スマートスピーカーを車に置いたら便利なのか 「Amazon Echo Dot」では その3

Amazon Echoデバイスを設定の手順を説明します。
(@tenchan18)

アプリの準備が終れば
次はAmazon Echoデバイス本体の設定になります。

Amazonのサポートページに
「Echoをセットアップする」 ビデオが載っているので
そちらも参考にしてください。

具体的には

Amazon Echoの電源を入れて
セットアップの準備完了状態にします。

スマートフォンのWi-Fiの設定を開いて 
Amazon Echoに設定します。

と言うことで 
具体的な手順は・・・

Amazon Echoの電源を入れます。

まずは 
電源コードを本体に接続します。

Alexaがセットアップの準備ができたので 
Alexaアプリを開くように声で伝えてきます。

そこで 
準備が終了しているアプリのホーム画面の
左上のアイコンをクリックして 
設定画面を開きます。

そして 
設定を行いたいデバイスを選択します。

Alexaアプリのホームメニューから
設定画面への遷移

通常は 
AmazonでAmazon Echoデバイスを購入した時点で 
自分のアカウントにはそれを購入したことが
記憶されているそうです。

なので 
特に何もしなくても自分が持っているデバイスは
自動的に自分のアカウントが表示されるそうです。

Wi-Fi設定からAmazon Echoデバイスに接続します。

デバイスを選択すると 
Echoデバイスの上部のLEDがオレンジ色に
光っているかを確認するよう促す画面が出てきます。

この状態は 
Echoが設定準備ができている状態
であることを示しているそうです。

ちなみに 
電源を入れたら自動的にこの状態になるので 
特に何かをする必要はないそうです。

準備完了の確認画面とWi-Fi設定の説明画面

次に進むと 
スマートフォンのWi-Fi設定画面から 
Amazon Echoデバイスにつなぐように促されます。

なので 
自宅のSSIDがWi-Fi設定画面に出てくるので 
それを選択します。

なお 
Wi-Fiの設定時はAlexaアプリは利用しませんので 
ホームメニューに戻るなどしてから 
通常通りWi-Fiの設定画面から 
Amazon-XXXを選ぶことになります。

また 
設定にPCを利用している場合は 
PCの無線接続画面から同様に
Amazon-XXXを選択します。

Amazon EchoのWi-Fi設定を行う

Amazon EchoデバイスへのWi-Fi接続が行えたら
再度Alexaアプリに戻ります。

するとEchoに接続が完了した状態となってますから
次へ進みます。

すると 
Wi-Fiアクセスポイントを選択する
画面が出てきます。

通常であれば 
スマートフォンが自宅で利用しているものと 
同様のものを選択すれば問題ないです。

ちなみに 
Echo Dotが対応しているAmazonの音声アシスタント
「Alexa」のアプリには自らがインストールされているスマホを
Wi-Fiホットスポットとして利用するための機能があるので 
1台のスマホだけでWi-Fiの設定変更から
テザリングの実行まで行えるそうです。

Wi-Fiアクセスポイントを選択すると 
設定中の画面となって 
しばらく待てば完了となります。

Amazon Echoデバイスの設定は完了ですから 
Alexaと呼びかければ 
すでに色々なことができる状態となっているそうです。

これで 
設定が終了しますので 
利用するまでのアクセスに障害はなく 
すぐに使い始められそうですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です