カテゴリー別アーカイブ: 家電

Echodotの未来的な利用法 もう元に戻れないかも?

Echodotをグループ単位で利用するのって
使い勝手が良いですね(^_-)-☆
(@tenchan18)

たとえば
リビングにある対応家電を全てリビンググループ
に入れれば

「Alexa、リビングをつけて/消して」

そんな感じで
リビング全体の操作が可能ですね。

それに 組合せとして「映画鑑賞」グループを作って
テレビやAV機器だけオンオフ なんてことも可能なんです。

また 「定型アクション」という設定を使うことで
好きな音声命令で家電操作、定型句をしゃべらせる
天気やニュースを流すことが可能です。

具体的に言うと

「Alexa、ただいま」

と言ったとします。

すると「リビンググループをオン」にして
「おかえりなさい」といってもらう
そんなオートマチックな操作も可能になるんですね。

と言うことで
スマートリモコンを導入したら
このようなAlexaの設定と合わせることによって
スマートホーム生活を便利かつ楽しいものに
することができますよね(^_-)-☆

まとめ

Echodotを利用した便利な使い方を記載しましたが
こんな使い方があったんだとか意外と
知られてない利用法もあるようです。

調べていけばいくほど
できることって多いので
埋もれてしまうんですよね(^-^;

他にも 誰かにとっては当たり前でも
他の人は意外と知らない機能もあるかもしれませんので
これからも便利だなぁって思ったことを
載せていきたいと思います(^^♪

家庭の中で最も役に立つのが 赤外線リモコン家電を操作できる利用法ですね(^_-)-☆

Amazon Echoは「スマートホームデバイス」といわれるように
ネットワーク接続した家電などの機器と連携して操作が可能なんですね。
(@tenchan18)

でも 日本の家電はまだまだネットワーク接続せずに
赤外線リモコン式操作のものが多いです。

例えば テレビ、エアコン、照明などですね。

実は こういった赤外線リモコン式家電も
「スマートリモコン」という製品を導入することで
音声操作可能となるんです。

主な家電としては 以下の製品ですね。

Amazon スマート家電リモコン

これを利用することによって
各機器の電源オンオフはもちろんのこと
テレビのチャンネル操作やエアコンの温度変更まで
対応可能となるんですね。

また 任意の信号を学習することも可能なので
設定次第では赤外線リモコンのどんな操作でもできてしまいます。

スマートリモコンは
Amazon Echo導入後に音声で家電操作したい!
という夢を叶えてくれる製品ですので導入をおすすめしたいですね。

面白い利用法としては
部屋単位や好きな言葉で便利に家電を音声操作できる

スマートリモコンや導入したら
さらに便利に活用するよう設定しましょう。

スマートホームメニューから「グループ」を作成すれば
部屋単位や任意の組合せでまとめて操作が可能になるんですね。

そんな具体的な利用法を 次回記載したいと思います(^_-)-☆

「Amazon Music Unlimited」の利用価値はあるのか?

私が良く聴くミスチル・サザン・安室など豊富な邦楽を
楽しむことができるのかって思っていたんです。
(@tenchan18)

実は Amazon Music Unlimitedが購入特典で
チョット無料期間がついていたので そのまま使ってみたんですけど聴きたい
あのアーティストの曲はやっぱり聴けないってことがありました。

そこで 調べて見るとAmazon Echoの場合
Amazon Music以外にも「dヒッツ」「うたパス」といった
日本企業発の音楽配信サービスが利用できるんですね。

これら「dヒッツ」「うたパス」のサービスの大きな特徴の1つが
邦楽対応が豊富というのが 最大のメリットですね。

例えば 「dヒッツ」ならMr.Children、サザンオールスターズ、安室奈美恵
といったかなり有名所の楽曲が聴き放題になっているんですね。

ただし 音楽プログラム再生方式なので
特定の曲が指定しづらいのがデメリットですね。

でも その分月額料金も安いのでAmazon Echoから
垂れ流しするには音楽プログラム式も良いかもって思います。

どうせ聞くなら 手持ちの高音質スピーカーを利用しましょう。

Google HomeやClovaを選ばなくて良かったなぁって思ったのは
Amazon Echoのハードウェア的大きな特徴である
サウンド出力端子を備えていることですね。

つまり Bluetoothで外部へサウンド出力可能なことですね。

と言うことは 自分の持っている好きなスピーカーで
音楽を楽しむことが可能なことです。

なので ステレオやサラウンドで聴くことも可能なんですね。

有線であればオーディオケーブルさえあれば簡単に接続できますし
Bluetooth対応スピーカーへ出力することも可能ですから
音声操作で接続可能ってことになるんです。

「Alexa、Bluetoothデバイスへ接続して」

これだけで 外部スピーカーを気分に合わせて
気軽に利用が可能なんです。

ただし 最初はペアリングが必要になりますよ(^_-)-☆

Echodotは秘書なの?って思われるような使い方もできる(^^♪

予定を伝えるといつでも教えてくれる(^^♪
(@tenchan18)

実は Echo Dotを利用して
予定を書き込む具体的な利用法とは

どんなふうにするかというと

「○○のカレンダーにイベントを追加して」

「了解。いつですか?」

「6月17日の日曜日」

「時間は?」

「午後6時」

「イベントの名前は?」

「美術館に出掛ける」

「6月17日日曜日 午後6時に美術館へ出掛ける
をスケジュールに入れました。」

「ハイ」

というようなやり取りで 予定を追加することができます。

でも心配なので パソコンを開いてGoogleカレンダーを開いてみますが
ちゃんと予定が文字で書き込まれていました。

使い始めてみると 細かい日時などはAlexaが聞いてくれるので
詳細についてもしっかり把握されています。

もちろん最初から詳しく

「◯月◯日の午後×時に『買い物』の予定をカレンダーに追加して」

と言っても大丈夫です。

EchoDotでこういう利用法をすると
ちょっとした自分だけの秘書?を雇うのと同じ感じですね(^_-)-☆

思い立った時に カレンダーに予定を声だけで「追加」するのって 本当に便利ですよね(^^♪

AlexaがGoogleカレンダーなどの予定を
読み上げてくれるのはよくご知られていますよね。
(@tenchan18)

でも実はAlexaを利用して
「カレンダーの予定追加」にも対応しているんです。

もしかしたら、予定を教えてくれるんだから
普通じゃないの?と思った方もいらっしゃるかもしれません。

でも カレンダーに予定を追加できるスマートスピーカーは
実は 現状ではAmazon Echoだけなんです。

GoogleカレンダーなのにGoogle Homeが
まだできない機能がAlexaには備わっているんです。
(※2018年4月よりGoogle Homeでも予定追加に対応が入りました。
ただし 複数カレンダーがある場合追加先のカレンダー選択ができません。
もちろん Alexaでは可能ですよ(^^♪)

Alexaに音楽の好みを 教え込んで理解してもらう?

Amazon Echoのメインの使い方の1つの音楽鑑賞ですよね。

音楽再生にはAmazon Musicを利用している方も多いと思います。

ちなみに Amazon Music利用してAlexaに曲の評価を伝えると
自分の音楽の好みを把握してもらうことが可能なんです。

曲の評価が可能なのは「ラジオステーション」再生時です。

簡単に言うと「ジャンル指定で再生した時」なんです。

ジャンル指定で再生した時は そのジャンルに基づく曲がエンドレスに再生される
「ラジオステーション」再生になるんです。

その際に 「この曲いいね」「この曲嫌い」などとアレクサに伝えて
再度同様のジャンルを再生した時には 「嫌い」とした楽曲は再生されなくなります。

つまり 「いいね」した楽曲のアーティスト曲や
似た感じの曲が再生されやすくなるんですね。

アレクサに好みを伝えて 似た傾向の曲を流してくれるように
教え込んでいくことができるんです(*^。^*)

迫力あるサウンドも備えたいなら このサウンドバーも良さそう(^_-)-☆

せっかく大画面で映像を楽しむなら 
音にもこだわりたいですよね。
(@tenchan18)

そこで プロジェクターと相性がいいサウンド機器を
探してみようと思います。

そこで Amazonのレビューで調べてみたところ 
格安のサウンドバー「Joly Joy 新型Bluetoothサウンドバー」が
とっても良さそうでした。

このサウンドバーは光ケーブルで接続すると 
その臨場感あるサウンドがとても評判でしたし 
1万円と言う価格も魅力的ですよね。

Joly Joy:新型Bluetooth:サウンドバー

Joly Joy
新型Bluetoothサウンドバー
実勢価格:9999円
サイズ:89.2×8.4×5.5cm(本体)
重量:2.6kg

amazon.co.jpで価格を見る

このサウンドバーを利用すれば 
画面の迫力さが段違いだろうなって思われますね!

しかも Bluetooth接続も可能なので 
邪魔の配線も不要なだけでなくテレビやプロジェクターに
スマホのスピーカーとしても使えますね(^^♪

さらに コードレスだからインテリアもスッキリできるし 
接続はBluetoothだけでなく光ケーブルにも対応しているようです。

ということで 前回のプロジェクターと組み合わせても 
3万円以内の予算でAmazonから調達して我が家にすっごいシアター空間を
簡単に備えることができちゃいそうですね(^_-)-☆

Echodot端末の調子が悪い時は リセットするのも一つの手段です(^-^;

もし Echo端末が反応しくなった時や端末を知り合いに譲る時は
端末をリセットする必要があります。
(@tenchan18)

何故なら 個人情報が残ってしまいますからね。

そして リセット後にEcho端末を再度使用するには 
まずはEcho端末をAmazonアカウントに登録して 
端末の設定を入力し直す必要があります。

ただし 再設定するのに時間が掛かりますので 
Echo端末が正常に動作しない時は 
まず端末を再起動して問題が解決するかどうかを確認しましょう。

その方法は 全く難しくありません。

端末を再起動するには 
まず端末の背面または壁のコンセントから充電アダプタを外します。

その後 充電アダプタを再び差し込むだけです。

では Echo端末をリセットする方法はというと

マイクオフボタンと音量を下げるボタンを 
ライトリングがオレンジ色に変わるまで
(約20秒間)同時に長押しします。

その後 ライトリングが青色に変わります。

ライトリングがいったんオフになってから 
再度オンになるのを待ちます。

ライトリングが再度オレンジ色に変わると 
端末が設定モードになります。

Alexaアプリを開いて 
端末をWi-Fiネットワークに接続してAmazonアカウントに登録するという事 
つまり新規購入時と同じことをすれば良いんですね(^_-)-☆

詳しくは 以下のページを参考にしてください。

Echo Dotをセットアップする方法

Echo DotをWi-Fi接続に設定する その2

Wi-Fiネットワークが表示されない場合は 
ネットワークを追加または(再スキャン)を選択します。
(@tenchan18)

ちなみに 
ルーターの認証済み端末リストに端末のMACアドレスを追加する必要がある場合は 
画面を下にスクロールしてMACアドレスを表示されるので 
確認して設定しましょう。

Wi-FiパスワードをAmazonに保存(オプション)するには 
セットアップ時にWi-Fiパスワードに保存すると 
次回以降では新しいAlexa端末を接続する際に 
Wi-Fiパスワードが自動的に表示されます。

また
パスワードはWi-Fiネットワークを切り替えた場合も
保存されます。

詳しくは 
Wi-FiパスワードをAmazonに保存する 
をご覧ください。

公共ネットワークへの接続(オプション)も可能です。

その際は事前に 
ウェブブラウザでのサインインが必要なことがあります。

共有パスワードや部屋番号の入力が必要な場合や 
ネットワークの使用条件に同意するボタンを
クリックするだけで接続できる場合があるようです。

ちなみに 
これらの情報をAmazonに保存することはできないです。

接続を選択します。

端末をWi-Fiネットワークに接続すると 
アプリ上に確認メッセージが表示されますよ(*^。^*)

Echodotがあればミュージックをいつでも聞くことができるので とっても楽しいですね(^_-)-☆

「Music Limited」を利用するためには
月額380円で利用できる音楽配信サービスなんです。
(@tenchan18)

これは音楽のストリーミング視聴できるサービスですね。

それ以外でも たくさんの利用法があります。

例えば スケジュールの読み上げ、タイマーやアラームのセット、
プロ野球、大相撲などスポーツの試合結果の確認も
音声で確認できます。

さらに 「Alexaスキル」と呼ばれるスマートフォンのアプリのような
機能を追加すれば 色々な機能を追加することが可能なので
使い勝手もますます広がってくるのが良いですね。

優れた人工知能によって日々進化するので
利用できる機能が増えて音声認識のクオリティも
向上するんでしょう。

一番欲しいなって思う機能は
話し相手になってくれるのが希望なんだけど。

ちなみに 「Echo Dot」を購入したんですが
どこにでも置けるコンパクトなサイズですから
置き場所に困るってことはないです。

壁掛け時計のような置き方もできますし
車の中にも気軽に置けます。

Echodotの構成は
遠隔音声認識技術と7つのマイク、ビームフォーミング技術によって
部屋中のどこから発せられた言葉もノイズや反響音を抑えて
正確に聞き取れるそうですね(^-^;

AmazonスマートスピーカーEchodotを購入しました! その使い勝手については?

AmazonスマートスピーカーEchodotを購入してみたら 
とっても便利で楽しい(^_-)-☆
(@tenchan18)

購入前にわかっていたことは
「Echodot」は音楽の再生やニュース 天気などの
各種情報について尋ねると Echoの頭脳である
「Amazon Alexa(アマゾンアレクサ)」が 
教えEくれるって言うスマートスピーカーですね。

これまで招待制で販売されていたので 
購入をためらっていたんですが 
2018年3月30日から一般販売がスタートしたのを
機に購入することにしました。

先日 記載したように「割引」価格で
買えるのも切っ掛けなんですけどね。

私は4月2日に注文したんですが 
2篭の4日には自宅に到着しました。

予約注文の段階で4月3日が発売日だったことを考えると 
とても早く自宅に届きました。

使っている感想としては 
Echoなら遠くの声にも反応が
かなり良いんだなぁっていうのが実感ですね。

Echodotは とても反応がいいんですね。

しかも 
名前を聞き間違えることは無いです。

アレクサではなく アレックスと言い間違えることがあるんですが 
絶対に反応することは無いです。

当たり前かもしれませんが・・・

と言うことで 
これからアレクサの使用感について記載をしていこうと思います。

まずは Echodotの設定ですが 
途中で何かに触ったみたいで失敗したんですが
リセットして再設定したら簡単にアッサリと終わってしまいました。

と言うことで 
その辺りを次回記載しようと思いますが 
今ではなんか調子が悪くなったと感じたらリセットしていますね(^-^;


それが アレクサアプリに影響を与えることは無く ログインすると以前の状態に戻っていますから安心ですね(^_-)-☆