。

つまり 私の家のシンクの水詰まりは排水管内の
汚れが少しづつ溜まっていったことになるようです。

なので これからもパイプクリーナーと今回試した
浄化方法を試すことを続けていけば
解消されそうです(^^♪

 


今回はテレビの画面が汚れを掃除する方法を
探ってみます。

まず 画面の拭き方のコツと注意点を調べてみます。

テレビ画面は画面が指紋等でベトベトですね!

高価で高画質のフルHDや4Kテレビであっても
画面が汚れていては勿体ないですね。

画面を良く見ると 指紋や皮脂が付着して
ベトベト汚れが気になりますよね。

そんな時に
乾いた布やティッシュで拭っても汚れは
広がっちゃいますよね。

でも クリーナーや濡らした雑巾の使用などの誤った
クリーニングを行うと機器を傷めてしまう危険性が
大きいそうです!
もし 市販のガラスクリーナーや洗剤を使うと
溶剤や研磨剤などが含まれているケースが多いとか。

つまり テレビ画面の繊細なコーティングを剥いだり
フィルターを傷つけたりする可能性があるので
絶対に使用しないことが重要です。

なので テレビ画面の掃除は慎重に行いたいですね。

家の中を少しでも綺麗にすると気持ちが良いもんですね(^^♪