カテゴリー別アーカイブ: ダイエット

実際に餃子ダイエットのやり方って そんなに難しいものではないんです?

基本的には
晩御飯を餃子だけにするということで
いわゆる置き換えるダイエットになるんですね。
(@tenchan18)

なので
ご飯や他のおかずを加えることなく
餃子だけを夕食としていただきます。

どうしても餃子だけだと寂しいと思った時は
カロリーの低いみそ汁やぬか漬けを添えてもよいそうです。

餃子の作り方は

皮:野菜:肉=3:4:3くらいの割合
作るのがポイントだとか。

そして
野菜をたくさん入れるために
餃子のたねを作るときに
良く揉みこむことが重要なんだそうです。

よく揉むとタネがまとまりやすくなって
野菜の水切りをしなくても
まとまりが良くなるからだそうですね。

餃子ダイエットの注意点としては

その1 水餃子はNGですが揚げ餃子がおすすめ!

何故なら
水餃子だとつるっと食べられてしまうから
満足感が得られにくいからだとか。

そう言った理由から
餃子ダイエットには
焼き餃子か揚げ餃子が適しているようです。

揚げ餃子って
見た目はカロリーが高そうですけど
揚げることにより噛みごたえがあって
満足感が高くなるからだそうです。

つまり
少ない個数で満足できて
ダイエットに適しているみたいですね。

 

その2 手作りなら野菜をとにかくたくさん入れることができるので
重要なポイントになりますね。

 

餃子は必ず手作りが重要なポイントです!

そうすれば
野菜をたくさん摂ることができますね。

具材としてはキャベツやニラだけでなく
脂肪燃焼効果や代謝アップが期待できる「生姜」や「にんにく」
そして味を変えるために「ゆかり」を
入れてみるなどするのが続けるためのポイントですね。

さらに
セサミンたっぷりの「ごま」を加えると
アンチエイジング効果も期待できるので
おすすめ(^^♪

やっぱり 食べる物から改善するのが
いちばん健康にも良いんですね!!

30歳を過ぎると本当に痩せにくくなりますね。それでも楽して痩せたいって時にどうすれば?

30歳を過ぎて
痩せにくくなってきたって実感します。
(@tenchan18)

若い時のようにダイエットしても
なかなか体重が減らない。

でも
運動するのも面倒だし!!

そんなことで
今心掛けているのが
まずはとにかく代謝を上げることに専念しています。

やっぱり
30歳越えてからは代謝が落ちますので
食べて動いて痩せるような努力を
しないといけないかもしれませんね。

そこで
まず試したのが「餃子ダイエット」で
食べて楽に痩せる方法です。

私が考えるに
餃子はヘルシーな完全食じゃないかって
思いますからね。

そう言えば
餃子の消費が多い地域って
何となくやせ型の人が多いような気がします。

やり方ですが 簡単ですね。

餃子だけを夕食にすることです。

この食事で
炭水化物の摂取を抑えられるようです。

なので
思ったよりも短期間で減量できるようです。

一見すると
餃子ってお肉もたっぷりなので太りそうな印象ですけど
たんぱく質・野菜・炭水化物がバランスよくとれるので
ダイエット食にはぴったりだと思います。

タンパク質はたくさん食べても
太ることは無いって今までの経験で
わかってますからね。

一番良いのは
餃子を手作りして野菜の分量を増やとか
脂肪燃焼効果のある食材を入れたりと
工夫することができますからね(^^♪

色々ネットの情報を調べてみると
餃子でダイエットをする時はなるべくなら
1週間続けると効果が高いそうです。

とは言っても
毎日餃子を食べていると飽きることもあるかと思うので
飽きたら一回時間をおいて
我慢をしないで続けるのが
良いかと思います。

ただし
その間でも糖質に注意した
食事をするべきだとは思いますが。

もちろん
餃子が好きな人であれば
お薦めのダイエットになるでしょうね(^^)/

セルフメディケーション税制を申告するのに 考えておきたい重要なポイントとしてもう一つは・・・

去年 父が入院したことを
きっかけにして医療費を室ぜいするために
調べたんですが・・・

節税のために 
どちらの生成で申告するかって言うことですね。
(@tenchan18)

つまり 
セルフメディケーション税制を選ぶか 
それとも従来の医療控除を利用するのかって
ことになります。 

何故なら
従来の医療費控除とセルフメディケーション税制の
同時利用ができないからなんですね。
(どちらかを選択することになります)

なので
スイッチOTC医薬品の購入代金に関わる分を 
従来の医療費控除制度とセルフメディケーション税制の
どちらを利用するかは申請者が選択しないといけないんです。

なので 
実施に試算して減税の高い方を選択することになりますね。

例えば 
OTC医薬品購入額5万円 
病院にかかった医療費と医薬品(OTCでない)が8万円
(保険金等の補てん分控除後)とします。

以前の医療費控除であれば

5万円+8万円-10万円=3万円 
が対象額となります。

それに対して 
セルフメディケーション税制を利用すると

5万円-1.2万円=3.8万円 
が対象額となります。

結果としては 
セルフメディケーション税制を選択した方が
対象額は多くなるので コチラを選びましょう。

ちなみに 
このセルフメディケーション税制って 
2017年(平成29年)1月1日から
2021年(平成33年)12月31日までの期間限定の制度
なんですよ。

なので 
この期間内 
つまり今のうちにセルフメディケーション税制がどんな制度なのかを知って 
健康対策をすると共に節税対策をしましょうね(^^)/

糖質制限するための食べ物に大豆が良いんですが こんな偽装豆腐に注意!って記事を見て・・・食べるものがなくなっちゃうね!

最近になって知ったんですが 
お豆腐には安く手に入れられるように
「油を混入している商品」が多く出回っているんだそうです。
(@tenchan18)

購入する時には 
要注意ですね。

例えば

オーガニックミニ豆腐が98円。

とっても 安っ!ですが・・・

あるオーガニック大豆で作った豆腐は150gが3丁入って98円 
とっても安いしオーガニックって言うと
安心して購入してしまいがちですよね。

でも 
訳ありなんだそうです。

その原材料をチェックしてみるとって言う 
記事がありました。

それによると

<150gが3丁入って98円の豆腐の原材料>

*有機大豆(中国)

*パーム油、凝固剤(粗製海水塩化マグネシウム にがり)

*塩化マグネシウム(にがり)

*消泡剤(レシチン:大豆由来、炭酸マグネシウム)

中国産のオーガニック。

そして このパーム油・・・この価格で売り出しているからには 
どう考えても一番搾りの油は使っていない可能性も・・・だとか。

良く調べてみると 
ヘキサンという劇薬で処理しなければいけない油だそうです?

パーム油って危険?

ちなみに、本物のお豆腐はといえば・・・。

昔の豆腐:原材料

*大豆(国産大豆)

*凝固剤(塩化マグネシウム にがり)

原材料名は以上です。

それ以外に余計な油等が混入されているものは 
ちょっと怪しいって疑って原材料を
よく確認した方が良さそうですね(^^)/

参考:科学的根拠に基づく食情報を提供する消費者団体

もう一つの考え方としては おやつでも糖質がほとんど無い消化の良い食べ物でおやつを摂る?

甘味のない物ってことになるんですが・・・
(@tenchan18)

おやつとしては

糖質制限に最適な「おやつ」は

チーズとナッツ類ですね。

チーズについては

「ゆるやかな糖質制限でチーズは食べても大丈夫?」なんだそうです。

 

雪印の6pチーズの1ピースで
たった0.2gの糖質しかないんですよ。

 

チーズの中ではモッツァレラチーズは
他のチーズよりも多少糖質が多いですけど 
それでも低糖質と言っても良いのではないでしょうか!

ちなみに [チーズ20g当たりの糖質]

〇パルメザンチーズの糖質は0.4g
〇エメンタールチーズの糖質は0.3g
〇カテージチーズの糖質は0.4g
〇カマンベールチーズの糖質は0.2g
〇クリームチーズの糖質は0.5g
〇ゴーダチーズの糖質は0.3g
〇チェダーチーズの糖質は0.3g
〇パルメザンチーズの糖質は0.4g
〇ブルーチーズの糖質は0.2g
〇プロセスチーズの糖質は0.3g
〇モッツァレラチーズの糖質は0.8g

 

そして もう一つのお勧めのおやつは
・・・ナッツ類ですね。

ナッツ類はクルミ、ヘーゼルナッツ、マカダミアナッツなど
色々な種類がありますよね。

そんなナッツ類の糖質は比較的少ないんですね。

例えば 
クルミ100g当たりの糖質は4gほどですから 
食べ過ぎなければ低糖質と言っても良いですね。

一般的には 
食品100g当たりの糖質が5g以下であれば
低糖質の定義に当てはまりますよ(^^♪

なので 
クルミも低糖質と言えますね。

ただ 
糖質が多くて食べ過ぎてはいけないナッツがあるんです。

それはカシューナッツです。

カシューナッツは
100g当たりの糖質が20gあります。

アーモンド、ピーナッツ、落花生も
食べ過ぎては糖質を摂りすぎてしまうので
食べる量には注意が必要ですね。

例えば量の目安を示すと

〇アーモンドであれば20粒食べると糖質を1.9gほど摂ることになります。

〇バターピーナッツであれば30粒食べると糖質を3.0gほど摂ることになります。

〇マカダミアナッツであれば15粒食べると糖質を1.8gほど摂ることになります。

〇カシューナッツであれば20粒食べると糖質を6.0gほど摂ることになります。

ただし 
ナッツ類は食物繊維も豊富に含まれているので 
消化が良いのであまり気にしなくても良いのかなって思いますが。

例えば 
アーモンド20粒当たりの糖質は1.9gに対して
食物繊維は2gほどあります。

食物繊維は1日に20gから25g必要なんですけど 
残念なことにほとんどの日本人はこの基準に
達してい無いと言われています。

アーモンド20粒をオヤツで食べるだけで 
こんなにも食物繊維が摂れるのは有り難いことですね。

ナッツ類各種100g当たりの糖質

〇クルミ 4.2g
〇マカダミアナッツ 6.0g
〇ヘーゼルナッツ 6.5g
〇アーモンド 9.3g
〇バターピーナッツ 11.3g
〇落花生 12.4g
〇カシューナッツ 20.0g

糖質制限をしていても 一寸したおやつが欲しい時ってどうすれば良いのか? 食べても大丈夫な「おやつ」とは?

糖質制限をしているからと言っても
疲れた時やホッとしたときには
コーヒーとおやつが欲しくなりますよね。
(@tenchan18)

できれば
甘いものも少しは食べたくなるものです。

普通は
「おやつ」の定番はポテトチップスやお煎餅にチョコレートなどですが
これらは糖質が多すぎて到底糖質制限では食べることが出来ませんね。

でも
チョコレートなんかは低糖質なものもあるので
少しは食べられるものもあります。

ちなみに
私の場合iHerb(アイハーブ)で
購入することが多いですね。

iHerbで買える
糖質制限対応チョコレート

このサイトって
Amazonのように利用法は簡単です。

しかも
海外から輸入食品やサプリ
コスメなどを格安かつ手軽に購入できるんですよ。

中でも
低糖質なおやつ系食品がたくさんあるので
このサイトからかなり買いまくっています。

海外からの輸入って言うと
英語版で使いづらいんじゃないかって言う
心配もあるでしょうが そんなことはありません。

しかも
送料も良心的ですし
なおかつポイントもたまりやすく
セールも良く開催されています。

iHerbの公式サイトを見る

例えば

アトキンスバー なら 糖質量も10g以下ですよ。

そんなiHerbのラインナップの中では
もはや低糖質なジャンクフードの代名詞と言っても良いのがこのアトキンス社の製品、アトキンスバー。

とっても強烈でインパクトのある製品ですね。

日本のダイエット業界では考えつかなかった甘さですね。

例えて言うと 低糖質版スニッカーズって言えると思います。
このアトキンスバーの商品ラインナップでは
ほぼチョコレートが使用されていて
チョコレート菓子としても十分に楽しめます。

糖質量は商品によって多少異なりますけど
すべて一本あたり10g以下なんて本当って感じちゃいますよ。

商品の種類もかなり多いので
飽きることが無いって思います。

その分
好みがわかれるところですが
あまりに豊富にあるので見ただけで幸福感に浸っちゃいますよ。

私って
今ダイエットしているんだっけッて?
思ってしまうかもしれませんね(^^♪

ちなみに iHerbでは40ドル以上の購入なら日本国内配送料無料!
低糖質な商品を買うなら送料無料の今がチャンスですぞ。

さらに クーポンを使うと いつでも5%引きでうよ。

利用方法はショッピングカート左下で【 MPW674 】というコードを打ち込むだけ!!

ココナッツオイルでケトン体質に 糖質制限に効果がある理由は?

糖や脂質そしてタンパク質の代謝を補助するナイアシンってあるんですが その効果は如何なんでしょう?

実は ナイアシンって言うのは 
ビタミンB3とも呼ばれている物質なんだそうです。
(@tenchan18)

これは 
糖質や脂質、そしてタンパク質が
代謝されるのに必要不可欠な補酵素だとか。

ナイアシンは熱にも酸化にも強い栄養素なので 
様々な調理法方にも応用できるんだそうですね。

さらに 
中性脂肪を減らすことにもつながりますので 
不足することの無いようにきちんと摂取することが必要です。

そこで ナイアシンが多く含まれている食材を調べてみると
たらこ、まぐろ、かつお、イワシ、レバー、鶏のササミ、鶏の胸肉、サバ、
かじき、サンマ、トロ、ツナ缶、さわら、ブリ、舞茸などがあります。

特に 
まぐろやカツオ、イワシなどの青魚に多く含まれていますので 
積極的に食べるようにすることがオススメなんですね。

 

また 
野菜やきのこなどで摂取したい場合は
舞茸が良いと言われています。

糖質を代謝する食材を紹介しましたけど 
食べた糖質の吸収を穏やかにする食材もありますから 
参考にして食べてみることもおススメします。

 

たっぷりの野菜成分を摂取すれば 
食事の脂肪や糖の吸収を抑えて
食後の中性脂肪や血糖値の急激な上昇を抑えられますよ(^^♪



参考:難消化性デキストリン配合によって
食物繊維をぎゅっと凝縮されているので 
消化も促進されますよ。

 

結局 
糖質制限が何故?ダイエットにつながるのか 
その理由は?

ブドウ糖って 
大半が肝臓と筋肉に蓄えられますが 
余ったものが脂肪に変わって残ります。

でも 
なかなか新たな糖質を摂取できないでいると 
この蓄えられている脂肪からエネルギーが
作られるようになるからなんですね。

なので 
食事で糖質を制限する他に 
体外へ排出しやすくするために
食物繊維をたっぷりと摂取することで 
エネルギーを消費するために
運動をすることが重要なポイントのようです。

食物繊維は 
糖質を吸着するとともに 
腸内で余分な脂肪を吸着します

糖質と脂肪を一緒に便として排出する働きを持っているので 
ダイエットでは非常に重要なポイントだって
考えても良さそうですね。

結論としては 
ダイエットを目的とした食事には 
糖質の排出と代謝の両方に留意する
ことが大切なんですね。

糖の代謝を補助するビタミンの中には どんなビタミがあるのか? どんな食べ物に含まれているのか?

糖の代謝を促進するビタミンとしては
(@tenchan18)

体内に吸収した糖を効率よく代謝するために
いくつか必要な栄養素があります。

なので 糖質を食べる時には
なるべくこの栄養素も一緒に摂取をするようにして
余分な糖を脂肪細胞へ送らないようにするため
きちんと代謝させましょう。

糖質を燃えやすくする
栄養素の1つがビタミンB1なんだそうです。

ビタミンB1
体内で糖がエネルギーに変える酵素をサポートする
補酵素の役割りを果たすと言われています。

ビタミンB1が足りていないと
うまく糖がエネルギーに変換されませんので
積極的な摂取が必要ですね。

ちなみに
ビタミンB1が多く含まれている食材には
豚肉、たらこ、うなぎ、いくら、鴨肉、レバー、鯛など
があります。

中でも
豚ヒレ肉や豚もも肉に多く含まれていますから
炭水化物を取る時には豚肉を選ぶことをオススメなんですね。

おかずとしては
豚肉の炒めもの、ヒレ肉とんかつ、煮物などが
良いでしょうね。

パンのときは
ハムやベーコンなど
蕎麦やうどんのときは
肉そばや肉うどんのような
豚肉が入っているものもありですね。

ベストなチョイスは
炭水化物の量は少なめにして
おかずを多めが理想的
ですね。

野菜で摂取したい場合は
ほうれん草などの緑黄色野菜を摂取すると良いでしょう。

ついで
ビタミンB1同様に
糖の代謝を助けるのがビタミンB2です。

ただし
こちらの場合は 主に脂質の代謝に使われるほうが多いですから
ご飯と、脂質の多いもの(天丼や、カツ丼、ラーメンなど)を
食べた際に是非摂取して欲しいビタミンです。

ビタミンB2が多く含まれている食材としては
レバー、うなぎ、鴨、納豆、いくら、たらこ、卵黄、
舞茸、チーズ、モロヘイヤ、サバなどですよ(^^♪

これらのなかでも
レバーやうなぎは脂質が多く
いくらやたらこは塩分が
卵黄はコレステロールが多くなってしまいますので
納豆、モロヘイヤ、チーズ、サバなどを
積極的に取る
ようにする方が良いかもしれないですね(^^)/



糖質の分解・代謝を助ける酵素やビタミンですが 具体的にはジアスターゼを含む食材?

ストレスも溜まるし
色々なことがあって
どうしても炭水化物を食べないといけない時ってありますよね。
(@tenchan18)

そんな時には
糖の吸収を抑えるサプリ等も試してみることも必要ですよね。

では 食べものの中で
糖質の分解を促進する酵素、ビタミンはって言うと・・・

糖質は最小単位のブドウ糖があり
それが2つくっつくと2糖類になり
たくさんくっついたデンプン(多糖類)などになります。

糖は大きいままでは腸から吸収できないので
デンプンなどはブドウ糖に分解されて吸収されます。

この消化を助けるものが
糖を分解する栄養素です。

この分解をする酵素のことを
アミラーゼ(ジアスターゼ)といいます。

糖質を食べる際は
このアミラーゼの多い食材をしっかりと消化をすると
胃腸に負担をかけないようにできます。

でんぷんを分解するアミラーゼ

糖や脂肪の吸収を抑える【ベジファス】

糖を分解する酵素のなかで有名なものが
大根をすり下ろすことでできる消化酵素である
アミラーゼ(ジアスターゼ)ですかあらね。

このアミラーゼって
でんぷんを分解する酵素としてよく知られていますよね。

大根をすりおろすと
細胞が壊れて中の成分が出てきます。

その中の成分の1つがアミラーゼなんだそうです。

いままで
経験上知ってましたが知識としては
良く知らなかったんですが
そう言う存在だったんですね。

それで
お餅やご飯を食べるときは
大根おろしを一緒に食べることで
消化を促進されるんですね。

しかし
大根おろしって
すりおろしてから30分以上たつと
この酵素が消えてしまいますから
すりおろしてすぐに食べることがポイントなんですね。

それに
すり下ろした大根の汁にも
このジアスターゼが含まれていますので
一緒に食べるようにしたいですね(^^)/

では 実際に糖質の分解・代謝を助ける酵素やビタミンとは? 一つづつ調べてみることに・・・

ストレスも溜まるし 色々なことがあって
どうしても炭水化物を食べないといけない時ってありますよね。
(@tenchan18)

そんな時には
糖の吸収を抑える食材を
一緒に摂る良いですよね(^^♪



セカンドミール効果と腸内フローラを活性化してくれる

糖質の分解を促進する酵素、ビタミン

糖質は最小単位のブドウ糖があり
それが2つくっつくと2糖類になり
たくさんくっついたデンプン(多糖類)などになります。

糖は大きいままでは腸から吸収できないので
デンプンなどはブドウ糖に分解されて吸収されます。

この消化を助けるものが
糖を分解する栄養素です。

この分解をする酵素のことを
アミラーゼ(ジアスターゼ)といいます。

糖質を食べる際は
このアミラーゼの多い食材をしっかりと消化する
胃腸に負担をかけないようにできます。

でんぷんを分解するアミラーゼの写真

この糖を分解する酵素のなかで有名なものが
大根をすり下ろすことでできる消化酵素である
アミラーゼ(ジアスターゼ)です。

このアミラーゼって
でんぷんを分解する酵素としてよく知られていますよね。

大根をすりおろすと
細胞が壊れて中の成分が出てきます。

その中の成分の1つがアミラーゼなんだそうです。

いままで
経験上知ってましたが知識としては良く知らなかったんですが
そう言う存在だったんですね。

それで
お餅やご飯を食べるときは大根おろしを一緒に食べることで
消化が促進されるんですね。

ただし
大根おろしって
すりおろしてから30分以上たつとこの酵素が消えてしまいますから
すりおろしてすぐに食べることがポイントなんですね。

それに
すり下ろした大根の汁にも
このジアスターゼが含まれていますので
一緒に食べるようにしたいですね。

その他の食材では
山芋をすりおろしたものにも含まれるんだそうですよ。

体内に吸収した糖を効率よく代謝するためにいくつか必要な栄養素があります。

糖質を食べる時には、
なるべくこの栄養素も一緒に摂取をするようにして
余分な糖を脂肪細胞へ送らない
ように
きちんと代謝させることがポイントですね(^^)/