「スマホ」カテゴリーアーカイブ

スマホに入っているアプリもsiriから起動させることができまから 生活の中でsiriを利用する機会も多いってことになりますね!?

料理をしているときに
レシピアプリを開いて
調べるなんてこともできます。
(@tenchan18)

 

「○○を開いて」とたずねると
「○○」に該当するアプリケーションを起動します。
そのほかの話しかけ方としては

「ストップウォッチを開始」

「クラシルを起動」

知りたいことを尋ねると
Wikipediaがその情報について表示されます
Siriに
「○○って何?」「○○について教えて」とたずねると
その「○○」に関する情報をWikipediaからの内容が
表示されるんです。

そのほかのフレーズとしては

「太陽系について教えて」

「ロンドンの人口はどれくらい?」

「源義経の生年月日は?」

「高尾山の高さは?」

そんなことも
出来るのでテレビでのクイズコーナーの質問にも
すぐ答えることができますよ(^^♪

また
株を買っている人なら
気になる株価をたずねることも
可能だそうです。

 

ちなみに 「○○の株価は?」とたずねると
「○○」という企業についての株価を表示します。

そのほかのフレーズ

「ヤフーの今日の終値は?」

「日経平均の調子は?」

「今日の株式市場は?」

「今日のナスダックは?」

なんてことも
簡単に知ることもできます(^^)/

 

リマインダーを利用する機会ってまだまだありますよ! 普段の生活の中にもたくさん。

以前にも 記載しましたが

近くのお店を探すために道順をたずねることも
可能ですね。
(@tenchan18)
「○○のお店を探して」と話しかけると
近くの「○○」に関するお店を検索して表示します。

「○○」には「中華料理」や
「ラーメン」などでもOKです。

 


ただし
iPhoneで位置情報の利用をSiriに
許可している必要があります。

そのほかのフレーズ

「このへんにパスタを食べられるお店はある?」

「近くのコンビニを探して」

「魚のうまい居酒屋を探して」

「風邪薬が欲しい」

「近くのコンビニまでの道順を教えて」

でも OKですね。

 


散歩中に音楽を再生する なんてこともできます。
「○○をかけて」と「○○」にアーティスト名を
入れて話しかけると iPhoneの「ミュージック」
アプリに保存してある

そのアーティストの曲を再生します。

そのほかのフレーズ

「サザンオールスターズの○○(曲名)をかけて」

「ジャンルがロックの曲を再生」

「○○のプレイリストを再生」

「○○のプレイリストをシャッフルして」

「再生」「一時停止」「スキップ」
そんな利用法をすれば
散歩中でも音楽を楽しむことができますね(^^♪

電話しか持っていない人にも LINEを使わなくてもsiriで簡単にメッセージを送ることも・・・

まだスマホを持っていない友達にも
メッセージを簡単に送信することもできます。
(@tenchan18)
連絡先内の人名に「○○と伝えて」と話しかけると
「○○」の内容でメッセージを作成し送信できます。

もちろん
先ほどと同様に連絡先内の人名には
振り仮名がふってあることがSiriには必要です。

今回も
電話と同様に連絡先に「父」「パートナー」「姉」などの
関係を登録している場合は
それも判別できます。

つまり 「人名・関係+メッセージ内容」を伝えればOKですね。
なので

「妻に 今日は遅くなると メッセージ」

「太郎に お土産ありがとうという テキストを送る」
また
「新規メッセージを作成」
(Siriのガイドに従ってメッセージを作成することができます)

 


毎朝 出掛ける前に
お出掛け先の天気を調べることができます。
それも siriなら簡単です。

ただ「今日の天気は?」と話しかけるだけで
現在地の天気を1時間ごとに表示してくれます。

ほかにも 日にち、曜日、地名を
含めてたずねることによって
世界各地の天気、降水確率、気温を
調べることができちゃいます。

ただし
iPhoneで位置情報の利用をSiriに
許可してないといけませんが(^^♪

たとえば 以下のように
話せばいろいろ知ることができます。

「明日の天気は?」「来週の天気は?」

「名古屋の水曜の天気は?」
「ニューヨークの月曜日の天気は?」

「北京の日の出はいつ?」

「今日は傘がいる?」
「気温は?」

 

そんな感じに話しかけるだけで
知りたいお天気情報を知ることができます。

これなら
無駄にテレビを付けておく必要が
ありませんね(^_-)-☆

リマインダーを利用する機会って 考えてみると普段の生活の中でも結構あるもんですね!?

あるサイトで気になった記事やメールも
リマインドに対応しています。
(@tenchan18)
ただし「Safari」のみになりますが。

どういったシーンで利用するかって言うと
ニュースサイトを読んでいて
見つけた記事をあとでゆっくり読みたいけど
そのまま忘れてしまいそうってこともありますよね。

そんなときはリマインダーを
設定すると便利ですね。

後で時間を見て読むことができますからね(^^)/
設定方法は簡単です。

リマンドしたいページを「Safari」で開いた状態で
Siriを起動した状態にします。

「このページをリマインド」と言えば 
リマインダーに登録する準備をしてくれるんです。
リマインダーの設定時に
「明日の昼にこのページをリマインド」と言えば
翌日の正午にリマインドしてくれます。

 


連絡先に登録してある特定に人に電話
したいって思います。
そんな時にとっても便利ですね。

「○○(人名)に電話」と話しかけるだけで
連絡先内の人物に通話を発信してくれます。

ただし 注意があります。

いきなり発信するってことですね。

事前に
連絡先内の人名は振り仮名が
ふってある必要があります。

そうでないと
Siriが判別できませんからね。

連絡先に「父」「姉」「妻」などの関係を登録しておけば
siriが判断してくれます。
また
連絡先に複数登録しておいた場合は
表示された電話番号を選択する画面になりますよ(^^♪

iPhoneを利用した乗り過ごし防止策として、まずは思いつくのはアプリの活用としては・・・

乗り過ごし防止系のアプリってたくさんありますよね。
(@tenchan18)
たいていのアプリは
時間を割り出し該当時間にアラームを起動させる
といったタイプとなっているものが多いですね。

ほかには
GPS機能を利用してアラームを鳴らしてくれる
アプリなどもあって これらを利用するのも
ひとつの手段ですね。
そんなアプリを利用するのも便利なんですが
もっと手軽にできるものはって思っていて利用できるのが
iOS標準の「リマインダー」機能じゃないでしょうか。
リマインダーって言うのは
TODOやカレンダーを管理するアプリと似てますけど
標準搭載であってもあまり使うの機会ってなかったんですね。

でも
このリマインダーを使って乗り過ごし防止にも
利用できるんですよ(^^♪
手順としては
まず最寄り駅などをiPhoneの「連絡先」に登録します。

 

 

駅の住所を「連絡先」に登録するには
「マップ」アプリで登録したい駅を探して
詳細画面を表示させたのち「既存の連絡先に追加」を
タップします。

 

 

連絡先の中から自分のものを選んで
登録すればOKです。

このとき
ラベル名はカスタムラベルで呼び出しやすい
駅名に変更しておきます。
あとはSiriを起動し
「○○駅に着いたら“着いた”とリマインド」と
言えばOKなんです(^_-)-☆

これで登録した目的の駅に近付けば
自動でお知らせしてくれるはずですよ。

登録の設定は1度やれば大丈夫ですから
Siriに話しかけるだけなので
万が一眠くてしょうがない時でも
簡単に設定できるのもありがたいですね。

ただ とっても残念なのが
この方法はバッテリー消費が多いって言うところですね(-_-;)

初めていく場所に出掛ける時 乗り換え駅を教えてくるって便利ですよね(^^♪

知らない場所へ行くときは
乗換駅を教えてくれると助かりますよね(^_-)-☆
(@tenchan18)
そんな時に利用できるのが
リマインダーにタスクを追加する機能なんですね。
基本的な使い方としては

「○○とリマインド」と話しかけると 
「○○」をリマインダーに追加できます。

「○○を思い出させて」でもOKですね。
そのほかの利用法としては・・・

「午後5時に荷物受け取りとリマインド」

「DVD返却を思い出させて」

「朝7時に燃えるごみを出すこと」
そう言うと
Siriにリマインダー登録してもらえるんです。

 


もう少し複雑なノリマインドも可能です。

例えば
「6月13日14時 区役所へいくとリマインド」で
リマインダー登録できます。
「日時+やること+リマインド」とSiriに言うと

リマインダーに登録してくれる。

リマインダーは忘れたくないことなどを
登録すもののことを登録しておくと
その日時とやることをその時に知らせてくれる
そして
とっても助かるのが降車駅を
知らせてくれる機能なんですね。

その使い方のシーンとしては

誰かと一緒に電車に乗っているならまだしも
一人で電車に乗っているときなどに眠くなった時
目的の駅が近くなったら誰かに起こしてほしいって
思いませんか(^-^;

そこで
iPhoneを使った電車の乗り過ごし防止策について
試してみたので こんど載せてようと思います。

毎朝起きる時間や日々変わる予定も siriを利用すれば話すだけなので簡単ですから とっても便利ですね(^_-)-☆

毎朝起きる時間や出掛ける時間を
変更するときも簡単に設定できますヨ(^^♪
(@tenchan18)
アラームをセットする方法

shiriを起動後に

「○○時にアラームをセット」と話しかるだけなんですね。

それだけで
「○○」の時刻にアラームをセットできます。

時刻は「午前5時」「19時45分」って言う感じに
細かく設定できるのも特徴かな・・・

それ以外の言い方としては・・・

「7時間後に起こして」
「6時半のアラームを7時に変更」
「7時のアラームをオフにして」
「アラームをすべて削除して」

 

って言っても大丈夫ですね。

 

 

タイマーをセットして利用する具体的な方法は・・・
「タイマーを○○にセット」と話しかけるて
「○○」の時間でタイマーをセットできます。

普通であれば「タイマー」アプリでは
分単位でしかセットできませんけど
Siriを使うことによって秒単位で
タイマーもセットできちゃいます。

その他の 話し方としては・・・

「タイマーを表示」

「タイマーを一時停止」

「タイマーを再開」

「タイマーを止めて」

 

たとえば
「タイマーを○分○秒にセットして」の応用として

カップラーメンを作る時も
「タイマーを3分にセットして」
と言えばOKですね(^_-)-☆

日にち・曜日・世界の時刻を
確認することもできます。
日にちや曜日、時刻の尋ね方としては・・・

「今年の大晦日は何曜日?」

「1年前の今日は何曜日?」

「ロンドンは今何時?」

「平成19年は何年?」(西暦で答えてくれる)

 


ということで
アラームやタイマーなどを利用すれば
予定をマメに設定・変更など
管理することができますから
一度使ってみることをお勧めします。

 

iphoneの買換えで 月額2000円で維持 しかも通話かけ放題に

siriを快適に利用するため 初めに設定しておくと便利なことは・・・

siriを起動して
「使い方」って話しかけると
下記のように関連するアプリ別の具体的な頼み方(
使用例)が表示されます。
(@tenchan18)

 

そこで
まずはSiriによく連絡する人を
学習させて賢くさせましょう。

すると
その方を呼び出しやすくできます。

Siriに
自分にとって重要な人を覚えてもらいます。
(例 お母さん、友達、パートナーなど)

ということで
まずは母を学習させてみます。

まずSiriを起動して
「母」と話します。

すると
「あなたの母のお名前はなんですか?」と聞いてくるので
名前を伝えます。

 

連絡帳データから探し出してくるので
間違いでなければ「はい」を押します。

 

これで母の名前を記憶しました。

次からは
「母」で通じるようになりました。

でも
事前に連絡帳にその人物が入っていないと
登録できませんので
入力しておく必要がありますからお忘れなく!
(ふりがなは入れておいたほうがいいですよ)

 


準備が整ったところで
「~とメモ」と言えばメモを作成してくれますし
「~をカレンダーに登録」と言えば
スケジュールをカレンダーに
登録してくれるようになります。

 

例えば
「来週の土曜日」など
日付を指定しなくてもSiriが
理解してくれるのが便利ですね。

ということで
その手順はって言うと

Siriにカレンダーに
予定を登録してもらう方法
例:
「3月15日13時に新宿で映画 カレンダーに追加」
でOKですね。

つまり
「場所や時間+予定」とSiriに言えば
自動的にカレンダーに登録してくれます。

これで
いちいち手入力しなくても済むなんて
面倒くさい作業をしなくても
カレンダーに登録できますね(^_-)-☆

 

声で入力するだけなら
カレンダーに予定を入れるのも
とっても楽ですよね。

iPhoneにある音声アシスタント「Siri」を使いこなしたい! 何しろ登場してから5年ですから水分と使い勝手が良くなってきたようですね(^_-)-☆

出始めたころからのSiriは
音声の認識精度も低く限られたことしか
できませでしたよね。
(@tenchan18)

なので
殆ど利用する頻度は
なかったんですが。

最近は
iOSのバージョンが上がるたびに
対応する機能が増えたし
その精度も上がってきたので
利用することが多くなりました。

ちなみに
音声アシスタント「Siri」って
文字どおり自分の音声に従って
さまざまな操作を
代わって実行してくれる機能なんですね。

使い方も実に簡単です。

ホームボタンを長押しするだけで
Siriは起動します。

純正イヤホンを使って利用する時は
イヤホンを挿したままでコントローラーの中央ボタンを
長押しすれば動いてくれます。
あとは
実行してもらいたいことを話すだけですね!

 

ただ
如何話しかけたらよいかって言うのが
難しいかもしれません。

 

なので
Siriへの頼み方と使用例を
確認してから話しかけてみましょう。

ココで確認すると何かをしたい時に
利用法を知ることができるので助かりますね。
Siriを起動して「?」ボタンを押す

Siriを起動して「使い方」と話す
以上
いずれかを操作すると
Siriガイドが表示されますので困った時には
まずはsiriに聞いてみましょうね。

 

色々試しているうちに
何となく使い方も分かってきますよ(*^。^*)

iPhoneを MVNO通話定額サービスと大手キャリアの少額プランを比較すると・・・

会社に出掛ける前に 一番気になるのが電車の遅延や天気ですよね( ;∀;)

春になって けっこう目まぐるしく天候って変わります 
なのでLINE天気でお知らせモードにしておくと
とっても助かりますヨ(^^♪
(@tenchan18)

ってことで LINE天気をお友達登録しました。

テレビを見て確認するのも良いんですが 
見逃すってことも間々あるので 
何とかしたいなぁって思っていました。

そうしたら 
先日 LINE アプリの使い方をくふうすれば
【 お天気アラート 】機能があることが分かりました。

なので 
早速 LINEで お天気アラート を
設定することにしました。

以下にその設定方法を期します。

LINEのお天気アラートの設定

ちなみに ”LINE お天気”には 

決まった時間に指定した地域の天気を教えてくれる「お天気アラート」

入力した地域の今日と明日の天気を教えてくれる「天気予報」

があります。

なので 
設定しておくことによって 
毎日天気を教えてくれるので便利ですね。

会社に出掛ける前に 
すぐチェックできるので 
急な天候の変化にも対応できるようになりました(^^♪

当然ですが 
まずは”友だち追加”から「LINEお天気」を
友だちに追加します。

するとLINEお天気からメッセージが届きますから
トーク画面を開きます。

そこで 
設定したい地域の都道府県または都市名を入力して送信します。

そうすると 
天気情報を教えてくれるんですね。

本当に便利になりましたね(^^♪E

さらに 
ヘルプ と入力して送信すると
天気アラートの設定方法を教えてくれるんですね。

ちなみに 
お天気情報はWeaterNewsから
提供されています。

新規、確認、変更、取消、キャンセル が使えます。

と言うことで 
新規
でアラート登録してみます。

毎日アラートは
1、天気変化アラートは2、1と2両方なら3 を入力。

今回は 
毎日アラートを初めて設定するために
1を入力します。

次に設定したい地域を入力して送信します。

さらに 
通知する時刻を数字4つ(朝9時半なら0930)で
入力して送信すれば設定は完了します。

そうすると 
毎朝定時に お天気を教えてくれるLINEが届きます。

設定変更は 
確認、変更、取消、キャンセル、ヘルプなどを
利用すればOKですよ(*^-^*)

実際 
使ってみるとお天気アラートって 
かなり便利ですから 是非使ってみてください。