クロネコなら 代引き注文にも電子マネーは利用できる?

ネットで注文する時に
たまに代引きで利用したい時があります。

そんなときでも
電子マネーって利用できるのか?

また
その利用法についても調べてみました。
(@tenchan18)

ヤマト運輸(代引き)の支払い方法

着払いの送料を支払う場合ですが

発着払いで発送された荷物を
受け取る時の宅急便の送料の支払い方法は、

現金

クロネコメンバー割(クロネコメンバーズ電子マネーカード)

電子マネー

基本的には
この3種類の方法だけなんですね。

残念ながら
クレジットカードでの支払いには対応していないんですね。

 

ここで
着払い料金の支払いの場合の注意することがあります。

と言うのも
「クロネコメンバー割による支払いの場合のみ」
クロネコメンバー割での着払い時の料金の支払いでは
クロネコメンバー割の送料割引制度が適用されないって
言う点ですね。

ただし
分りずらいかもしれませんが
クロネコポイントと電子マネーポイントは
規定のポイントが貯まります。

また場合によっては
ドライバーが電子マネー決済に対応するための
専用端末を持っていない事があります。

なので
電子マネー決済をしたい時には事前にその旨を
ヤマト運輸のサービスセンターなどに
連絡して配達担当ドライバーさんに伝わる様に
しておいた方が良いかもしれないですね。

来てから
無理って言われる場合もありますから
そんな注意も必要ですね。

それに
着払いの荷物の宅急便の送料を支払いにも
宅急便の料金の支払いにクレジットカードは利用できませんよ。

ヤマト運輸の場合
宅急便コレクト(代引き決済)のサービスで電子マネーでの支払いが可能ですが
基本的にショップとヤマトとの契約によるので確認はしておくことが必要ですね。

 

良い点は
使える電子マネーの種類が多いところですね。

ちなみに
nanaco、楽天Edy、WAONの他にも各種交通系電子マネーも
auWALLETも利用することが出来ます。

これを知っていれば玄関で面倒な小銭のやりとりを
しなくて済むので非常に便利です。

そう言えば
ヤマト運輸の場合クロネコ電子マネーカードという
独自の電子マネーもあるんですね。

あらかじめ送料が決まっている
クロネコヤマトの宅急便の利用であっても
色々な節約法があるんです。

これが
たった数十円、数百円って思われるかもしれませんが
意外とこの積み重ねによる節約が
貯蓄につながるものなんですね。

なので
何時利用するかわかりませんが
一度試してみて覚えておいて
必要な時に使えるようにしておきたいですね(^^)/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です