「スマホ」カテゴリーアーカイブ

迫力あるサウンドも備えたいなら このサウンドバーも良さそう(^_-)-☆

せっかく大画面で映像を楽しむなら 
音にもこだわりたいですよね。
(@tenchan18)

そこで プロジェクターと相性がいいサウンド機器を
探してみようと思います。

そこで Amazonのレビューで調べてみたところ 
格安のサウンドバー「Joly Joy 新型Bluetoothサウンドバー」が
とっても良さそうでした。

このサウンドバーは光ケーブルで接続すると 
その臨場感あるサウンドがとても評判でしたし 
1万円と言う価格も魅力的ですよね。

Joly Joy:新型Bluetooth:サウンドバー

Joly Joy
新型Bluetoothサウンドバー
実勢価格:9999円
サイズ:89.2×8.4×5.5cm(本体)
重量:2.6kg

amazon.co.jpで価格を見る

このサウンドバーを利用すれば 
画面の迫力さが段違いだろうなって思われますね!

しかも Bluetooth接続も可能なので 
邪魔の配線も不要なだけでなくテレビやプロジェクターに
スマホのスピーカーとしても使えますね(^^♪

さらに コードレスだからインテリアもスッキリできるし 
接続はBluetoothだけでなく光ケーブルにも対応しているようです。

ということで 前回のプロジェクターと組み合わせても 
3万円以内の予算でAmazonから調達して我が家にすっごいシアター空間を
簡単に備えることができちゃいそうですね(^_-)-☆

Echo DotをWi-Fi接続に設定する その2

Wi-Fiネットワークが表示されない場合は 
ネットワークを追加または(再スキャン)を選択します。
(@tenchan18)

ちなみに 
ルーターの認証済み端末リストに端末のMACアドレスを追加する必要がある場合は 
画面を下にスクロールしてMACアドレスを表示されるので 
確認して設定しましょう。

Wi-FiパスワードをAmazonに保存(オプション)するには 
セットアップ時にWi-Fiパスワードに保存すると 
次回以降では新しいAlexa端末を接続する際に 
Wi-Fiパスワードが自動的に表示されます。

また
パスワードはWi-Fiネットワークを切り替えた場合も
保存されます。

詳しくは 
Wi-FiパスワードをAmazonに保存する 
をご覧ください。

公共ネットワークへの接続(オプション)も可能です。

その際は事前に 
ウェブブラウザでのサインインが必要なことがあります。

共有パスワードや部屋番号の入力が必要な場合や 
ネットワークの使用条件に同意するボタンを
クリックするだけで接続できる場合があるようです。

ちなみに 
これらの情報をAmazonに保存することはできないです。

接続を選択します。

端末をWi-Fiネットワークに接続すると 
アプリ上に確認メッセージが表示されますよ(*^。^*)

まずは Echo DotをWi-Fiに接続して設定を その1

Echo Dotが発話したり 
要求を処理したり 
メディアをストリーミング再生したり
するには Wi-Fi接続が必要になります。
(@tenchan18)

まずは 作業を始める前に付属品確認し 

Amazonのサイトにも「Echo Dot の設定」記載されています。

すべてが揃っていることを確認して 
Echo Dotをコンセントに接続します。

スマホのAlexaアプリを開きます。

Echo Dotを802.11a / b / g / n 標準を使用する
デュアルバンドWi-Fi(2.4GHz / 5GHz)ネットワークに接続します。

ちなみに Echo Dotはアドホック
(またはP2P)ネットワークには接続しません。

Alexaアプリのメニューから設定を選択します。

Wi-Fiの更新をタップします。

新しい端末をアカウントに追加する場合は 
新しい端末をセットアップを選択します。

端末で ライトリングがオレンジ色に変わるまで
アクションボタンを5秒以上長押しします。

利用しているモバイル端末がに接続されて 
アプリ内の利用可能なWi-Fiネットワークの一覧に表示されます。

もしかしたら AlexaアプリでWi-Fiの設定中に 
手動でを接続するように要求される場合があります。

Wi-Fiネットワークを選択し 
ネットワークのパスワードを入力します。

セキュリティ上のことを考えると 
ネットワークのパスワードを設定しましょう。

Echodotがあればミュージックをいつでも聞くことができるので とっても楽しいですね(^_-)-☆

「Music Limited」を利用するためには
月額380円で利用できる音楽配信サービスなんです。
(@tenchan18)

これは音楽のストリーミング視聴できるサービスですね。

それ以外でも たくさんの利用法があります。

例えば スケジュールの読み上げ、タイマーやアラームのセット、
プロ野球、大相撲などスポーツの試合結果の確認も
音声で確認できます。

さらに 「Alexaスキル」と呼ばれるスマートフォンのアプリのような
機能を追加すれば 色々な機能を追加することが可能なので
使い勝手もますます広がってくるのが良いですね。

優れた人工知能によって日々進化するので
利用できる機能が増えて音声認識のクオリティも
向上するんでしょう。

一番欲しいなって思う機能は
話し相手になってくれるのが希望なんだけど。

ちなみに 「Echo Dot」を購入したんですが
どこにでも置けるコンパクトなサイズですから
置き場所に困るってことはないです。

壁掛け時計のような置き方もできますし
車の中にも気軽に置けます。

Echodotの構成は
遠隔音声認識技術と7つのマイク、ビームフォーミング技術によって
部屋中のどこから発せられた言葉もノイズや反響音を抑えて
正確に聞き取れるそうですね(^-^;

税金はクレジットカードで払うのが スゴイお得なんですね(^^)/

毎日の生活で できるだけ現金支払いを避けて
カード払いにするようにしています。
(@tenchan18)

たとえば
毎朝買っているコンビニエンスストアのヨーグルトドリンクや
100円のコーヒーであっても カードで払うようにしています。

クレジット払いをする理由は特にありませんが
何より現金を出すのが面倒ですしポイントが貯まることですね。

そして 全てカードにすれば
カード明細で大まかな生活費がわかる
家計簿代わりになるからですね。

しかも 税金もクレジットカードで
払える地方が多くなってきました。

特に 昨年からは対象範囲が広がって
法人税や所得税もカード払いができるそうです。

ポイントも貯まるし
便利で良いと思いますけど調べてみると
良いことだけでは無いんですね。

デメリットを言うと
支払いの際に手数料が0.76%(プラス消費税)
かかることです。

例えば
法人であれば100万円の納税の場合8,208円となります。

となると
ポイントが付与されても税金の支払いに利用すると
ショッピングなどより付与率が悪くなってしまうでしょう。

私が使っているリクルートカードプラスで支払った場合
リクルートポイントが100円の利用につき2ポイント貯まります。

これは PONTAポイントに等価交換できるので
先日記載したようにお近くにローソンなど
利用できるショップがあればとってもお得に消化できます。

年間積み重ねれば
200万円くらいになるので
年に4万円くらいは無料で利用しています。

もうそろそろ お花見の時期ですね(^^♪今日は雨天ですが楽して準備しようかと・・・

お花見と言えば お酒。
(@tenchan18)

しかし。

場所取りから始まって 
おつまみやらお酒などを会場まで運んで準備するって 
けっこうめんどくさいですよね。

職場の花見であればなおさら参加人数が多いし 
お花見ならなおさらですね。

そこで 楽をするために如何すればよいのか?
って考えた手見ました。

こんなのがあったら便利だよねって
思ったことですが?

たとえば 
重くて運ぶのが大変なお酒デリバリー出来ないかなぁって考えて 
近所の酒屋さんを探したんですが酒屋さん自体がかなり少なくて・・・

と言うことで ネットで探したらありました。

なんでも酒やカクヤス(ビール・ワイン等の通販・宅配)

それが「カクヤス」という酒販売店の屋外配達。

これで 
幹事さんにとっては大助かりなシステムですよね。

しかも 
なんとキンキンに冷えたのを配達してくれると
なったらなおさら良しですよね(^_-)-☆

氷の配達なんかを
お願いしても良いみたいですよ。

そこで 
配達できるエリアって言うと。

東京意外でも 神奈川、大阪で
埼玉、千葉では一部地域ですけど 
カクヤスの配達はやってるそうです。

と言うことは 
プライベートでもお花見スポット以外の屋外へも配達するとなれば 
バーベキュー場とか外で酒飲むイベントとかでもOKってことですよね(^_-)-☆

なんでも酒やカクヤス(ビール・ワイン等の通販・宅配)

たとえば バーベキュー場で集合して 
カクヤスのお酒を注文できますね。

また 
ピザぐらいであればネットからも注文できますよ(^^♪

私の若いころは 
花見になると場所取りに出掛けたものです。

特に 
会社に入りたての頃って 
何をして良いのやら本当に右往左往していました。

その年代の時は 
上司とお酒を飲むような付き合いは
本当に嫌な思いでしかありません。

なので 
今どきの若い侵入写真の人たちが仕事終わりの付き合いを嫌がるのも 
本当に良く分かります。

そんな飲み会と違って 
仲間内の花見なんかは大人数で飲むことも
多いこともあって とっても楽しいですね(^_-)-☆

話しかけるだけで 「siri」を利用するように文章を書いたりニューズを聞けたりするって便利ですよね。

「siri」のようにスマホに話し掛けるんじゃなくて
家庭の中で家族と会話するように話しかけるだけで
自分の代わりに仕事をしてくれるのは便利ですね(^_-)-☆
(@tenchan18)

なかでも
これが本来の目的じゃないかなぁって思うのが
当然ですが音楽を再生する時のスマートスピーカーの利用法ですね。

Google Homeは
スマホとBluetoothで接続して
単なるスピーカーとして使うこともできることですね。

さらに愉しいって思うのが
気に入っている楽曲の再生中にアーティスト名や
曲名などの情報を教えてくれる機能です。

そんな利用法をしていると
Google Homeには『Google Play Music』が便利だそうです。

と言うのも 普通のBluetoothスピーカーと違って
楽曲の再生中に『OK Google、この曲は何?』と聞けば
先ほど記載したようにアーティスト名と曲名を教えてくれるからです。

更に
使い続けていると学習を重ねれば
自分が好きな曲だけを再生してくれるようになるそうです。

「OK Google」や「ねぇGoogle」と話しかけると
ライトが点灯して 音声の聞き取りモードになる。

ちなみに
対応している音楽アプリは「Google Play Music」以外では
「Spotify」や「うたパス」なども利用できるそうです。

デメリットとして
たとえば「OK Google、明日の天気は?」と聞いたときに
目で確認できないことですね。

ディスプレイがオプションで利用できるようになれば
もっと使い勝手が良くなるかもしれません。

豊かな暮らしって言うのは
日々のくらしのなかで「ちょっと面倒かも」や
面倒なことに気づいていなかったことが
話しかけるだけで解決することで実現することかもしれないですね。

意外かもしれませんが
高齢者向けのアイテムかもしれません! 続きを読む 話しかけるだけで 「siri」を利用するように文章を書いたりニューズを聞けたりするって便利ですよね。

照明以外にもある スマートスピーカーの利用法もたくさんある?

照明の他には
エアコンのオン/オフや温度調整、加湿器のオン/オフ、ロボット掃除機の
操作などにも Google Homeを活用していて すべて声で操作しているそうです。

考えた見れば
電車に乗る時は殆どの人がSuicaを
利用するようになっています。

なんといっても
定期のように“切符を買う”という行動をしなくても
本来の目的である“電車に乗る”という行為が
スムーズにできるようになったからだと思います。

同じように
エアコンを操作するときも目的は
リモコンを触ることではなくオン/オフや
温度調整ができることです。

これまでは
誰かに“エアコンをつけて”って頼んでいたのを
“誰か”がGoogle Homeに交代してやってくれている
ことになるのでしょうね(^_-)-☆

ロボット掃除機の場合は
とんでもないところへ行った時に
「止まって」と言ってストップさせることが
できるそうです。

まるで
ペットのわんちゃんに「待て」と
言っているような気分になるみたいです。

こんな使い方になるので
Google Homeが家庭にあると
まるで家族が増えたように感じるのもわかりますね(^^♪

家電以外では
文字入力のストレスから解放されることが
便利に感じるようです。

Google Homeが家電と連携できるのは
それに対応する家電があってこそになります。

そう言ったポイントから考えると
スマホでの文字入力をしなくて済むことも
メリットに感じるんだそうです。

たとえば
スマホやタブレットで表示した対応コンテンツを
Wi-Fiを介してテレビに表示できるデバイス
「Chromecast」の利用法です。

これをテレビに接続してGoogle Homeと連携すると
「OK Google、かわいい猫の動画を見せて」と話すだけで
YouTubeで“かわいい猫の動画”を検索すれば
テレビで再生してくれるのです。

Google Homeは「YouTube」や「Netflix」などの
動画の検索や早送りなどの音声操作に対応しているそうです。

どう考えても
話しかけるだけでいいというのは圧倒的に楽ですよね。

“書く”とか”操作”という動作に比べると
“話す”のは 動作単位が少ないですからね。

もちろん
スマホのように文字入力の場合
ある程度学習しないといけませんけど
音声入力なら文字入力ができなくてもいいんですから
高齢者でも使えそうですね(^_-)-☆

スマートスピーカーがあると とっても便利!って思ったポイントを調べて見ました。

私もいつか購入したいなぁって思っている
「スマートスピーカー」が日本で発売されて
ようやく半年くらい経ちました。
(@tenchan18)

便利だとはよく耳にするものの
具体的にどんなことができるのか
わからないですよね。

「Google Home」と「Amazon Echo」を愛用している方の
もっと便利に使い方の記事を参考に覚書をしておこうって思います。

調べて見ると
すでに使っている人でもかなり試行錯誤をしているようです。

そういった意味でも
購入前に便利な使い方を探っているところです。

そこで 生活に取り入れてさまざまな使いこなしを
試している人の利用法をしらえてみました。

その1 スイッチを探らずに照明を点けられる?

「Amazon Echo」や「Clova WAVE」等々
現在いくつものスマートスピーカーが
日本でも発売されています。

使い始めて一番便利になった機能としては
“家電の操作”なんだそうです。

中でも Google Homeはスマートスピーカー
つまりインターネットにつながるスピーカーなので
同じインターネット回線上にある対応家電を声で操作することができます。

この対応家電が発売時から多いのが
Google Homeの強みのひとつだそうです。

例えば
連携している照明のオン/オフを声でできることで
1階から2階に移動するときに両手が塞がっていても
『OK Google 電気を点けて』というだけで照明が点くようですね(^_-)-☆

利用できるアイテムとしてフィリップスの「Hue」などがあります。

これで
Google Homeに対応した電球を連携させれると
声での操作が可能になる。

利用する前には
照明を点けるために両手に持っていたものがあれば
いったん下してから
また夜真っ暗な家に帰ってきた場合は
壁を手で探ってスイッチを探すこともなくて
電気を点けられるんですね!

FireSticTVでAndroid端末でミラーリングしてスマホやタブレットの画面をTVに映せる?

Android端末でミラーリングする方法
(@tenchan18)

Fire TVシリーズではAndroidの対応機種が
簡単にミラーリングできます。

Fire TV Stickのリモコンのホームボタン長押しから
ミラーリングを選択して Android端末からも
ミラーリングの設定をするだけでOKです。

Android端末のミラーリング方法は端末ごとに違いますので
設定や接続からミラーリング、マルチスクリーン
といった項目を探してみましょう。

ただし
2017年10月発売のFire TV(NEWモデル)では
このミラーリング機能は無く Fire TV Stick(NEWモデル)で
ミラーリング可能なので購入時注意が必要です。

iPhoneでミラーリングする方法

Fire TV StickもしくはAmazon Fire TVでApple製品を
ミラーリングする時は 「AirPlay」を使います。

Apple TVなら標準で付いている機能ですけど
Fire TVシリーズでは標準ではついていません。

なので
Fire TV側では「AirReceiver」というアプリを
インストールする必要があるんです。

有料なので
勿体ないと思うかもしれませんが
インストールしておいて損はないですよ(*^^*)

スマホの画面をミラーリングすると
テレビの大画面にこのように映し出されます。

スマホなどの端末に入っている写真や動画を見たり
スマホアプリのゲームを大画面で見ることができます。

詳しくはこちらをどうぞ

>>Amazon Fire TVのディスプレイミラーリングを使用する

無線でネットを見ていて受信が不安定な場合もある時に便利なのが
Fire TV Stickが有線LANを利用しましょう。

別売りのイーサネットアダプタを購入しないといけませんが
Fire TV Stick(NEWモデル)を有線でインターネットに
つなぐことができるようになりますよ(^_-)-☆