自宅で落ち着いた気分で過ごしたい時には 環境音効果で静かに寛ぐのも良いですよね! 

たとえば 自宅でくつろぎたい時には
「波の音」なんていうのも良いでしょう。
(@tenchan18)

これこそ
スピーカー本来の機能を活用方法としては
最高に良い活用法ですよね。

音の再生には
音楽再生、ラジオ再生などがありますが
環境音の再生も用途としてはおすすめですね。

波の音、小川のせせらぎ、鳥のさえずり、ヒグラシの声など
たくさんの種類はありますけど
これらの音を常時再生しておくことで
周囲の雑音が気にならなくなり
落ち着くことができそうです。

同種のアプリやサービスって
PCやスマホ向けにも多数ありますけど
スマートスピーカーで再生するものは
PCやスマホのリソースの消費を気にしなくて済みますし
音量のコントロールを個別に行うのも容易で利用しやすいですね。

更には
音楽を再生するのに比べてシビアな音質は不要ですから
Echo Dotなどでも十分に効力を発揮できるのも
隠れたメリットの1つかもしれませんね。

さまざまな環境音のスキルがありますけど
スキルを起動してから環境音の種類を
切り替えるって言う使い方ではなく
別々のスキルとして存在しているとかで
起動後の手間を減らすことができそうです。

特に
音楽を楽しむためのスマートスピーカーならはApple「HomePod」や
SONY「LF-S50G」がおすすめです。

Apple「HomePod」は
iPhoneやiPadに搭載されている「Siri」を
音声アシスタントとして搭載した
スマートスピーカーですね。

APPLEですから音楽にも重点を置いているのが
大きな特徴ですね。

他の特徴としては
自動室内感知テクノロジーにより
部屋のどこに置かれているのかを学習して
音楽再生を最適化してくれる
アップルらしいユニークな機能をもっています。

さらに
4,000万曲を越えるApple Musicを
サポートしているそうです。

そのほかの機能としては
メッセージを送信したりニュースやスポーツ、
天気を教えてもらったりすることができるそうです。

SONY「LF-S50G」は
Google アシスタントを搭載した
スマートスピーカーです。

Google Play Musicなどの音楽を再生できる以外に
ニュースや天気、交通情報などの情報取得や
目覚ましのアラームやスケジュールの管理の機能を備えています。

部屋の全方向にバランス良く広がる360度サウンドを実現していて
部屋のどの方向からでも音楽や音声を
クリアに聞くことが可能なんです。

JIS防水保護等級IPXの防滴性能を備えていますので
キッチンやダイニングのように、水しぶきが
飛ぶ場所でも安心して使用することができます。

ちなみに
2017年12月9日発売予定のこの本体表面には
時刻が表示されるようです(^_-)-☆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です