スマートスピーカーを選ぶために Amazonのエコーについて調べて見ました その4

音楽については
アマゾンのサービスがリーズナブルな理由?

(@tenchan18)

プライム会員ならば 
100万曲の楽曲が聞き放題となる
「プライムミュージック」を無料で利用できます。

Amazonプライム無料体験をする!

なので 
曲を指定することはできなくても
エコーからの再生が可能なんですね。

例えば

「70年代のロックが聞きたい」と声を掛ければ 
該当するプレイリストから
ランダムに曲を再生してくれるとか。

または 
「ドリームズ・カム・トゥルーが聞きたい」と
話しかければドリカムの曲をランダムに
再生してくれるそうです。

洋楽については結構充実しているので 
70年代なら エリック・クラプトン、ディープ・パープル、クイーンなど
80年代なら ワム!、ホール&オーツ、カルチャークラブ、マドンナなど
の著名なアーティストの曲は一通り含まれているそうです。

ただ 
スティービー・ワンダーやマーヴィン・ゲイといった
ソウル系のアーティストがポップスに分類されているので 
音楽好きには少し物足りない内容かもしれません。

また 
ジャズのラインナップはかなり充実しているので 
著名な曲やアーティストでリストに含まれていない
ケースはほとんどないそうです。

それに対して 
邦楽についてもそれなりのアーティストが揃っていても 
洋楽と比較すると十分とはいえないとか。

ドリームズ・カム・トゥルーや槇原敬之などは
一通りの曲が含まれていても 
サザンオールスターズは
聞くことができなかったそうです。

Amazonエコーの特徴は 
エコーの最大の特徴は
やはりショッピングができることですね。

なので 
Amazonの利用が日常的に多くて 
プライム会員になっているなら
エコーを買った方がよいでしょ
う。

それに対して 
情報収集など知的活動に使いたいという方には 
グーグルホームの方が合っているかも
しれないですね(^_-)-☆

ただし 
家電制御については対応製品が少ないので 
どっちもどっち状態ですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です