住まい探しに必要な役立つアイテム&アプリ 内見時チェックポイントは・・・その3

その6
上の階と隣に住む人は
どんな人かを確認しておきたいですね
(@tenchan18)

個人情報なので情報は限られると思いますが
上の階と隣の部屋に住む人がどんな人かは
ぜひ聞いておきたいポイントですね。

時間が不規則な職種や昼夜逆転するライフスタイルを送る方など
自分とは生活サイクルがあわない隣人だと
生活音や物音を気にすることになる
可能性が無いとは言えませんからね。

 

その7
意外な盲点のが「窓」が
家の過ごし方が変わります?

窓の開閉をチェックするだけではなく
家の断熱性や防音背が大きくかかわって
くることが考えられます。

なので
その辺りをチェックする必要があります。

たとえば
窓から隙間風は入らないか?
結露によって窓枠の隅に黒カビが生えていないか?
その辺りを確認するのがポイントです。

また
最近はアルミなどの金属を使わず
樹脂の上質なサッシを使っている物件もあるそうです。

寒い日にサッシをさわってひんやりしないようであれば
樹脂のサッシである可能性が大ですね。

また
分譲住宅や注文住宅に増えている“ペアガラス”は
2枚のガラス窓の間に空気の層があるので
遮熱性や断熱性が高いですね。

 

と言うことで
内見時に行くときに持参して行くと
役に立つアイテムについてを記載します。

内見時に必要な「定番アイテム」としては

たとえば
日当たりや方位のチェック、設備の仕様、
いま使っている家具や家電が入るのか
等々を調べるアイテムですね。

1 メジャー

 

BOSCH(ボッシュ) レーザー距離計 GLM7000 【正規品】
8,563円

特に
これからの物件探しのハイシーズンになりますので
手早く部屋の採寸も内見時に済ませたいものです。

壁から壁の距離、カーテンレールと床までの高さ、
洗濯機や冷蔵庫といった家電を置くスペースのほかに
玄関や扉の幅も荷物の搬入時のために測っておく必要がありますね(^_-)-☆

そんな時に レーザー距離計を利用すれば
よりスピーディに計測できますよね(^_-)-☆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です