「スマホ」カテゴリーアーカイブ

itunesでiOS(ソフトウェア)をアップデートする手順について

データーのバックアップが終了したら
アップデートを行います。
(@tenchan18)

3.iOS(ソフトウェア)をアップデートする手順

ステップ 1

「更新」を選択します。

ステップ 2

確認画面で再度「更新」を選択します。

ステップ 3

「iPhone(iPad)ソフトウェア更新」の内容を確認し
「次へ」を選択します。

ステップ 4

「使用許諾契約」を確認し
「同意します」を選択します。

ステップ 5

ダウンロードが開始されます。

ダウンロードアイコン を選択すると
ダウンロード状況を確認することができます。

すでにダウンロード済みの場合は
「ステップ 6」へ進みます。

ステップ 6

アップデートが開始されます。

数分から数十分かかる場合があります。

iPhone、iPad とパソコンは
ケーブルでつないだままの状態にしておきます。

ステップ 7

Apple マークが表示されたら
アップデート完了です。

以降 iOS(ソフトウェア)アップデート後
iPhone、iPad を操作はホームボタンを押します。

「続ける」を選択したのち
表示される内容に従って操作をすれば
通常通りに利用できます(^_-)-☆

「iTunes でバックアップをする(Windows® パソコンでの操作方法)」方法について

1.iPhone、iPad とパソコンをつなぐ前に 
設定を確認する手順を説明します。
(@tenchan18)

パソコンの設定によっては 
iPhone、iPad をパソコンに接続すると同時に
iTunes が起動します。

その時に iTunes の「自動同期」の設定が有効になっていると
iPhone、iPad との同期が自動的に開始します。

なので 
データが消えたり重複する可能性があるんです。

そうならないために 
iPhone、iPad とパソコンを接続する前に 
「自動同期」の設定が停止になっているかを
必ず確認しましょう。

以下に
確認手順を記載しますので
参考にしてください。

ステップ 1

「iTunes」を起動し「編集」を選択します。

ステップ 2

「設定」を選択します。

ステップ 3

表示された設定画面にある「デバイス」を選択します。

この時 
「iPod、iPhone、および iPad を自動的に同期しない」
にチェックを入れ「OK」を選択します。

以上で 
自動的に同期されないようになります(^_-)-☆

iOS 11 をインストールする手順について

パソコンを利用しなくても 
ワイヤレスで iPhone、iPad、iPod touch を
最新バージョンの iOS にアップデートする方法を記載しようと思います。
(@tenchan18)

ちなみにアップデートできないとしても 
iTunes で最新の iOS アップデートを入手できます。

iPad/iPad miniでiOS(ソフトウェア)をアップデートします。

iOSをアップデートすることで 
不具合が解消されたり、新機能が利用できるようになる場合があるので
なるべく最新版を利用した方が良いと思います
(ただし 一部機能の変更・削除等もありますから
アップデート内容は必ず確認する必要があります)。

iPad単体でiOSのアップデートを行うには 
「バッテリーが50%以上またはiPadが電源に接続されている(充電中)」
「iPadがWi-Fiに接続されている」必要があります。

まずは 
最新版のアップデートを確認しましょう。

iPad/iPad miniのホーム画面から「設定」をタップします。

「一般」の「ソフトウェア・アップデート」をタップすることで
インストール可能な最新版のアップデートがあるかを確認することができます。

iPad/iPad miniで設定アプリを起動する

1. ホーム画面の「設定」をタップします
iPad/iPad miniでソフトウェアアップデートをタップする

2. 「一般」から「ソフトウェア・アップデート」をタップして
最新版のアップデートが公開されているかを確認します

iOSをアップデートする

ダウンロード(インストール)可能な最新版のiOSが公開されている場合は
「ダウンロードしてインストール」をタップすることで 
iOSをアップデートすることができます。

アップデート内容を確認し 
「ダウンロードしてインストール」をタップします。

利用条件の確認画面が表示されるので 
利用条件を確認後「同意する」をタップします。

iPad/iPad miniで最新のiOSが
ダウンロードされたらインストールをします。

1. 「ダウンロードしてインストール」をタップします
iPad/iPad miniでソフトウェアアップデートの利用条件に同意します。

2. 利用条件を確認して「同意する」をタップします。

以上で iOSが新しくなりますね(^^♪

iCloudへバックアップするiPad/iPad miniのデータを指定することもできます。

容量が不足する場合やバックアップに非常に時間がかかる場合は 
バックアップするデータを指定・選択することが可能です。
(@tenchan18)

その手順について
記載しようと思います。

使用している端末のストレージ管理画面を表示します。

その後 
「ストレージとバックアップ」画面から 
「ストレージを管理」を選択します。

同一のApple ID(iCloudアカウント)で複数の端末を利用している場合は 
現在使用しているiPad/iPad mini(このiPad)を選択します。

iPad/iPad miniでiCloudのストレージ管理画面を表示します。

1. ストレージとバックアップ画面にある
「ストレージを管理」をタップします。

この時 iPad/iPad miniで端末を選択します。

2. iPad/iPad miniを選択して 
バックアップオプションからバックアップを
作成するデータを指定します。

「オン」になっているデータのみがバックアップされます。

iPad/iPad miniでiCloudの
バックアップオプションを選択し
バックアップを作成したいデータのみ
「オン」にします

ちなみに 
iCloudに保存したバックアップを削除すると 
自動バックアップが解除されます。

手順は「ストレージとバックアップ」画面から
「ストレージを管理」をタップして 
使用している端末(iPad/iPad mini)を選択します。

画面下部にある「バックアップを削除」をタップすることで 
iCloudにバックアップしたデータをすべて削除することができます。

以上の準備が整ったら iOS11にバージョンアップを行います(^_-)-☆

iPad/iPad miniでiCloudへの自動バックアップを有効にする方法

iPad/iPad miniの設定画面から 
iCloudへの自動バックアップを有効にします。
(@tenchan18)

iPad/iPad miniでiCloudにサインインします。

1. 「設定」をタップします iPad/iPad miniでiCloudにサインインする

2. iCloudのサインイン画面で「Apple ID」「パスワード」を入力して「サインイン」をタップします

ちなみに 
初めてiCloudにサインインした場合

入力した「Apple ID」で iCloudに初めてサインインした場合は
「Apple ID」が「iCloudアカウント」として登録されます。

iCloudの利用規約が表示されるので 
規約を確認後「同意する」をタップします。

続いて iCloudのサービス規約を確認します

そして 
iPad/iPad miniで各種データのiCloudへの
自動バックアップを有効にします

iPad/iPad miniのiCloud設定画面で
「ストレージとバックアップ」を選択します。

画面下部にある「iCloudバックアップ」を”オン”にすることで 
iCloudへの自動バックアップが有効になります。

以上の設定を行えば 
前回記載したようにiPad/iPad miniが
「充電中」
「Wi-Fiに接続している」
「画面がロックされている」
場合に自動的にバックアップが作成されますよ(^_-)-☆

iPadで利用していたLINEがトークできなくなったので iOSをアップデートをしてみました(^-^;

iOS 11 にアップデートする際に
準備しておいた方が良いこと。
(@tenchan18)

iOS 11 によって 
お使いの iPhone、iPad、iPod touch が
快適になると言われています。

そこで 
アップデートの方法とうまくいかないときの対処法を 
まとめてみようかなって思います。

まずは アップデートをするには・・・

iPhone、iPad、iPod touch を iOS 11 に
アップデートする前に 以下の作業が必要になります。

その1 バックアップを作成する

iPhone、iPad、iPod touch を
バックアップしておいた方が良いです。

何故なら バックアップがあると 
万一の際にも大切な情報を復元できるので安心ですからね。

と言うことで 
まずはiPad/iPad miniでiCloudにバックアップを
作成する方法について記載します。

ちなみに iPad/iPad miniのiCloud設定で 
iCloudのバックアップを有効にすれば 
iPad/iPad miniが下記状態の際に自動で
バックアップを作成してくれます。

・iPad/iPad miniが充電中である

・iPad/iPad miniをWi-Fiに接続している

・iPad/iPad miniで画面をロック中である

iCloudにiPad/iPad miniの各種データをバックアップしておけば 
端末を復元(初期化)した場合にiCloudに保存したバックアップから復元できるし 
端末を紛失・故障した場合や、新しい端末を購入した場合など 
新しい端末に古い端末のデータをそのまま移行させることができます。

ただし 無料でiCloudにバックアップできる容量は
「5GB」までとなっているので 
それ以上の容量が必要な場合は有料オプションで
アップグレードが必要になりますね(^_-)-☆

と言うことで
アップデートする前に
必ず バックアップを摂っておきましょう!

Spotifyをもっと快適に利用できるようにする準備の方法とは・・・

まずは Wi-Fi環境下で使用する
(@tenchan18)

その後 端末にダウンロードして聴く(オフライン機能)

ということで オフライン機能について調べて見ます。

つまり 音楽ストリーミングサービスを快適に使う為には 
曲のダウンロードが必須と言うことなんですね。

前回記載したように通信量がとっても多いようです。

なので まずは音楽ストリーミングサービスは「自宅等でWi-Fiを
使って聴く」か「Wi-Fi環境下で端末にダウンロードして
オフラインで聴く」のが ベースにします。

多くの音楽ストリーミングサービスでは 
この「オフライン視聴」に対応しています。

ちなみに Spotifyも対応しているようです。

なので 音楽ストリーミングサービスを快適に使うには 
この「端末に曲をダウンロードしておく
(オフライン機能)」のは必須になるんですね。

また Wi-Fi環境下にあったとしても通信が不安定になることはあります。

ですから 端末に曲をダウンロードしてから聴くのが 
一番確実なんです。

ただし Spotifyのオフライン再生機能(曲のダウンロード)は
有料会員限定(無料会員では使えない!)ですね。

まぁ 当然でしょうが・・・

Spotifyは音楽を端末にダウンロードする
「オフライン機能」に対応していますから 
有料会員(月額980円)になったら 
wifi環境下でデバイスにダウンロードして利用しましょう。

結局 このオフライン機能に月額980円の価値があると思うかどうかは 
個人の利用法によってメリットがあるかどうか
考えて会員になればようと思います(^^♪

なので 
メインの音楽サービスをSpotifyにするなら再生を
安定させる為に必要でしょうが 私の場合 Spotifyを
ラジオや有線の様に利用しているので必要ないかなって感じています。

つまり 「聴ける時だけ聴く」というスタイルなので 
無料会員のままでも十分音楽を楽しむ事は出来ますから 
無料でも楽しめます。

そう考えると Spotifyはかなり良いサービスですね(^_-)-☆

Spotifyって とっても音楽を聴くのに利用しやすいですよね(^^♪

なので その便利で効果的な利用法について
記載しておこうって思います。
(@tenchan18)

まずは 
「Spotifyのオフライン機能の使い方」について
調べて見ました。

調べて見ると オフラインでの音楽再生機能は
使い勝手に大きく左右されることがあるそうです。

と言うのも オフライン機能を使う為には条件もありますので 
注意する必要があります。

その辺りも含めて 記載しておこうと思います。

一番のポイントは Spotifyの様な音楽ストリーミングサービスは
通信量がかなり必要ってことです。

なので 快適に利用するためには 
音楽ストリーミングサービスには曲の
ダウンロードをすることが必須ですね。

基本的にストリーミングという形式には 
かなりの通信量が掛かるってことを覚えておきましょう。

具体的には 「ストリーミング」放送というのは 
ネットの回線を使ってリアルタイムで音楽データを
ダウンロードしているようですから 
通信量がかなり嵩むって事になります。

なので キャリアなどで普通に契約している回線の人はもちろんのこと 
格安SIMの人だったりはすぐに通信制限にかかってしまうはずですよね(^-^;

なので ラジコという「ラジオのストリーミングサービス」
も同様なようですね。

もし 外で普通に使っていたらあっという間に
通信制限にかかってしまうばずですので 
利用法に注意が必要です。

利用制限のないモバイルルーターを利用すれば 
外でもストリーミング放送は使いやすくなるでしょう!

たとえば 
Yahoowifiモバイルルーターなんかも無制限で利用できるので 
利用価値が高くなりますね(*^。^*)



そこで 通信量の制限されているスマホを利用して 
音楽のストリーミングサービスをもっと快適に利用できるように
する方法を調べて見ようと思います。

『音楽配信サービス』の一つ 『Spotify』って無料で4000万曲が無料で聴くことができる。

スマホアプリなどで利用している『Spotify』は 
多少制限はあるけど4000万曲が無料で聴けます。
(@tenchan18)

利用してみればわかるんですけど 
正直めちゃくちゃ便利で普段からヘビーに利用しています。

本当にこれが無料で良いのかと思うくらいに 
たくさんの曲を聞くことができるんですよ。

Spotify ダウンロード

Echodotを利用し始めた時に 
この『Spotify』のサービスもスキルが
あると言うことで楽しみにしていました。

そこで接続しようとして 
スキルを探してきたんですが見つからないんですね。

その他にも 接続する方法があるのか方法を探していたんですが 
分らないんですね。

そんな経緯もあって調べた経過を記載します。

結局 利用する方法もあったんですがちょっと問題もあるんですね。

日本版EchoDotで Spotifyは接続できるのか?

具体的には お持ちの『Amazonのアカウント』を「日本」から
「US(アメリカ)」に変更すれば 利用できるってことなんです。

しかし『Amazon Echo』に登録するために
『Amazonアカウント』の登録住所をUSに変更する必要があります。

また 日本国内のみ提供される他のサービスが使えないという弊害も出てきます。

そこで Amazonジャパンの公式サイトを調べて見ると日本版『Echo』での
『Spotify』の利用は しばらくお待ちくださいというアナウンスされます。

ただし アカウントをUSにするメリットもあります。

使える『スキル』などは 
すっごいたくさん利用できるようになります。

ただし 『Alexa』の音声入力自体も全て『英語』になるので 
『日本語』で音声入力ができなくなります。

なので ある程度英語が達者でネイティブな方以外は 
利用価値はないかもしれないですが・・・

「Amazon Music Unlimited」の利用価値はあるのか?

私が良く聴くミスチル・サザン・安室など豊富な邦楽を
楽しむことができるのかって思っていたんです。
(@tenchan18)

実は Amazon Music Unlimitedが購入特典で
チョット無料期間がついていたので そのまま使ってみたんですけど聴きたい
あのアーティストの曲はやっぱり聴けないってことがありました。

そこで 調べて見るとAmazon Echoの場合
Amazon Music以外にも「dヒッツ」「うたパス」といった
日本企業発の音楽配信サービスが利用できるんですね。

これら「dヒッツ」「うたパス」のサービスの大きな特徴の1つが
邦楽対応が豊富というのが 最大のメリットですね。

例えば 「dヒッツ」ならMr.Children、サザンオールスターズ、安室奈美恵
といったかなり有名所の楽曲が聴き放題になっているんですね。

ただし 音楽プログラム再生方式なので
特定の曲が指定しづらいのがデメリットですね。

でも その分月額料金も安いのでAmazon Echoから
垂れ流しするには音楽プログラム式も良いかもって思います。

どうせ聞くなら 手持ちの高音質スピーカーを利用しましょう。

Google HomeやClovaを選ばなくて良かったなぁって思ったのは
Amazon Echoのハードウェア的大きな特徴である
サウンド出力端子を備えていることですね。

つまり Bluetoothで外部へサウンド出力可能なことですね。

と言うことは 自分の持っている好きなスピーカーで
音楽を楽しむことが可能なことです。

なので ステレオやサラウンドで聴くことも可能なんですね。

有線であればオーディオケーブルさえあれば簡単に接続できますし
Bluetooth対応スピーカーへ出力することも可能ですから
音声操作で接続可能ってことになるんです。

「Alexa、Bluetoothデバイスへ接続して」

これだけで 外部スピーカーを気分に合わせて
気軽に利用が可能なんです。

ただし 最初はペアリングが必要になりますよ(^_-)-☆