チャコ のすべての投稿

災害時には即席のランタンに!? 油汚れ掃除や炊飯にも使える“レジ袋”のいろいろ活用術

先日も記載したんですが
レジ袋の活用法の続きです。
(@tenchan18)

それは
レジ袋の特性を利用した方法です。

ネットで災害時の便利グッズが乗っていたので 
試してみることにしました。

レジ袋って 
使いようによっては即席のランタン⁉とか
油汚れ掃除や炊飯にも使えるそうです。

それ以外でも 
色々な利用法があるんですね(@_@。
 

今回は
静電気の力で床掃除を
する方法を試してみました!

実は 
9月5日放送の「あさイチ」(NHK系)でみたんですが
 “レジ袋”に関する様々な“スゴ技”が紹介されていました。

例えば 
油汚れの掃除もスーパーなどで貰える
レジ袋で簡単にこなしてました。

ちなみに 
生鮮食品を入れる
ポリ袋でも大丈夫だそうです。

レジ袋の原料・ポリエチレンって言うのは 
油と構造が似ているから油汚れと
結びついて汚れが取れるようです。

そう言えば 
油汚れの部分にレジ袋を当てると
油が付着し簡単に取れたような記憶があります。

スポンジやふきんとは違うので 
そのまま使い捨て出来るのもメリットですね。

他の利用法としては 
レジ袋でスナック菓子やドーナッツで
べたついた手を拭くときにも効果があるんだそうです。

何しろティッシュよりもさっぱりとふき取ることが
出来るって言ってましたね。

そして 
フローリングやカーペットを掃除する時は
袋で手袋のように手を覆い床を擦ってみることに。

不思議なことに 
静電気の力でほこりが集まってくるので 
最後に塊を捨てれば掃除完了です。

改めて 
静電気でほこり取るって
かなり威力があるって
感心しちゃいますね(^^)/

Amazon定期お得便を初回だけでキャンセルして大丈夫? 可能だって聞いたんだけど実際どうなの・・・

Amazonの定期お得便は1回だけで
キャンセルして問題ないのか?
(@tenchan18)

いつも利用していて気になっているんです。

実際試してみれば 
良いのかもしれませんが・・・

そこで 
ネットを利用してそんな方いるのか調べてみることに。

ちなみに 
定期お得便って言うのは 
Amazon(アマゾン)で定期購入することを前提に
最大10%オフが適用されるお得な購入方法ですね。

指定した間隔で自動的に商品が届けられるので 
万が一買い忘れがなくなるので助かっています。

ですが 
いつも気になっていたのが1回だけの注文でも対象商品であれば
「定期おトク便」を適用して割引価格で購入して 
2回目以降は後日キャンセルしても最大10%割引でいつも買えるのか 
それともなんかペナルティーがあるのか心配でした。

そう言った行為が意図的かどうかに限らず 
今後も定期購入をする予定だったけどいらなくなったとか 
種類を変えたくなったなどの理由で「定期おトク便」を
1回だけでキャンセルすることも考えらますよね。

ということで

定期おトク便を
初回だけでキャンセルして問題ないの?

割引が取り消されたりしないの?

商品返せって言われたりしないの?

何度もやったらお咎めを受けるんじゃないの?

って言うことについて 
とっても心配だったんですね。

調べてみた結果から言うと 
OKなんですね(^^♪

確かに 
アマゾンの利用規約のどこを見ても 
定期おトク便を初回利用のみでキャンセルしても
ユーザーに不利益が起こるという記載はなかったんですね。

参考 Amazon定期おトク便 利用規約

そんな心配をしている人も多くて 
そんな記載が乗っているブログを見てみると 
実際に確認した方がいましたので 
その内容を転載いたします。

転載 ココから――――――

「子どもの成長に伴いおむつのサイズが変わり、1回のみの定期おトク便の利用で2回目以降はキャンセルしたい、という場合もあるかと思います」という、うちで過去に実際に起きた例をあげながら聞いたポイントは以下の通り。

初回のみの使用で定期おトク便をキャンセルすることは問題ないのか。
キャンセルにより初回注文分の割引の取り消しや返金、商品の返品は発生しないか。
キャンセルによってユーザーへのペナルティなどはないのか。
アマゾンさんから速攻でお返事がきた。

ご連絡いただきました定期おトク便の2回目以降のキャンセルの件でございますが、1度のみのご利用にてキャンセルされましても、全く問題ございません。

お子様の成長に伴い、サイズが変更になる可能性があるということは、ご指摘の通りでございます。

また、ご記載いただいた割引の取り消しや返品・返金、ペナルティなどは一切ございませんので、ご安心ください。

ご丁寧に「このたびは、当サイトのご利用に際し、ご不便をおかけしましたことを重ねてお詫びいたします」と謝られてしまった。いえいえ、不便は一切感じておらず、アマゾンには便利しか感じていません。

転載 ココまで――――――

ちょっと 
セコイようですが定期的に購入するつもりがなくても
キャンセル前提で定期おトク便を使って購入すると 
最大10%オフの割引料金で購入できちゃうってことになりますね。

一応 
ユーザーの「良識」に基づいたルールだと思いますし
こういったルールも頻繁に変更されるので 
やり過ぎてアカウント凍結など無いように
自己責任で行いましょう(^^)/

Amazonプライム会員登録をキャンセルや返金を受ける方法とは・・・

Amazonプライム会員を更新前の通知してもらう方法
(@tenchan18)

まずは 
アカウントサービスからアカウント設定の
「Amazonプライム会員情報の管理」をクリックします。

この時に 
Amazonプライム会員情報の管理で
プライム会員の請求日も確認できます。

今回は「会員資格を終了する」をクリックします。

会員情報の変更で「更新前にお知らせを受けます」を
クリックして完了ですね(^^♪

とっても簡単で通知して貰えるので 
更新が気になっていれば設定しておいて損はないですよ。

以上で 
更新3日前にAmazonから登録してある
メールアドレスに通知が届きます。

ただし 
通知だけでは会員資格が終了しませんので 
必ず会員資格終了手続きを行いましょうね。

ちなみに 
万が一にも解約するのを忘れてしまった場合も
あきらめる必要は無いんですよ。

「無料体験の30日を過ぎてしまい、
クレジットカードに請求されてしまった」

こんなときでも 
解約したい場合は返金してもらうことが可能なんです。

Amazonカスタマーサービスに連絡をして
事情をお伝えすれば全額返金してもらうことができます。

(ただし 現金ではなくAmazonアカウントに登録されている
請求されたクレジットカードへ返金になります。)

もちろん 
全額返金はAmazonプライムを
利用していないことが前提となりますよ。

もし 
使用してしまった場合や途中解約の場合は 
ある一定の金額で返金されることもあるそうですが・・・

Amazon公式サイトのヘルプ&カスタマーサービスから解約することも可能です。

無料体験で 体験してもらいたいこととは・・・

お急ぎ便、日時指定が無料

非会員の場合だと、「お急ぎ便」「当日お急ぎ便」
「お届け日時指定便」は下記のように料金が発生します。

お急ぎ便 360円
当日お急ぎ便 514円
お届け日時指定便 360円(当日指定の場合514円)

ですね。

これらがAmazonプライム無料体験中であれば全て無料になるのです。

当日お急ぎ便の514円はなかなかの金額ですので、
こちらが無料になるのはかなり大きいのではないでしょうか。

月に何度もAmazonを利用する人の場合 
かなりお得になりますね。

Amazonプライム会員になると年会費は3,900円ですけど 
月に計算すると325円ですから 
一回の注文で元が取れてしまいます。

特に 
お届け日時指定はよく利用するのではないでしょうか。

私のように 
一人暮らしや共働きなどで誰も家に在宅していない場合 
必ず日時指定はしておきますよね(^^)/

Amazonプライム無料体験

自転車両立スタンドのバネが壊れた ロックを戻そうと蹴ったらポキって感じで折れました(@_@。

自転車の“両立スタンド”バネの
ロック側が折れちゃいました。
(@tenchan18)

Amazonタイムセールで90%オフも・・・
♛J.Rosée♛レディースネックレス&ペンダント シルバー925
だって65%オフで2699円?!

廃車自転車があればバネを外して
それを取り付けることも可能でしょうが・・・

すぐに交換できると思ったんですが
スタンドバネって結構固いですね。

やはり
取り付けにはコツが必要みたいです。

そこで
ネットで【バネの取付け方法】について調べてみました。

ちなみに
今回スタンドバネが折れた自転車ですけど
乗り始めてから約6年ほどたっています。

大きさは
26インチのママチャリですね。

スタンドの種類っていうか
両足スタンドって言うようです。

変速機はありません。

と言うことで

まずは
折れたスタンドバネと同じサイズのばねを購入しました。

こんなバネだけ
ネットで購入するのも有りかなって思ったんですが
Amazonで販売されていました。

長さは
26インチ用の場ねって言うことで選択しました。

なんかバネの巻き数と長さって
販売メーカーによって微妙に違うようです。

私も良く分かっていなかったので
同じシルバーの自転車の大きさの合うバネを購入しました。

裏面に26インチ用と記載されていたので
購入することにしました。

Amazonプライム無料期間後は自動で有料会員になるんですが 事前に自動更新しない方法もあるんです。

Amazonプライムには30日の無料体験があるんですけど 
何もしないと無料体験期間が終わると同時に
契約が自動更新されてしまいます。
(@tenchan18)

ちなみに 
年会費¥3,900(税込)ですから 
月にすると325円になります。

小学生のお小遣いにも満たない金額ですが 
利用しないのに請求されるのは 
なんとなく嫌ですよね”(-“”-)”

Amazonのヘルプページを調べてみると 
実は この契約の自動更新は設定でオフにすることが
出来ちゃうんですね(^^♪

なので 
その設定をしておけば無料期間後は
自動でAmazonプライムは解約されます。

つまり 
お金が請求されること無く
無料体験を楽しめるんですね。

ただし 
この自動更新オフの設定ってサービス利用開始時に
選択できるようになっていないので 
一般には知られていないようです(´・ω・`)

そんなことで 
Amazonプライムを無料期間の30日間だけ使用しても
年会費を払うことなく無料期間が終われば
自動的に解約されるように設定する方法を
ネットで調べてみました。

Amazonプライムを有料会員に自動更新しない設定方法

この自動更新しない設定は
必ず Amazonプライムの無料体験期間中に
行わないといけませんよ(^^♪

なので 
Amazonプライムを利用してみてメリットを感じなければ
継続したくないって思っている方は早めに設定して
おいた方がよいかもしれませんね。

まずは 
Amazonのトップページを開き
右上のメニューから
「アカウントサービス」を選択します。

さらに 
プルダウンメニューで表示される
「アカウントサービス」を選択します。

アカウントサービスの設定の項目の中にある
「プライム」を押します。

表示される項目の中から
「自動移行しない」を押します。

「会員資格が終了します。よろしいですか?」と表示されますが 
自動移行をオフにします。

ちなみに オスを選択しても
すぐにはAmazonプライム会員は
終了しないそうです。

以上で 
Amazonプライム会員の自動更新がオフになり
有料会員へ移行せずに済むようです。

なので 
安心してアマゾンプライムの無料体験を利用できますので 
試してみたい方はぜひ自動更新をオフにしてみてくださいね(^^)/

Amazonプライム無料体験公式サイト

Amazonプライム無料体験はよく危険と書かれているのをネットで見るんですが それはどうゆう意味なんでしょう?

Amazonプライムは年会費3,900円で入会できるサービスで 
たくさんの特典を受けられる会員ならではの恩恵があります。
(@tenchan18)

そして 
同等のサービスを入会前に30日無料体験
することができるのですね。

入会を検討しているのであれば 
すぐに体験した方がいいでしょう。

でも 
Amazonプライムが危険や落とし穴などと
書いてある記事をネットで見ることがあります。

私が利用した感じでいうと 
そんなことは無いですね。

何回も書いたんですが 
無料体験中に注意しなくてはいけないことは
一つだけですね。

それは 
以前にも記載したように解約の方法を
事前に知っておくことだけだと思います。

そうすれば 
安心して無料体験で受けられる特典や
体験することができると思いますよ(^_-)-☆

Amazonプライム無料体験公式サイト

Amazonプライム無料体験中に 是非確認してほしいのが・・・

Amazonプライム無料体験は30日経ったら自動更新されます。

なので 
まずは更新前の通知設定をしましょう。

自動更新って 
30日経ったらAmazonに登録されている
クレジットカードから年会費3,900円が請求されます。

このことを良く知っていれば 
「Amazonプライムの罠」や「Amazonプライムの詐欺」なんて
思うことはありませんよ。

しかも 
ハッキリとAmazonの「ヘルプ&カスタマーサービス」
にて記載されていますからね。

と言うことで 
無料体験中の更新通知設定を設定しておきましょう。

30日って 
長いようで意外と早いですよ。

なので 
あっという間にAmazon無料体験期間が
終了してしまいますね。

そこで 
自動更新されないために更新3日前に通知する機能があって 
この設定さえ行っておけば自動更新されずに
安心して無料体験することができますよ(^_-)-☆

 

Amazonプライム会員情報の管理

Amazonプライム会員登録をキャンセルする、返金を受ける

Amazonプライム会員登録をキャンセルして返金されるので 試してみるのも良いかもしれないですよ!

Amazonプライムを解約したことが無いので
ネットから情報を調べてみました。

もちろん
Amazonのホームページにもはっきりと解約方法と言うか
キャンセルの方法が乗っているので 安心して無料体験をすることができますね。

Amazonのホームページより

Amazonプライムを解約しないと
自動的に更新されます。

なので
無料体験と有料会員であっても
自動更新はお客様ご自身で停止できます。

有料会員への自動切り替え/自動更新の停止、
会員登録キャンセルのお手続きはこちら。

ちなみに
無料体験期間の終了日ならびに有料会員の更新日は
Amazonプライム会員情報の管理の左側に表示されています。

と言うことで
Amazon プライム会員登録のキャンセル方法について

まずは
Amazonプライム会員情報を変更するにアクセスします。

有料会員登録をキャンセルするには
会員資格を終了するをクリックします。

注: 有料会員登録後
お客様および家族会員がAmazonプライムの特典を利用されていない場合は
キャンセル時に会費を返金されるそうです。

他のサイトで調べてみても
そう記載されていました。

Amazonプライム無料体験をキャンセルするには
自動更新しないをクリックします。
注: 自動移行しない設定を行っていない場合

無料体験の終了後に有料会員へ自動移行します。

 

このあたりの画像情報は

ネットから調べたものを載せています。

 

ちなみに
Amazonのホームページには

「無料体験または有料会員期間が終わると、
有料Amazonプライム会員に自動更新されます。」

なので
自動更新前にお知らせメールを受信することが可能です。

って言うことも記載されていました。

そして
「Amazonプライム会員情報を変更するで更新前に
お知らせを受けますをクリックすると、
終了3日前にEメールが送信されます。
(PCサイトのみで設定可能)」だそうです。

さらには
「当サイトで返金処理を完了してから、
実際に返金されるまでに時間がかかる場合があります。

会費はプライム会員をご請求した
クレジットカードに返金いたします。」

とっても
ユーザー目線に沿っているので
安心して体験できるんじゃないかって思われますよね(^^)/

くどいようですが
体験してみて自分に合わないと思ったら
自動更新されることの無いよう解約を忘れずにしましょう!

Amazonプライム 無料体験

その他にも Amazonプライム会員があるので載せておこうって思います(^^♪

その他には 
Amazonプライム(アマゾンプライム)家族会員があります。
(@tenchan18)

Amazonプライム(アマゾンプライム)家族会員の特徴としては 
Amazonプライム(アマゾンプライム)会員の家族が無料で入れる会員制度なんです。

でも 
Amazonプライム(アマゾンプライム)家族会員の特典は限定されます。

具体的には 以下の通りですね。

お急ぎ便が無料

お届け日時指定便が無料

特別取扱商品の取扱手数料が無料

ですね。

月に1回Amazonを利用する人であれば 
Amazonプライム会員 無料体験キャンペーンを申し込んではいかがでしょうか?

その期間は30日間で無料で体験ができます。

もちろん 
解約やキャンセルだって簡単です。

破格の年会費って思ってますが・・・

ともかく 
年会費がとっても安いですね(^^♪

年会費3,900円(月額換算で325円)ですから 
大変にお得ですね。

月に325円は 
今どきの小学生だって 
もっとお小遣いを貰っているでしょう(^^♪

さらに 
年会費というシステムが嫌な方は
新しくできた月額400円のプランがおすすめです。

若干割高だとしても 
内容は年会費3,900円のプランと同じですから
暫く試したいって方なら良いかもしれないですね。

いずれにしても 
自分にあった最適なプランを選択しましょう。

まぁ 
Amazonをよく使われる方なら絶対に入らないと勿体無いです。

もちろん 
小学生の小遣い程度と言っても 
Amazonを使わない人には無駄になるので
おすすめできないですけどね。

なにしろ 
利用しないならプライム会員でなくとも 
生活に支障が出ることはないでしょうからね。

Amazonを利用しているからこその 
Amazonプライム会員の特典は
利用価値があるからですね(^^♪

なので 
会員になる前に本当に自分にその特典が
必要かどうかを見極めてみることが必要です。

ちなみに 
「Amazonプライム(アマゾンプライム)」は
生きていく上で必要かって言うとそうとは言えませんよね。

メリットがあると感じる人だけ 
入会すれば良いんですよ。

月額325円とはいっても 
利用しなければ無駄になりますから必要ありません。

Amazonプライム(アマゾンプライム)会員を薦める理由

年会費3,900円(or 月額400円)で
特典が使い放題であること(^_-)-☆

それに 
Amazonプライム(アマゾンプライム)の特典は
今でも拡大してます(^^♪

Amazonプライム(アマゾンプライム)と「Fire TV」
「Fireタブレット」の相性は最高に良いです(^^♪

無料体験を利用する時に注意することは・・・

無料体験期間もしくは1年間の有料会員期間が終わると 
自動的にAmazonプライム(アマゾンプライム)会員の登録が更新されます。

つまり 
その後クレジットカードに
年会費3,900円(税込)が請求されますよ。

なので 
利用しないつもりであれば 
自動更新される前に早々に解約手続きをしましょう(^^)/

月に1回Amazonを利用する人であれば 
Amazonプライム会員 無料体験を申し込んで
全品送料無料をお試ししましょう(^^)/

Amazonプライム会員って どんな種類があるのか気になったので調べてみました(*_*;

実は Amazonには複数の会員制度があるんです。
(@tenchan18)

ちょっと複雑ですから まとめておくことにしました。

会員の種類は 以下の通りなんです。

 

Amazonプライム(アマゾンプライム)会員

年会費3,900円もしくは 
月額400円で様々な特典を受けることができます。

 

Amazon Student

学生であればAmazonプライム(アマゾンプライム)の特典を 
さらに格安の年会費1,900円(月額159円)で使うことができます。

Amazon版の 
学割みたいなものですね。

さらに

6か月無料
無料体験でポイント1,000円分
お友だち紹介で1,000円Get
本 +10%ポイント還元(コミック・雑誌除く)

等々の特典が盛りだくさんですね。

学生さんには 
おススメの特典ですね。

 

Amazonファミリーって言うのは・・・

プライム会員ならではの特典で 
Amazonファミリーに加入することができます。

このサービスは小さいお子様がいる向けのサービスですから 
当然子供がいない人は入れないんですね。

ただし 
2003年以降に子供が生まれた家族のみ対象なんです。

たとえば
オムツとお尻ふきが15%オフ

しかも
ベビー用品で使える3,900円クーポンがもらえる

「Amazonプライム(アマゾンプライム)家族会員」
とは違いますので注意が必要です。

Amazonプライム(アマゾンプライム)会員の
メリットを最大限に受けたいなら 
家族別々で入る必要も出てきますよ(^^)/

Amazonプライムのサービスの中にあるアマゾンフレッシュ(月額500円)って言うのは・・・

アマゾンフレッシュと言うサービスがあるんです。
(@tenchan18)

これは 利用できる地域が限定されていますが
一般的なスーパーで購入できる食品や日用品を始めとして
人形町今半の精肉やモンシェールで人気のロールケーキ「堂島ロール」とか
Oisixの有機野菜をはじめとする厳選した野菜や果物などの
専門店こだわりの食品・食材がたくさん揃っているんです(^_-)-☆

スーパーに行かなくても
新鮮で安心・安全な食材が自宅に届くんですよ。

しかも
フレッシュな食品を最短4時間で当日配送してくれるんです。

もちろん
Amazonフレッシュもプライム会員でないと
利用することができませんよ。

利用は下記の画像が表示されたら
郵便番号を入れるだけで対象エリアか
確認できますのでぜひチェックしましょう。

ただし
「アマゾンフレッシュ(Amzon Fresh)」の特典は
別途に月額500円かかります。

「アマゾンフレッシュ(Amzon Fresh)」初回購入時 2000円offを実施中です。

Amazonプライムを無料体験する

写真保存し放題「プライム・フォト」

Amazonにも写真ストレージサービスがあります。

しかも
プライム会員なら写真を好きなだけ
保存することができるんですね。

なので
たくさん撮影して端末の容量が
いつもいっぱいになっちゃう人にもオススメです。

その方法も簡単です。

ただ
専用のアプリをスマホにダウンロードすれば
自動でアップロードをしてくれます。

本当に
Amazonって色々なサービスを
開発してくれますよね(^^♪

Amazonプライム(アマゾンプライム)は
日々発展を遂げているので随時更新しているようです。

ハッキリ言えるのは
常に進化していて便利なので
値上げされちゃうんじゃないかって心配ですね。

ちなみに
国土の広い本場アメリカのプライム会員は
年会費$99(=約1万円)もしますからね。

日本の場合
今は手ごろな価格で利用できるので
チャンスって言えるかもしれないですね(^^)/

Amazonプライムを無料体験する