スマートスピーカーを車に置いたら便利なのか 「Amazon Echo Dot」の場合 その1

スマートスピーカーを車の中に持ち込んで使うことができたら
便利だって思いませんか?
(@tenchan18)

そうすれば
ハンズフリーであれこれ操作できますからね。

と言うことで
そんな利用法ができるのか
いつものように情報を収集してみました。

あるサイトに
Amazonの「Echo Dot」の試用結果が
載っていたので
その内容についてまとめたいと思います。

「Google Home Mini」も良いそうですが
Wi-Fiの設定をクリアするが
難しいので実用的ではないそうです。

これも
時間が経てば改善されるかもしれませんが・・・

と言うことで
Amazonの「Echo Dot」の車内利用法について

天板のデザインはどことなくメーターに
似てますよね。

なので
車載するのにぴったりな印象ですよね。

 

と言うことで
「Echo Dot」を車で使うには何が必要?
かを調べて見ます。

Echo Dotを車で利用する際には
Google Home Miniと同じなんですが
まず「電源」と「インターネットへの接続手段」を
確保する必要があります。

電源については
Echo Dotの場合 Micro USBでの給電によって駆動しますから
シガーチャージャーもしくはモバイルバッテリーと
USBケーブルでつなげば問題ないそうです。

ただし
シガーチャージャーを利用すると
停止時の電源断が発生する場合があるので注意が必要です。

続いて
インターネットへの接続はモバイルルーターもしくは
スマートフォンなどでのテザリング接続を行います。

Echo Dotが対応しているAmazonの音声アシスタント
「Alexa」のアプリを利用すると
自らがインストールされているスマホをWi-Fiホットスポット
として利用するための機能があるので
1台のスマホだけでWi-Fiの設定変更から
テザリングの実行まで行えます。

なので
1台のスマホでは設定が困難だったGoogle Home Miniの設定
の難解さとは対照的ですね。

また
Echo Dot(というよりもAlexaアプリ)は
いったん接続したWi-Fiのパスワードを記録しているので
車内での利用を終えて自宅に持ち帰り電源をつなげば
特に何もしなくても簡単に自宅のネットワークに
再接続してくれるんです。

と言うことは
ドライブのときだけ持ち出して
普段は自宅で使うっていう利用法も可能なので
より現実的な使い方に向いているようですね(^_-)-☆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です