本当に雨水を飲料水として利用できるのか?を調べて見ると・・・

日本の場合 現状では雨水が飲用水として認められていないんです。
(@tenchan18)

万が一
腹痛が起きても誰かが責任をとってくれないですからね(^-^;

国によって 雨水に対する考え方が違うので
日本に住んでいる限りは飲料としては利用しない方が良さそうですね。

では 雨水を生活用水として利用するのはどうか?

空気の汚染状況によって違うと思いますが
降り始めの雨を除けば さまざまなことに活用している人が多いそうです。

たとえば 以下のような実験をした話を参考にすると。

雨水、水道水、硬度の高いミネラルウォーターを用意して
同量をコップに注いだとします。

その中に 石鹸水を少量入れて よくかき混ぜます。

どのコップの水がいちばん泡立つかと言うと。

いちばん泡立ちにくいのが硬度の高いミネラルウォーターです。

その理由は
石鹸の成分とミネラルが反応するからだそうです。

なので 雨水が一番泡立つそうです。

と言うことは
雨水は洗濯に向いているということになるんですね。

少量の石鹸で泡立つので
すすぎに使う水も少なくて済むようです。

そんな利用法も 雨水にはありえますね(^^♪

ちなみに 雨水活用先進国のドイツでは
雨水を集め・貯め・活用するという流れが
仕組みとして確立されているようです。

なので 都市の再開発が行われる際には
当たりまえのように雨水活用施設が導入されるとか。

ビルの屋根や路面から雨水を集めて地下の貯留槽に送って
トイレで利用するといった感じなんです。

雨水活用の先進地である東京都墨田区では
個人住宅の中に雨水をためるタンクを見かけます。

溜まった水は、植物の水やり、トイレの流し水
洗濯、防火用水などに活用できますね(^_-)-☆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です