海外のネットショップに PayPal(ペイパル)を利用する理由とは・・・ その1

何故 PayPalを利用するようになったのか
その最大の理由は
(@tenchan18)

海外のショップサイトに
クレジットカードの情報を

残したくなかったからですね。

日本なら対処できるような感じがしても
海外だと言葉も不明だし手の打ちようがないって感じですからね。

そこで
海外のショップで個人輸入するために
PayPalを利用するようになりました。

ちなみに
PayPal(ペイパル)について調べて見ると。

PayPalって
世界で1億5000万人以上に利用されていて
特に海外のネットショップで商品を購入する際に
利用する人が多い決済サービスです。

設立されたのは1998年12月で
2002年からは世界最多の利用者数で有名なオークションサイト「eBay」に
買収され同社の子会社となっていましたが
2015年7月に独立したようです。

PayPalのメリットは
簡単かつ安全に支払いができるのが大きな特徴ですね。

PayPalのメリット

クレジットカードの番号が利用するショップに渡らないのが
PayPal最大の特徴ですね。

たいていネットショッピングをする場合
支払いに使うクレジットカードの番号など
重要な情報が利用するショップに知られますよね。

さらには
クレジットカードの番号以外のCVC/CVVコードと言われる
クレジットカードの裏面に記載されている暗証番号
まで知られてしまいます。

万が一の場合
クレジットカード支払い時に番号やCVC/CVVコードを直接入力すると
それらの情報が第3者に洩れてカードを不正利用されてしまう
可能性もありますからね。

その点
PayPalを利用する場合
アカウントにあらかじめクレジットカードの情報を登録することで保護されるので
PayPalアカウントで支払えばクレジットカード情報を
その都度入力する必要がないんです。

もちろん
クレジットカード情報は利用するショップにも分からないので
情報が洩れる心配もなく安心です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です