カテゴリー別アーカイブ: 旅行

免停にもいろいろあって 処分が軽いと1日免停ってこともあるようで その対処方法は・・・

実は
知り合いで免停になってしまった知人がいます。
(@tenchan18)

 

免停期間30日なんだそうです。

 

でも
今の免許書制度では
講習を受けて成績がいいと
29日免停期間が短縮されるそうですね。

 

その免許証が返ってくるまでの工程は・・・と言うと。

 

簡単に言うと
免停になる日に講習を受けて29日短縮できるますので
次の日からは運転していいというってって言ってましたが??

興味があったので確認してみることにしました。

ちなみに
30日間の短期免停って
一番軽い免許停止処分なんだそうです。

 

なので
通知で指定された出頭先に出頭して
そこで免許証を預けてから
免停処分は始まるんです。

 

もちろん
車で出かけないようにしましょうね(^_-)-☆

 

30日免停の場合は
そのまま出頭先で夕方までの時間の間
停止処分者講習を受けることができるとか
(受けずに帰る事もできるようですが)。

 

そこで
その効果はって言うと

 

この講習を受けると
免停期間が29日間短縮されます。

つまり
免停はその日だけになって
帰り際に裏面に当日が免停である旨が記載された
免許証を返されるんだそうです。

 

なので
翌日から車を運転することができるってことですね。

 

ただし
日付が変わるまでは免停なので
帰りに車を運転すれば無免許運転になっちゃいますね(^^♪

 

その講習の内容ですが
30日免停の停止処分者講習では一応テストのようなものは行われますけど
基本的に「不合格」となることはなくて
全員が29日短縮になるとか。

 

もちろん
居眠りしていたり暴れたりすれば会場から追い出されますから
講習を終了しなかったことになって預けた免許は
30日経つまで返ってこないようですから
しっかりと講習を受けましょうね(^^)/

 

ドライブ中にsiriを使いこなすための必需品 これがあると快適にiphoneを利用できて楽しいドライブを。

運転中に調べたいことや操作して欲しいことがあっても
スマホを触れませんよね。
(@tenchan18)

たとえば
流している曲を変えるとか
天気や道を調べたりできたら
便利だと思いませんか?

そんな時に役立つのが
『Siriリモコン』です。

このリモコンをハンドルに取り付ければ
ハンドルを握ったままiPhoneの操作が可能になるんです。

これで
運転中でもiPhoneの操作ができます(^^)/

 

 

『Siriリモコン』をハンドルに付けて
iPhoneを使いたいタイミングでポチッとボタンを押すと
連携しているiPhoneのSiriが起動します。

あとはSiriに指示をすれば
iPhoneの操作ができます。

Siriを使うことで
「音楽を再生」
「電話をかける」など
さまざまな操作が可能になりますよ。

利用してみると分りますが
運転の邪魔にならないですね

直径40mmまでのハンドルに取り付けられる
『Siriリモコン』は運転の邪魔にはなりませんね。

それに
取り付ける場所も自由ですから
自分のドライビングスタイルに
合わせて取り付けることができます。

使ってみると本当に便利だって
分かると思いますよ(^^)/

 

 

siriなら 日にちに該当する曜日も簡単に教えてくれますね。

曜日を調べることもできます。
(@tenchan18)

 

その方法については・・・
例えば
Siriに「12月25日は何曜日?」と話しかけるとします。

すると
その日の曜日を教えてくれますよ(^^♪

なので
予定を計画している時に
日付と同時に何曜日かチェックするのも簡単です。
と言うことは
時間や日付の計算も可能ってことなんですね。
たとえば

今から14時間後って何時?とか

30日後って何日?とかも

Siriはそんな時間の計算も教えてくれますよ!

たとえば
「今から〇〇時間後(分後)は何時」と
話かけるとその時間を教えてくれるし

「〇〇月〇〇日から〇〇日後」と
話しかけるとその日付を教えてくれちゃいます。
これなら
カレンダーを見ながら計算するなんて
面倒なことをするよりも
Siriに聞いたほうが簡単で速いですよね。

 


Siriなら
日付や時間に関することまで
すぐに知ることができますよ(^_-)-☆

そして
Siriは計算も得意です。

為替レートを計算もして貰えます。

利用法は Siriに「50ユーロは何円?」
と聞くだけで
為替レートを計算してくれます。

割り勘したいは
「8740円を4人で割って」などと言えば
一人あたりの金額を計算してくれます。

映画を調べる ことも・・・

なので
Siriに「2000年に公開されたアニメ映画を教えて」と
話しかけます。

それだけで
気になる映画を調べてくれます。

 

見る映画を探すときに
利用すると良いですね。

カーナビのように目的地までの経路も道案内もしてもらえるような利用法が siriでも可能なんですよ(^_-)-☆

その言葉は
「ここまでの道順」と話しかければOKです(^^♪
(@tenchan18)

まず
Siriに行きたい場所までの経路を
検索してもらいます。

「ここから(場所)までの道順」や
「(場所)から(場所)までの道順」でも
検索できます。

 

また
「ここから(場所)までの徒歩での経路」というように
移動手段を同時に伝えておけば
「マップ」アプリで表示される検索結果も
対応する画面が表示される。

その道順の音声ナビ機能も
Siriから直接起動できます。

場所を指定して
「◯◯までナビ」と話しかければ
標準マップアプリが起動して
そのまま案内が始まりますよ(^^♪

「ここから自宅までナビして」

「一番近くのコンビニまで連れてって」

って 感じですね。

ただし
残念なんですが現状では日本国内の場合
自動車と徒歩での案内にしか
対応していないようです。

でも

車のナビとしては声だけでも道案内としては
運転中などの利用にも便利ですね。

カーナビとして使用する場合に便利な機能ですね。

移動手段を「車で」と付け加えて言えば
自動的に経路案内が開始されますからね(^^)/

乗換案内を利用するには
まだ直接案内はしてもらえそうではないですから
以下のような手順になりますね。

まず
一度「google検索」として
検索画面を立ち上げて
から

「船橋から 上野まで」と話しかけると
路線案内を教えてくれますね。

これは
とっても残念ですが
マップ機能がまだ電車案内に
対応していないからでしょう(^^)/

 

 

スマホに入っているアプリもsiriから起動させることができまから 生活の中でsiriを利用する機会も多いってことになりますね!?

料理をしているときに
レシピアプリを開いて
調べるなんてこともできます。
(@tenchan18)

 

「○○を開いて」とたずねると
「○○」に該当するアプリケーションを起動します。
そのほかの話しかけ方としては

「ストップウォッチを開始」

「クラシルを起動」

知りたいことを尋ねると
Wikipediaがその情報について表示されます
Siriに
「○○って何?」「○○について教えて」とたずねると
その「○○」に関する情報をWikipediaからの内容が
表示されるんです。

そのほかのフレーズとしては

「太陽系について教えて」

「ロンドンの人口はどれくらい?」

「源義経の生年月日は?」

「高尾山の高さは?」

そんなことも
出来るのでテレビでのクイズコーナーの質問にも
すぐ答えることができますよ(^^♪

また
株を買っている人なら
気になる株価をたずねることも
可能だそうです。

 

ちなみに 「○○の株価は?」とたずねると
「○○」という企業についての株価を表示します。

そのほかのフレーズ

「ヤフーの今日の終値は?」

「日経平均の調子は?」

「今日の株式市場は?」

「今日のナスダックは?」

なんてことも
簡単に知ることもできます(^^)/

 

電話しか持っていない人にも LINEを使わなくてもsiriで簡単にメッセージを送ることも・・・

まだスマホを持っていない友達にも
メッセージを簡単に送信することもできます。
(@tenchan18)
連絡先内の人名に「○○と伝えて」と話しかけると
「○○」の内容でメッセージを作成し送信できます。

もちろん
先ほどと同様に連絡先内の人名には
振り仮名がふってあることがSiriには必要です。

今回も
電話と同様に連絡先に「父」「パートナー」「姉」などの
関係を登録している場合は
それも判別できます。

つまり 「人名・関係+メッセージ内容」を伝えればOKですね。
なので

「妻に 今日は遅くなると メッセージ」

「太郎に お土産ありがとうという テキストを送る」
また
「新規メッセージを作成」
(Siriのガイドに従ってメッセージを作成することができます)

 


毎朝 出掛ける前に
お出掛け先の天気を調べることができます。
それも siriなら簡単です。

ただ「今日の天気は?」と話しかけるだけで
現在地の天気を1時間ごとに表示してくれます。

ほかにも 日にち、曜日、地名を
含めてたずねることによって
世界各地の天気、降水確率、気温を
調べることができちゃいます。

ただし
iPhoneで位置情報の利用をSiriに
許可してないといけませんが(^^♪

たとえば 以下のように
話せばいろいろ知ることができます。

「明日の天気は?」「来週の天気は?」

「名古屋の水曜の天気は?」
「ニューヨークの月曜日の天気は?」

「北京の日の出はいつ?」

「今日は傘がいる?」
「気温は?」

 

そんな感じに話しかけるだけで
知りたいお天気情報を知ることができます。

これなら
無駄にテレビを付けておく必要が
ありませんね(^_-)-☆

リマインダーを利用する機会って 考えてみると普段の生活の中でも結構あるもんですね!?

あるサイトで気になった記事やメールも
リマインドに対応しています。
(@tenchan18)
ただし「Safari」のみになりますが。

どういったシーンで利用するかって言うと
ニュースサイトを読んでいて
見つけた記事をあとでゆっくり読みたいけど
そのまま忘れてしまいそうってこともありますよね。

そんなときはリマインダーを
設定すると便利ですね。

後で時間を見て読むことができますからね(^^)/
設定方法は簡単です。

リマンドしたいページを「Safari」で開いた状態で
Siriを起動した状態にします。

「このページをリマインド」と言えば 
リマインダーに登録する準備をしてくれるんです。
リマインダーの設定時に
「明日の昼にこのページをリマインド」と言えば
翌日の正午にリマインドしてくれます。

 


連絡先に登録してある特定に人に電話
したいって思います。
そんな時にとっても便利ですね。

「○○(人名)に電話」と話しかけるだけで
連絡先内の人物に通話を発信してくれます。

ただし 注意があります。

いきなり発信するってことですね。

事前に
連絡先内の人名は振り仮名が
ふってある必要があります。

そうでないと
Siriが判別できませんからね。

連絡先に「父」「姉」「妻」などの関係を登録しておけば
siriが判断してくれます。
また
連絡先に複数登録しておいた場合は
表示された電話番号を選択する画面になりますよ(^^♪

iPhoneを利用した乗り過ごし防止策として、まずは思いつくのはアプリの活用としては・・・

乗り過ごし防止系のアプリってたくさんありますよね。
(@tenchan18)
たいていのアプリは
時間を割り出し該当時間にアラームを起動させる
といったタイプとなっているものが多いですね。

ほかには
GPS機能を利用してアラームを鳴らしてくれる
アプリなどもあって これらを利用するのも
ひとつの手段ですね。
そんなアプリを利用するのも便利なんですが
もっと手軽にできるものはって思っていて利用できるのが
iOS標準の「リマインダー」機能じゃないでしょうか。
リマインダーって言うのは
TODOやカレンダーを管理するアプリと似てますけど
標準搭載であってもあまり使うの機会ってなかったんですね。

でも
このリマインダーを使って乗り過ごし防止にも
利用できるんですよ(^^♪
手順としては
まず最寄り駅などをiPhoneの「連絡先」に登録します。

 

 

駅の住所を「連絡先」に登録するには
「マップ」アプリで登録したい駅を探して
詳細画面を表示させたのち「既存の連絡先に追加」を
タップします。

 

 

連絡先の中から自分のものを選んで
登録すればOKです。

このとき
ラベル名はカスタムラベルで呼び出しやすい
駅名に変更しておきます。
あとはSiriを起動し
「○○駅に着いたら“着いた”とリマインド」と
言えばOKなんです(^_-)-☆

これで登録した目的の駅に近付けば
自動でお知らせしてくれるはずですよ。

登録の設定は1度やれば大丈夫ですから
Siriに話しかけるだけなので
万が一眠くてしょうがない時でも
簡単に設定できるのもありがたいですね。

ただ とっても残念なのが
この方法はバッテリー消費が多いって言うところですね(-_-;)

ゴールデンウィークに遠出をして 西日本で楽しむテーマパークは「USJ」だけ? スリル満点の景色や乗り物がある近辺の施設は・・・

まずは ひらかたパークですね。
(@tenchan18)

ここは
岡田准一さんが推すテーマパークです。

場所は
大阪府枚方市にある“ひらパー”こと「ひらかたパーク」は
夏はプール、秋はイルミネーション
冬はスケートが楽しめるテーマパークなんです。

毎年100万人を超えるほどの人が訪れ
テーマパークとしては「ユニバーサル・スタジオ・ジャパン」に
ついで大阪府では2位の集客量なんだそうです。

ついで
琵琶湖で天空ウォークが楽しめる
「びわ湖バレイ」が楽しそうですね。

ここでは
琵琶湖の絶景や山遊びが楽しめる
「びわ湖バレイ」もあります。

滋賀県大津市にある本格的なマウンテンリゾート施設です。

何しろ
360度ガラス張りで琵琶湖の絶景を楽しむことができる「ロープウェイ」なので
山麓駅から山頂まで高低差およそ780mを日本一のスピード秒速12m
(4月~11月の観光シーズンは秒速7m)で運行しています。

さらに
標高1,100mの山頂ではスリル満点の
天空アドベンチャーが体験可能なんですね。

普段とは違うロマンチックで
スリルある体験をすることができますよ。

家族連れにイチオシなのが
「ナガシマスパーランド」ですね。

今年は
レゴランドジャパンが近くにできたので話題性は奪われましたが
対象とする年代が違うのでたくさんの人が訪れるでしょう。

それに
ナガシマスパーランドって
実は超すごいんですよ(^_-)-☆

場所は
三重県桑名市にあって
東京ディズニーリゾートに次ぐほどの敷地面積を持つという
大型アミューズメントパークなんですね。

とくに有名なのは
西日本有数の絶叫マシンがたくさんあって
絶叫マシン愛好家からは「東の富士急、西のナガシマ」と
言われるくらいなんですね。

何しろ
園内には大小10種類以上のローラーコースターがあって
設置数は日本一じゃないでしょうか。

中でも
「スチールドラゴン2000」って言うのは
世界最大級のローラーコースターとして有名です。

最高部の高さ97m、最大落差93.5mはどちらも日本一で
走路全長2,479mは世界一を誇っています。

なので
日本一怖いといっても過言ではないこのコースターに乗ってみると
スチールドラゴン2000楽しすぎて何回でも乗りに行きたいって思いますよ。

何といっても
観覧車よりも高い所から角度68度で一気に落下するスリルといったら
一度味わったらやみつきになるのも納得できますよ(^^)/

ゴールデンウィークに 日本人初のレゴ®認定プロビルダーが子供にレゴの楽しさを倍増させるイベントが日本各地であるんですよ(*^-^*)

今年 名古屋にレゴランドがオープンして
やっと東海地方にもディズニーランドのような
アミューズメントパークが誕生しました。
(@tenchan18)

今年は その楽しさを盛り上げるためなのか 首都圏10施設のららぽーで テーマパーク“LEGOLAND® Japan”とのタイアップイベントが始まるんだそうです。
ちなみに
「レゴの春のフェスタ in ららぽーと」って言う
イベントなんですが 4月29日(祝・土)から
5月7日(日)まで実施されます。


このイベントは
“LEGOLAND® Japan”のオープンを記念して
行われるんだそうです。

ララポートではレゴ®ブロックラリーやレゴ®ブロックの
ワークショップなどといった
昔から幅広い年代から親しまれてきたレゴ®ブロックを
使ったコンテンツが多数用意されるそうです。

イベントが開催されるララポートは TOKYO-BAY、横浜、
豊洲、新三郷、富士見、海老名、立川立飛、柏の葉、
湘南平塚、磐田の10施設なので
たくさんの人が音づれるでしょうね。

特に 全施設共通しているのが「レゴ®ブロックラリー」と
「レゴ®ブロックワークショップ」、
「レゴ®ブロック<ミニセット>プレゼント」
行われるって言われています。

 

 

イベントの内容の一部として

「レゴ®ブロックラリー」
館内のラリーポイントで集めたレゴ®ブロックを
自由に組み立てオリジナルの“アヒル”を
つくりあげることができるようです。

各館
1日につき1500セットが用意されて
10時から18時まで行われる予定だそうです。
「レゴ®ブロックワークショップ」は
キッズクラブ会員限定のイベントだとか。

日本人初のレゴ®認定プロビルダーである
三井淳平さんによる
こどもの日にちなんだレゴ®ブロックの兜を
つくる催しがあるようです。

期間中に各施設1日のみ実施される予定で
1回30名限定で1日4回実施予定なので
かなりの混雑が予想されますね(^_-)-☆
「レゴ®ブロック<ミニセット>プレゼント」も
キッズクラブ会員限定で
人気シリーズ「レゴ®シティ」などの<ミニセット>が
各館1日200セットプレゼントがあるようです。

全部で
6種あって10時から18時まで行われる予定なんだとか。

他にも
各施設オリジナルのコンテンツも実施予定だとか。

ちなみに
TOKYO-BAYでは巨大パークジオラマが登場して
TOKYO-BAYと新三郷、立川立飛、湘南平塚では
無料でレゴ®ブロックが楽しめるプレイエリア
もあるようです(^^♪

今年のゴールデンウィークは
レゴランドにかなりの注目が集まるだろうし
レゴ®ブロックで楽めそうですね。

 レゴランドで愉しもう