「お金の道筋」って 何でしょうか? その本質を考えてみました。

「お金の道筋]を知らないと
家計の管理はうまくいかない?
(@tenchan18)

何を意味しているかって言うと
実は「家計簿」と「節約」って言うのは
「お金のこと」の最終段階のことって
考えることだそうです。

つまり
最後にやるべきことを最初にやろうとするから
いままでうまくいかなかったと言えるんだそうです。

たいていの人は「お金のことを考える道筋」が
間違っているから失敗するんだそうです。

だから お金をしっかり管理して
将来の生活を安心したい人は
「お金の道筋」を知っていれば大丈夫なんだそうです。

つまり
どのくらいお金がどのタイミングであれば心配ないかってことを
具体的に考えてみるんだそうです。

具体的に考えてみるとは
人生でかかるお金の全体像を
イメージしてみることから始めるそうですね。

普通のサラリーマンであれば

収入としては 年収・退職金・公的年金 等があります。

支出としては 住居・教育・老後・貯蓄・保険 等が考えられます。

と考えると
生涯年収には限りがあることがわかります。

と言うことは
その範囲内で人生のイベントの費用を
まかなう必要があります。

このことを全体的にイメージとして
覚えておくことが重要なポイントだと思います。

そのために
節約と貯蓄の手段があるってことになりますね(^_-)-☆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です