カテゴリー別アーカイブ: 家電

映りの悪くなったテレビに 地デジブースターは必要? その1

実家の話なんですが 
最近移りが悪くなってテレビアンテナを付け替えることになって 
業者に依頼したところ工事・取り付け費で15,000円は
掛かるって言われたそうです。

暫くは 
我慢して見続けるそうですが 
その間 アンテナ関連のことを調べて見ることにしました。

分配器と同じくらい露出の多いキーワードが
【ブースター】という単語なんです。

その意味は 
直訳では「後押しするもの」って意味なんですね。

専門用語としては 
アンテナの付属品としては『増幅器』
って言う意味なんです。

つまり 
テレビ信号を増幅することができるものなんです。

調べていくと同じように目立つ用語なので 
ブースターを分配器と共に設置している人も
多いんでしょうね。

つまり 
地デジアンテナの設置は 
地域によってはブースターが必要なものなんでしょう。

そこで 
私の実家のようにアンテナ交換を検討している方は
ブースターについて調べますから 
必要かどうかの参考にして貰えれば幸いです(^^♪

まずは 
一般的にブースターの設置が必要な場合とは?

一つ目は 発信基地の電波が弱い場合

もともと発信基地の電波が弱い地域であれば 
ブースターの設置が必要なようです。

二つ目は 地デジの受信電波が弱くなったとき

特定チャンネルが視聴できなくなって
映りが悪くなったという症状がある場合です。

その原因が受信電波が弱いことで
引き起こされているかもしれません。

そこで 
ブースターを利用して受信する電波を増幅し
きれいな映像を視聴できることがあるとか。

三つめは 複数台のテレビを使いたいとき

ご家庭で複数のテレビを視聴する際も
ブースターが必要になる場合があります。

複数台のテレビを視聴するためには
分配器を使用しなくてはいけませんが 
それに合わせてブースターの設置も必要です。

分配器で電波を分配すると弱くなってしまうから 
ブースターで電波を増幅させてこれを補う必要があるそうです。

アンテナブースターランキング

四つ目 建物が受信の邪魔になっているとき

はじめは問題なく視聴できていたのに 
近くに大型ビルが建ったらテレビ映りの
調子が悪くなってしまったというケースもありますね。

そんな時は 
ブースターの設置を行うことにより
解消できることがあるそうです。

今の住まいは 
その為ケーブルテレビになってますが(^-^;

AMAZONアレクサアプリの利用法を考えてみる その4

赤外線リモコン機器と連携して
amazon echoを利用する方法

(@tenchan18)

Amazon Echoからは
Wifi接続されたAlexaに対応した
家電の操作が可能となります。

このスマートホーム対応機器は
「Wifi機能がついたもの」が基本となります。

とは言っても
日本では赤外線リモコンで操作する家電
がほとんどでなんすよね。

テレビ、エアコン、照明・・
などもそうですね。

そこで
そういった赤外線リモコン機器も操作可能にする
「スマートリモコン機器」
もあるんです。

たとえば
以下のような製品です。

ラトックシステム スマート家電コントローラ スマホで
家電をコントロール
外出先からいつでも自宅の家電製品を
遠隔操作できる機能です。

【AmazonAlexa対応製品】

RS-WFIREX3

こういった製品を利用すると
Amazon Echoを介してテレビ・エアコン・照明
などの赤外線リモコン機器操作も可能となって
より便利なスマートホーム化が可能となるそうで
以下のような操作が可能になります。

Amazonアレクサアプリの利用法を考えてみる その1

スマートスピーカーを利用するには 
スキル開発を基盤にして開発しているので 
これを利用するのが手っ取り早く最良ですね。
(@tenchan18)

というのは 
もう既にしっかりと整備されているからなんです。

つまり 
海外ではスマホでアプリが多く開発されできるからで 
爆発的に利用者が多くなったのはAmazon Echo(Alexa)
のスキルによってできることで 
格段に広がっているんですね。

日本では 
すでに発売時点で250個以上のスキルが利用可能で 
英語版なら既に2万個以上のものが
利用可能となっています。

この拡張機能数は 
他社AIスピーカーと比較しても
ダントツに多いのがAmazon Echoの
大きな強みの1つです。

そこで 
私の利用しそうなスキルでできることについて
調べて見ようって思います。

銀行残高・入出金を確認する方法

お使いの銀行スキルで 
銀行の残高や直近の入出金明細の
確認が可能です。

WEBサービスにログインって意外と面倒ですし 
ATM等に行く必要もなくけっこう便利です。

確認するには 
基本PINコード(4桁の数字)を伝える形で
簡単なセキュリティ対策がされています。

三菱東京UFJ銀行、みずほ銀行、三井住友銀行、
住信SBIネット銀行などでは利用できます。

これは 
LINEでも利用可能な機能の
応用見たいですね(^^♪

アレクサアプリ(Amazon Alexa)の設定を もっと知ろう その3

ルーチンの設定方法について
記載しようって思います。
(@tenchan18)

ちなみに
ルーチンって言うのは
お気に入りのコマンドを組み合わせて1つのコマンドを作成したり
定期的に実行するコマンドを設定することが出来るんですね。

それに
ルーチンでは 既に登録されているメニューをタップして
コマンドから実行することもできます。

また
ルーチンの編集方法は 長くタップすることです。

ルーチンの実行と編集について

ルーチンの追加

ルーチンは
「きっかけ」と「動作」を登録すると
きっかけに基づいて複数の動作が実行されます。

 

設定方法は以下です。

(1)ルーチンを追加するには
ルーチンメニュー右上の+ボタンをタップします。

(2)「きっかけ」を設定します。

「きっかけ」をタップして
「音声コマンド」もしくは
「スケジュール」を設定します。

ちなみに
ルーチンのきっかけを登録するには

音声コマンドとは
話しかけるキーワードを設定すれば
そのワードが実行されますし
スケジュールを選択すれば
時間を指定して実行することが可能になります。

(3)次に動作を設定します。

ルーチンの動作を追加を設定して
ニュース・天気・スマートホームが実行されます。

ちなみに
ニュースはフラッシュニュースが再生されます。

ただし
個別のニュースソースの指定は
今のところは不可だそうです。

そして
天気予報が再生されます。

(4)最後に 作成をタップされれば完成されます(^_-)-☆

アレクサアプリ(Amazon Alexa)の設定を もっと知ろう その1

今回は 
具体的なAmazon Echoの各種設定について
調べることにしました。
(@tenchan18)

具体的なAmazon Echoの各種設定について
調べることにしました。

スマホのアレクサアプリ(Amazon Alexa)で
実施することができるのは承知のことと思います。

一度設定すればほとんど利用することは無いかと思いますが 
調べて見るとちょっとしたカスタマイズで 
更に便利い利用できるということで
記載しようと思います。

Alexaアプリの初期画面は 
以下のようになっています。

 

Alexaアプリのメニューを選択した場合

ホーム画面から「メニュー」ボタンを押すと 
以下のようなメニューが表示されます。

ちなみに 
各ボタンは 
各々上図のような機能があります。

 

Amazon Echoの設定一覧

音楽の再生について

ミュージック&本では 
Amazon Echoで再生する音楽を選択することが出来ます。

ただし 
本については現時点では何もメニューがないようです。

Amazon My Music、Amazon Music Unlimited、tunein、dヒッツで
再生可能な曲やプレイリストを選ぶことができます。

再生するアプリを選び方

例えば 
Amazon MusicやMusic Unlimitedのスキルなら 
ジャンル指定なども可能です。

そして 
Tunein スキルでは 
ラジオ局を選ぶことが可能だそうです。

スマートスピーカーを車に置いたら便利なのか 「Amazon Echo Dot」では その3

Amazon Echoデバイスを設定の手順を説明します。
(@tenchan18)

アプリの準備が終れば
次はAmazon Echoデバイス本体の設定になります。

Amazonのサポートページに
「Echoをセットアップする」 ビデオが載っているので
そちらも参考にしてください。

具体的には

Amazon Echoの電源を入れて
セットアップの準備完了状態にします。

スマートフォンのWi-Fiの設定を開いて 
Amazon Echoに設定します。

と言うことで 
具体的な手順は・・・

Amazon Echoの電源を入れます。

まずは 
電源コードを本体に接続します。

Alexaがセットアップの準備ができたので 
Alexaアプリを開くように声で伝えてきます。

そこで 
準備が終了しているアプリのホーム画面の
左上のアイコンをクリックして 
設定画面を開きます。

そして 
設定を行いたいデバイスを選択します。

Alexaアプリのホームメニューから
設定画面への遷移

通常は 
AmazonでAmazon Echoデバイスを購入した時点で 
自分のアカウントにはそれを購入したことが
記憶されているそうです。

なので 
特に何もしなくても自分が持っているデバイスは
自動的に自分のアカウントが表示されるそうです。

Wi-Fi設定からAmazon Echoデバイスに接続します。

デバイスを選択すると 
Echoデバイスの上部のLEDがオレンジ色に
光っているかを確認するよう促す画面が出てきます。

この状態は 
Echoが設定準備ができている状態
であることを示しているそうです。

ちなみに 
電源を入れたら自動的にこの状態になるので 
特に何かをする必要はないそうです。

準備完了の確認画面とWi-Fi設定の説明画面

次に進むと 
スマートフォンのWi-Fi設定画面から 
Amazon Echoデバイスにつなぐように促されます。

なので 
自宅のSSIDがWi-Fi設定画面に出てくるので 
それを選択します。

なお 
Wi-Fiの設定時はAlexaアプリは利用しませんので 
ホームメニューに戻るなどしてから 
通常通りWi-Fiの設定画面から 
Amazon-XXXを選ぶことになります。

また 
設定にPCを利用している場合は 
PCの無線接続画面から同様に
Amazon-XXXを選択します。

Amazon EchoのWi-Fi設定を行う

Amazon EchoデバイスへのWi-Fi接続が行えたら
再度Alexaアプリに戻ります。

するとEchoに接続が完了した状態となってますから
次へ進みます。

すると 
Wi-Fiアクセスポイントを選択する
画面が出てきます。

通常であれば 
スマートフォンが自宅で利用しているものと 
同様のものを選択すれば問題ないです。

ちなみに 
Echo Dotが対応しているAmazonの音声アシスタント
「Alexa」のアプリには自らがインストールされているスマホを
Wi-Fiホットスポットとして利用するための機能があるので 
1台のスマホだけでWi-Fiの設定変更から
テザリングの実行まで行えるそうです。

Wi-Fiアクセスポイントを選択すると 
設定中の画面となって 
しばらく待てば完了となります。

Amazon Echoデバイスの設定は完了ですから 
Alexaと呼びかければ 
すでに色々なことができる状態となっているそうです。

これで 
設定が終了しますので 
利用するまでのアクセスに障害はなく 
すぐに使い始められそうですね。

スマートスピーカーを車に置いたら便利なのか 「Amazon Echo Dot」の場合 その2

Alexaアプリを使えば
スマホをWi-Fiホットスポットに設定すれば
Echo Dotを接続できる
(@tenchan18)

こういった設定は
一度行えばあまりアプリの方を使う機会はないかもしれませんけど
ちょっとしたカスタマイズができますから
一度使ってみましょう。

そこで
その設定方法を載せておきます。

端末の設定

設定メニューから管理したい端末を選択します。

新しい端末を登録するには、
新しいデバイスをセットアップを選択します。

ただし
一部の設定はお使いの端末で
利用できない場合があるようです。

具体的に手順を説明します。

 

 

まずは
Alexaアプリのダウンロードと
インストールします。

iPhoneの場合
App StoreからAmazon Alexaで
検索してインストールします。

App Store上のAmazon Alexaアプリ

アプリを利用しない場合は
専用ホームページのhttps://alexa.amazon.com/に
アクセスするようです。

 

続いて アプリの準備を行います

アプリがインストールできたら起動すると
Amazonのアカウントを使って
ログインを促す画面が出てきます。

ログイン画面とセットアップへの導入画面 ですね。

ここでは
通常利用しているAmazonアカウントを
利用してログインします。

無事にログインが終わると
セットアップ導入画面へと進んで行きます。

次に 自分が誰なのかを選択する画面が出てきます。

ここで
Amazonのアカウントに紐づいているあなたの名前が出てきたら選択します。

次の画面では
Alexaがコンタクト情報にアクセスすることを許可するか
Alexaがあなたにメッセージ等を受信した際に
通知を送ることを許可するかを質問されます。

この時点で
許可してもしなくても後で設定できるので
通常の使用には特に問題ないです。

Amazon Echoデバイス間での通話などを
行うことを想定していれば
許可したほうが良いって思います。

Google Homeから bluetoothを利用して音楽を鑑賞する具体的な方法

ケイオプティコムさんのサポートページに
詳細な設定方法が載っていたので
コチラを利用して具体的に説明します。
(@tenchan18)

ケイオプティコム サポートサイト

まずは
Google Homeアプリを開いてデバイスの画面で
「…」マークをクリックして「設定」をタップします。

 

「ペア設定されたBluetoothデバイス」を開きます。

 

右下の「ペア設定モードを有効にする」を
タップして有効化します。

「準備完了」と表示されたら
設定終了です。

後は
通常のBluetooth機器の設定と同じで
スマホもしくはタブレットの設定画面から
ペアリングを行えば完了ですね。

iPhoneの「ミュージック」では
出力先の選択肢にGoogle Homeが表示されますから
それを指定すれば音声が出力されます。

アプリによってはBluetooth接続をしていなくても
同一ネットワーク内にあるGoogle Homeに
キャストできるようです。

ちなみに
PCからもBluetoothスピーカーとして
接続できます。

音楽再生を中心とした用途なら
他の選択肢もありです。

そんな感じで
スマートスピーカーを普通のBluetoothスピーカー
として使う方法としては
製品をうまく使いこなせなかったときでも
転用方法としておすすめだと思います。

なので
Bluetoothスピーカーとして購入して
うまく音声アシスタントも使いこなせれば
ラッキーって感じで導入するくらいの気持で導入すれば
新しい製品であっても試しやすいですね。

bluetoothを利用して
音楽をメインで利用するなら
Google Homeではなくソニーの「LF-S50G」や
オンキヨーの「G3」など
Googleアシスタント内蔵スピーカーを
選ぶという手も考えられますね。

まだ
お試しした方の情報がないですが
たぶん音楽鑑賞用のスピーカーとしては
こちらの方が明らかに仕様が
ワンランク的に上ですからね。

後は
Google Homeに比べて
価格が約1万円プラスという点を
どう見るかでしょうね。

それ以外では
先日記載した「Amazon Echo」ファミリーなら
プライム会員になって音楽聞き放題って言う選択肢もあるだろうし
日本での発売日が発表されていないAppleの
「HomePod」なども恐らく同様の使い方ができるはずなので
選択肢としては色々考えられますね(^_-)-☆

スマートスピーカーを選ぶために Amazonのエコーについて調べて見ました その5

Amazonエコーには
もう一つ便利でお得な利用法があります。
(@tenchan18)

それは
Amazonプライム会員ならではの
利用法があるんです。

もしプライム会員になっていれば
100万曲の楽曲が聞き放題となる
「プライムミュージック」を
無料で利用できるんです。

エコーがあれば
曲を指定することはできなくても
再生は可能なんですね。

例えば

「70年代のロックが聞きたい」と声を掛ければ
該当するプレイリストからランダムに
曲を再生してくれるとか。

または
「ドリームズ・カム・トゥルーが聞きたい」と
話しかければドリカムの曲を
ランダムに再生してくれるそうです。

Amazonプライム 無料体験!

洋楽については結構充実しているので
70年代なら エリック・クラプトン、ディープ・パープル、クイーンなど
80年代なら ワム!、ホール&オーツ、カルチャークラブ、マドンナなどの
著名なアーティストの曲は一通り含まれているそうです。

ただ
スティービー・ワンダーやマーヴィン・ゲイといった
ソウル系のアーティストがポップスに分類されているので
音楽好きには少し物足りない内容かもしれません。

ですが
ジャズのラインナップはとっても充実していますので
著名な曲やアーティストでリストに含まれていない
ケースはほとんどないそうです。

とはいっても
邦楽についてもそれなりのアーティストは
揃っていても洋楽と比較すると
十分とはいえないですね。

ドリームズ・カム・トゥルーや槇原敬之などは
一通りの曲が含まれていても
サザンオールスターズは
聞くことができないんです。

その辺りの邦楽も
充実してくると嬉しんですね(^_-)-☆

スマートスピーカーを選ぶために Amazonのエコーについて調べて見ました その4

音楽については
アマゾンのサービスがリーズナブルな理由?

(@tenchan18)

プライム会員ならば 
100万曲の楽曲が聞き放題となる
「プライムミュージック」を無料で利用できます。

Amazonプライム無料体験をする!

なので 
曲を指定することはできなくても
エコーからの再生が可能なんですね。

例えば

「70年代のロックが聞きたい」と声を掛ければ 
該当するプレイリストから
ランダムに曲を再生してくれるとか。

または 
「ドリームズ・カム・トゥルーが聞きたい」と
話しかければドリカムの曲をランダムに
再生してくれるそうです。

洋楽については結構充実しているので 
70年代なら エリック・クラプトン、ディープ・パープル、クイーンなど
80年代なら ワム!、ホール&オーツ、カルチャークラブ、マドンナなど
の著名なアーティストの曲は一通り含まれているそうです。

ただ 
スティービー・ワンダーやマーヴィン・ゲイといった
ソウル系のアーティストがポップスに分類されているので 
音楽好きには少し物足りない内容かもしれません。

また 
ジャズのラインナップはかなり充実しているので 
著名な曲やアーティストでリストに含まれていない
ケースはほとんどないそうです。

それに対して 
邦楽についてもそれなりのアーティストが揃っていても 
洋楽と比較すると十分とはいえないとか。

ドリームズ・カム・トゥルーや槇原敬之などは
一通りの曲が含まれていても 
サザンオールスターズは
聞くことができなかったそうです。

Amazonエコーの特徴は 
エコーの最大の特徴は
やはりショッピングができることですね。

なので 
Amazonの利用が日常的に多くて 
プライム会員になっているなら
エコーを買った方がよいでしょ
う。

それに対して 
情報収集など知的活動に使いたいという方には 
グーグルホームの方が合っているかも
しれないですね(^_-)-☆

ただし 
家電制御については対応製品が少ないので 
どっちもどっち状態ですね。