カテゴリー別アーカイブ: スマホ

話しかけるだけで 「siri」を利用するように文章を書いたりニューズを聞けたりするって便利ですよね。

「siri」のようにスマホに話し掛けるんじゃなくて
家庭の中で家族と会話するように話しかけるだけで
自分の代わりに仕事をしてくれるのは便利ですね(^_-)-☆
(@tenchan18)

なかでも
これが本来の目的じゃないかなぁって思うのが
当然ですが音楽を再生する時のスマートスピーカーの利用法ですね。

Google Homeは
スマホとBluetoothで接続して
単なるスピーカーとして使うこともできることですね。

さらに愉しいって思うのが
気に入っている楽曲の再生中にアーティスト名や
曲名などの情報を教えてくれる機能です。

そんな利用法をしていると
Google Homeには『Google Play Music』が便利だそうです。

と言うのも 普通のBluetoothスピーカーと違って
楽曲の再生中に『OK Google、この曲は何?』と聞けば
先ほど記載したようにアーティスト名と曲名を教えてくれるからです。

更に
使い続けていると学習を重ねれば
自分が好きな曲だけを再生してくれるようになるそうです。

「OK Google」や「ねぇGoogle」と話しかけると
ライトが点灯して 音声の聞き取りモードになる。

ちなみに
対応している音楽アプリは「Google Play Music」以外では
「Spotify」や「うたパス」なども利用できるそうです。

デメリットとして
たとえば「OK Google、明日の天気は?」と聞いたときに
目で確認できないことですね。

ディスプレイがオプションで利用できるようになれば
もっと使い勝手が良くなるかもしれません。

豊かな暮らしって言うのは
日々のくらしのなかで「ちょっと面倒かも」や
面倒なことに気づいていなかったことが
話しかけるだけで解決することで実現することかもしれないですね。

意外かもしれませんが
高齢者向けのアイテムかもしれません! 続きを読む 話しかけるだけで 「siri」を利用するように文章を書いたりニューズを聞けたりするって便利ですよね。

照明以外にもある スマートスピーカーの利用法もたくさんある?

照明の他には
エアコンのオン/オフや温度調整、加湿器のオン/オフ、ロボット掃除機の
操作などにも Google Homeを活用していて すべて声で操作しているそうです。

考えた見れば
電車に乗る時は殆どの人がSuicaを
利用するようになっています。

なんといっても
定期のように“切符を買う”という行動をしなくても
本来の目的である“電車に乗る”という行為が
スムーズにできるようになったからだと思います。

同じように
エアコンを操作するときも目的は
リモコンを触ることではなくオン/オフや
温度調整ができることです。

これまでは
誰かに“エアコンをつけて”って頼んでいたのを
“誰か”がGoogle Homeに交代してやってくれている
ことになるのでしょうね(^_-)-☆

ロボット掃除機の場合は
とんでもないところへ行った時に
「止まって」と言ってストップさせることが
できるそうです。

まるで
ペットのわんちゃんに「待て」と
言っているような気分になるみたいです。

こんな使い方になるので
Google Homeが家庭にあると
まるで家族が増えたように感じるのもわかりますね(^^♪

家電以外では
文字入力のストレスから解放されることが
便利に感じるようです。

Google Homeが家電と連携できるのは
それに対応する家電があってこそになります。

そう言ったポイントから考えると
スマホでの文字入力をしなくて済むことも
メリットに感じるんだそうです。

たとえば
スマホやタブレットで表示した対応コンテンツを
Wi-Fiを介してテレビに表示できるデバイス
「Chromecast」の利用法です。

これをテレビに接続してGoogle Homeと連携すると
「OK Google、かわいい猫の動画を見せて」と話すだけで
YouTubeで“かわいい猫の動画”を検索すれば
テレビで再生してくれるのです。

Google Homeは「YouTube」や「Netflix」などの
動画の検索や早送りなどの音声操作に対応しているそうです。

どう考えても
話しかけるだけでいいというのは圧倒的に楽ですよね。

“書く”とか”操作”という動作に比べると
“話す”のは 動作単位が少ないですからね。

もちろん
スマホのように文字入力の場合
ある程度学習しないといけませんけど
音声入力なら文字入力ができなくてもいいんですから
高齢者でも使えそうですね(^_-)-☆

スマートスピーカーがあると とっても便利!って思ったポイントを調べて見ました。

私もいつか購入したいなぁって思っている
「スマートスピーカー」が日本で発売されて
ようやく半年くらい経ちました。
(@tenchan18)

便利だとはよく耳にするものの
具体的にどんなことができるのか
わからないですよね。

「Google Home」と「Amazon Echo」を愛用している方の
もっと便利に使い方の記事を参考に覚書をしておこうって思います。

調べて見ると
すでに使っている人でもかなり試行錯誤をしているようです。

そういった意味でも
購入前に便利な使い方を探っているところです。

そこで 生活に取り入れてさまざまな使いこなしを
試している人の利用法をしらえてみました。

その1 スイッチを探らずに照明を点けられる?

「Amazon Echo」や「Clova WAVE」等々
現在いくつものスマートスピーカーが
日本でも発売されています。

使い始めて一番便利になった機能としては
“家電の操作”なんだそうです。

中でも Google Homeはスマートスピーカー
つまりインターネットにつながるスピーカーなので
同じインターネット回線上にある対応家電を声で操作することができます。

この対応家電が発売時から多いのが
Google Homeの強みのひとつだそうです。

例えば
連携している照明のオン/オフを声でできることで
1階から2階に移動するときに両手が塞がっていても
『OK Google 電気を点けて』というだけで照明が点くようですね(^_-)-☆

利用できるアイテムとしてフィリップスの「Hue」などがあります。

これで
Google Homeに対応した電球を連携させれると
声での操作が可能になる。

利用する前には
照明を点けるために両手に持っていたものがあれば
いったん下してから
また夜真っ暗な家に帰ってきた場合は
壁を手で探ってスイッチを探すこともなくて
電気を点けられるんですね!

FireSticTVでAndroid端末でミラーリングしてスマホやタブレットの画面をTVに映せる?

Android端末でミラーリングする方法
(@tenchan18)

Fire TVシリーズではAndroidの対応機種が
簡単にミラーリングできます。

Fire TV Stickのリモコンのホームボタン長押しから
ミラーリングを選択して Android端末からも
ミラーリングの設定をするだけでOKです。

Android端末のミラーリング方法は端末ごとに違いますので
設定や接続からミラーリング、マルチスクリーン
といった項目を探してみましょう。

ただし
2017年10月発売のFire TV(NEWモデル)では
このミラーリング機能は無く Fire TV Stick(NEWモデル)で
ミラーリング可能なので購入時注意が必要です。

iPhoneでミラーリングする方法

Fire TV StickもしくはAmazon Fire TVでApple製品を
ミラーリングする時は 「AirPlay」を使います。

Apple TVなら標準で付いている機能ですけど
Fire TVシリーズでは標準ではついていません。

なので
Fire TV側では「AirReceiver」というアプリを
インストールする必要があるんです。

有料なので
勿体ないと思うかもしれませんが
インストールしておいて損はないですよ(*^^*)

スマホの画面をミラーリングすると
テレビの大画面にこのように映し出されます。

スマホなどの端末に入っている写真や動画を見たり
スマホアプリのゲームを大画面で見ることができます。

詳しくはこちらをどうぞ

>>Amazon Fire TVのディスプレイミラーリングを使用する

無線でネットを見ていて受信が不安定な場合もある時に便利なのが
Fire TV Stickが有線LANを利用しましょう。

別売りのイーサネットアダプタを購入しないといけませんが
Fire TV Stick(NEWモデル)を有線でインターネットに
つなぐことができるようになりますよ(^_-)-☆

FIRE TV STICKでは ネット検索も可能になった?

他の特徴としては
(@tenchan18)

インターネット検索ができます。

Fire TVでもインターネットで検索ができるようになったんですね。

リモコン操作が可能です。

つまり パソコンを持っていない人でも大画面で
ネットサーフィンができますね。

と言うことで 
YouTubeもこのブラウザアプリから視聴可能になったわけです。

現在使えるブラウザアプリは
「Firefox」と「Silk」の2種類です。

このインターネットブラウザが対応したことで 
活用の場が増えましたね。

Fire TV Stickの利用価値が増えたんですね!

リモコンだと文字が打ちにくいのが難点でしたが 
「Silk」を利用すれば音声検索が対応しているので
めちゃくちゃ便利です。

ゲームで遊べる

Fire TV Stick、もしくはAmazon Fire TV対応の
ゲームで遊ぶことができます。

リモコンで遊べる簡単な無料ゲームから
FINAL FANTASYなどの人気ゲームもあります。

しかも 専用コントローラーもありますよ(*^^*)

ただし スティック型のFire TV Stickには
対応していないゲームもあるので注意が必要です。

スマホの画面をテレビ画面に映す

Fire TV Stickではミラーリングという
機能が使えます。

これを使うとスマートフォンやタブレットの
画面をテレビの大画面に映し出すことができます。

Fire TV Stickで何が楽しめるか?について 調べて見ました(*^^*)

昨日に続いて
Fire TV Sticを利用して楽しめる
サービスについて記載します。
(@tenchan18)

まずは ニコニコ動画がありますね。

ご存知かと思いますが
日本最大級の動画サービスですね。

そのコンテンツはアニメやゲーム、歌ってみたなどの投稿動画が楽しめたり
動画に流れるコメントもみんなで一緒に観ている感じがして楽しめます。

また 生放送も観ることができます。

プレミアム会員だとかなりきれいな画質で見られるし
タイムシフトといって生放送がいつでも見られるのがとっても便利です。

また AbemaTVも楽しめるコンテンツがいっぱいありますし
会員登録は不要で全番組を無料で見ることができる
インターネットテレビ局です。

現在 22チャンネルが配信されています。

ニュースやアニメ、ライブや格闘技など
様々なジャンルが24時間無料で配信されています。

続いて 動画サービスと言うとGYAOですね。

Yahoo! JAPANが運営する動画サイトで
プレミアムではなくても無料で見られる
動画もたくさんあるので かなり楽しめます。

映画やアニメ、ドラマ、スポーツ、バラエティー、
MV、ライブ映像、子供用動画などがあります。

また
キッズモードがあって子供にも安心して
見せることができますよ♪

「FIRE TV STICK」を余すことなく使うための画期的な利用法とは? その2

最近は 花粉の飛散が凄くて
自宅で過ごすことが多くなりそうです(^-^;
(@tenchan18)

そんな時に 
FIRE TV STICKを利用すると
テレビを見る愉しみが倍増しますね(^_-)-☆

理由 その2 Bluetoothも利用できるし とっても使いやすいんです!

これは Google Chromecastにない利点ですね。

つまり 
各種Bluetooth機器が接続できますから 
Bluetoothイヤホンでサラウンド環境を
構築するのも簡単です。

DolbySoundに対応しているヘッドフォンとも
相性バッチリだそうです。

また 大音量では家族や隣人に迷惑をかけないためには 
小さな音量でも楽しめる手元スピーカーを利用する方法もあります。

理由 その3 検索が大変ならキーボードを表示させれば入力も楽になる。

付属のリモコンでは文字入力が面倒ですよね。

なので 例えばロジクール「K380」を利用すれば その煩わしさからも開放されます。

複数の接続先が設定できるので タブレットやスマホなどにも利用可能となります。

Logicool
K380BK Bluetooth ワイヤレス キーボード
実勢価格:2899円

理由 その4 ちょっと古いテレビを利用してもネット番組を視聴できる!

最新の液晶テレビの場合 
はじめからHuluやNetflixなどが
利用できる機能が搭載されています。

でも 
ちょっと古いテレビや安いテレビの場合 
利用できないんです。

それでも 
Fire TV Stickを利用してHDMI端子が備わっていれば 
最新の映像コンテンツを利用することができるんです。

もちろん
Google Chromecast を利用しても同様です。

もちろん ドンキの格安4KテレビでもOKです(^^♪

IPHONEでも利用したいGメールアプリの設定方法 その4

iOS版のGmailアプリを利用する
メリットとデメリットとは・・・
(@tenchan18)

まずメリットの方ですが・・・

Apple純正アプリは動きが重い感じですが
Gmailアプリは動作が軽いんですね。

利用してみて分かった
デメリットとしては
結構たくさんありますが・・・

現状では URLのリンクが
タップできないことがあることでしょうか。

メール送信者のリンクもタップできないので
連絡先に追加する時に面倒ですね(^-^;

さらには
受信メールによって
URLのリンクをタップできるものと
タップできないものがあって
チョット使いづらいですね。

Apple純正メールであれば
URLはタップできますからね。

iOSのブラウザとしてChromeを利用しているので
Apple純正メールを使っていると
リンクをタップした時にSafariが
開いてしまうのって不便ですね。

また iOS版のGmailアプリを使っても
他社のメールアドレスを受信した場合に
URLをタップしたらChromeで立ち上がって
リンクをタップできるようになれば
利用しても良いかなぁって思いますが。

URLをブラウザアプリを立ち上げて
アドレスを入力するのって面倒なので
使い勝手が悪すぎですよね(^-^;

この辺りが改善されないと
利用者は増えないんじゃないかと思いますね。

IPHONEでも利用したいGメールアプリの設定方法 その3

引き続き 設定を行います。
(@tenchan18)

9. 受信サーバーを設定します。

ユーザー名、IMAPサーバー、ポート、
セキュリティの種類は自動入力されます。

正しいものが自動で入力されているか
確認してください。

私の場合 正しいものが自動入力されてたので
そのままにしパスワードのみ入力しました。

10. 送信サーバーを設定する

受信サーバーと同様、ユーザー名、IMAPサーバー、
ポート、セキュリティの種類は自動入力されます。

受信サーバーの設定が終わっていると
パスワードも自動で入力されます。

11. 送信メールに表示される名前を入力して「次へ」をタップ

送信メールに表示される名前を入力して
「次へ」をタップします。

送信メールに表示される名前を
入力して「次へ」をタップ

12. 他社のメールアカウントが追加される

以上で
他社のメールアカウントがGmailアプリに
追加されました(^^♪

IPHONEでも利用したいGメールアプリの設定方法 その2

実際にGmaiLアプリでYahooメールが届くように設定する
詳細についてを以下に記載します。
(@tenchan18)
1. iOS版Gmailアプリを立ち上げます。

2. Gmailを追加

まずは
Gmailアプリで他社のメールアドレスを使うために
Gmailを登録しないと利用できないそうです。

なので
Gmailを登録します。

ちなみに
後ほどGmailは削除することが可能です。

3. 左上の三本線をタップして△をタップ

4.「アカウントを管理」が表示されるのでタップします。

5. 「アカウントを追加」をタップします。

6. その他(IMAP)をタップします。

7.「メールアドレス」を入力して「次へ」をタップ

Gmailアプリに追加したい
他社のメールアドレスを入力して
「次へ」をタップします。

「メールアドレス」を入力して
「次へ」をタップ

8. 「利用しない」をタップ

Gmailifyを利用するかどうか選択します。

ちなみに
Gmailifyとは Gmailアカウントに
他社のメールアドレスを紐付ける機能です。

Gmailの受信トレイに紐付けたメールアドレスの
メールが受信できるようになります。

特に
他社のメールアドレスをGmailに紐付ける
必要性を感じなかったので
「利用しない」を選択すれば良いと思います。

今回は Gmailifyを「利用しない」を
タップしました(^_-)-☆