流行りのスマートスピーカーを各メーカーごとに機能を確認して 自分の使い方に合ったものを・・・

LINEは「Clova WAVE」をはじめとして
Googleは「Google Home」「Google Home Mini」に
Amazonは「Amazon Echo」そして
ソニーは「LF-S50G」というスマートスピーカーを
国内で今年中に発売する予定です。
(@tenchan18)

更に
Appleは「HomePod」も年内に欧米で発売予定しているので
その一つ一つについて調べてみます。

まず
初めに LINEやLINE MUSICとの連携が魅力的な
「Clova WAVE」とは

もちろん
LINEが発売を開始したスマートスピーカーです。

最大の魅力は
何と言ってもLINEが提供するサービスと
連携がとれるところですね。

いちばん魅力的なのは
LINEとLINE MUSICに対応しているところですね。

LINEのヘビーユーザーなら欲しいって
思うかもしれませんね。

LINEは家族といっても
家族一人一人が個別のアカウントで使うSNSです。

ですが
LINEの内容によっては家族にも
知られたくない情報もたくさんあります。

そこで
「Clova WAVE」には
家族専用アカウントを作ることによって
家族間での連絡ができるようになっているそうです。

音楽機能はLINE MUSICに対応しているので
「はやりの曲を再生して」といった具合に
音楽を再生することができます。

また
「この曲は、なに?」といった
感じで曲名を聞くことができます。

さらに
Bluetooth機能があるので
iPhoneやiPadの内蔵メモリー内の
音楽を飛ばして聴くことも可能だとか。

使い方としては
それ以外に天気予報を聞いたり
アラームを設定したり
ウィキペディアで調べものが
できるのも魅力的ですね。

まさに
スマホアプリを音声で利用できるような感じで
日々進化するスピーカーと言うことになるんでしょうか。

そのため
ソフトウェアバージョンアップによって
機能が拡張されていく楽しさもありますね。

また
バッテリー内蔵だそうで
家の中で持ち歩いて使うこともできそうですね(^^♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です