いつも利用しているスマホの見直したいiPhoneのバッテリー設定について その1

以前も記載しましたが 色々と設定を変えたので振り返って設定を確認してみることにしてみます。
(@tenchan18)

そして 来年に備えてもiPhoneの設定を見直すことにします。

その1消費電力が多いアプリの見つけ方

設定アプリの【バッテリー】で、消費電力が多いアプリを確認できます。

消費電力を減らせる機能が用意されているアプリならば その機能を利用して節電しましょう。

その2 位置情報サービスを見直します。

地図アプリで現在地を表示する際に必要ですけど 利用することが無ければオフにすれば節電につながります。

ちなみに 設定方法は設定から【プライバシー】→【位置情報サービス】で見直しできます。

使用するアプリがある場合は 設定を【常に許可】ではなく【使用中のみ】にすれば さらにアプリを使っている時だけ位置情報サービスを利用するように制限できるので消費電力を減らすことができます。

その3 バックグラウンド更新は厳選する

ほかのアプリを使用中でも バックグラウンド更新を許可したアプリは処理を行うことができるので、消費電力が増えます。

設定から【一般】→【Appのバックグラウンド更新】→【Appのバックグラウンド更新】を開き、【オフ】か【Wi-Fi】を選びます。

これでバックグラウンド更新そのものがオフになるか Wi-Fi接続時に限ってバックグラウンド更新が機能するようになります。

用途によっては オフ・Wi-Fiを選べない場合もあるので その際は不要なアプリのバックグラウンド更新はオフにしましょう(^^♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です