「ショッピング」カテゴリーアーカイブ

銀行口座から ペイパルが利用できるように設定する方法

では 実際に支払代金(残高)を登録した銀行口座へ
引き出す方法について調べたことを記載します。
(@tenchan18)

以下の手順を行うことによって 
銀行口座へ引き出すことができます。

参考:https://www.paypal.com/jp/webapps/mpp/support/withdraw

事前に 『銀行口座の登録』 を行っておくことが必要です。

その 1

マイペイパルにログインした後に
 [入出金管理]→[資金の移動]をクリックします。

その 2

[銀行口座へ引き出し]をクリックし 
引き出したい金額を入力する画面へ行きます。

金額を入力して[続行]をクリックし 
指示に従います。

注意事項としては
引き出し金額が49,999円以下の場合は 
250円の手数料がかかります(50,000円以上は無料)。

米国の銀行口座への引き出しには 
2.5%の手数料がかかります。

銀行口座への引き出しには 
3~6営業日かかります
(金融機関により異なります)。

ただし アカウントの解約を予定している時は 
銀行口座への振り込みを確認してから(3~6営業日かかります)
アカウント解約の手続きをする必要があります(^_-)-☆

以上で クレジットカードを持たずに
しかも 個人情報が知られずにネット購入をすることが可能になります!

利用していますが
ペイパルは個人情報が洩れる心配がないので
安心して使えますが
私の利用しているお店の中で
使える店舗があまりないのは残念ですね(^-^;

みずほ・三菱UFJ等の6行銀行口座から ペイパルが利用できるようになると その1

ペイパルを利用するメリットとしては 
クレジットカード番号などの個人情報を
知られずに支払ができるところです。
(@tenchan18)

そう言ったペイパルの利用法に 
企業・個人・銀行を連携させて 
より手軽な送金や受け取りが可能になったんです。

つまり PayPal(ペイパル、本社:シンガポール)は 
従来のクレジットカードでの支払いに併せて
新たに銀行口座からもペイパルの利用が可能になったことです。

具体的には 
ペイパル口座に対応する銀行口座を連携させて 
クレジットカードを持たないユーザーも銀行口座の振替機能を
使用してペイパルの利用が可能になるってことです。

主な機能は 3つあって。

まずは 対応する銀行口座の振替機能を使用して
ショッピングや決済が可能になるんです。

現時点で対応する銀行は 
みずほ銀行、三菱UFJ銀行、三井住友銀行、りそな銀行、
埼玉りそな銀行、ゆうちょ銀行の6行です。

ただし 銀行口座からペイパル口座へのチャージは不可です。

また ビジネスを対象としたサービスなので
個人間の送金は対象にはならないのが残念なところですね。

個人ユーザーはペイパル口座で1回あたり10万円までの
支払いの受け取りができるようになるんです。

対応する銀行口座とオンライン連携することで本人確認を行って 
1回あたり100万円までの支払いの受け取りや
銀行口座への引き出しが可能になります。

企業は個人ユーザーのペイパル口座(メールアドレス)と
金額を指定するだけで 簡単に支払いができるようになるんです。

国内外にリアルタイムで支払うことができることに加えて 
API連携による手続きの自動化などでコスト削減にもつながるそうです。

個人情報を後悔せずに買い物できると
安心して買い物できますね(^_-)-☆

ボーナスの活用法 どうせ使うならポイントなどで還元される買い方を(^_-)-☆

その5 情報を収集して 電化製品の購入時にポイントアップを集める
(@tenchan18)

まず 高額な商品の買い物について

もし冷蔵庫や洗濯機等の白物家電の買い替えを考えているのなら
いつも以上にポイントアップが期待できますので 
ボーナスシーズンに購入するのも良いかと思います(^^♪

複数の電化製品の購入を検討しているのであれば
購入したポイントを貯めて
次の商品を購入するような時差をおいて
購入がおすすめです。

高額なモノを時差で購入した場合
最後に購入する商品はポイントだけで購入できることもあり
お得度&満足度がアップします。

複数買いなら時差購入という方法も
視野に入れておきましょう。

買い物のポイントが加算されるのは主に翌日以降。

購入先のポイントシステムを確認しながら
購入日を計画しましょう。

その6 同じように お中元でポイントを貯めよう

お世話になった方々にお中元を
贈る人もいるのではないでしょうか。

主にデパートやスーパーなどで購入すると思いますが
デパートで購入する場合には事前に商品券を購入してから
商品を購入すると商品券が割引で購入した分だけ
お得に購入できますね(^_-)-☆

最近では
インターネットのサイトから購入派も多くなっていますよね。

インターネットのショッピングサイトのなかには
独自のポイントやTポイント等の共通で利用できる
ポイントが貯まるサイトがあります。

これらのサイトを通じて購入すれば
利用者のランクによって割引が受けられたり
ポイントが貯まります。

貯まったポイントは自由に使えますので
電化製品同様に時差購入でお得にできますし
自分が欲しいモノだって買えちゃいます。

ポイントの使い道が多いので
お得感は高くなります。

たとえば 楽天市場を利用する時は
楽天カードを作成すれば
それだけでポイントが貯まるので
さらに お得感が増しますね(^_-)-☆

その7 最近良く聴くのが ふるさと納税を利用する

もはやおなじみの節税方法である「ふるさと納税」ですね。

ふるさと納税をすれば所得税や住民税の還付や控除が受けられるだけでなく
納税した地域からお礼の品まで貰えますので
利用しない手はありません。

ふるさと納税ではお礼の品を貰わずに
寄附に回すこともできます。

寄附と言う行為は運気アップにも役立ちますので
節税&開運のスピリチュアル的な効果も得られるかもしれません?!

使う・使わないに限らず
夏のボーナスは誰にとっても嬉しいものです。

なので 
使うときには予算立てをして
予算オーバーのときには今買う必要があるのか
先送りはできないのかを考えて
無理な出費をしないことを心がけましょう。

くれぐれも 
欲しいと思っただけでは
購入するのはやめましょうね(^_-)-☆

ボーナスを大事に利用したいですよね。 なので その活用方法について考えてみました

夏と冬のボーナスは 
どのようなスタンスで利用しているでしょうか?
(@tenchan18)

中には 
ボーナス一括払いで 
もうすでにボーナスは無いって方も
いるかもしれません。

または 
全額貯蓄して普段と変わりない生活を
している方もいるでしょう。

なので 
年に2回のありがたいボーナスを上手に
貯蓄する方法を考えてみたいと思います(^^♪

その1 ボーナス払いを選択しない

ボーナスは「なかったもの」「あればラッキー」と考えて 
ボーナス払い で何かを買ったり、生活費の補てんしたり、
ボーナスありきのマネープランを立てることを回避することは 
まず考えないようにしましょう。

そもそも 
中小企業にお勤めしている場合は そうはいきませんし 
大企業でも業績が悪ければ支給されないってことも 
いままでありましたからね。

毎月の給料とは違って 
業績や景気に大きく左右されがちですから 
ボーナスをあてにしていると 
もしもの場合に対応できないですからね(^-^;

その2 無いものとして貯蓄にまわす

そうはいっても年末年始は支出の多くなる時期ですから 
給料だけでは足りずにボーナスを充ててしまうことも
あると思います。

ですが 元々ないものと思って
最低でもボーナスの半分は貯蓄をするように決めましょう。

節約術でお金を貯める「買い物」の習慣とは? 続き・・・

続いて デビットカードを使って節約志向になる方法。
(@tenchan18)

決済後すぐに利用金額が口座から引き落とされる
デビットカードを利用することで 
現金と同じようにやりくりできるのも良いところですね。

または 
オートチャージの電子マネーではなく
プリペイド型のカードを使う。

使い過ぎを予防するために
利用上限額がチャージした分だけなるプリペイド型カードを
使って支出をコントロールする方法ですね(^_-)-☆

また 
別の考え方として 
やりくりのコツとして何にでも使っていい
「浪費」用の財布をつくる人もいるそうです。

浪費はいけないと思われがちですけど 
実はやりくり上手な人ほど
きちんと上手に浪費をしているそうです。

浪費だと意識して浪費することで 
ストレスも発散できてお金との付き合いも
上手になると言われています。

お金を貯めている人って 
こういう買い物の仕方をしているから 
ストレスなく貯めることができるようです(^^♪

保障別に加入してお金を貯める
「保険」には どう対処するの?

家計費のなかで「保険料」は 
毎月一定の支出が続く固定費に分類されますね。

つまり 一度見直すと それ以降は何もしないで
削減効果が維持できる支出の1つとも言えます。

なので お金を貯めようと考える人なら 
まず最初に見直しをしたい重要なポイントですね。

なので 保険について正しく理解する必要があります。

特に 間違いを起こしがちなのが 
貯蓄型の保険がお得だって思いがちなことです。

つまり 個人年金保険や学資保険といった
貯蓄型の保険を利用することがよいと
思っていることです。

正しく理解している人であれば 
『貯蓄は貯蓄、保険は保障』 
と切り離すことができるはずです。

お金は「買い物」「保険」「投資」を使い分けることができれば貯蓄できる?

お金を貯めている人って 
自分なりの習慣があることが多いようです。
(@tenchan18)

たとえば 
買い物の仕方、保険の入り方、投資のことなど、
それぞれの考え方でお金を貯めるためによい方法を
考えて実践しているようです。

そこで 
その取り組み方について調査しました。

節約術でお金を貯める「買い物」の習慣とは

買い物にも 一人一人クセがありますけど 
共通して意識しているのは「節約」ですね。

たとえば 

買い物の回数を少なくする。

購入前に時間をおいて考える。

クレジットカードや電子マネーの使い方にこだわる

等々を考えて行動します。

特にカード払いには気を使っています。

等々の使い方があります(^^♪

まず クレジットカード払いの場合

買物をしたら その分の現金を口座に入金する。

クレジットカード払いの金額を
購入後に支払い用の口座に入金するやり方です。

少し大変ですが
支出額がシンプルでわかりやすくなりますからね(*^。^*)

最初に投資すべき株は 身近な生活関連が良い?

では 最初に投資すべきは
「身近な生活関連株」とは?
(@tenchan18)

はじめて投資を行うにしても 
どんな株に投資したら良いのか悩みますよね?

初めて取り組む株について調べて見ると 
そのポイントは個人消費に関わるものって言われています。

世界単位で見ると 
なかなか熱してこない個人消費ですけど 
日本はこれからオリンピックに向けた上げ潮に乗ることだと思います。

個人消費に関わるものであれば 
デフレマインドに浸かった人々の財布の紐も
緩むんじゃないかと思います。

そのとき いったいそのお金は 
まずどこに使われるかを考えてみます。

答えは 
たぶん「身近な生活関連商品」だと思います。

景気が上昇し始めると 
食材を一段良質なものにしたくなるものです。

ファミレスで済ませていた外食を
フレンチのビストロにしたくなる。

習慣的に買っていたプチプラコスメを 
資生堂など大手メーカーのものに替えたくなるものです。

その理由は 
安さが売りのコンビニでも以前より
ちょっぴり高価でグレードの高いお総菜や
お菓子が人気になっていますからね。

ちなみに 景気上昇期には 
こうした生活密着型のモノやサービスを
取り扱う企業の株から上がり始めるそうです。

なので 醤油や豆腐、歯磨き粉や歯ブラシ、洗顔料や洗剤。

昼どきのテレビ番組の合間にCMが流れるような企業は 
すべて狙い目だそうです。

ただし 毎日使うモノだからといっても 
車や冷蔵庫等の耐久消費財を扱う企業はおすすめではないようです。

その理由は 
景気の上がり始めは単価の安いものから
売れ始めるからだそうです。

耐久消費財メーカーに投資する場合は 
日本の隅々まで好景気が浸透するころまで待つべきみたいです。

単価は安いけど 
プチ贅沢な生活用品が狙い目かもしれないです。

そう考えると ファッション関連も狙い目ですね。

男性なら 
ゴルフ道具やスポーツジムなど、娯楽や
「自分磨き」の分野も上がりそうです。

身近なモノやサービスを提供する会社は
まだまだあるはず。

生活のなかで 
あなたが毎日使うものや 
繰り返し買って使っているお気に入りの商品は
ないでしょうか?

そんな商品を扱う会社の株こそが ねらい目ですね。

この後 世の中の景気はどうなるんだろうか?ネットの情報で予想してみます(^_-)-☆

一番多く見られたのが 
さらなる好況の波が押し寄せるって言う意見が
多かったですね。
(@tenchan18)

2018年9月には自民党の総裁選が行われます。

世間の情報を見ると 
マスコミではフェイクニュースを流すでしょうが 
おそらくは安倍首相が三選して今後ともデフレ脱却政策が
進められていくって言う人の多いですね。

そうなれば市場は活気づきますから 
株も上がるのは必定だと思います。

投資家は「政治(政局)」を大いに重視しているようです。

つまり 
政権が安定すると積極的に投資してますからね。

と言うことで 
その時期が「次のピーク」になると思います。

それは 政権が安定して 
しかもオリンピックによる好景気が訪れる 
おそらく2019年の半ばころだと思います。

そして 東京オリンピック開催に向けて 
株価は2万7000円すら狙えると予測している
人もいるくらいですからね。

それと同時に 私の周りでは
好景気の実感なんて 全然ないって言う人が多いですね。

たしかに 好景気の影響はまだ世の隅々まで
行きわたってはいないでしょう。

でも その「今」こそがチャンスなのかもしれないです。

投資は 本格的に市場が熱して高値がつく
「前に」行わなくてはならないからですね。

では 
長い低迷期を終えて回復に向かっている株価って 
いつまで続くかって言うと?

2019年に 消費増税がされると予想されているので 
その辺りでいったん落ち着きは見せるかもしれないですね。

なので 
その後で再び不景気に陥ると
考えられるかもしれませんね。

また 経済学者のなかには「オリンピックが終わったら好景気も終わり」
という悲観的な見方もをする人もいます。

たとえば オリンピックが終われば訪日外国人も減るんでしょうか?

そんな風には思えません。

逆に オリンピックが終わった後に 
とりわけ安全で 安くて美味しくて豊富な食べものに
安心して訪日観光客は増えるように思います。

つまり オリンピックをきっかけとして来た人々が 
リピーターになるように感じるからです。

どう考えても 先進国のなかでも 
ここまで安全をを誇る国もそうそうないって
思いますからね(^_-)-☆

雨水は飲める?雨が降ると匂いがする? 今の季節になるとそんな疑問を持ったので調べて見ました!

梅雨のシーズンに入って
通勤通学中、雨具が欠かせない日も増えてますね。
(@tenchan18)

梅雨は日本に住んでいると
当たり前のようにやってくる雨の季節です。

でも
梅雨について知らないことも多いのではないでしょうか。

たとえば 昔から思っていたんですが
「雨水なら飲んでも平気?」なんじゃないかって思っていました。

そんな疑問を誰もが一度は考えたことありませんか。

そんな疑問に対して
「教えて!goo」に投稿されていたので
その記事について興味があったので記載しようって思います。

雨水は飲めるのか?雨が降ると匂いがするのは本当なのか?
などについても調べて見ます。

海外では
雨水をペットボトル水の原料としているところもあるそうですが・・・

降り始めの雨には
大気中のさまざまな物質と一緒になっているので汚れています。

でも 降り出してから30分以上経つと
大気に含まれている物質が少なくなって
雨水もきれいになるようです。

ちなみに
世界各地には雨水をきちんと貯めて
飲用や生活用水に使用している人たちがいるようです。

たとえば
オーストラリアでは住宅の屋根に降った雨をタンクに貯めて
簡易ろ過したのちに飲用水として活用している地域があるそうです。

また 同国では雨水を原料にペットボトル水を
製造・販売している会社もあるんだそうです(^-^;

日本人の感覚としては ちょっと心配になりますが・・・

貯蓄をするための無駄会を防ぐ 一つの方法として

そこで 
無駄買いしないための対策を考えてみました。
(@tenchan18)

その方法は 
購入前にクローゼットや部屋の中を
スマートフォンで撮影
してみることです。

客観的に見ると 
いかにモノが溢れているかわかるはず。

良く見ると同じようなものを
持っているかもしれないです。

また 
収納するスペースは本当にあるのかどうかも 
想像
してみましょう。

なので いくらセールで安売りしていても 
その前に先ほど撮った写真を見直すことによって 
無駄のない買い物ができるようになるはずですよ(^.^)

趣味のグッズやコレクションしているものがあるなら 
「ここまでならOK」という収納スペースを決めるのが鉄則です。

把握できないほどモノがあっても 
満足度は低いですよ。

逆に モノが多いこと自体がストレスになります。

整理整頓しないとなんとなくモヤモヤしますし 
捜し物を見けられないってこともあります。

さらには 
掃除するのも億劫になりますからね。

手始めとしては 
モノを少なくして 自宅をきれいにしてみましょう。

すると 
それを維持したいという気持ちが生まれて
無駄なものを買わないようになるはずですよね(^^♪

いまは 
ゴミを処分するにもお金がかかる時代ですから 
少しずつ不用品を手放しましょう。

先日 
実家の不用品の処分を専門業者に見積りしたところ 
数十万円費用が掛ると言われました(^-^;

いまのうちに 
買うものを減らしてものを減らすことが
ゆくゆく大きな節約に繋がるんでしょうね(^.^)