カテゴリー別アーカイブ: ショッピング

古いパソコンをスピードアップさせるには 部品をグレードアップする? その2

自分の所有している古いパソコンの部品の使用を確認したら
交換できる部品を探します。
(@tenchan18)

互換性のある部品を探すには

必要な部品の種類がわかったら
例えば「SSD 互換性」などの用語で検索して
該当部品を販売している小売業者を見つけましょう。

上記のように
部品ごとに互換性に関する項目で
絞り込めば検索が可能です。

 

Macの部品を購入する時は
Macの部品を専門で扱うお店を
チェックすると良いそうです。

と言うことで
SSDにアップグレードする方法

SSD(ソリッド・ステート・ドライブ)は
現在では価格もかなり下がって
回転する旧式のハードディスク・ドライブを
使い続ける理由は見当たらないように感じます。

SSDは
物理的に動く部分を排除することで
旧型のドライブに比べてスピードが
ほぼ3倍になっています。

M.2スロットを搭載したマザーボードを搭載している場合は
互換性のあるM.2 SSD(高速PCIeインターフェイスを
使用するSSD)が必要です。

メモリを増やす方法

メモリの容量を大きくする効果としては
一度にたくさんのタブを開くことができるし
写真や動画のような大きなサイズのファイルを
扱うときの待ち時間を短くしたりできます。

また
同時に使えるアプリの数も増えます。

ただし
16GBのメモリに大金を
つぎ込む必要はないんです。

よっぽど
本格的な動画編集でも
しないかぎり不要です。

まずは
8GBあれば十分だと思いますね。

なので
正しいフォームファクタ(SO-DIMM、DDR4など)を選択して
自分のマシンのマザーボードに合うものを購入しましょう(^^♪

Google Home との違いは 現状では『スキル』の多さかな?! その2

Alexaの『スキル』って
かなり多いみたいで
どんなことができるのかって
とっても愉しみですよね。
(@tenchan18)

ただし
「Alexa,YouTubeをかけて」というと
amazonで関連書籍を一発で注文されるって言うのは・・・ですが。

試しに「Alexa、YouTubeかけて」って話すと
YouTubeの書籍が紹介されるようです

そして 「注文しますか?」と聞かれて「はい!」と答えると
amazonにオーダーされていたので
すぐにキャンセルしたそうです。

凄いもんですが
このショッピングの注文機能をオフにしておかないと
使い方を知らない人が間違ってなんでも「はい!」というだけで
注文されてしまう恐れがありますよね。

この辺りは
Amazonでも改善してほしいところですね。

AmazonがAIスピーカーでもたらすサービス

EchoDotを使い始めて一日もたたない人でも
AIスピーカーによる利用にはとても便利に
感じるようにできてるなぁって実感しているようです。

スマートフォンを利用しなくても
ハンズフリーで使いこなせるからですね。

ニュースから銀行口座の残高なども知ることができるし
第三者が提供してくれる『スキル』を利用すると
色々なことができそうでワクワクしますね。

もちろん
IoT家電の音声コントロールも
将来的にはかなり使えそうです。

つまり
今までAmazonが販売していなかった
サービス分野の販売・サービスが
利用可能になるってことですね。

さらに
どのタイミングで何をオーダーしたのかも
AI学習するので
事前に教えてくれるように
なるかもしれないですね。

また
Echo Dotは外部のBluetoothスピーカーなどにも
ペアリングすることができるので
音楽主体に利用する時も外部スピーカーを
Blouetooth搭載スピーカーに接続すれば
好みの音を選択することができそうです。

また
ミニジャックもあるので
ヘッドフォンも直接使えますね(^^)/

なんかすごい世界が
身近に近づいている感じですね!

Google Home Miniの特徴について まとめてみました。

ネットの情報をもとに
GoogleHomeMINIの特徴について
まとめてみました。
(@tenchan18)

Google Home Miniのパッケージは
サイコロ風の立方体だそうですね。

開封すると
ファブリック調の本体が姿を現します

大きなマカロンというか
穴のないドーナツと言っても良いような
スタイルであるのも頷けますね。

付属品としては
本体とACアダプターの他、クイックスタートガイドなどが
添付されています。

本体背面は
ACアダプターの接続口はUSB Micro-Bコネクターです。

その隣には
マイクをオフにできるスイッチがあります。

ACアダプターは
形状としてはおしゃれですけど
ちょっとコンセントの隣の口に
やや干渉するような感じがします。

使い方を紹介するリーフレットには
本体の説明書を兼ねているので
Google Homeに添付されるものとは違うそうです。

Google Home Miniは
スピーカー部分を簡略化してあるボディーを
小型化したGoogle Homeみたいです。

直径は10cm弱で
やや大きめのドーナツ程度のサイズだそうです。

とってもコンパクトなので
設置場所を選ばないでしょうし
これが最大のメリットと言えるかもしれません。

セットアップの手順と機能は
Google Homeと同じだそうです。

本体に電源ケーブルを接続した後に
スマートフォンでGoogle Homeアプリを起動すると
製品が見つかるので セットアップ手順に従って
設置場所を決めて Wi-Fiに接続した状態で
声が認識できるかどうかのテストを行って
残る幾つかの設定を完了させれば使えるようになるそうです。

ちなみに
音声ガイダンスの音量って
デフォルトで隣室まで響き渡るほどの
爆音なんだそうです。

その際
本製品は本体上部の左側をタップして
音量を下げられるますので
すぐに音量を下げた方が良いそうです。

とは言っても
初めからそんなことまで知っている人は
ほとんどいないでしょうから
その辺りは出荷前に何とかしてほしいものですね。

そうで無いと
爆音のままセットアップしないといけないですから
近所迷惑になるので何とかしてほしいところですね(^-^;

 

Amazonのサイバーマンデーセール!買う時に注意すべきポイントは・・・

Amazon利用者のところには
案内が来ていると思いますが
サイバーマンデーセールが
今日の18時からスタートするんです。
(@tenchan18)

なので
それまで買い物はしないようにして
どんな商品が出るのかチェックだけ
しておきましょう(^^)/

そこで
Amazonのサイバーマンデーセールに備えておきたいことを
記載しますので 良かったら参考にしてください。

ちなみに
「サイバーマンデー」って言うのは?

Wikipediaによると

ココから

アメリカ合衆国では、伝統的に感謝祭翌日の金曜日(ブラックフライデー)から年末セールが始まり、感謝祭の休暇中、実店舗は買い物客で混雑する。

一方、オンラインの店舗では、感謝祭の休暇明けの月曜日に売上が急増することから、この日はサイバーマンデーと呼ばれている。

この呼び方は、2005年のホリデーシーズンに「Shop.org」によって使われ始めたものであるとされる。

ココまで

と言うことらしいです。

ですが
ブラックフライデーは11月24日なので
サイバーマンデーって11月27日になるはずですが
Amazonのサイバーマンデーは2週間遅れですね。

ということで
Amazonのサイバーマンデーセールが
本来の日にちと違っているので
勘違いしないようにしましょう。

なので
本当のサイバーマンデーは
今年は11月27日なんですね。

 

サイバーマンデーセールに備えておきたいこと。

それは
普段の価格とセール価格が表示され
「安い」と思い込まないことです。

Amazon自身が出品しているものであればこそですが
マーケットプレイスからの出店物は
かなり注意しておく必要があります。

その理由は

セール前に
値上げしておいてセールになったら
元に戻しているケースって
過去にもけっこうあるからです。

と言うことで
PCから購入を心がけましょう(^^♪

 

その際には
価格変動を確認できる
ChromeやFirefoxの機能拡張を利用しましょう。

参考:ChromeのKeepa利用法

高性能か?進化するジェネリック家電は本物なんだろうか? その3

アイリスオーヤマと同じように
最近ホームセンター等で
よく見かけるのがYAMAZENですね。
(@tenchan18)

特に
注目したのが調理家電や暖房器具の中でも
「IH調理器」ですね。

良く見るだけあって
動作性能も良くや
操作がしやすいんですよね。

そして
トヨトミ
『窓用エアコン』です。

このメーカーは
ストーブやヒーターが主力の暖房器具メーカーですけど
技術力を夏向けに生かしたのが窓用エアコンもお薦めです。

一番の売りは
とっても簡単に取り付けられる
手軽さですね!

情熱価格+PLUS「米屋がこだわった5.5合ジャー炊飯器IH絶品ごはん」やトップバリュ「オーブンレンジ」に圧倒価格「PROSONICNEO」も 安価な人気の商品ですが そこにはある共通点があるのが分かります。

上記の商品で共通するのは
いずれもコラボ商品だったことです。

つまり
共同開発することで
1社あたりのコストが抑えられるので
低価格化が実現しているとも言えます。

ほかの商品についても
安いにはそれなりの理由が
あるみたいですね。

たとえば

早期退職した技術者が
海外だけではなくそう言った会社に
積極採用されて技術力を向上させたパターン。

ハイアールの場合は
旧・三洋電機の白物家電事業の売却先で
同社のDNAが受け継がれたパターン。

そう言った経緯で
品質はそのままに機能の部分を
シンプルにすることで
安さが保たれているんですね(^^♪

安くてもお値段以上の性能には
それなりの理由があったんですね(^^♪

高性能か?進化するジェネリック家電は本物なんだろうか? その2

今年良く売れた商品 
(@tenchan18)

アイリスオーヤマの
空気清浄機なんです。

良く見るのは 
ホームセンターやドンキのような
ディスカウントストアですが。

その性能は 
プラズマクラスター搭載の
シャープの空気清浄機と
同等の性能?なんです。

アイリスオーヤマの調理家電やヒーター、照明なども
良く出していますがとっても優れたものが
多いですが技術力は高いんですね。

たとえば 
『サイクロンスティッククリーナー』も吸引力に優れていて 
6000円台という店頭価格からは
信じられないほど高い性能だと評判ですね。

掃除機を安く欲しいという消費者の
ニーズは十分に満たしている
からなんでしょうね。

同じように注目しているのは
『ロボットクリーナーミニネオ』ですね。

 

続いての売れ筋商品は
ハイアールの冷蔵庫ですね。

始めは 
中華家電メーカーゆえに不安があったんですが 
最近では周りに多いですから
あまり気にならなくなりました。

しかも 
無印良品が自社ブランドで販売する
冷蔵庫もハイアール製ですからね。

以前の 
中華家電よりも安心できるかもしれませんね。

高性能化している?進化するジェネリック家電は本物なんだろうか? その1

最近
よく耳にするのが
とっても安い電気製品です。
(@tenchan18)

中古じゃなく
新品でもとってもお手軽な価格で
購入することができるんですね。

そんな時に
とっても気になるのが
どこで作っているのかなんです。

何故かって言うと
買ったは良いけどすぐに壊れてしまったら?

昔から言う安物買いの銭失いって
言う状態になるからですね。

そこで
とっても評判の良かった
電気製品について調べて見ようって思います。

まぁ
基本的にはAmazonで
良く売れたかどうかは気にしていません。

ということで
一番は今年の前半に自社オリジナルブランドの4K液晶テレビを
6万円以下って言う衝撃的な価格で販売して
とっても話題となったドン・キホーテについて
調べることにしたんです。

メーカーが日本でも
生産は外国って言うのはよくあることです。

なので
特にテレビはブランドにこだわらなければ
性能的に大差ないモノが安く買えるんじゃないかって
思いますよね。

代表的な『32V型ハイビジョンLED液晶テレビ』は
サンスイ製ですね。

市場価格は大手メーカーより
5000円以上安いです。

販売元は
ドウシシャですが
ほかにもオリオンという
別のブランドを展開しているようです。

こちらのメーカーは
以前から安いテレビ
を販売しているようです。

ちなみに
大きな39型や40型なども手掛けていて
こちろのテレビも格安です。

しかも
“ジェネリックREGZA”と呼ばれて話題になった
ドンキのテレビと同じ東芝映像ソリューションが
外販する基板を使用しています。

つまり
サンスイやオリオンのテレビも
それだけの品質があると思っても
良いんじゃないかって思います(^^)/

洗面所をスッキリ整理するには グッズで効果的に見せれば解決?!

試して価値があるのが
手軽に手に入る100均グッズを
利用する方法ですよね☆
(@tenchan18)

100均のアイテムだけで
ゴチャゴチャした洗面所をスッキリさせることもできるし
おしゃれに収納できるかもしれないです。

100均グッズを上手に利用したアイデアって
なかなかポット浮かばないので
ネットで探して工夫をしています。

それに
参考にした100均に行っても
必ずしも同じアイテムがあるとは
限りませんが( ;∀;)

まぁ
その辺りは同じような工夫ができないか
考えるってことになりますが。

なので
100均へ行くとかなり時間が
掛かってしまうこともありますね。

安室奈美恵 トップセラー

と言うことで
今回は洗面所回りが乱雑になっている普段使うものを
そして何となくゴチャゴチャとしてしまっているものを
整理しようと思ってネットで調べていました。

そんな時に
「教えて!goo」で検索してみたところ
「洗面所の収納」という質問を発見しました。

やはり同じように洗面所の収納で
悩んでいる方って多いんですね。

特に
私が気になっているのがドライヤーの置き場所です。

できれば低予算で見栄えもよくしたい!
という勝手の良い悩みなんですが。

 

ちなみに
参考にしようって思っていたのが
壁や鏡を使ったインテリア

用意するものは
木製の箱2つ・両面テープ・ビンの小物入れ・ブリキのハングポット・
ドライヤーホルダー・フック・飾り用のグリーン。

結構
スッキリとするものですね(^^♪

詳細については
下の動画をチェックしてください。

ニコニコ動画で見る

そして
ドライヤーの片付けには
専用のアイテムもあるんですね。

ちなみに
ドライヤーのコードはあまり固く丸めると
断線の恐れがあるのでやっかいなんですよね。

それで探したのが
これですね。

これだけでも
かなり洗面回りがスッキリした感じですね(^_-)-☆

メルカリ 即時買取サービスがスタート! 出品した人の情報を見ると・・・

メルカリは
2017年11月27日(月)から不用品を
すぐに現金化できるサービス
メルカリNOWがはじまりました。
(@tenchan18)

メルカリNOWの特徴は
手元にある商品のブランドと状態を選択して
スマートフォンのカメラで撮影した画像を
メルカリへ送信するだけで
査定金額を提示してくれるんです。

そして
ユーザーがその査定金額に了承すれば
すぐに売上金を手に入れることができる
サービスですね。

ただし
査定の上限金額は2万円ですし
集荷はメルカリが無料で行います。

ちなみに
現時点での買い取り対象商品は
レディス・メンズの服飾品に限定されています。

また
1日の買取金額は上限1,000万円で
毎日10時にリセットされます。

操作手順は
メルカリのアプリを開いて
上部にある左右にスクロールして
カテゴリーの『NOW』を探して選択します。

取引を開始するには

『アイテムをお金に変える』

この赤いボタンを
タップすることで始まります。

まず
年齢確認を求められます。

20歳未満の方は利用できないようです。

この時
本人確認の証明がされます。

商品(アイテム)を選択する画面になりますので
画面に従って操作をします。

ちなみに
表示されないブランドは
買い取りNGだそうで

新品、美品、未使感あり

この3つから選択します。

このサービスを使うのは

あくまで即金が必要な方

つまり

このサービスを利用したい人は
自分で入らない物を処分したいけど
オークションとかよくわからないし
ややこしい手続きがめんどくさい。

って思っている人
じゃないでしょうか?!

家の中にある自分にとっては
『不用品』は

他人とっては
『価値のあるアイテム』
かもしれないですからね。

私感としてはあまり安売りするのも
如何かなって思うくらい
査定は厳しいみたいです(*_*;

 

Amazonスキルで出前が可能なんですが たとえばこんなものまで出来る?

昔だったら 懐かしい出前ですし
今ならデリバリーとしての利用ですけど・・・
(@tenchan18)

「すき家のお弁当注文」が可能!

色々あっても
一度は試してみたいのが
「食べ物の注文」ですね。

でも こういった利用法なら
スマートスピーカーに合うんじゃないかと
思いますね。

ただし
利用法をよく考えてみると
向いてないなぁってこともありますね。

どういうことかと言うと
以前記載しましたが
文字で表示されていたほうが利用しやすい・・・

具体的に考えると
豊富なメニューの中から自分が
食べたいものを毎回選ぶ時ですね。

写真や価格の入った一覧が必要になるので
PCやスマホを使わなければ
オーダーそのものが難しいですからね。

ただし
なじみの店に行って「いつもの」って
感じでオーダーするならむいているかも。

それなら
一声掛けるだけで注文できる
スマートスピーカーはピッタリだと思います。

なので
「すき家」の牛丼が食べたいってときであれば
この条件にピッタリですね!。

現状では
自宅まで出前してくれるシステムじゃなく
最寄りの店舗で受け取るための事前に
注文できるって言う利用法です。
(実際問題として
牛丼を1個を自宅まで配送するのって
コスト的に無理ですからね)

ピザであれば
デリバリーに対応されることも
可能でしょうね。

ちなみに
「すき家のお弁当注文」スキルの利用法について

利用するには
アカウントをリンクさせて受け取り店舗を
指定する必要があるそうです。

それに
現状では対応しているメニューは500円(税込)の
スペシャルメニュー(牛丼並盛・たまご・とろ~りコクぷりん)のみですが
これからどう発展していくのか楽しみですね(^^)/

参考サイトアドレス:http://www.sukiya.jp/news/2017/11/20171109.html