まず「生涯年収のイメージ」をもって「未来のイベント年表」の作成から。

「生涯年収のイメージ」を頭にいれた上で 
「未来のイベント年表」を作って 
年毎のイベントを書き出してみることです。
(@tenchan18)

いろいろ調べていく中で 
お金を貯める意義を表現するのに
一番印象的だなって思ったフレーズを
書き留めておきたいと思います。

「お金が重要だって思うのは 
やりたいときに、やりたいことができることを
可能にするモノだからです。」

人生イベントにかかるお金の準備ができていて 
かつ日々の生活が回っていれば「豊か」って言えますね。

なので 
漠然としたお金の悩みを解決するスタート地点として 
まず考えることは 『未来のイベント年表』を書いてみること」が
ポイントと言えるようです。

「赤字家計」を脱出するためには 
毎年1回「未来のわが家年表」を見直すこと。

そして 
人生の羅針盤として『未来のわが家の年表』を
作り上げることにつきるようです。

具体的には

「家をどこに、いつ買うのか?」

「子どもの教育は、公立にするのか、私立にするのか?」

等々ですね。

重要なのは 
具体的な将来計画を家庭運営の早い段階で
「考えてみる時間を持つこと」がポイントです。

家庭の経営者感覚で未来のヴィジョンを持って 
家計を付けるつことが大切なポイントなんだと思います。

そうすれば 
家計簿をつけ・節約を仕様って思うようですね(^_-)-☆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です