地デジブースターは我が家には必要? その3

ブースターを利用する時の注意点としては
(@tenchan18)

ブースターって言うのは 
電波を増幅させるためのものです。

そして 
ブースターの効果を適切に得るためには 
設置する場所も大切なんです。

つまり 
アンテナの近くを選んで設置するのが
効果が高いそうです。

その理由は 
ブースターって言うのは増幅させるものであるからです。

つまり 
もし入力する電波そのものに雑音が含まれていたりすると 
その雑音も増幅されてしまいます。

なので 
雑音指数が高くなる場所にブースターを設置するといういことは 
トラブルを起こしやすいことになります。

ちなみに 
分配器の近くやケーブルの近くは 
雑音が含まれる可能性が高い場所になりますから 
ブースターの設置はそれ以外の場所に行うことがおススメです。

基本は 
アンテナに近い部分に設置することが大切ってことです。

結局 
ブースターを設置しても相変わらず 
ブロックノイズやエラー表示が改善しない!

そんな時は 
まず設置場所が悪い可能性が高いと思った方が良いです。

たとえ 
電波強度が高くても雑音指数が大きければ
快適な視聴ができないので注意しましょう。

地デジブースターが最も効果を発揮できる
おすすめ位置はアンテナの真下です。

しかしその場合には 
雨風にさらされても大丈夫な
防水型の商品である必要があります。

電波が弱いと視聴できなくなることもありますが 
逆に強すぎてもダメなんですね。

弱い電波を増幅することによって
視聴できるレベルまで強めてくれるブースターは必要ですけど 
電波状況が何らかの要因によって改善された場合は逆効果ってことです。

最近は電波状況にあわせて自動調節可能な
ブースターも販売されています。

なので 
知識が少なくても使いやすいブースターを
選ぶのが良いですね(^^♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です